新型iMac2017年10月下旬発売が濃厚か!!Xeon E3搭載,Thunderbolt 3/USB-Cへ

先日Appleは新型Mac Proと新型iMacがロードマップにあることを明かしましたが、iMacの新モデルについてより詳しい内容が報じられています。海外Apple情報ブログ「Pike’s Universum」によると次世代のiMacは2017年10月下旬に発売予定とのことです。これはApple関係者筋の「little bird」から仕入れた情報としてブログで公開されています。

新型iMac10月発売か!?

また、今回は具体的な仕様まで報じています。以下。

①プログレードのIntel Xeon E3-1285 v6プロセッサを搭載。RAMは16GBのECC RAMで32GBまたは64GBに設定可能とのことです。(現行のiMacは8GBの非ECC RAMで16GBまたは32GBまでカスタマイズできます。非公式には現行モデルでも64GBまで積めますが)

②最大2TBの容量を持つより高速なNVMe Express PCIeベースのフラッシュストレージを搭載。(現行は最大1TBのNVMe PCIeベースのSSDまたは最大2TBのFusionドライブ)

③VR対応、プロフェッショナルアプリをサポートするためのAMD製のGPU。(現行はAMD Radeon R9 GPU)

④ポートはThunderbolt 3ポート/USB-Cへ。(現行はThunderbolt 2/USB 3)

⑤新開発のキーボードも付属される。(Touch BarとTouch ID搭載のキーボードが検討されているようですが、MacBook Proでのユーザーの反応次第とも言われています)

新型Mac miniもデザインを刷新か

f:id:iggy3:20170409160430j:plain

他にもいくつか直近のデスクトップ製品関連の動向について明かしています。

①「ゼロから考え直している」とされるMac Proのための8K外部ディスプレイは次世代のEFI BIOSを搭載したPCに似たものになる。

②小ネタですがmacOSの次のバージョンではもう山/公園の名前を使用しないとのことです。(現行OSの「Sierra」は元々はスペイン語で「ノコギリ状の山脈」を意味し、Apple本社のあるカリフォルニア州にある「Sierra Nevada(シエラネバダ山脈)」という有名な山脈に由来しています。)2つの名前が現在検討されており、1つは「M」で始まるワードとのこと。

③次のMac miniに関して「ハイエンドモデルはこれ以上miniではなくなる。」としています。次期モデルはより大きくデザインが変更されることを示唆しているようです。

次世代デスクトップ登場は濃厚。今年の秋が非常に楽しみに!

f:id:iggy3:20170409160448j:plain

かなり正確な情報筋からの情報ということですが 、具体的な次期iMacの仕様など充分に有りうる内容だと思います。16GBのECC RAM、高速なNVMe Express PCIeベースのSSD、VR対応GPU、Thunderbolt 3ポート/USB-Cへの切り替えなど、全て順当なアップデートだと思います。これらが全て現実のものとなれば、確かにティム・クックの言うところの「素晴らしいデスクトップ」端末となりそうです。先日Appleからプロ対応のiMacを発売予定とのアナウンスもあり、CPUはもちろんGPUも強化されたモデルが登場することは間違いないでしょう。デザインをどう変えてくるかも楽しみ。

iMacはlate 2015モデル発売から540日ほど経過しています。インターバルがちょうど2年になる2017年10月下旬というのはかなりリアリティのある発売時期かと思います。今回少しだけ触れられている新型Mac miniも同時に出そうな気配も。9月には恒例行事iPhone新型の発表もあるでしょうし、今年の秋は非常に楽しみが増えますね。

前記事で現行モデルで充分満足していると書きましたが、新型のスペックはそれをはるかに凌駕してしまうかと。個人的に特に気になるのはNVMe Express PCIe SSD。ストレージの読み書きは現行でもとんでもない速さなのに、それ以上に高速って…いざ発売されたら欲しくなってしまうんでしょうか…まあ、現行モデルより安くなることはまずないでしょうし、お財布的にも購入するのは厳しいと思いますが笑、久々の新型iMacチェックはしていきたいと思います。

(via:Pike’s Universum,MacRumors)

関連記事はこちら