【買うべきか !?】新型 9.7インチiPadについて 【Air2後継機】

昨夜21時半過ぎ、

ついにAppleの新製品がオンラインストアに新製品が複数追加されました。

その中でも注目していたのが新型IPadでした。

かねてより噂のあった新型iPad Pro

昨日はその12.9インチか9.7インチが発表されるとみられていました。

 

しかし、フタを開けてみると意外や意外

発表されたのは新型 9.7インチiPadした。

そしてストアからはiPad Air2が消滅。

どうやらこの端末はAir2の後継機という位置付けのようです。

Air2からの変更点を簡単にまとめてみました。

Air2からの変更点   iPad Air2→新型 9.7インチiPad

ストレージ             16GB〜256GBの4モデル→32GB、128GBの2モデル

プロセッサ     A8X→A9

コアプロセッサ   M8→M9

サイズ       240mm x 169.5mm x 6.1mm→240mm x 169.5mm x 7.5mm

重さ              Wi-Fi 437g→469g

セルラー 444g→478g

詳細はAppleの[iPadを比較する]を参照

以上。

他のディスプレイ性能、カメラ性能、スピーカー、バッテリーなどは

総て全く同じ性能のものとなっている。

(追加情報でRAMも2GBと判明。Air2と全く一緒ですね。)

もちろん今回の新型iPadもProシリーズのアクセサリは使用不可。

(Apple Pencil、Smart Keyboardなど)

プロセッサ性能こそ向上が見られるものの

「Air」が取れただけの実質マイナーアップデート製品であることがわかります。

注目していただきたいのはサイズと重さ

むしろわずかに巨大化してしまっている。

本体の縦横のサイズは同じものの

厚みが1.4mm増し、

重さが30g弱ほど増加してしまっている!

「Air」の冠が取れて、その軽さまで無くしてしまうとわ…

これアップデートというより、実質ダウングレードかと

進歩というより退化

そしてストレージも32GBと128GBに絞られ

実質、選択肢が狭まってしまいました。

うーん…微妙

そして値段は

Wi-Fiモデル         32GB:37,800円 128GB:48,800円

セルラーモデル   32GB:52,800円 128GB:63,800円

これは安い!

Air2の整備済品レベルの値段で買えちゃいます。

 新型iPad買うべきか??

唐突に発表された新型。

果たして買うべきなのでしょうか。

どうやらこのモデルはエントリーモデルというか

一般普及用にAir2をリアレンジし、価格を抑えリリースされるモノのようです。

だからターゲットとしては

タブレットは欲しいが高性能である必要はないエントリーユーザー。

また、学校や会社などへの普及も念頭に製品開発がなされたのでしょう。

Apple製品のコアユーザーをターゲットにしていたら

端末性能はほとんど変わらないのに巨大化みたいことはしないと思うのです。

なんで正直、比較的新し目のiPadを所有しいる方は検討の余地がないと思います。

iPad Proシリーズを使っている人はもちろん

大幅なスペックダウンになってしまいますし。

Air2を使っている方もプロセッサ性能がわずかに向上しただけで

サイズが大きく、重くなってしまうという意味わからんことになってしまいます。

プロセッサももちろんProシリーズより性能が抑えられ

体感的な違いは感じにくいでしょう。

買い替える意味は非常に薄い。

ですが、3年以上前にリリースされたiPadを

未だに使っているという人は買い替えを検討しても良いかもしれません。

なんと言っても安いので

お財布を傷めずに性能の上がった端末を手に入れられます。

この製品のGood Point

①コストパフォーマンス!安い!

②人気のあったAir2の後継、CPU性能も上がっている。

この製品のBad Point

①Air2からCPU以外の性能向上が全くない。

②Air2から巨大化。厚み+1.4mm、重さ+30gは気になる。

この新型iPadの購入をオススメしたい人

①iPadを使ってみたいが、とにかく安く買いたい人

② WEB閲覧目的で使うため、Proシリーズのようなスペックは必要ない人

③すでにiPadや他社タブレットを持っているが、サブとして2台目が欲しい人

④数年前のiPadを持っているが、OSのアップデートについていけなくなってる人

性能を重視し多様な用途で使いたいなら、

Apple Pencilなども使えるProシリーズがオススメです。

またこの新型を検討している人も

Air2の中古品、Appleの整備製品などをあたっても良いかもしれません。

(たまにAir2の64GBとかちょうど良い感じのが出品されています)

なんせ厚み+1.4mm、重さ+30gですから。

巨大化が気になる人は旧型を検討するのもアリかと。

イギーが買うか検討した結果…

イギーは買いません。

やはりiPad Pro12.9インチからスペックダウンさせる意義が非常に薄いからです。

2台目が必要になったら、選択肢に入るかも。

フタを開けてみると廉価版iPadという残念な製品追加でしたが

これがなかなかAppleの戦略のようなものを感じます。

Apple製品というと高いというイメージでしたが

昨年末のAirPodsも性能からすると非常に安いコスパに優れたものでありました。

そして、今回の新型iPad

価格がグンと抑えられ、これはこれでiPadの普及に貢献するような感じがします。

Appleはあえてスペックを抑えた低価格商品で

世界的に落ち込むタブレット端末シェアのテコ入れをしたいのだと思います。

そういう意味では非常に意義のある1台かと。

これからはProラインがコアユーザーを

無印ラインがイージーユーザーをとこれまで以上に明確に。

それぞれの使い方に合わせて端末の性能もプライスも

さらに2極化が加速していきそうな気がします。

そんな雰囲気が垣間見れた今回の新製品発表なのでした。

(参照:Apple

関連記事はこちら