iPhone

【iPhone13審査落ち原因と対処方法】分割払いできない場合は一括払い(mini/Pro/Pro Max)

各キャリアでiPhone13シリーズを購入した場合、審査落ちしてしまう可能性もあります。(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどでの審査を想定)

このページでは、iPhone13の審査落ち原因と対処方法をまとめていきます。分割払いできない場合は一括払いを選択するのも有効なので、審査落ち理由と対処法などをチェックしていきましょう。

 

なお、iPhone13シリーズはiPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxの4機種展開が予想されています。

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

手数料が無料

ドコモで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

送料無料

 

オンラインなら頭金なし

ソフトバンクでPhoneを見る

送料無料

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

 

【サブブランドでもiPhone12が取り扱い開始】

お得なキャンペーン実施中

UQモバイルでiPhoneを見る

オンラインで快適に申し込み

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

素人ガジェット好きです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

iPhone13審査落ち原因と対処方法

 

iPhone13審査落ち原因

・新規契約・MNP(乗りかえ)で契約審査に落ちた

・分割払いを選択して分割審査に落ちた

 

iPhone13審査落ち対処方法

・信用情報、支払い能力の確認

・分割払いの場合は一括払いに変更、または10万円以下の機種を購入

 

iPhone13 新規契約・MNP(乗りかえ)で契約審査に落ちた場合

iPhone 13新規契約・他社からのりかえ(MNP)時の契約審査ですが、キャリアとして新しく迎えたユーザーが毎月の利用料金を支払えるかを審査します。

新規契約・MNP(乗りかえ)で契約審査に落ちた場合の原因

iPhone 13新規契約・他社からのりかえ(MNP)時の契約審査に落ちた場合は、基本的に信用情報に問題があったり、支払い能力に問題ありと判断された場合が多いでしょう。

キャリアとしても明らかに毎月の料金を支払ってくれる見込みのないユーザーとは契約したくないですし、信用情報を参照し過去に問題があった人も避けたいと思っています。

 

キャリア契約では指定信用情報機関の信用情報が参照される

キャリアでは、ユーザーの信用情報を利用して審査をします。

キャリアが参照する信用情報は、下記の指定信用情報機関などのものです。

指定信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC)

 →消費者金融の利用状況を管理

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

 →クレジットカードの利用状況を管理

全国銀行個人信用情報センター

 →銀行ローンの利用状況を管理

キャリアでは上記のような指定信用情報機関の信用情報を参考にして加入審査・割賦審査をします。(キャリアによって参照する情報や機関は異なる場合があります。)

信用情報を参考にして、収入に対しての支払いのバランスなどを総合的に評価して審査をするんです。

キャリアとしても支払い能力に難ありの人と契約すると損害を被る可能性もあるので、支払い能力に問題なく、きちんと毎月支払ってくれる人のみ審査で通すのは当然と言えば当然です。

 

指定信用情報機関に登録されている信用情報に傷があった場合、キャリアで審査落ちする可能性は格段に高まります。

ローン契約を現在滞納している場合はもちろん、過去にローン契約を滞納していたことがある場合も信用情報に問題があると見なされます。

また、ローン契約の金額が収入に対して大きすぎたり、契約件数が多すぎたりするのも問題となります。

 

信用情報は、ローン契約の場合は支払い終了後5年間は保管されています。

なので、現在の状況から過去の状況までさかのぼって何かしら信用情報に傷があるとすぐに分かってしまうのです。

 

信用情報に問題がある場合の対処方法

信用情報に問題があってキャリア審査に通らない場合の対処方法です。

信用情報の傷を取り除いて、綺麗な状態に戻すようにしましょう。

ローンの支払いを滞納してしまった場合は、きちんと支払いを済ませましょう。

指定信用情報機関に保管される信用情報の保管期限は5年間なので、きちんと支払いを済ませて保管期限が過ぎれば信用情報は綺麗な状態になります。

 

信用情報機関に自分の信用情報を開示請求して確認することもできます。

支払い忘れてしまっていたローン契約などを確認できます。

信用情報の開示請求はネット上で手続きできます。

株式会社シー・アイ・シーで開示

全国銀行個人信用情報センターで開示

株式会社日本信用情報機構で開示

 

以前の各キャリアでの支払い状況も参照される

各キャリアでiPhone13を購入する場合、もちろん信用情報だけでなく、各キャリアの利用料金の支払い記録なども参照されます。

機種代金だけでなく、毎月の各キャリアの利用料金の未納や滞納をしたことがある場合も審査落ちする可能性が高くなります。

各キャリアの利用料金未納や滞納の記録を参照して、料金の回収でトラブルを起こすユーザーと見なされてしまいます。

 

各キャリアで機種代金・利用料金の延滞していた場合の対処方法

機種代金・利用料金を延滞していた記録は残ってしまうので、今後はちゃんと期限を守って支払うようにしていく他はありません。

現時点で、未払いの支払いがあるなら支払いを完了するのも大切です。

未払いの支払いがあるままだと、さすがにキャリア側としても新しく分割払いを組むわけにはいきません。

未納や延滞してしまった過去は反省して、きちんとした支払いを続けることで、信用が回復して分割払いの審査にまた通りやすくなるはずです。

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

手数料が無料

ドコモで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

送料無料

 

オンラインなら頭金なし

ソフトバンクでPhoneを見る

送料無料

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

 

【サブブランドでもiPhone12が取り扱い開始】

お得なキャンペーン実施中

UQモバイルでiPhoneを見る

オンラインで快適に申し込み

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

iPhone13 分割払いを選択して分割審査に落ちた場合

キャリアで販売される端末を分割購入した場合は、ユーザーが毎月分割払いした機種代金を支払えるかを審査されます。

最新iPhoneは高額化し10万円以上のモデルも珍しくないため、分割払いした場合はしっかりと支払い能力を審査されます。

 

分割払いを選択して分割審査に落ちた場合の原因

分割払いを選択して分割審査に落ちた場合も信用情報に問題があったり、キャリアでの支払い能力に問題ありと判断された場合が多いでしょう。

iPhone13は高額な端末なので、キャリアとしても分割払いによる機種代金の回収漏れは避けたいところなのです。

 

分割審査でも信用情報と各キャリアでの支払い記録が参照される

基本的に分割審査でも新規契約・他社からのりかえ(MNP)時の契約審査と同じく、信用情報と各キャリアでの支払い記録が参照されます。

キャリアが参照する信用情報は、下記の指定信用情報機関などのものです。

指定信用情報機関

株式会社日本信用情報機構(JICC)

 →消費者金融の利用状況を管理

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

 →クレジットカードの利用状況を管理

全国銀行個人信用情報センター

 →銀行ローンの利用状況を管理

分割払いとは、いわゆるローン契約ですから、過去のローンの返済状況などに問題はないか厳しくチェックされます。

過去にローンの支払いの遅延や未納があった場合は審査落ちの可能性が上がるものと思っておいた方が良いでしょう。

 

過去のキャリアでの支払い状況も同様に、毎月の利用料金や機種代金の支払いに遅延や未納があった場合は審査落ちの可能性が高くなります。

 

分割審査に落ちた場合の対処方法は一括払いか10万円以下の機種を分割払い

分割審査に落ちた場合の対処方法は一括払いか、10万円以下の機種を分割払いするという2つの対処方法があります。

 

まず、一括払いにしてしまえば、そもそも分割審査はなくなります。

一括でiPhone13を支払うことができさえすればOKです。

分割払いも一括払いも支払う総額は同じなので、手元に支払えるお金があるのなら一括払いにしてしまうのがよいでしょう。

 

そして、どうしても分割で購入したい場合は、iPhone13でも10万円以下のモデルを購入するようにしましょう。

iPhone13ならProモデルではなくて、iPhone13やiPhone13 miniの低容量モデルなら10万円以下で購入できるものもあるはずです。

10万円以上の機種を購入した場合は、年収や契約しているローンの詳しい調査が行われて審査が厳しくなる傾向があります。

10万円以下の機種にした場合は、信用情報に大きな問題がない場合はスムーズに審査に通るかと思います。

審査の難易度が下がって、契約しやすくなります。

 

もちろん10万円以下のモデルなら必ず分割審査に通るわけではなく、通りやすくなる傾向があるということです。

必ずiPhone13を購入したいという場合は、一括払いがおすすめです。

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

手数料が無料

ドコモで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

送料無料

 

オンラインなら頭金なし

ソフトバンクでPhoneを見る

送料無料

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

 

【サブブランドでもiPhone12が取り扱い開始】

お得なキャンペーン実施中

UQモバイルでiPhoneを見る

オンラインで快適に申し込み

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

iPhone13審査落ち原因と対処方法 まとめ

ここまで「【iPhone13審査落ち原因と対処方法】分割払いできない場合は一括払い(mini/Pro/Pro Max)」をまとめてきました。

今や15万円以上も珍しくない高額モデルとなっている新型iPhoneですから、購入時に支払いトラブルが起こることもあるかと思います。

審査に関しては契約審査と分割審査があり、基本的に信用情報やキャリアの利用履歴が参照され、その内容に問題がなければスムーズに審査に通ると考えてOKです。

対処方法をご紹介しましたが、普段からローンやキャリアの利用料金の支払いを滞りなく完了させるのが1番の対処方法です。

また、分割審査落ちの場合は、一括払いか10万円以下の機種にしてしまうのも検討してみてください、

 

 

 

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-iPhone

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5