※本ページはPR(広告)を含みます。

安いiPhoneと高いiPhoneの違い|安いiPhoneと高いiPhoneで何がどう変わる?

安いiPhoneと高いiPhoneの違いについて解説します。

iPhoneも今や様々なモデルが販売されており、安いiPhoneと高いiPhoneまでバリエーション豊富にラインナップされています。

ただ、安いiPhoneにするか、高いiPhoneにするか選ぶ時に迷ってしまうことも多々あるでしょう。

そこで、安いiPhoneと高いiPhoneの違いについてまとめていきたいと思います。

安いiPhoneと高いiPhoneで何がどう変わるのか。

安いiPhoneと高いiPhoneの違いを様々な観点からチェックして、どっちにするか検討していきましょう。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

それでは「安いiPhoneと高いiPhoneの違い|安いiPhoneと高いiPhoneで何がどう変わる?」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

ガジェット好きで、iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

☆楽天モバイルのiPhoneが最大32,000円相当お得なキャンペーン

安いiPhoneと高いiPhoneの違い

安いiPhoneと高いiPhoneの違いについて、特に差が出る部分をまとめると下記のようになります。

・カメラ性能

・処理性能

・ストレージ容量

・デザインと素材

・サイズ

 

それぞれの違い、安いiPhoneと高いiPhoneで変わるポイントについて詳細を見ていきましょう。

 

カメラ性能

iPhoneを使って写真を撮らない人はほとんどいないでしょうから、カメラ性能の違いは多くの人にとって気になるところでしょう。

もちろん高いiPhoneの方が基本的にカメラ性能は良く、安いiPhoneの方がカメラ性能は劣る傾向にあります。

最近のProシリーズならトリプルレンズ仕様で広角・超広角・望遠レンズを使用して様々な写真が撮れますが、安いスタンダードモデルだとデュアルレンズなので撮影できる写真の幅は狭まります。

現行モデルでも特に安いiPhone SEなんかはシングルレンズ仕様なので、広角レンズしかありません。

また、カメラのセンサーサイズなども違ってくる部分です。

高いiPhoneの方が大きなセンサーを搭載しており、より多くの光を取り込め明るく鮮明な写真を撮ることが可能です。

カメラ性能は、安いiPhoneと高いiPhoneで大きく違いが出るので要チェックです。

 

処理性能

高いiPhoneと安いiPhoneでは、搭載されているプロセッサ(SOC)が異なるので処理性能に差が出てきます。

基本的に高額な新しいiPhoneには最新の高性能なチップが搭載されますが、安価な旧型iPhoneのチップは型落ちで処理性能は落ちます。

iPhone 15 Proは高額ですが、A17 Proチップを搭載し、処理性能は現行モデルで最強です。

一方、旧型となって安価なiPhone 13 ProはA17 Bionicチップです。

2世代の違いがあると、さすがに高負荷な処理をした時などに処理速度に違いが出てくるでしょう。

また、高いiPhoneと安いiPhoneでは搭載メモリも差がつけられる傾向にあるんで、メモリ容量の違いも処理性能の差に影響するでしょう。

 

ストレージ容量

ストレージ容量は使い勝手に直結するため、重要なポイントです。

もちろん高いiPhoneの方が容量が大きく、安いiPhoneの方が容量が少ない傾向にあります。

ストレージ容量が大きいほど、iPhoneの本体に様々なデータを保存しておけるので便利です。

特に写真・動画をたくさん撮ったり、ゲームアプリなんかをたくさんダウンロードする人は、ストレージ容量が大きい方がストレスなく使えるでしょう。

ストレージ容量が気になるなら高いiPhoneを選ぶのが賢い選択です。

逆に、ほとんど写真・動画を撮ったせずに保存するデータがないという人は、安いiPhoneでも十分な可能性があります。

 

デザインと素材

高いiPhoneと安いiPhoneでは、デザインが変わってきます。

iPhoneは新しいモデルごとにデザインを少しずつ変えてくるので、基本的に最新の高額モデルのデザインが1番新鮮でかっこよく見えます。

安いiPhoneは旧型モデルの筐体を使い回していたりするので、デザイン的な目新しさはないです。

また、本体のフレームやガラスの素材についても高いiPhoneと安いiPhoneで違いがあります。

高いiPhoneはステンレスやチタン製のフレームを使っていますが、安いiPhoneはアルミ製です。

背面のガラスパネルも高いiPhoneはマットな磨りガラスのような質感なものの、安いiPhoneは光沢のある通常のガラス素材です。

デザインは主観的な部分が大きいので、安いiPhoneでも気にいるかもしれませんが、やはり高いiPhoneの方がデザインは洗練されています。

 

サイズ

高いiPhoneと安いiPhoneでは、サイズも違う傾向にあります。

サイズは使い勝手や画面お見やすさに関わってくるので、注意な違いです。

iPhoneは段々と大型化して行っているので、高いiPhoneの方が大きく、安いiPhoneの方が小さいです。

高いiPhoneだと6.7インチサイズなど大きくて画面が非常に見やすいモデルがあります。

安いiPhoneだと4.7インチなど小さくて視認性の悪い画面のモデルがあります。

ただ、大きくて見やすいモデルは、画面だけでなく本体も大きく重い傾向にあるので、持ち運びには不便です。

一方、小さいモデルは、携帯性に優れているので取り回しは非常によいです。

 

安いiPhoneと高いiPhoneのどっちにするべき?

安いiPhoneと高いiPhoneの違いを見てきましたが、実際のところ、どっちにするべきなのでしょうか。

安いiPhoneと高いiPhoneのどっちがよいかは、ユーザーの使い方や予算によりますが、ざっくりと下記のようにまとめてみました。

【安いiPhoneがおすすめ】

・デザインにこだわらない人

・最新性能でなくてもよい人

・コスパが気になる人

【高いiPhoneがおすすめ】

・最新デザインがよい人

・ハイスペックなモデルが欲しい人

・価格は気にしない人

 

安いiPhoneは、デザインや性能が最新でなくてもよいから、とにかく価格を抑えてコスパ良く使いたい人におすすめ。

高いiPhoneは、価格は気にせずに、とにかく新しいデザインや最高の性能のiPhoneが欲しいという人におすすめです。

 

安いiPhoneと高いiPhoneの違いのまとめ

安いiPhoneと高いiPhoneの違いについて様々な観点から解説してきました。

最後に記事の内容を復習すると下記のようになります。

安いiPhoneと高いiPhoneの違い

☆安いiPhoneと高いiPhoneの違いが出るのは以下のポイント

・カメラ性能

・処理性能

・ストレージ容量

・デザインと素材

・サイズ

☆安いiPhoneは、デザイン・性能にこだわらず、ランニングコストを抑えたい人向け

☆高いiPhoneは、価格は気にせず、最新スペックのモデルが欲しい人向け

 

もちろん高いiPhoneの方のトータルのスペックや機能面では軍配が上がります。

ただ、安いiPhoneは、高いイメージのiPhoneをコスパ良く使い続けられるのが魅力ですね。

どちらがよいかはあなた次第ですが、紹介した内容を参考にして安いiPhoneと高いiPhoneのどちらにするかよく検討してみてください。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

「安いiPhoneと高いiPhoneの違い|安いiPhoneと高いiPhoneで何がどう変わる?」でした。

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。