※本ページはPR(広告)を含みます。

iPhone15はフルスクリーン化?iPhone15のノッチが廃止されるのか、継続か解説

iPhone15はフルスクリーン化されるのでしょうか?

フルスクリーンのiPhoneが計画されているとの噂があり、非常に気になるところです。

ただ、iPhone15はフルスクリーンにならない可能性が高くなっています。

iPhone15のノッチが廃止されるのか、継続かも含め解説していきます。

 

 

*例年新型iPhoneの予約は、注文が殺到して争奪戦となります。

iPhone15は予約後いつ届くかなど、予約に関する情報は予めチェックしておきましょう。

ドコモ iPhone15 予約

au iPhone15 予約

ソフトバンク iPhone15 予約

楽天モバイル iPhone15 予約

 

それでは「iPhone15はフルスクリーン化?iPhone15のノッチが廃止されるのか、継続か解説」をまとめていきます。

 

この記事の著者・監修者

【イギー(iggy)】

2017年2月より7年以上に渡って、iPhone・スマホの通信系サイトを運営中です。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を更新しています。ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。現在はグッドセンス合同会社が運営母体となり、運営体制を強化して更新を継続しています。

>> 詳しいプロフィールはこちら

>> 公式Xアカウントはこちら

楽天モバイル × 三木谷キャンペーン

楽天モバイルでは通称「三木谷キャンペーン」と呼ばれるVIP向けの特別キャンペーンを実施中です。

キャンペーン公式ページから「Rakuten最強プラン」に申し込むと最大14,000ポイントがもらえます!

☆他社から乗り換え(MNP):14,000ポイント

☆新規契約:7,000ポイント

☆再契約・2回線目以降でもOK

☆iPhoneキャンペーンと併用で最大34,000円相当お得

「三木谷キャンペーン」の詳細は下のリンクから公式ページでチェックを!

楽天モバイル公式ショップ

楽天モバイル公式サイトで三木谷キャンペーンを見る

iPhone15はフルスクリーン化される?

2021年3月時点では、MacRumorsなどの海外メディアが2023年に発売されるiPhone15のうち最低1モデルは、ノッチのない、真のフルスクリーンデザインを採用すると予想していました。

(参照:MacRumors

しかし、2022年11月現在では、iPhone15のフルスクリーン化には懐疑的な声が上がっています。

 

iPhone15はフルスクリーンにならない

DSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOである、ディスプレイアナリストのRoss Young氏(ロス・ヤング)は、iPhoneのフルスクリーン化について以下のようなツイートをしています。

2023までは、ピル形状のパンチホールを搭載したモデルが、ロードマップ上で予定されていることが確認できます。

iPhoneにフルスクリーンが搭載されるにしても、早くて2024年モデル以降となることが想定されます。

 

iPhone15で、ノッチは継続されず廃止か

iPhone15がフルスクリーンにならない可能性が高く、残念に思う人も多いでしょう。

ただ、iPhone15ではノッチが継続されず、完全に廃止となる可能性があります。

Ross Young氏(ロス・ヤング)の下記のツイートを参考にしましょう。

Ross Young氏によれば、iPhone15の標準モデルにDynamic Islandが搭載されることが期待されているとのこと。

Dynamic Islandと言えば、iPhone14シリーズでピル型パンチホールを搭載したProモデルのみが利用できる新機能。

iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxでは、ノッチからピル型パンチホールに移行してデザイン的に大きな変化があり、話題となりました。

 

iPhone15では下位モデルのiPhone15とiPhone15 Plusもノッチを廃止し、ピル型パンチホールへ置き換わる可能性が示唆されています。

下位モデルでもDynamic Islandが利用できるようになりそうです。

 

フルスクリーン化は2024年以降か

Ross Young氏(ロス・ヤング)の投稿を元に考察すると、iPhone15シリーズではフルスクリーン化が実現しない可能性が高いことが分かります。

iPhone14で上位モデルのみピル型パンチホールへ移行したばかりなので、いきなりフルスクリーンのiPhoneをリリースするのも不自然な感じがします。

iPhone15ではとりあえず、下位モデルにもピル型パンチホールを搭載して、パンチホールデザインのiPhoneを拡充するという流れの方が自然でしょ。

iPhone15シリーズでフルスクリーン化が実現しないのは残念ですが、Appleは着実にiPhoneのフルスクリーン化に向けて歩みを続けているようにも思えます。

パンチホールデザインのiPhoneが普及し終えた次の段階として、フルスクリーンiPhoneが登場する可能性があります。

真のフルスクリーンディスプレイは、早くても2024年モデル以降の登場でしょう。

首を長くして待ちましょう。

 

結論:iPhone15はフルスクリーン化されない可能性が高い

結論をまとめておくと、『iPhone15はフルスクリーン化されない可能性が高い』です。

表示画面を邪魔をするものがないフルスクリーンディスプレイのiPhoneを望む声はたくさんありますが、Appleの計画ではあと数年は待つ必要がありそうです。

iPhone15でフルスクリーン化が実現しなそうなのは残念です。

しばらくは、Dynamic Islandを利用できるピル型パンチホールのiPhoneに慣れ親しむ必要がありそうですね。

iPhoneのフルスクリーン化情報については、最新情報が入り次第、サイト内でご紹介します。

 

 

*例年新型iPhoneの予約は、注文が殺到して争奪戦となります。

iPhone15は予約後いつ届くかなど、予約に関する情報は予めチェックしておきましょう。

ドコモ iPhone15 予約

au iPhone15 予約

ソフトバンク iPhone15 予約

楽天モバイル iPhone15 予約

 

iPhone15関連リンク

 

 

【関連】→  iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種

【関連】→ 【iPhoneを安く買う方法】iPhoneはどこで買うのがお得で安い?

 

それでは「iPhone15はフルスクリーン化?iPhone15のノッチが廃止されるのか、継続か解説」でした!

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。