Apple Watch 3セルラーモデルとiPhone8/8 Plusをアップルストアでチェック!2万円のWatch用ベルトも購入!

  22日にApple Watch Series 3iPhone8/8 PlusをリリースしたばかりのApple。自分もApple Watch Series 3を15日に予約し、無事22日に手に入れることができた。開封レビュー記事も書いた。

だが、もう一つの注目を集めている新作。iPhoneの新型iPhone8/8 Plusにはまだ一度も見てもいないし触れてもいない。これもチェックしなくてはと思っていた。

しかし、本命は11月発売のiPhone X。恐らく買わないだろうiPhone8を実店舗に行くのダルい…と思っていたところ、使用開始2日目にしてApple Watch Series 3の換えバンドが欲しくなってきた。デフォルトのスポーツバンドは着け心地も抜群で特に不満はないけど、これだけでは飽きてしまいそうなので…

で目当のバンドをチェックしにアップルストアへ行く口実ができたので、ついでにiPhone8/8 Plusもチェック、その流れでApple Watch Series 3のセルラーモデルもチェックしてきた。(購入しているのはGPSモデル)

 

いざアップルストアへ!

でさっそくアップルストアへ。今回は銀座。びっくりしたのは人の多さ。比較的空いてると思って行った平日昼間にも関わらず、人、人、人。やはり新製品発売後だからだろうか。大盛況だった。

特に1階は全てのブースが埋め尽くされ、入る隙間もなかなかない。それにしても中国人をはじめとする団体旅行客の多いこと。もちろん日本人はいるものの、この日の客は7割は団体旅行客だったのだはないだろうか。飛び交う中国語。しかも、スタッフはその旅行客相手に大忙しで、これでは質問すらできない。まあ、勝手に見て帰るから良いのだけど。

 

まずiPhone8/8 Plusをチェック!

こちらはiPhone8 Plusのシルバーモデル。フロントはiPhone7 Plusと全く一緒。iPhone6以降全く代わり映えしないわけだが、もはやこのデザインは、ベゼル有り端末としては完成しきってる感がある。見慣れた感じで安心感すらある。

画面の綺麗さは相変わらず、だがこちらも手持ちのiPhone7と比べても違いがほとんど分からない。今回からTrue Tone採用で、公式もかつてないほど美しいディスプレイと謳っているが、7との違いを体感するのは難しいかも。

 

8シリーズで1番の変更点は裏面。今回よりワイヤレス充電に対応。それに伴いバックボディはガラスで覆われている。質感はなかなか良い。シルバーモデルだが、ガラスに覆われることでややホワイトといった見え方になっている。ただ、素材の性質上7のジェットブラックと同じくらい指紋が着きやすい。展示品も指紋だらけだった。ちょっと残念な見た目に。

Plusは前モデルに引き続き横並びのデュアルカメラとなっている。そして、やはりPlusはデカい。デカ過ぎる。だからPlusより小さいサイズでほぼ同等の大きさのディスプレイと同等のカメラ性能を持つiPhone Xが非常に良く見えて来る…

 

こちらはiPhone8のスペースグレイ。ベゼルがブラック。やはり程よい大きさ。にしても64GBと256GBしか選べないのって微妙だな。64GBでも高いのに容量全然足りないし、かといって256GBすると10万越えって… それならiPhone X買うわってなりそう。7なら128GBというちょうど良い容量があったのに。

  背面。スペースグレイとなっているが、印象はブラック。ガラスのツルツル感もあり、7のジェットブラックを彷彿とさせてくれる。ただ、こちら見ての通り指紋がとにかく目立つ。シルバー以上に目立ってしまうと思う。正直、展示機は汚らしくあまり進んで触りたくなるようなものではなかった。だって本当に汚かったんだもん…

個人的には7のブラックのようなマットなブラックの方が好みかな。カメラはもちろん1つ。やはり大きさ的には普通の8が1番使いやすいかと。程よいサイズ感。

 

そして、こちらはPlusのゴールドモデル。ベゼルは白。7ではゴールドとローズゴールドがあったが、8はゴールドカラーしかない。

背面。こちらはなんとも言えない色合いに。ゴールドというか、ややベージュがかった淡い色合い。ローズゴールドともまた違う感じ。背面の色だけで言うと、個人的にはこちらのモデルが絶妙な色合いで1番美しく感じた。やや欲しくなったかも。X買うから買わないけど…

上品な色合いかと。指紋はやはり着くが、ブラックほど目立たないので良いかも。

 

iPhone8/8 Plusファーストインプレッション

正直、全く欲しくならなかった。物欲が湧きませんでした…本来ならiPhone 7s/7sPlusというナンバリングにすべきとこを飛ばして、あえてiPhone8/8 Plusにしたのに全く納得がいかないというか。背面がガラスに変わってる分、デザインは大きく変わったということなのかもしれないが…

せっかく背面をガラスにしてワイヤレス充電対応したのに、展示機は相変わらずLightning Dockにぶっ挿してディスプレイされているのでw全くワイヤレス充電機能を体感できなかったし。あとガラスデザインも微妙かも。何度もいうけど指紋着きやすく、汚く見えやすい。個人的には側面も背面も同じ素材の6〜7までのが好きだったかな。デザインにも統一感あって。まあ、無線充電のためにはしょうがないデザインなのだろうけど。

フロントディスプレイも6以降と全く同じだから、購入しても既視感が凄いと思う。6→7と持ち替えたので、次8にするかというとしないよねえ…CPUはiPhone8/8 Plus共にiPhone Xと同等のA11 Bionicで処理速度は爆速になっているのだろうけど。正直、普通に利用する分には6sや7辺りでもう充分な性能に達してると思う。

というわけで、全く買い換える意味が見つからず、iPhone8/8 Plusはスルー。iPhone Xを待つことに決めた!

 

Apple Watch Series 3セルラーモデルもチェック

そしてApple Watch Series 3セルラーモデルもチェック。自分の購入したGPSモデルはデジタルクラウンが従来通り本体と同一色。しかし、セルラーモデルは赤色に変更。

Apple的にもやはり売りたいのはセルラーモデル。ストアでも赤いデジタルクラウンのApple Watch Series 3がずらりと並んでいた。もちろんブースは満員。試着する人で溢れていた。やはり今回の新製品はiPhone8/8 PlusよりApple Watch Series 3のがかなり注目度高いようだ。

 

シルバーのステンレスモデル。やはりカッコ良い。アルミのシルバーはおもちゃ感かがかなりあるが、ステンレスはしっかりとした時計と比較しても遜色ない印象。展示機は茶色のレザーベルトが装着されていたが、この組み合わせすごく良い。様々なベルトTO相性が良く選択肢が広いのがシルバーカラーの魅力。特にレザーベルトはシルバーのステンレスモデルが1番似合うと思う。

 

ただ、シルバーカラーはデジタルクラウン結構目立つ。馴染んでいると言うよりは、浮いて見える。デザイン的にはイマイチかもと思った。

 

ステンレスのスペースブラック。こちらは文句なしにカッコいい。やはり黒系のベルトと合わせるとこの上なくクールな印象に。装着されているのは、この日目当てだったスペースブラックのミラネーゼループ。大人気のベルト。こちらもやはりカッコいい。

黒モデルは、赤の差し色とも相性が良く馴染んで見える。この組み合わせは悪くないと思う。

 

ステンレスシルバーのミラネーゼループセット。こちらも良いけど、少しおじさんぽい印象。普通の時計感。あとデジタルクラウンはやはり目立つ。オールシルバーだと特に。ミラネーゼループの質感もスペースブラックのが高級感あり。実際、スペースブラックのが特殊加工されていて5000円ほど高い。

 

  こちらはお値段の張るセラミックモデル。グレイ。ステンレスみたいな黒ではなく、割と明るめなグレイ。スポーツバンドのグレイに近い色。上品なカラーリングだけど、ぶっちゃけステンレスのスペースブラックのが重厚で高く見えるかもw高いもの買えばいいわけじゃない感。

 

  セラミックホワイトこれ1番ダサい。これが最高級モデルとかやばいでしょw 赤丸が目立ちまくり、浮きまくりで日の丸状態。うーん、このデザインはいただけない…高いもの買えばいいわけじゃない感。

 

Apple Watch Series 3セルラーモデルの外観について

この日初めて赤いデジタルクラウンのApple Watchを目にした。正直要らないデザインだなあと思った。ブラック系のモデルは相性が良いので全然アリだが、シルバー系のモデルとセラミックホワイトは赤い差し色がないほうが絶対良かった。特にセラミックホワイトはの真っ白に赤は酷過ぎる。日本人が喜んで買うとでも思ったのだろうか。

赤色は結構目立つし、他人が見たとき結構目に入る場所に配置されているのもねえ…なぜSeries 3セルラーモデルはこのような配色でデザイン的にGoが出てしまったのか理解に苦しむ。そして、そのセルラーモデルが馬鹿売れしてるのも理解に苦しむのだが。

今回、高額モデルを購入するならステンレスのスペースブラック一択かなあと。高級感もあるし、デザイン的なチグハグ感もないしね。今回見比べて、やはり高いの買えば良いというわけではない気がした。特にセラミックモデル…

 

目当てのベルトミラネーゼループをチェック!

そして、ベルトをチェック。2階にベルトコーナーがあるけど、全種類出てるわけじゃないのかな。展示してあるベルト結構少なめ。

 

  店員さんに言って、展示品を出してもらう。こちらが欲しかったスペースブラックのミラネーゼループ。ステンレスのメッシュ素材で、透け感があり通気性も抜群。マグネット式で固定するので自由自在に長さを調節可能。編み込まれてる感じが非常に美しく高級感もある。他の純正ベルトと違い洗えるのもポイント高い。機能的にも見た目的にも最強のベルトだと思い欲しくなったのだ

 

所有しているのはアルミニウムモデルのため、展示品のNIKEモデル(Series 2)にミラネーゼループを装着させてもらって確認。思ってた以上に合う。もちろんステンレスボディにミラネーゼループが統一感としてはベストだが。どのモデルでも色さえ間違わなければどんな素材のバンドを合わせても特に違和感もないわけだし。

安価なアルミモデルもデフォルトのスポーツバンドよりは、このようなベルトに変えた方が不思議と高級感も出てくるもの。そもそも時計って本体以上に、ベルト周りの印象も大事な気がするので。着け心地も良好。金属とは思えない軽い着け心地で、実際凄く軽い。メッシュ素材のおかげで夏でも行けそう。これは良い!

で、このベルトのお値段20,800円。税込みで22464円也。高いっw ブラックはシルバーより無駄に加工してあるから余計高い。そしてGPSモデル本体がSeries 3最安の税込み42,984円だったのでなおさら高く感じるw 合計で65,448円。余裕でアルミのセルラーモデル買えちゃうね…1番安いからGPSモデルにしたのにw

まあでも、ベルトなら新型が出ても引き続き使い続けられるしね。(ってアップルのスタッフさんもセールストークだろうけど言ってたわ。そのスタッフさんベルト12本持ってるとかで、気分でベルトを替える楽しみを説かれましたw)今回の特に必要性を感じないLTE通信機能込みの本体に金かけるよりは良い判断かと思い購入!それにこのベルト以外あんま欲しいのないんだよね現状のラインナップだと。だから、とりあえずこれ買っとけば間違いない的な感じ。

 

久しぶりにアップルストア実店舗で買い物を楽しめて満足!

さて目当てのベルトを購入できたので次回以降レビューしよう。やはり金額的にはぼったくり、というかお高かったので大事に3年以上は使いたい。Watchの次のモデルで本体デザイン変更とベルトの規格変更があったら悲劇だけどねw まあそこらへんは神のみぞ知るってことで、運命に任せたいと思う。

久しぶりにアップルストア実店舗で買い物を楽しんだ。最近はなんでもオンラインで注文、返品だったので。たまにはスタッフさんとじっくり話して、リアルで買い物も良いものだ。まあ、この日の銀座はいくら何でも混みすぎていたので、次行くなら表参道かな。広い空間でゆっくり買い物したいものです。では。

Apple Watch関連の記事はこちら

Apple WatchでSuica改札。左手と右手どちらに着けるのが正解なの!?

2017.10.19

Apple Watch 3の1番安いモデルを高いバンドに交換!ミラネーゼループ最強説!

2017.10.04

Apple Watch 3セルラーモデルとiPhone8/8 Plusをアップルストアでチェック!2万円のWatch用ベルトも購入!

2017.09.27

Apple Watch 3レビュー!38mmと42mm 2本同時開封!GPS/スペースグレイアルミニウムモデル

2017.09.23

Apple Watch Series 3購入!1番安いモデルにした11の理由。

2017.09.17

165万円引き!! Apple Watch Editionの値引き額がキチガイじみてるんだがwww【70%オフ】

2017.04.24

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です