iPhone

iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)のスペック・デザイン・リーク情報・予想【2022年モデル】

1月 2, 2020

iPhone12Sのイメージ

イギー(@iggy3_tokyo)です。

今回は2022年モデルとして発売が予想されるiPhone 14(mini)・14 Pro(Max)のスペック・デザイン・リーク情報・予想など最新情報をまとめてお伝えします。

 

【公式オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

ワイモバイル版「iPhone 12」「iPhone 12 mini」が2月26日発売!

ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル(Y!mobile)」からも「iPhone 12」「iPhone 12 mini」が発売となります!

発売日は2021年2月26日で、2021年2月19日より予約受付を開始します。

ワイモバイル版は、新規、他社からののりかえ(ソフトバンクからの番号以降を除く)でオンラインストア経由で購入することで最大18,000円割引のオンライン限定割引が適用されます。

また、オンラインストアなら契約時の事務手数料や頭金が無料になり、初期費用を抑えることができます。

⇒ ワイモバイルオンラインストアを見る

 

ワイモバイルのiPhone 12とiPhone 12 miniの価格は下記になります。

ワイモバイルの価格

 iPhone 12  miniiPhone 12
64GB110,880円(税込)
オンライン割引後(92,880円)
96,480円(税込)
オンライン割引後(78,480円)
128GB116,640円(税込)
オンライン割引後(98,640円)
102,960円(税込)
オンライン割引後(84,960円)
256GB131,040円(税込)
オンライン割引後(113,040円)
116,640円(税込)
オンライン割引後(98,640円)

(税込表示です。)

☆オンラインストアで、新規・他社からのりかえ契約すると18,000円(税込)の割引が適用。( )内のオンライン割引後の価格で購入できます。

☆オンラインストアでの注文で、手数料・頭金・送料が無料となります。

⇒ ワイモバイルオンラインストアを見る

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

【ワイモバイル】iPhone 12/12 miniの予約・在庫&入荷待ち確認方法

 

iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)の予想スペック

リーク情報や噂を元にしたiPhone 14(mini)・14 Pro(Max)のスペックは下記の通りです。

iPhone 12シリーズ

・ノッチが縮小または廃止?→ノッチが廃止されパンチホール搭載?

・Face IDとTouch IDのW認証搭載?

・A16チップ搭載?

・カメラ性能は大幅なアップデートなし?

あくまで未確定な予想ですが、iPhome 12シリーズ・iPhome 13シリーズの内容を考えると上記のようなスペックが考えられます。

 

ahamo/povo/LINEMO対応機種

iPhoneシリーズは、ドコモのahamo(アハモ)・auのpovo(ポヴォ)・ソフトバンクのLINEMO(ラインモ )など新しいオンライン専用プランの対応機種です。

キャリアの各オンラインショップで端末を購入して、新プランのsimカードを挿せばそのまま使うことができます。

【iPhone購入は各オンラインショップ】

ドコモオンラインショップを見る

auオンラインショップを見る

☆ ソフトバンクオンラインショップを見る

ワイモバイルオンラインストアを見る

【ahamo 最新情報】
ahamo(アハモ)対応機種・端末:iPhone・iPadは機種変更で使えるか
→ ahamo(アハモ)の口コミ・評判/メリット&デメリット
→ ahamo(アハモ)とギガホとギガライトの違いを比較

【povo 最新情報】

→ povo (ポヴォ)の口コミ・評判レビュー
povo (ポヴォ)対応機種・端末:機種変更でiPhone・Android使える?

【LINEMO 最新情報】

LINEMO (ラインモ の口コミ・評判/メリット・デメリット
→ LINEMO(ラインモ)対応機種・端末:機種変更でiPhone・iPadは使える?

 

iPhone 2022年モデルのコンセプトデザインが公開(iPhone Pro?)

コンセプトアーティストのAntonio De Rosa氏が自身のWEBサイトで2022年モデルのiPhoneのコンセプトデザイン動画を公開しています。

Antonio De Rosa氏は「次のiPhoneは「13」という数字を避けるために「12s」という名前になるかもしれません。しかし...14はどうなるのでしょうか?」と疑問を投げかけ、「そろそろ数字を捨てて、現行のiPad Proのように存続させる時期に来ているのではないでしょうか。」と提案。

2022年モデルはナンバリングを廃止した「iPhone Pro」という名称になるかもしれないという仮定で、コンセプトデザインが作成されました。

公開されたデザインは、より小さなノッチと240Hzのスクリーン、4つのカメラレンズ、Lightningポートの廃止、背面にSmart Connectorによく似たドックポートの追加などのiPhone 14 Proシリーズに関する噂を元に具現化されています。

Antonio De Rosa氏の提唱する「iPhone Pro」はLightningポートのないポートレスモデルとなっています。

Lightningの代わりに、背面に新しいDockポートを設けて、クリップ式のアクセサリーを取り付けられるようにすることが提案されています。

すでにiPad Proに搭載されているSmart Connectorと非常によく似たドックポートを利用して、電源バンクやスナップオンカメラなどの強力なアクセサリーを接続することができます。これらのアクセサリーは、改良されたMagSafe 2を使って、磁石で端末にくっつくようになっているとのことです。

つまり背面の新しいドックを利用することで、予備バッテリーの追加や高解像度カメラを背面に取り付けられるようになるということ。これらのアクセサリーはコンセプトデザイン動画の中でも再現されています。

 

あくまで2022年モデルの噂に基づいた、Antonio De Rosa氏の夢見る「iPhone Pro」のデザインですが、ドックポートが実際に追加されたらiPhone 12シリーズのMagSafe以上にいろいろな用途で利用できそうだし非常に興味深い内容ですね。

少し気は早いですが2022年モデルをワクワクしながら待ちたくなります。

 

(参照:Cult of Mac, Antonio De Rosa

 

【公式オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

MacRumorsがiPhone 14に関する情報をまとめて公開

(2021年3月29日の情報)

MacRumorsが2021年3月現在のiPhone 13以降に登場するiPhoneについてまとめています。

iPhone 14についてMacRumorsは下記のように情報を公開しています。

・ ノッチに代わるパンチホール式のフロントカメラのデザイン。

・ Snapdragon X65 10ギガビット 5Gモデムおよびアンテナシステム。

・4nmプロセスで製造されるA16チップ。

・冷却性能を向上させたベイパーチャンバー・サーマル・システム。

・ 背面カメラのバンプをフラットにするユニボディレンズデザイン。

・アップグレードされた望遠カメラ。

・アップグレードされた超広角レンズをが全モデルに搭載。

 

MacRumorsは、iPhone 14にはAndroidスタイルのパンチホール式カメラデザインを採用する可能性があるとしています。

iPhoneの特徴的なM字型ノッチを廃止し、多くのハイエンドAndroid端末で見られるようなパンチホールデザインに変更されるかもしれないとのこと。

この変更は、2022年のハイエンドのiPhoneで予想されていますが、製造歩留まりが十分であれば、iPhone 14の下位モデルにも同じデザインが採用される可能性があります。

Face IDコンポーネントの一部や前面スピーカーを上部ベゼルに押し込むことも検討されているようです。

iPhone 13ではノッチの小型化が噂されていますが、2022年のiPhone 14では「より大きな変化」が訪れる可能性が高く、AppleはFace IDに さらに小さなフットプリント を可能にするTime-of-Flight(TOF)アーキテクチャの採用を目指しているとのこと。

 

クアルコムが2021年2月に発表した、世界初の10ギガビット5Gモデム「Snapdragon X65」についてもiPhone 14で搭載され、プロセッサにはTSMC社の4nmプロセスで製造されるA16チップが搭載される見込みです。

 

カメラ周りでは、新しい「ユニボディレンズデザイン」が採用され、リアカメラモジュールの厚みを薄くする計画があるそう。また、カメラ性能の大幅なアップグレードもiPhone 14で計画されており、6枚構成のレンズから7枚構成のレンズに刷新され、望遠レンズを中心にレンズ性能の向上が期待できます。

超広角レンズについては2021年のiPhone 13 ProでF2.4からF1.8に、5枚レンズから6枚レンズになり、大幅にアップグレードされる見込みです。

iPhone 14では、超広角レンズのこのアップグレードがProモデルだけでなく、全モデルに適用される可能性があります。

 

さらに、iPhone 14にはベーパーチャンバー方式のサーマルシステムが採用されるようです。

VCサーマルシステムは、ハイエンドiPhoneの性能向上と5G接続速度の向上を可能にするために必要になると言われており、ベーパーチャンバー冷却技術を採用することで大きな負荷がかかった際にデバイスを低温に保つことが可能です。

 

(参照:MacRumors

 

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxではパンチホールディスプレイが搭載?

画像はGalaxy S20 5Gのパンチホールディスプレイ。

MacRumorsが入手した研究ノートで、Apple関連情報の推察で知られるアナリストのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)がiPhone 14シリーズのディスプレイに関する情報を伝えています。

クオ氏によれば、2022年モデルの少なくとも上位機種のiPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxはノッチが廃止され、代わりにパンチホールディスプレイデザインに切り替わるとのこと。サムスンの最近のハイエンドGalaxyスマートフォンに似たデザインになるとのことです。

パンチホールディスプレイの生産歩留まりが十分に良い場合、下位モデルiPhone 14・iPhone 14 miniにも搭載される可能性もあります。

パンチホールに搭載されるフロントカメラにはオートフォーカス機能が搭載されるとも述べています。

 

クオ氏は2023年モデルのiPhoneについても開発が順調に行けば、少なくとも1つの新しいハイエンドモデルでアンダーディスプレイ型指紋スキャナ(Touch ID)、ペリスコープ望遠カメラ、ノッチや穴がない真のフルスクリーンディスプレイデザインなどが採用されると伝えています。

また、Face IDと6インチ程度の液晶ディスプレイを搭載した新しいローエンドのiPhoneが、2023年の前半に600ドル以下で登場するとも伝えています。

(600ドルは日本円で約64,000円です。)

 

(参照:MacRumors

 

2022年モデルiPhone14のパンチホール搭載を著名リーカーが否定

著名リーカーのJon Prosser氏(ジョン・プロッサー)が、自身のYouTubeチャンネルを更新。

ミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)のiPhone 14シリーズ(2022年モデル)にGalaxyに似たパンチホールディスプレイが搭載されるという予想に対し、疑問を呈しています。

Jon Prosser氏(ジョン・プロッサー)によれば、ノッチを廃止したフルスクリーンのiPhoneの計画自体はAppleが検討しているものの、パンチホールディスプレイが採用される見込みはないとのこと。

ノッチからパンチホールディスプレイへ段階的に移行する可能性は低そうです。

確かに今更iPhoneがパンチホールを採用しても、Galaxyの後追い的な感じもしてしまいますし、それならノッチのままでいいのではという気もします。

 

(参照:FRONT PAGE TECH

 

BarclaysアナリストがiPhone14のFace ID小型化を予測

(2021年3月13日の情報)

MacRumorsが入手したリサーチノートの中で、Barclaysのアナリストであるアンドリュー・ガーディナー氏(Andrew Gardiner)とその同僚3人が、2021年後半に発売予定のiPhone 13に関する分析・予測とともに、2022年のiPhone14シリーズについても指摘しています。

アンドリュー・ガーディナー氏(Andrew Gardiner)らによれば、iPhone 13シリーズには画面内蔵型のTouch IDが搭載され、ノッチが小型化されると明かしています。

さらに2022年のiPhone14シリーズでは、「より大きな変化」が起こる可能性が高いと指摘。

AppleはFace IDにTime of Flight(ToF)型のアーキテクチャを採用することで、Face IDのさらなる小型化を目指しているとのこと。

この情報については、以前ミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)が、2022年モデルにはサムスンのGalaxyのようにディスプレイに小さな穴のパンチホールが採用されると予測していました。

アンドリュー・ガーディナー氏(Andrew Gardiner)の情報からはパンチホールを採用するかは不明なものの、2021年モデルのiPhone 13でノッチが少し小型化し、2022年モデルではiPhoneのディスプレイ周りのデザインがガラッと変化する可能性がありそうです。

 

(参照:MacRumors

 

【公式オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

iPhone 14 miniは登場しない?

(2021年4月15日の情報)

MacRumorsが入手した投資家向けのメモの中で、アナリストのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)は、2022年に発売されるiPhoneのラインナップは、6.1インチのデバイスが2つ、6.7インチのデバイスが2つで、ミニサイズの5.4インチのiPhoneはないと予測しています。

iPhone 12 miniで初めて登場した5.4インチのminiサイズiPhoneですが、iPhone 14では開発が打ち切られ廃止となる可能性が出てきました。

要因としては、iPhone 12 miniの販売台数がAppleが予想してたよりも伸びなかったことです。単純に売れなかったため、AppleはiPhoneのサイズ構成を見直すことになりそうです。

 

(参照:MacRumors

 

iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)はカメラレンズに大幅なアップデートがない可能性

(2021年1月8日追記)

iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)はカメラレンズに大幅なアップデートがない可能性が

アナリストのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)が新たに発表したリサーチノートによると、iPhoneのカメラレンズは少なくとも2022年までは大幅なハードウェアアップデートが行われない可能性があるとのことです。

ミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)のノートによると、レンズメーカーであるLargan社とGenius Electronic Optical社の間で新たな価格競争が発生し、両社の収益性に影響を与えるとしています。Genius Electronic Optical社はAppleへの依存度が高く、Largan社の値下げ意欲とSunny Optical社のiPhone用ハイエンドカメラレンズのサプライチェーンへの参入により、特にリスクが高いとしています。
Largan社は、21年上期にiPhone用中高級レンズのASPを15~25%程度値下げし、稼働率を高めると予想している。玉井光の受注比率、稼働率、売上総利益率が直接影響を受ける。価格競争の影響は2021年1月から始まるため、玉井光の1月の売上高は前年同期比で一桁成長にとどまるか、あるいは減少する可能性がある。
郭氏は具体的に「2022年にはカメラレンズの大幅なアップグレードはない」と予測しており、"レンズ業界の構造的な課題が大幅に改善されない限り、あるいは玉井光がアップルの受注への依存度を大幅に下げることができない限り、ジーニアス電子光学にとっての課題は数年に及ぶ可能性があることを示している。

クオ氏は、2021年と2022年のiPhoneモデルに搭載されるカメラレンズのハードウェアの大幅な進歩はないだろうと予測していますが、カメラ全体の性能が向上しないわけではありません。Appleはカメラ機能のソフトウェア面にもかなり力を入れているので、レンズ以外のカメラハードウェアスタックのソフトウェアやその他の要素が改善されることで、新機能やその他の微調整が行われるかもしれません。

(参照:MacRumors

 

iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)

(2021年3月9日の情報)

アナリストのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)によって共有された研究ノートによると、iPhone 14では望遠レンズが6枚レンズから7枚レンズにアップグレードされ、性能が強化されるとのことです。

ただし、2022年モデル(iPhone 14)に搭載されると噂されていたペリスコープ望遠レンズは採用が見送られるとのこと。

 

また、フロントカメラモジュールのサイズを小型化するために、新たにユニボディレンズ デザインを採用すると述べています。

ミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)は、2022年モデル(iPhone 14)のハイエンドモデルにノッチを廃止し、パンチホールディスプレイが採用されるとも予想しています。生産歩留まりが十分に高ければ、2022年のiPhoneはすべて同じホールパンチデザインを採用する可能性があるとしています。

 

(参照:MacRumors

 

4800万画素レンズが搭載される可能性

(2021年4月15日の情報)

アナリストのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)によれば、iPhone 14シリーズのハイエンドモデル(Proモデル)には、4800万画素の高画素レンズが追加される可能性があるとのこと。

iPhoneシリーズは長らく1200万画素のレンズにとどまっていたので、一気に画素数が引き上げられることとなります。

クオ氏は、4800万画素レンズによって、iPhoneでの写真撮影は新たなレベル に到達すると述べています。

 

また、iPhone 14シリーズのハイエンドモデル(Proモデル)では、8Kビデオの撮影も可能になるとクオ氏は予測しています。

 

(参照:MacRumors

 

【公式オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)は4nmのA16チップ搭載か

Gizchinaによると、2022年のiPhone 14シリーズにはTSMCの4nm製造プロセスをベースにしたA16チップを搭載する見通しとのことです。

A16チップでは前世代(A15チップ)から性能、電力効率、密度をさらに向上させるとしています。

 

iPhone 13には第2世代の5nmプロセス(性能強化版の5NM+プロセス)のA15チップが搭載される予定です。

(参照:Gizchina

 

→ iPhone 12 / mini / Pro / Pro Max在庫・入荷状況

 

【公式オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

→ iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)の発売日・予約開始はいつ?

  • この記事を書いた人

iggy

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-iPhone

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5