※本ページはPR(広告)を含みます。

楽天モバイル × 三木谷キャンペーン

楽天モバイルでは三木谷キャンペーンと呼ばれるVIP向け限定キャンペーンを実施中。

キャンペーン公式ページから「Rakuten最強プラン」に申し込むと最大14,000ポイントがもらえます!

三木谷キャンペーンは、iPhone購入で2万円割引キャンペーンとも併用可能。

合計で最大34,000円相当もお得なります!

公式サイトで三木谷キャンペーンを見る


☆乗り換え(MNP):14,000pt

☆新規契約:7,000pt

再契約・2回線目以降もOK

☆2万円割引のiPhoneキャンペーン併用で最大34,000円お得

三木谷キャンペーンの詳細は下のリンクから公式ページでチェックを!

楽天モバイル公式

☆「三木谷キャンペーン」の関連記事はこちら

☆「iPhone2万円割引き」の関連記事はこちら

iPhone

iPhone SE4(第4世代)を待つべきか?SE3(第3世代)を買わないで、SE4を買うべき?

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきでしょうか。

2024年にiPhone SE4(iPhone SE 第4世代)の発売が予想されています。

現行のiPhone SE3(iPhone SE 第3世代)は買わないで、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を買うべきなのでしょうか?

今回は「iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきか」について様々な観点から検討していきます。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

【格安】イオシスでiPhoneの未使用品・中古品をチェック

 

☆ドコモは割引クーポンを不定期で配布しています。

クーポンが発行されるかはタイミングによりますが、気になる人は購入前にクーポン配布ページを確認してみるのがおすすめです。

期間限定クーポン

ドコモオンラインショップのクーポンに関しては別の記事にまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

関連
NTTドコモのロゴマークのアップ画像
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2024年最新】

今回は、ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法(2024年6月最新版)を解説していきます。 ドコモオンラインショップ 機種変更クーポンはどこにあるのか、どこで入手できるのか。 ...

続きを見る

 

 

【関連】→  iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種

 

それでは「iPhone SE4(第4世代)を待つべきか?SE3(第3世代)を買わないで、SE4を買うべき?」をまとめていきます。

 

この記事の著者・監修者

【イギー(iggy)】

2017年2月より7年以上に渡って、iPhone・スマホの通信系サイトを運営中です。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を更新しています。ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。現在はグッドセンス合同会社が運営母体となり、運営体制を強化して更新を継続しています。

>> 詳しいプロフィールはこちら

>> 公式Xアカウントはこちら

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきか?

「iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきか」について検討すべきポイントとなるところをまとめると下記になります。

iPhone SE4を待つべきか

・SEシリーズでは久しぶりのフルモデルチェンジ

・iPhone14の筐体を採用か

・6.1インチのディスプレイを搭載か

・SEで初めて有機ELディスプレイ採用か

・ノッチを搭載か

・Face ID搭載か

・16 Bionicプロセッサ搭載か

・4800万画素カメラを搭載か←1200万画素のシングルレンズ仕様との噂

・アルミニウム製のボディ

・USB-Cの搭載

・5Gミリ波への対応の可能性

・2025年登場か←2024年内登場の可能性も

 

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)については、SEシリーズとして久々のフルモデルチェンジが噂されています。

iPhone SEはiPhone SE2とiPhone SE3で同じデザインを採用し、スペック的にも変わり映えしない内容でした。

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)では5.7-6.1インチサイズに大型化し、ノッチを搭載したiPhone14ベースのデザインを採用する見込みです。

*2024年4月時点の最新情報では6.1インチのディスプレイを採用とのこと。

 

ホームボタンが廃止され、生体認証もTouch ID(指紋認証)からFace ID(顔認証)へ移行すると見られています。

また、カメラ機能の強化も見込まれ、より大型のレンズを採用する模様です。

広角シングルレンズ仕様は継続され、4800万画素にアップグレードされると噂されていましたが、画素数は1200万画素が継続される可能性が高そうです。

iPhone15 Proシリーズで実装されたUSB-C端子などの採用も予定されているようです。

登場は2025年と予想されており、タイミング的に5Gミリ波への対応も想定されます。

*2024年に入り、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)のケース画像などがリークされていることから2024年中の発表も噂されています。

 

(参照:MacRumors①

(参照:MacRumors②

 

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)はiPhone 14ベースで開発

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)はiPhone XSやiPhone XRの筐体を採用すると噂されていましたが、2024年4月時点の情報ではiPhone 14ベースで開発が進んでいるとのことです。

iPhone 14ベースなので、iPhone XS世代のラウンド形状のボディではなく、角ばったスクエア形状の筐体が採用される見込みです。

ディスプレイは上部にノッチを搭載したデザインで、Dynamic Island搭載の最新モデルとは差別化されるようです。

カメラも従来のSEシリーズ同様にシングルレンズ仕様が継続されるとのこと。

 

(参照:91mobiles

(参照:Nguyen Phi Hung氏

 

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべき人

「iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきか」について検討すべきポイントを踏まえて、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべき人をまとめると下記のようになります。

iPhone SE4を待つべき人

発売は2025年以降となる可能性が高いので、それまで待てる人

・リーズナブルな価格の大画面モデルが欲しい人

・フルモデルチェンジしたiPhone SEが欲しい人

・iPhone SEシリーズのファン

まず、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)は2025年以降に発売されるとの予想が強まっています。

なので、発売はまだまだ先です。

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)の発売日まで、待てる人というのが前提となってきます。

さらにリーズナブルな価格の大画面モデルが欲しい人というのは、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つ価値があります。

これまでのiPhoneシリーズでは、低価格モデルは小さい画面が搭載される傾向でした。

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)は6.1インチのディスプレイを搭載すると見られています。

大画面のiPhoneで安い機種が欲しいという人は、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきでしょう。

また、フルモデルチェンジした新しいiPhone SEが欲しい人やiPhone SEシリーズのファンという人もiPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つのがよいでしょう。

 

iPhone SE3(iPhone SE 第3世代)を買うべき

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべき人もいれば、iPhone SE3(iPhone SE 第3世代)を買うべき人もいます。

前モデルiPhone SE3(iPhone SE 第3世代)を買うべき人をまとめると下記になります。

iPhone SE3を買うべき人

SE4の発売まで待てない人

・安価なiPhoneが欲しい人

・4.7インチの小型サイズのiPhoneが欲しい人

・電話・メール・LINEなど基本的な用途でしかiPhoneを使わない人

2024年以降と予想されるiPhone SE4(iPhone SE 第4世代)の発売まで待ちきれないという人は、iPhone SE3(iPhone SE 第3世代)を買うべきでしょう。

近いうちに機種変更しなければならない人は、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つよりも現行モデルを買ってしまうのがおすすめです。

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)は大画面化に伴い値上げも想定されます。

安価なiPhoneが欲しい人は、リーズナブルなiPhone SE3(iPhone SE 第3世代)を買ってしまうのがよいかもしれません。

さらにiPhone SE4(iPhone SE 第4世代)は5.7-6.1インチサイズとなり、iPhone SE3(iPhone SE 第3世代)よりも大きく重くなってしまう可能性が高いです。

4.7インチの小型サイズのiPhoneが欲しい人は、iPhone SE3(iPhone SE 第3世代)を買うべきです。

また、電話・メール・LINEなど基本的な用途でしかiPhoneを使わない人も4.7インチのiPhone SE3(iPhone SE 第3世代)で十分なスペックです。

WEBコンテンツを楽しんだりといった用途の場合は、iPhone SE3(iPhone SE 第3世代)では不満に感じる可能性があるので要注意です。

 

SE3(第3世代)を買わないで、iPhone SE4(第4世代)を買うべき?

ここまで「iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つべきか」についてチェックしてきました。

iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)の発売はまだ先で不明な部分も多いです。

しかし、従来のSEとは異なった大画面モデルとして開発が進んでいることは間違いなさそうです。

安いけど画面が小さかったSEから、安いけど大画面で様々なコンテンツも楽しめる真のエントリーモデルとしてリブランディングされれば、より幅広い層に人気のモデルとなりそうです。

直近でiPhoneの買い替えが必要ない人は、iPhone SE4(iPhone SE 第4世代)を待つ価値が充分にあるでしょう。

Appleが開発する全く新しいiPhone SEを楽しみに待ちましょう。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

【格安】イオシスでiPhoneの未使用品・中古品をチェック

 

【関連】→  iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。

-iPhone