au

【povoと使い放題MAX 5G/4G 比較】auの新料金プランを比べる。

今回は2021年1月13日に発表されたauの新料金プランについてご紹介します。

大注目の新中容量プラン「povo」と新大容量プラン「使い放題MAX 5G/4G」を比較して、それぞれどんなユーザーにおすすめか提案していきたいと思います。

 

イギー
au待望の新料金プランに注目です!

 

povoと使い放題MAX 5G/4G 比較表

まず、はじめにpovo使い放題MAX 5G/4Gの内容をざっくりまとめた比較表を作ってみました。

それぞれ月額料金やサービス内容などまったく異なったプランとなっているので、違いをチェックしてみてください。

プラン名povo使い放題MAX 5G/4G
月額料金2,480円(税抜)6,580円(税抜)
3GB以下利用の月は-1,500円割引
月間データ容量20GB使い放題
(テザリングなどでは上限30GB)
音声通話30秒あたり20円30秒あたり20円
キャリアメール-
eSIM対応-
au PAY カード お支払い割-○(-100円割引)
auスマートバリュー-○(-1,000円割引)
家族割プラス(3人以上)-○(-1,000円割引)
契約窓口オンライン店頭・オンライン
サービススタート2021年3月2021年3月

月額料金の違い・データ容量の違い・契約窓口の違いなど、異なった特徴を持ったプランとなっていることが分かります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

オンラインなら頭金なし

auオンラインショップでチェック

お得なキャンペーンも実施中

 

povoは2,480円、使い放題MAX 5G/4Gは6,580円

 povo使い放題MAX 5G/4G
月額料金2,480円(税抜)6,580円(税抜)
3GB以下利用の月は-1,500円割引
au PAY カード お支払い割-○(-100円割引)
auスマートバリュー-○(-1,000円割引)
家族割プラス(3人以上)-○(-1,000円割引)

月額利用料金を比較すると、povoはデータ20GBで2,480円。使い放題MAX 5G/4Gはデータ使い放題で6,580円となっています。

中容量ながら2,480円と格安SIM並みの料金設定のpovoが注目されていますが、使い放題MAX 5G/4Gも従来プランより4Gで-1,070円・5Gで-2,070円もの値下げがされており、お得感のある料金設定となっています。

また、使い放題MAX 5G/4Gは3GB以下利用の月は-1,500円割引となり、データをあまり使わなかった月は節約することもできます。

 

使い放題MAX 5G/4Gはauスマートバリューや家族割に対応

使い放題MAX 5G/4Gは、auスマートバリューや家族割などの割引サービスに対応しています。

「家族割プラス」に3人以上で加入し、「au PAY カード お支払い割」と「auスマートバリュー」を適用した場合は月額4,480円で利用が可能です。

月額4,480円でデータ使い放題プランが利用できてしまうのは非常にお得。

 

一方、povoはauスマートバリューや家族割などの割引サービスは対象外となるので要注意です。

povoの割引サービスなしでも2,480円という料金はシンプルで魅力的ですが、家族ユーザーやデータ容量をたくさん使うユーザーは使い放題MAX 5G/4Gを選んだ方が快適だったり、結果的にお得なことになる可能性もあります。

 

料金面の比較

・povo:月2,480円(割引サービスなし)

・使い放題MAX 5G/4G:月6,580円(割引サービス適用で月4,480円〜利用可能)

☆シンプルに割引なしで2,480円がpovoの魅力。使い放題MAX 5G/4Gは割引ありで家族ユーザーなどはお得。

 

povoは中容量20GB、使い放題MAX 5G/4Gは大容量無制限

 povo使い放題MAX 5G/4G
月間データ容量20GB使い放題
データ超過後1Mbps使い放題のため超過なし
追加データ容量
1GBにつき500円使い放題のためデータ追加なし
テザリング20GB上限30GB
200円で24時間データ使い放題-

povoは20GBの中容量。WEB閲覧やSNSなど、一般的な使い方であれば多くの人は20GBもあれば充分と言えますね。(高解像度の動画視聴などはデータ消費量が大きく、20GBは意外とすぐ使い切ってしまう可能性もあります。)

povoは20GB使い切ると速度制限がかかりますが、超過後の制限速度でも1Mbpsの速度が出るプランとなります。

1Mbpsは制限後の速度としてはそこそこで、ネットサーフィンやある程度の解像度までの動画視聴などは可能です。

制限速度だと不便な場合は、1GBにつき500円でデータ容量を追加することができます。(追加したデータは速度制限前の速度で利用可能です。)

また、povoはトッピング(オプション)で「データ使い放題 24時間」が利用でき、200円の追加料金で申し込みから24時間データ通信が使い放題となります。

 

一方、使い放題MAX 5G/4Gは名前の通り、データ通信が無制限で使い放題のプランです。

データの消費量を気にせずに使い続けられるのはストレスフリーで非常に快適です。

一つ注意点としては、テザリング・データシェア・国際ローミング通信を利用する場合は、月30GBの上限があることですね。

povoは「データ使い放題 24時間」を利用して使い放題サービスを利用できますが、あくまで一時的なものなので、毎日のように大量のデータ通信をする人は使い放題MAX 5G/4Gを選んだ方が快適に使い続けられるでしょう。

 

データ通信の比較

・povo:月20GB

     → 多くの人に程よい中容量だが、データ消費の多い作業で使い切ってしまう可能性も。

・使い放題MAX 5G/4G:データ使い放題

     → データ消費量を気にせずに使い続けられる(テザリング時は上限30GB)

 

音声通話はどちらも30秒あたり20円

 povo使い放題MAX 5G/4G
音声通話30秒あたり20円30秒あたり20円
5分以内通話かけ放題オプション月500円月700円
通話かけ放題オプション月1,500円月1,700円

音声通話はどちらも30秒あたり20円で国内通話ができます。標準的な通話料金ですね。

音声通話のオプションを利用する場合は、少し料金に差がでてきます。

povoは既存のauオプションとは別に、独自のトッピングというシステムでかけ放題オプションが提供されます。5分以内通話かけ放題は500円、通話かけ放題は1,500円で利用可能です。

使い放題MAX 5G/4Gは既存のauのオプションで提供され、5分以内通話かけ放題(通話定額ライト)は700円、かけ放題(通話定額)は1,700円です。

現状、通話に関してはオプション料金の差のみで、サービス内容自体に大きな違いはなさそうです。

 

他キャリアが5分以内通話かけ放題をセットにした中容量プランを発表したのに対して、auは中容量プランも大容量プランも音声通話オプションは自由にカスタマイズすることができます。

音声通話をあまり利用しない人は無駄なオプションを付けずに済みます。

 

音声通話の比較

・povo:30秒あたり20円(5分以内通話かけ放題は月500円)

・使い放題MAX 5G/4G:30秒あたり20円(5分以内通話かけ放題は月700円)

 

povoはキャリアメールが使えない

 povo使い放題MAX 5G/4G
キャリアメール-

メールサービスの違いは要注意です。

povoはキャリアメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)が使えません。povoはLINEなどを主なコミュニケーションツールにしている若い世代を対象としているプランでもあり、キャリアメールは利用できなくても不便はないと判断してキャリアメール使用不可という仕様にしたようです。

確かにGmailなどのフリーメールやLINE、SMSなど代替手段はたくさんあります。povo (ポヴォ)を契約するのを機に脱キャリアメールを検討してみるのもよさそうです。

ですが、日常的にキャリアメールを連絡手段に利用している人は不便を感じるかもしれません。キャリアメールが利用できるのは使い放題MAX 5G/4Gです。

こちらは、従来のau料金プランと同様にキャリアメールが利用可能です。キャリアメールを頻繁に利用している人は、キャリアメールサービスが利用できるプランを選んだ方が無難かと思います。

 

メールサービスの比較

・povo:キャリアメールが使えない

・使い放題MAX 5G/4G:キャリアメールが使える

 

povoはeSiMに対応

 povo使い放題MAX 5G/4G
eSIM-

eSIMは、スマートフォンに組み込まれた内蔵型のSIMのことです。

内蔵SIMの情報を書き換えれば回線が利用できるようになるので、SIMカードの差し替え作業が不要になるのが最大のメリット。(eSIM対応機種を利用する必要があります。)

povo は、eSIMへの対応を正式に発表しています。

eSIM契約ができれば、SIMカードの差し替え作業は不要で、ユーザーは完全にオンライン手続きのみで回線が利用できるようになります。

eSIM対応は、オンライン契約専用ブランドならではと言えます。

使い放題MAX 5G/4Gは従来プランと同様にeSIM非対応となっています。

 

ちなみにiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降のiPhoneは実はnano-SIMとeSIMを使ったデュアル SIMに対応しています。

eSIM契約できる業者が少ないことからiPhoneのeSIM機能を利用していた人はごく僅かだったと思うのですが、auのpovoなど大手キャリアが提供することで利用するユーザーはかなり増えそうです。

 

eSIM対応の比較

・povo:eSIM契約できる

・使い放題MAX 5G/4G:eSIM契約できない

 

povoはオンライン専用、使い放題MAX 5G/4Gは店頭・オンラインで対応

 povo使い放題MAX 5G/4G
契約窓口オンライン店頭・オンライン

povoはオンライン専用の新料金プランとなっています。

オンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を有しているシンガポールの通信事業者Circles Asiaとauがタッグを組んだことで誕生した、デジタル世代の新時代のプランです。

実際にサービスがスタートしてみないと分からない部分もありますが、auショップ店頭などでは契約の対応をしてくれない可能性が高そうです。

ネット上での手続きや契約に慣れた若者世代は違和感なく利用できるかと思いますが、実店舗で接客を受けながら契約の方が安心するという人は要注意です。

なお、povoは専用のサイトが立ち上がっています。

povo公式サイトを見る

 

一方、使い放題MAX 5G/4Gは従来プランと同じようにauショップなど店頭も契約窓口となります。

プラン契約は大事なことなので店頭での接客を受けながら決めたいという人には、使い放題MAX 5G/4Gの方が適しているかと思います。

1, 2年と使うとけっこうな出費となる契約でもありますしね。

なお、オンライン手続きはauオンラインショップで契約することができます。

店頭とオンラインの2つの経路で手続きやサポートを受けられる柔軟さが使い放題MAX 5G/4Gの魅力でもありますね。

auオンラインショップを見る

 

契約窓口の比較

・povo:オンラインのみ

・使い放題MAX 5G/4G:店頭・オンライン

 

povoがおすすめな人、使い放題MAX 5G/4Gがおすすめな人

povoと使い放題MAX 5G/4Gの違いを比較してきましたが、それぞれにメリットがあり、おすすめなユーザーが異なります。

最後にそれぞれのプランでおすすめな人をまとめると以下のようになります。

povoがおすすめな人

・格安料金でauを利用したい人

・20GBで足りる人

・たまに大容量データ通信できればいい人

・料金プランを気軽にカスタマイズしたい人(今後トッピングとして多数提供予定)

・eSIMを利用したい人

・単身ユーザー

 

使い放題MAX 5G/4Gがおすすめな人

・頻繁に大容量データ通信をする人

・auスマートバリューや家族割などを利用したい人

・キャリアメールを利用したい人

・契約、サポート窓口はWEBだけでなく店頭も利用したい人

・家族ユーザー

 

povoはなんといっても料金面で訴求力があり、データ容量は20GBで充分という人におすすめです。

トッピング機能でカスタマイズできる拡張性の高さも好印象です。

家族割のような割引サービスなどの条件なしでもシンプルに安い料金なので、単身者でもお得感のあるプランと言えますね。

 

使い放題MAX 5G/4Gは、とにかく頻繁に大容量データ通信をする人におすすめ。

キャリアメールが使えたり、店頭でのサポートも受けられるなどauのフルサービスが利用できます。

auスマートバリューや家族割など従来のauの割引サービスが適用されるので、家族ユーザー向けの内容とも言えます。

 

どちらも2021年3月開始の新料金プランですが、それぞれのメリットを考えてベストな料金プランを選びましょう。

オンラインなら頭金なし

auオンラインショップでチェック

お得なキャンペーンも実施中

 

  • この記事を書いた人

iggy

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-au

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5