【iPhone7s/7s Plus, iPhone8】新型3モデルとも3GBのRAMを搭載か。急速充電対応Lightningコネクタも

 

Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri(ティモシー・アルキュリ)氏のレポートによると、2017年の新型iPhoneは3モデルとも3GBのRAMが搭載される可能性が高いという。(3モデルとはiPhone7s/7s Plus、そして10周年を記念して開発が進められている5.8インチのプレミアムモデルiPhone8です。)

2017年新型iPhoneは3モデルとも3GBのRAMを搭載か。急速充電も

MacRumorsが得たArcuri氏の3月末の研究ノートには以下のような内容が記されています。

・メモリ/ストレージ構成に関して、3つのモデルはすべて3GBのRAMを採用する可能性がある。

・4.7インチ/5.5インチモデルのストレージ容量は現行のiPhone7/7 Plusと同じで32/128 / 256GBという3モデル展開になる。

・5.8インチモデルは64GBと256GBの2モデルのみ提供される。

・5.8インチモデルは2つのバッテリーパックを搭載しバッテリー性能を向上させている。

これらの情報は、台湾の調査会社TrendForceが以前報じた情報と異なっている点が1つあります。TrendtForceは、5.5インチモデルとOLEDディスプレイの5.8インチモデルにしか3GBのRAMは搭載されないと報じていました。4.7インチモデルには、iPhone 7のように2GBのRAMが引き続き搭載されるとしていたのです。

Arcuri氏のレポートが正確であれば、4.7インチユーザーにとって歓迎すべきニュースです。RAMの容量が多いほど動作速度に影響し、様々なデータ処理がスムーズに行えるようになります。たとえば、Safariで何十もの古いタブが開いている場合、再訪するとタブの一部が更新されることがあります。しかし、RAMが増えれば、以前にロードしたウェブサイトをSafariが再読み込みする可能性は低くなります。

f:id:iggy3:20170413100033p:plain

またArcuri氏は3モデルすべてが、急速充電対応のLightningコネクタを搭載するとしています。これは以前KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏も報じた内容であり、次期モデルの充電時間は今までのものより短縮されるものと期待されます。

急速充電のために新型iPhoneにUSB-Cを搭載するという計画が噂になった時期もありましたが、Appleは引き続きiPhoneにLightningコネクタを残す道を選択したようです。Lightningコネクタ自体にUSB-C Power Deliveryと同等の急速充電技術を取り入れることで充電時間の短縮を実現するとのこと。

これも既存のiPhoneユーザーにとって嬉しい点。次期iPhoneでも引き続き今使っているLightningケーブルが使えそうです。今年登場が予想されるiPhone7s/7s Plus, iPhone8の3モデル。楽しみに続報を待ちましょう!

(via:MacRumors

関連記事はこちら