※本ページはPR(広告)を含みます。

楽天モバイル × 三木谷キャンペーン

楽天モバイルでは三木谷キャンペーンと呼ばれるVIP向け限定キャンペーンを実施中。

キャンペーン公式ページから「Rakuten最強プラン」に申し込むと最大14,000ポイントがもらえます!

三木谷キャンペーンは、iPhone購入で2万円割引キャンペーンとも併用可能。

合計で最大34,000円相当もお得なります!

公式サイトで三木谷キャンペーンを見る


☆乗り換え(MNP):14,000pt

☆新規契約:7,000pt

再契約・2回線目以降もOK

☆2万円割引のiPhoneキャンペーン併用で最大34,000円お得

三木谷キャンペーンの詳細は下のリンクから公式ページでチェックを!

楽天モバイル公式

☆「三木谷キャンペーン」の関連記事はこちら

☆「iPhone2万円割引き」の関連記事はこちら

iPhone

iPhone15はフルモデルチェンジ or マイナーチェンジ?どう変わる?

iPhone15はフルモデルチェンジとなるのか?

それとも、マイナーチェンジに終わるのか?

iPhone15はどう変わるのかを考察するページです。

リーク情報では、iPhone15はフルモデルチェンジとなるという情報も多数出ています。

Apple製品関連で有名なBloomberg記者のマーク・ガーマン氏もiPhone15はデザインが刷新される可能性が高いと指摘。

iPhone15でのフルモデルチェンジの期待感が高まっています。

 

(TOP画像参照:Apple

 

この記事の著者・監修者

【イギー(iggy)】

2017年2月より7年以上に渡って、iPhone・スマホの通信系サイトを運営中です。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を更新しています。ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。現在はグッドセンス合同会社が運営母体となり、運営体制を強化して更新を継続しています。

>> 詳しいプロフィールはこちら

>> 公式Xアカウントはこちら

iPhone15はフルモデルチェンジ or マイナーチェンジ?

iPhone15はフルモデルチェンジとなるのか?マイナーチェンジなのか?

どう変わるのでしょう?

現状、海外メディアや著名リーカーなどによる事前情報を参照すると下記のように考察できます。

 

iPhone15はフルモデルチェンジか

・iPhone15はフルモデルチェンジとなる可能性が高い

・iPhoneのデザイン変更サイクルを参照すると、iPhone15はデザイン刷新のタイミングに当たる

 

iPhone 15で新デザインかも→フルモデルチェンジか

近年のiPhoneシリーズは、大体3年ごとにデザインを大きく変えています。

iPhoneのデザイン変遷

・iPhone 6/iPhone 6s/iPhone 7iPhone 8:ラウンド形状

iPhone XiPhone XSiPhone 11:ラウンド形状+ノッチ

iPhone 12iPhone 13/iPhone 14:スクエア型形状

iPhone 12で角ばったスクエア型になった筐体デザインを採用してから、iPhone 14で3年目となります。

Appleのサイクル的に、2023年発売のiPhone 15で新デザインになる可能性があります。

Bloomberg記者のマーク・ガーマン氏(Mark Gurman)も、iPhone 15はデザイン刷新される可能性が高いと予測しています。

(参照:Bloomberg_Power On

 

iPhone15はフルモデルチェンジでどう変わる?

iPhone15はフルモデルチェンジでどう変わる?

どのような進化をとげるのかを詳しくみていきましょう。

事前のリーク情報ではiPhone15がどのような機種になるのか様々な考察や予想が出回っています。

その中でも信憑性が高い情報をまとめていきます。

 

デザインが大幅に変更

iPhone15ではデザインが大幅に変更されると予測されています。

ただ、どのようなデザインになるのかには暫定的な情報しかなく、確定情報が出るのはまだ先かと思います。

iPhone15のデザイン面は下記のような事前情報があります。

・筐体のデザインが変更

・ピル形状のパンチホール(Dynamic Island)が全モデルに搭載か

・チタニウムフレームのモデルが追加?

・ポートレスモデルが登場する?

 

ピル形状のパンチホール(Dynamic Island)が下位モデルにも搭載されるのは、信憑性が高そうです。

チタン素材のiPhoneは、iPhone14の頃から噂がありましたが、iPhone15で実現するかは微妙なところです。

 

USB-C端子を搭載か

iPhone15ではついに接続端子が刷新される可能性があります。

iPhone15はLightning端子から、USB-C端子へ変更されるという情報が多数出ています。

信頼度の高いアナリストのミンチー・クオ氏(Ming-Chi Kuo)もiPhone 15はUSB-Cへ移行すると予測。

 

(参照:https://twitter.com/mingchikuo/status/1524329801045409794?s=20&t=X0HgVZP5Z28DAnGDlDMYMw

(参照:https://twitter.com/mingchikuo/status/1525819252883988485?s=20&t=A9mytNmCEpEve046yjDUnA

 

Bloomberg記者のマーク・ガーマン氏(Mark Gurman)もニュースレター「Power On」の中で、LightningからUSB-Cへの移行を予測しています。

 

(参照:Bloomberg_Power On

(参照:https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-05-13/apple-plans-to-change-iphone-charging-port-to-meet-new-eu-law

 

2012年のiPhone5以来10年にも渡って継続されたLightning端子からUSB-C端子へ以降というのは、iPhone史に残る大きな出来事。

フルモデルチェンジと言うにふさわしい進化です。

 

iPhone15 Ultraが登場?

iPhone 15シリーズの最上位モデルは、iPhone15 Ultraという名称になるという噂があります。

従来通りであればiPhone 15 Pro Maxという名称が妥当ですが、あえてiPhone 15 Ultraというネーミングをするのは、フルモデルチェンジと言える変更が実施されるのかもしれません。

例えばMajin Bu氏によれば、iPhone 15 Ultraには2 つの前面カメラが搭載されるとのこと。

これまでのiPhoneになかった仕様で、iPhone 15 Ultraは特別なモデルとなりそうです。

iPhone15のカメラについては、望遠カメラにペリスコープレンズが採用されるとの噂もあります。

 

(参照:Bloomberg_Power On

 

プロセッサはA17に刷新

iPhone 15ではプロセッサもA17 Bionicに刷新されるでしょう。

A17は、3nmプロセスで製造されると言われています。

iPhone 14では下位モデルでは前機種と同じA15が継続されましたが、ProモデルはA16に刷新されていました。

iPhone 15シリーズでも、少なくともProモデルに関しては、最新のA17に刷新されるでしょう。

 

5Gモデムも自社モデルに刷新

iPhone15では、初めてApple独自開発の5Gモデムに刷新される可能性があります。

iPhone 14ではQualcomm(クアルコム)が2021年2月に発表した、世界初の10ギガビット5Gモデム「Snapdragon X65」を採用。

しかし、iPhone15では自社モデルに切り替える方針のようです。

開発中のApple独自の5Gセルラーモデムは、iPhone15の全てのモデルの搭載する計画で、6GHz帯とミリ波の両方に対応するものとなるようです。

2023年のタイミングで、日本版のiPhone15もミリ波に対応してくれると嬉しいのですが。。

現状国内で販売されている5G対応のiPhoneは、6GHz帯のサブ6のみ対応で、高周波帯のミリ波はサポートしていません。

 

(参照:https://www.macrumors.com/guide/future-iphone-rumors/

 

ストレージ構成も刷新か

iPhone15ではストレージ構成も刷新される可能性があります。

iPhone 15 Ultraは、最低ストレージ容量が256GBからスタートとなるいうリークがあります。

このことから、iPhone 15 Ultraにさらなる大容量ストレージが追加されると予想されます。

もしかすると2TBなどのiPad Pro並みの超大容量ストレージモデルも登場するかもしれません。

ここ数年iPhoneのストレージ展開はほとんど変更なしなので、iPhone15のストレージ容量については何かしら変更される可能性は高そうです。

 

iPhone15はフルモデルチェンジか判明する時期について

リーク情報を元にiPhone15のフルモデルチェンジについてチェックしてきました。

ただし、あくまで各メディアやリーカーが発信している事前情報なので、精度が不確かなものも混じっている可能性があります。

実際にiPhone15はフルモデルチェンジなのか、マイナーチェンジなのかは2022年10月の段階では決定的な情報はありません。

iPhone15がフルモデルチェンジなのか分かるのは、おそらく来年の春夏時期となる可能性が高いでしょう。

基本的にiPhoneの新モデルは例年9月に発売しており、発売日が近くなるにつれて硬度が高い情報が出るようになります。

iPhone15も2023年9月に発表・発売されると想定されます。

iPhone15がフルモデルチェンジかどうかは、2023年の春夏シーズンの最新情報に注目しましょう。

 

*例年新型iPhoneの予約は、注文が殺到して争奪戦となります。iPhone15は予約後いつ届くかなど、予約に関する情報は予めチェックしておきましょう。

ドコモ iPhone15 予約

au iPhone15 予約

ソフトバンク iPhone15 予約

楽天モバイル iPhone15 予約

 

iPhone15はフルモデルチェンジかに関するよくある質問(Q&A)

Q(質問)

iPhone 15はフルモデルチェンジになる?

A(回答)

近年のiPhoneシリーズは、大体3年ごとにデザインを大きく変えています。角ばったスクエア型になった筐体デザインを採用してから、iPhone 15で丸3年となります。iPhoneのモデルチェンジのサイクルから、iPhone 15で大幅にデザインが変更となるフルモデルチェンジが実施される可能性は高そうです。

 

iPhone15はフルモデルチェンジ?どう変わる?まとめ

iPhone15はフルモデルチェンジとなるのか?

それとも、マイナーチェンジに終わるのか?

どう変わるのかなどを考察してきました。

まとめると下記のようになります。

iPhone15はフルモデルチェンジか

iPhone15はフルモデルチェンジとなる可能性が高い

・iPhoneのデザイン変更サイクルを参照すると、iPhone15はデザイン刷新のタイミングに当たる

iPhone15はLightningからUSB-C端子へ刷新

・iPhone15 Ultraが登場?(ラインナップの刷新)

・プロセッサや5Gモデムの刷新

iPhone15はストレージ構成も刷新か

 

iPhone15は久々のフルモデルチェンジが実施され、ここ数年で1番進化のあるモデルとなる可能性があります。

続報を楽しみに待ちましょう。

それでは「iPhone15はフルモデルチェンジ or マイナーチェンジ?どう変わる?」でした!

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。

-iPhone