※本ページはPR(広告)を含みます。

iPhoneの2年返却のメリットとデメリット|iPhoneを2年で返却するのはお得か

iPhoneの2年返却のメリットとデメリットについて解説するページです。

iPhoneをキャリアで購入する上で、一般的になっている2年返却プログラムを利用しての購入。

一見お得なようですが、iPhoneの2年返却は本当にお得のなのか気になる人も多いでしょう。

ネット上では知恵袋などで、iPhoneの2年返却は損なのではないかという声も上がっています。

iPhoneの2年返却は、月々の支払い負担を軽減できるなどのメリットも多いですが、デメリットも存在するのも確かです。

このページでは、iPhoneの2年返却のメリットとデメリットを紹介し、本当にお得のなのか考察していきます。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

ちなみにドコモは割引クーポンを不定期で配布しています。

クーポンが発行されるかはタイミングによりますが、気になる人は購入前にクーポン配布ページを確認してみるのがおすすめです。

期間限定クーポン

期間限定でドコモオンラインショップの機種変更クーポンが、WEB発行されています!!

ドコモオンラインショップ機種変更クーポンを入手

iPhone 15など最新機種も対象!

機種変更で最大5,500円割引が適用されます!

→ ドコモオンラインショップ機種変更クーポン対象機種をチェック

ドコモオンラインショップのクーポンに関しては別の記事にまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

関連
NTTドコモのロゴマークのアップ画像
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2024年最新】

今回は、ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法(2024年4月最新版)を解説していきます。 ドコモオンラインショップ 機種変更クーポンはどこにあるのか、どこで入手できるのか。 ...

続きを見る

 

 

それでは「iPhoneの2年返却のメリットとデメリット|iPhoneを2年で返却するのはお得か」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

ガジェット好きで、iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

☆楽天モバイルのiPhoneが最大32,000円相当お得なキャンペーン

iPhoneの2年返却プログラムについて

各大手キャリアは、独自の2年返却プログラムを提供しています。

・ドコモ→ いつでもカエドキプログラム

・au→ スマホトクするプログラム

・ソフトバンク→ 新トクするサポート

・楽天モバイル→ 買い替え超トクプログラム

これらのプログラムは、基本的に分割払いで機種を購入することが前提となっています。

24回払いや48回払いで購入し、2年が経過するころに端末を返却することで、最終支払い分(残価設定分)や残りの支払い分が免除されるという内容です。

一括払いではなく、分割払い。

そして、端末の返却が必須条件となるのはよく確認しておきましょう。

 

*最近では1年で返却することを前提のプログラムも登場しています。

 

【iPhone】は公式オンライン

 

【格安】イオシスでiPhoneの未使用品・中古品をチェック

 

iPhoneの2年返却のメリットとデメリット

iPhoneの2年返却メリットも多いですが、デメリットもしっかりあります。

メリットとデメリットをよくチェックしましょう。

 

iPhoneの2年返却のメリット

iPhoneの2年返却のメリットは下記のようなものがあります。

・初月の費用負担を軽減できる

・月々の支払い負担を抑えられる

・最終支払い分(残価設定分)の支払いが必要なくなる

・2年のちょうどよいタイミングで機種変更できる

・売却先を探す必要がない

 

初月の費用負担を軽減できる

iPhoneの2年返却プログラムを利用することで、機種変更時の初月に発生する費用を軽減することができます。

一括払いで機種を購入した場合は、初月にiPhoneの機種代金をまとめて支払う必要があります。

最近のiPhoneはかなり高額化しており、安いモデル10万円以上、高いモデルだと20万円以上の支払いが発生。

iPhoneの機種代金を初月に一括で支払うのは、経済的に痛すぎるという人は多いでしょう。

 

一方、iPhoneの2年返却プログラムは、分割払いが前提となっています。

初月に機種代金をまとめて支払う必要はありません。

24回払いや48回払いなどで分割された代金の1回分を初月から支払えばいいだけです。

機種変更時の一気に出て行ってしまうお金を抑えられるのは大きなメリットです。

 

月々の支払い負担を抑えられる

iPhoneの2年返却プログラムは、月々の支払い負担も抑えられます。

分割払いでも2回払い・3回払いなど、少ない分割回数だと月々の支払い負担はけっこう重たいものです。

2年返却プログラムなら24回払いや48回払いなど、かなり細かく機種代金を分割できるので、月々の支払い負担も抑えられます。

機種変更時初月の出費を軽減しつつ、その後の毎月の機種代金の支払いも抑えられます。

 

最終支払い分(残価設定分)の支払いが必要なくなる

iPhoneの2年返却の最大のメリットは、最終支払い分(残価設定分)の支払いが必要なくなることです。

24回払いや48回払いで購入し、2年が経過するころに端末を返却することで、最終支払い分(残価設定分)や残りの支払い分が免除されます。

免除される内容はキャリアや機種により異なります。

キャリアのiPhoneの機種代金は、Appleストアなどに比べてやや高額な値付けとなっています。

ただ、2年返却プログラムを利用して最終支払い分(残価設定分)が免除されることで、機種代金を丸々支払う必要はなく、実質的な負担額はかなり安くなります。

 

2年のちょうどよいタイミングで機種変更できる

2年のちょうどよいタイミングで機種変更できるのもメリットです。

1年で機種変更というのはややペースが早すぎる場合もあります。

毎年新しいiPhoneに変更したい人は1年で機種変更したいでしょうが、機種変更にも手間がかかるので一度変えたiPhoneをじっくり長く使いたいという人も多いでしょう。

iPhoneの2年返却プログラムなら、2年のちょうどよいタイミングでお得になる時期が重なるので、2年間ゆっくりiPhoneを使いたいという人に最適です。

分割払いで購入して、2年が経過するころに機種を返却すれば、スムーズに新しいiPhoneに機種変更できます。

 

売却先を探す必要がない

iPhoneの2年返却プログラムなら、使い終わったiPhoneの売却先を探す必要がないのもメリットです。

各キャリアで返却先が明確に提示されているので、いちいち不必要になったiPhoneの行き先を探す手間がありません。

各キャリアショップ店頭で機種を回収してもらったり、郵送で返却することもできます。

郵送の場合は返却用のキットを送ってくれるので、キャリアの指示に従って手配すればOKです。

iPhoneの2年返却プログラムならではのスムーズな導線で、返却できるのはメリットです。

 

【iPhone】は公式オンライン

 

【格安】イオシスでiPhoneの未使用品・中古品をチェック

 

iPhoneの2年返却のデメリット

iPhoneの2年返却のデメリットは下記のようなものがあります。

・好きなタイミングで機種変更したい人には不向き

・使用中のiPhoneの状態や故障に気をつけないといけない

・端末は手元に残らない

・レンタル感覚

 

好きなタイミングで機種変更したい人には不向き

iPhoneの2年返却プログラムは、自分の好きなタイミングで機種変更したい人には不向きです。

各キャリアで返却するのは25ヶ月目以降とか、23か月目など返却のタイミングが決まっているので、プログラム適用でお得になろうと思うと、キャリア規定のタイミングで機種編こする形となります。

iPhoneの2年返却プログラムは、あくまで2年の返却タイミングで適用されることで最大限お得になる内容となっています。

キャリアによっては、2年経つ前や2年経った後にも返却できますが、割引内容が変更され実質負担額が高くなってしまうケースがあります。

 

使用中のiPhoneの状態や故障に気をつけないといけない

iPhoneの2年返却プログラムは、返却した際に端末の状態のチェックがあります。

コンディションの悪い端末や故障してしまった端末だと別途費用を請求されるケースもあります。

よほど悪い状態や壊してしまったりしない限りは大丈夫かと思いますが、2年返却プログラム利用中は端末を綺麗に使い続けるのがベストです。

落下させたりしないように注意も必要です。

 

2年返却プログラムを適用すると端末は手元に残らない

当たり前のことですが、2年返却プログラムを適用すると端末は手元に残りません。

一括払いなどでiPhoneを購入した場合は、2年使い続けた後に、売却先を自分で探して選ぶことができます。

iPhoneのリセールバリューは高く、2年後も思わぬ高値で売却できるケースもあります。

2年返却プログラムの場合は、免除される金額は決まってしまっています。

 

レンタル感覚

感覚の問題なのですが、2年返却プログラムはiPhoneをレンタルしているようなイメージです。

実質負担を軽くしてもらうためには返却が必須なので、いつかは返さないといけません。

完全にiPhoneを所有しているわけではないので、所有欲は満たされないかもしれません。

毎年iPhoneを買い続けてコレクションしているような人からすると、このレンタル感覚は大きなデメリットですね。

 

iPhoneを2年で返却するのはお得か損か

結局、iPhoneを2年で返却するのはお得か損かなのでしょうか。

iPhoneの2年返却プログラムは、一括で支払うお金を軽減したい・毎月の支払いを抑えたいという人には非常にお得です。

一括払いなどと違って、iPhoneの本体代金という大きなお金を一回で支払う必要がなく、分割で毎月少しずつ払っていけばいいわけです。

さらに端末の返却が完了すれば、以降の支払い分や残価が免除されるので、かなりの費用負担の軽減となります。

端末が手元に残らないデメリットも確かにありますが、不必要な端末の処分に困らず、スムーズに乗り換えできると考えればメリットだったりもします。

 

逆に一括払いでiPhoneの機種代金を捻出できる人は、最初に一括で大きな金額をはらって、2年使った後に高値で買い取ってくれる売却先を探す方法もあります。

ただ、2年後の売却価格などは誰にも分かりませんし、iPhoneの中古相場が下落していない場合にお得になるというだけの話でもあります。

キャリアの2年返却プログラムは免除される金額が最初から決まっているので、確実にお得になる安心感もあります。

2年周期でiPhoneの機種変更をしたい人や、一括で支払うお金を軽減したい・毎月の支払いを抑えたいという人には、2年返却プログラムはお得で非常に魅力的かと思います。

 

【最新iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

それでは「iPhoneの2年返却のメリットとデメリット|iPhoneを2年で返却するのはお得か」でした。

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。