※本ページはPR(広告)を含みます。

iPhoneはコスパが悪いのか?→iPhoneは高くないし、コスパは悪くないよ!

このページではiPhoneのコスパは悪いのかについて考察していきます。

iPhoneのコスパは悪い・iPhoneは高いという印象を多くの人が持っているように感じます。

しかし、Apple製品だから何となく高いのではないかと先入観を抱いている人もいるようです。

iPhoneのコスパは本当に悪い・iPhoneは本当に高いのでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、実はiPhoneは高くないし、コスパは悪くないです!

そもそもみなさんが思っているほど、iPhoneのコスパが悪かったら、こんなに普及していませんしね。

iPhoneのコストパフォーマンスについてチェックしていき、iPhoneのコスパは悪くない理由なども解説していきます。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

 

それでは「iPhoneはコスパが悪いのか?→iPhoneは高くないし、コスパは悪くないよ!」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

ガジェット好きで、iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

☆楽天モバイルのiPhoneが最大32,000円相当お得なキャンペーン

iPhoneのコスパについての悪い印象

iPhoneを欲しいと言う人は沢山いて、やはり人気No.1のスマートフォンであることは間違いありません。

しかし、iPhoneのコスパについては下記のような声がネット上や現実世界を問わずに聞こえてきます。

・iPhoneのコスパは悪い

・iPhoneはランニングコストがかかる

・iPhoneは修理代金が高い

・iPhoneのケースなどアクセサリー類も高くてコスパが悪い

・そもそもiPhoneの本体が高い

以上のようにiPhoneのコスパについては悪い印象がかなり存在します。

 

実はiPhoneは高くないし、コスパは悪くない理由6つ

実はiPhoneは高くないし、コスパは悪くないんですよね。

iPhoneのコスパが悪くない理由は、下記のように6つ挙げられます。

①意外と安いモデルもある

②お得なキャンペーンが実施されることが多い

③意外と壊れないし、故障・不具合も少ない

④リセールバリュー(下取り価格)が高い

⑤アクセサリーや周辺機器が豊富で安いのも多い

⑥満足度が高いので長く使える

 

①意外と安いモデルもある

まず、意外と安いモデルもあることですね。

本体価格の高いイメージのiPhoneですが、全てモデルが高いわけではないです。

確かに最新型のProモデルや大容量ストレージ20万円を超える端末も存在していますが、下位モデルや型落ちモデルは意外とリーズナブルだったりします。

現行モデルだとiPhone 14やiPhone 13、iPhone SE(第3世代)などはお買い得感があります。

同価格帯のAndroidスマホよりもiPhoneは高性能だったりするので、意外とコスパ良いのです。

 

②お得なキャンペーンが実施されることが多い

iPhoneは日本市場で1番シェアを占めている人気スマホなので、携帯キャリア各社も販売を促進するためにキャンペーンを実施する積極的です。

新型iPhoneに関しては毎年9月の発売時から、キャリア各社がお得な割引キャンペーンやポイント還元キャンペーンを提供しています。

型落ちiPhone・旧型iPhoneに関しても、販売価格が値下げされたり、キャンペーンの割引額が増額されたりすることが多いです。

お得なキャンペーンを利用して買うことで、意外と安く買えてしまうので、iPhoneのコスパは悪くないです。

 

③意外と壊れないし、故障・不具合も少ない

端末代金が安かったりして一見コスパよく見えても、すぐ壊れてしまったり、不具合が多かったりすると意味ありませんよね。

スマホなどの精密機器の修理費用って馬鹿になりませんからね。

修理費用を支払う羽目になった時点で、コスパは最悪です。

その点、iPhoneは意外と壊れないし、故障・不具合も少ないです。

僕はiPhone 3GSを使っていますが一度も壊したことないし、不具合も出たことないです。

iPhoneはAppleの厳しい品質基準をクリアしてから出荷されるので、他メーカーに比べ品質には安心感があります。

開封してすぐに不具合などが発生しなければ、ほとんど故障などなく数年は問題なく使えるでしょう。

故障・不具合が少ないので、Appleに修理料金を支払う機会などなく、コスパ良く使えるでしょう。

 

④リセールバリュー(下取り価格)が高い

iPhoneはリセールバリュー(下取り価格)が高いです。

これは、Androidスマホの人気機種などと比較しても明らかです。

Androidスマホは、最新モデルでも1年後のリセールバリュー(下取り価格)は購入時の50%程度になってしまう機種が多いようです。

しかし、iPhoneの最新モデルは1年後のリセールバリュー(下取り価格)も購入時の70〜80%程度ものもあります。

Appleブランドの効果なのか。なんか知らんけど、iPhoneのリセールバリュー(下取り価格)は高いです。

本体価格が高いモデルでも、リセールで売却することまで考えると、Androidよりもコスパがよいケースが多いでしょう。

特に最新モデルを発売時に買って、1年後の新型発売時に売却というパターンが1番コスパがよいです。

 

⑤アクセサリーや周辺機器が豊富で安いものも多い

iPhoneは、アクセサリーや周辺機器が豊富に販売されており、安いものも多いです。

流石に1番売れているスマホだけあって、Androidスマホとは比べものにならない数から好きなアクセサリーを選ぶことができます。

家電量販店に行けば、iPhone専用のアクセサリー・周辺機器コーナーがあり、安

Appleストアなどで販売されているApple純正のケースや充電器はクソ高いですが、家電量販店に行けばiPhone専用のアクセサリー・周辺機器コーナーがあり、安ものから高いものまで揃っていますね。

ケースやガラスフィルムだと大体1,000円〜2,000円程度買えるものも多いですし、Amazonや楽天市場などで探せばさらに安いものもあります。

アクセサリーや周辺機器にかかるコストも低いので、iPhoneのコスパは悪くないです。

 

⑥満足度が高いので長く使える

最後のiPhoneのコスパが悪くない理由は、満足度が高いので長く使えることですね。

最近のiPhoneは、処理性能やカメラ性能など凄まじい進化を遂げていますし、非の打ち所がありません。

デザイン的にもカッコよく、筐体の素材間にもこだわ、単なる工業製品というよりは工芸品レベルの域に達してるかと思います。

性能的にもデザイン的にの高評価なおかげで、多くのユーザーにとって満足度が高い体験が提供されます。

結果的に、iPhone以外のスマホを使うよりも、長く使えてコスパは悪くないでしょう。

 

iPhoneのコスパをさらによくする買い方

iPhoneのコスパが悪くない理由をチェックしてきましたが、iPhoneのコスパをさらによくする買い方についても紹介します。

①キャリアの割引プログラム・キャンペーンを利用する

②中古iPhoneを買う

 

①キャリアの割引プログラム・キャンペーンを利用する

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなど大手キャリアの割引プログラム・キャンペーンを利用するとさらにiPhoneのコスパはよくなります。

各キャリアは独自の端末割引プログラムを提供しています。

・ドコモ→ いつでもカエドキプログラム

・au→ スマホトクするプログラム

・ソフトバンク→ 新トクするサポート

・楽天モバイル→ 買い替え超トクプログラム

端末割引プログラムは、分割払い + 端末返却を前提として機種代金の負担を軽減する仕組み。

iPhoneの高額なモデルを買う場合も分割払いのおかげで、機種変更時に大きなお金を支払わずに済みますし、端末代金の負担を大幅に軽減することができます。

さらにキャリア各社は、契約形態に合わせた割引キャンペーンも実施しているので、iPhoneをキャリアで購入するのはかなりコスパが良くなります。

 

②中古iPhoneを買う

中古iPhoneを買うというのもiPhoneのコスパをさらによくする買い方です。

人気のiPhoneは、中古市場にも多くの商品が流れています。

中古iPhoneは、やはり新品よりも非常に価格が抑えられて販売されているのでお買い得です。

イオシスなどの中古スマホショップでは、たくさんの中古iPhoneがあり、実店舗やネット通販で購入することができます。

また、最近ではキャリアもCertified中古品(認定リユース品)をオンラインショップなどで販売しており、iPhoneの中古品も多数ラインナップされています。

キャリアのCertified中古品は、厳しい検査基準をクリアした高品質なリユース品なので、中古品が苦手な人にもおすすめしやすいです。

 

iPhoneはコスパ悪くない!さあ買おう!

ここまで、iPhoneはコスパが悪いのかについて考察してきました。

結論は、iPhoneは高くないし、コスパは悪くないです!

Proモデルや高ストレージモデルなどを選ばなければ、意外と定価も安いですし。

人気シリーズなので、お得なキャンペーンが実施されることも多いですし、中古市場にお得に買える中古品も沢山あります。

意外と壊れないし、満足度も高いので長く使えますし、何よりリセールバリュー(下取り価格)が高いので最終的なコスパは悪くないでしょう。

さあ、安心してiPhoneを買いましょう!

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

それでは「iPhoneはコスパが悪いのか?→iPhoneは高くないし、コスパは悪くないよ!」でした。

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。