※本ページはPR(広告)を含みます。

貧乏でiPhoneが買えない?|むしろ低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべし!

貧乏でiPhoneが買えない?

iPhoneはコスパが悪い、高いというイメージが確かにあります。

自分が貧乏だと感じている人や低所得者と言われる人々は、iPhoneなんて買えないと思っているかもしれません。

しかし、この記事では低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべしとあえて言いたいと思います。

iPhoneもモデルやタイミングによっては貧困層でも十分に買えますし、Androidスマホに比べてリーズナブルだったりします。

貧乏でiPhoneが買えない場合の対処方法などご紹介します。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

 

それでは「貧乏でiPhoneが買えない?|むしろ低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべし!」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

ガジェット好きで、iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

☆楽天モバイルのiPhoneが最大32,000円相当お得なキャンペーン

貧乏でiPhoneが買えない理由

貧乏でiPhoneが買えない理由としては下記のようなものが挙げられます。

・iPhoneの定価は高すぎる

・アップルストアなどではほとんど割引がない

・修理費用なども高い

・ケースなども高い

まず、iPhoneの定価は高すぎるというもの。

実際に最新モデルのiPhone 15などでは、モデルによっては20万円や30万円を超えるものがあります。

もうハイスペックなパソコンを買えてしまう値段ですね。

さらに、Apple製品はアップルストアなどではほとんど割引がないことも貧乏だとiPhoneが買えない理由となっています。

最近のAppleはいわゆるハイブランドのような高級化戦略をとっているので、低所得者層とは相容れない部分があるのも事実です。

また、修理費用なども高く、万が一壊してしまった場合もお金がないと不安です。

iPhone専用のケースなども高額品が多いので、ランニングコストまで考えると、貧乏でiPhoneを買うのは相当厳しい気がします。

 

貧乏でiPhoneが買えない場合の対処方法

貧乏でiPhoneが買えない理由とをチェックし、低所得者・貧困層でiPhoneを購入する厳しさを確認しました。

ここからは、貧乏でiPhoneが買えない場合の対処方法を紹介していきます。

貧乏でもiPhoneは買えるので、是非チェックしてください。

①キャリアのプログラム・キャンペーンを利用する

②中古のiPhoneを購入する

③下取りを利用する

 

①キャリアのプログラム・キャンペーンを利用する

通信キャリアの割引プログラム・キャンペーンを利用すると、貧乏でもiPhoneがかなり買いやすくなります。

iPhoneというと値引きなどあまりされないイメージですが、各キャリアは独自の端末割引プログラムを提供しています。

・ドコモ→ いつでもカエドキプログラム

・au→ スマホトクするプログラム

・ソフトバンク→ 新トクするサポート

・楽天モバイル→ 買い替え超トクプログラム

端末割引プログラムは、分割払い + 端末返却を前提として機種代金の負担を軽減する仕組み。

iPhoneを買う場合も分割払いのおかげで、機種変更時に大きなお金を支払わずに済みますし、端末代金の負担を大幅に軽減することができます。

さらにキャリア各社は、契約形態に合わせた割引キャンペーンも実施しているので、思っている以上にお得にiPhoneが買える可能性がります。

iPhoneはキャリアのキャンペーンの割引とプログラムによる支払いの負担減で、貧乏でも買いやすいです。

 

②中古のiPhoneを買う

中古iPhoneを買うというのも、貧乏でiPhoneが買えない場合の対処方法の一つです。

中古iPhoneは、やはり新品よりも非常に価格が抑えられて販売されているので安いです。

一度、他人の手に渡っただけでリーズナブルに購入できてしまうので、中古品に抵抗ないなら非常におすすめ。

イオシスなどの中古スマホショップでは、たくさんの中古iPhoneがあり、実店舗やネット通販で購入することができます。

また、最近ではキャリアもCertified中古品(認定リユース品)をオンラインショップなどで販売しており、iPhoneの中古品も多数ラインナップされています。

キャリアのCertified中古品は、厳しい検査基準をクリアした高品質なリユース品なので、中古品が苦手な人にもおすすめしやすいです。

iPhoneの最新モデルも中古品になるとかなり安くなりますが、特に旧型モデルはかなりの値引率となります。

貧乏なら、旧型モデルの中古品なんかは狙い目です。

 

③下取りを利用する

iPhoneへ機種変更する際に、下取りを利用するのも貧乏でiPhoneが買えない場合の対処方法です。

Appleやキャリアでは、新しい端末を購入する際に、手元にある古い端末を下取り(買取)に出して、下取り金額分の割引やポイント還元を利用することができます。

下取り金額分の割引で、新しいiPhoneもお得に買えちゃいます。

基本的に今まで使っていた古い機種は、手元に残していても価値が下がっていくだけなので、とっとと売るのが賢いです。

キャリアでは、オンラインでも下取りを実施しているので、店頭に出向く必要もありません。

中古スマホショップなどでも古いスマホの買い取りはしています。

古い端末をiPhoneの購入日に充てることで、貧乏でもかなりiPhoneが買いやすくなります。

 

低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべき理由

貧乏でiPhoneが買えない理由をチェックしましたが、低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべき理由についてもまとめて紹介します。

・リセールバリュー(下取り価格)が高い

・故障・不具合が少なく長く使える

・アクセサリーや周辺機器も安いものが多くある

 

リセールバリュー(下取り価格)が高い

低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべき理由の一つ目は、何と言ってもリセールバリュー(下取り価格)が高いことですね。

単純にiPhoneはブランド化しているので、価値が高いです。

Androidスマホは、最新モデルでも1年後のリセールバリュー(下取り価格)は良くて購入時の50%程度。

一方、iPhoneは購入時の70〜80%程度で下取ってもらえる感じです。

リセールバリュー(下取り価格)が高いということは、次に機種変更する時も下取り金額分の割引でリーズナブルに新しい端末に買い換えられるということです。

リセールまで考えると、AndroidスマホよりもiPhoneの方がコスパが良いので、低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべきです。

 

故障・不具合が少なく長く使える

故障・不具合が少なく長く使えるのも低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべき理由です。

iPhoneは意外と頑丈ですし、OSも安定しているので、ほとんど不具合は出ないです。

なので修理費用などはそれほど心配せずに長く使うことができます。

もちろん高いところから落下させてしまい致命的な損傷をiPhoneに与えてしまった場合は、修理が必要となるでしょう。

ただ、購入後すぐ開封時に不具合などがなければ、その後は安定して使い続けることが可能です。

iOSのサポート期間も長く、古い端末もずっと使い続けることができるので、OSのサポート期間が短いAndroidスマホよりもiPhoneの方がコスパが良かったりします。

iPhoneは長く使えるので低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべきです。

 

アクセサリーや周辺機器も安いものが多くある

スマホを購入するとケースやガラスフィルム・充電器などアクセサリーも欲しくなるでしょう。

アクセサリーや周辺機器の種類は、iPhoneが圧倒的に豊富です。

様々なサードパーティー製アクセサリーが販売されているおかげで、安く調達することができます。

確かにAppleストアで販売されている純正のケースや充電器は非常に効果ですが、非純正品は非常にリーズナブルな価格設定です。

家電量販店やAmazon・楽天市場などネット通販で購入が特にお得でおすすめです。

アクセサリーや周辺機器が安く調達できるので、ランニングコストも思ってるよりはかかりません。

低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべきです。

 

まとめ

貧乏でiPhoneが買えないのか考察してきましたが、結論は低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべきです。

最後に記事の内容を復習すると下記のようになります。

メモ

【貧乏でiPhoneが買えない場合の対処方法】

①キャリアのプログラム・キャンペーンを利用する

②中古のiPhoneを購入する

③下取りを利用する

【低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべき理由】

・リセールバリュー(下取り価格)が高い

・故障・不具合が少なく長く使える

・アクセサリーや周辺機器も安いものが多くある

iPhoneはキャリアのプログラムやキャンペーンで割引適用や実質負担額が軽減されるので、実はお得に買えます。

中古のiPhoneを購入したり、下取りを利用することも賢い選択肢です。

リセールバリュー(下取り価格)が高く、不具合少なく長く使えるので、低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべきです。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

それでは「貧乏でiPhoneが買えない?|むしろ低所得者・貧乏人こそiPhoneを買うべし!」でした。

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。