※本ページはPR(広告)を含みます。

iPhone16のストレージ容量を予想|おすすめ容量は?128GB/256GB/512GB/1TBストレージの何ギガ必要?

iPhone16のストレージについて解説するページです。

iPhone16のストレージ容量も、128GB/256GB/512GB/1TBという構成となることが想定されます。

もしかしたら2TBの超大容量ストレージが追加されるかもしれませんが。。

iPhone16のストレージについて、すすめな容量などをチェックしていきましょう。

 

 

それでは「iPhone16のストレージ容量を予想|おすすめ容量は?128GB/256GB/512GB/1TBストレージの何ギガ必要?」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

ガジェット好きで、iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

☆楽天モバイルのiPhoneが最大32,000円相当お得なキャンペーン

iPhone16のストレージ容量は何ギガ?

iPhone16のストレージ容量(ギガ数)は、下記のような展開になることが予測されます。

 iPhone16iPhone16 PlusiPhone16 ProiPhone16 Pro Max
ストレージ容量予想・128GB
・256GB
・512GB
・128GB
・256GB
・512GB
・256GB
・512GB
・1TB
・256GB
・512GB
・1TB

iPhoneのストレージ展開は、例年変化がほとんどないので、iPhone16に関しても従来モデルと同様のストレージとなる可能性が高いでしょう。

ただ、Proシリーズに関しては256GBからとストレージ容量の展開が整理されそうです。

iPhone15でPro Maxから128GBが削除されてしまいましたが、iPhone16 Pro Maxも引き続き128GBのオプションが用意されない模様です。

さらにiPhone16 Proに関しても256GBからのストレージ展開となりそうです。

 

iPhone16・iPhone16 Plusは、128GB・256GB・512GBか

スタンダードモデルのiPhone16・iPhone16 Plusは、128GB・256GB・512GBの3パターンの容量が用意されるでしょう。

Proモデルでは1TBストレージも用意されていますが、iPhone16シリーズでもスタンダードモデルに1TBが追加されることはないでしょう。

あくまで下位モデルなので、現状ではこれ以上大容量ストレージを展開するメリットはないかと思います。

スタンダードモデルを選ぶ人は、ベーシックな使い方で大容量を必要とする人は少なく、多くの人が128GBまたは256GBを選んでいる傾向にあります。

 

iPhone16 Pro・iPhone16 Pro Maxは、256GB・512GB・1TBか

上位モデルiPhone16 Proは、256GB・512GB・1TBの3パターンの容量が用意される可能性が高いです。

iPhone15 Pro Maxで128GBが廃止された流れが、iPhone16 Proにも引き継がれる模様。

iPhone16 Pro MaxだけでなくiPhone16 Proに関しても、256GBがベースストレージ(最低容量)となることが著名リーカーによりリークされています。

(参照:the Mac Observer

 

また、ProモデルにiPad Proのような2TBの超大容量ストレージが追加されるという噂も流れています。

ただ、2TBに関してはかなりコストも跳ね上がるので、実際に製品化されるかは不明です。

 

おすすめなiPhone16のストレージ容量は?

おすすめなiPhone16のストレージ容量について見ていきましょう。

iPhone16が128GB/256GB/512GB/1TBという構成でリリースされることを想定して解説します。

 

128GBはライトユーザー向け

最低容量である128GBは、ライトユーザー向けのストレージ容量となります。

電話・メール・WEB閲覧が主だけど、写真や動画もたまに撮影するくらいという用途に最適です。

1番安い容量なので、iPhone入門者にもおすすめ。

 

128GBの用途をまとめると下記のようになります。

128GBの用途

・ライトユーザーにおすすめ

・電話・メール・WEB閲覧などが主な用途

・写真や動画もたまに撮る

・ゲームや動画のダウンロードは少し

・外部ストレージを確保している(HDDやiCloud)

昔のiPhoneは64GBだ最低容量で、写真や動画を撮るとすぐにストレージが満タンになってしまっていました。

しかし、128GBなら写真や動画もそこそこ撮れますし、ある程度ゲームや動画のダウンロードもできます。

例えば、128GBなら写真撮影で10万枚ほど撮ることが可能です。(HEIF形式)

ちょっとした旅行でも充分すぎる枚数が撮れますね。

ただ、128GBだとアプリなどをダウンロードしていくと容量がけっこう埋まってしまうため、ずっとデータをiPhoneの中に保存しておくような使い方には向いていません。

外付けストレージ(HDDまたはSSD)やiCloudを利用して必要なくなったデータは、外部ストレージに移していくのがベストな利用方法でしょう。

iPhone16の中のデータを整理したりするのが面倒に感じる人には256GB以上がおすすめです。

 

256GBは幅広い層におすすめ、1番バランスのよい容量

256GBは、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い層におすすめです。

多すぎず少なすぎず、1番バランスの取れた容量なのでライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い層におすすめ。

ストレージ選びに迷ったら、とりあえず256GBを選んでおけば後悔は少ないでしょう。

 

256GBの用途をまとめると下記のようになります。

256GBの用途

・ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広い層におすすめ

・写真や動画をたくさん撮りたい

・アプリをたくさん入れたい

・ゲームや動画などもダウンロードして存分に楽しみたい

・内蔵ストレージにデータをある程度入れておきたい

256GBなら、写真や動画をにたくさん撮ることができます。

256GBあればアプリもたくさん入れられますし、動画などもダウンロードして楽しむことができます。

128GBでも充分という人も多いかと思うのですが、容量に余裕をもっておきたい人には256GBがおすすめです。

256GBでも外部ストレージにデータを移行する必要は出てくるかと思いますが、128GBよりはストレージ管理が楽に感じるかと思います。

 

512GBはヘビーユーザーにおすすめ、容量を気にせずに使える

512GBはヘビーユーザーにおすすめな容量となります。

スマートフォンとしてはかなりの大容量なので、写真や動画を思う存分に撮影して保存することができます。

 

512GBの用途をまとめると下記のようになります。

512GBの用途

・ヘビーユーザーにおすすめ

・容量を気にせず写真や動画を撮りたい

・容量を気にせずアプリを入れたい

・容量を気にせずゲームや動画などもダウンロードしたい

・内蔵ストレージにデータを入れておきたい

512GB以上の大容量になると、どんな用途で使うにもストレージが足りないという状況がほとんどなくなるでしょう。

動画もたくさん撮れます。

512GBなら内蔵ストレージにたくさんのデータをためておくことができるので、外部ストレージにデータを逃したりする必要もほとんどないですし、長く使えるでしょう。

 

1TBはプロ向け、4K動画などもたくさん撮れる

最大容量の1TBはプロユーザー向けです。

4K動画など容量が大きくなりがちなデータを取り扱うのに最適です。

価格が跳ね上がってしまうのが難点ですが、iPhoneを仕事で使うユーザーなどは買う価値があるでしょう。

ここまでの超大容量ストレージになると、ライトユーザーでは持て余してしまうかもしれません。

 

1TBの用途をまとめると下記のようになります。

1TBの用途

・プロユーザー向けの超大容量

・容量を気にせず高画質な写真や4K動画をたくさん撮りたい

・容量を気にせずアプリをたくさん入れたい

・容量を気にせずゲームや動画などもたくさんダウンロードしたい

・内蔵ストレージに大容量データ入れておきたい

1TBは512GBの特徴をさらに押し進めたような形です。

1TBもあれば高画質な写真をたくさん撮影したり、4K動画も長時間撮影したりできますし、写真家や映像クリエイターのようなプロの人には最適です。

アプリやゲームも大容量のものをたくさん入れておけますし、ほとんどiPhoneの内蔵ストレージだけで済んでしまうでしょう。

ただし、iPhone16 Proの1TBモデルはかなりの高額となる予想なので、本当にプロ向けの容量と言えます。

 

iPhone16 ストレージ まとめ

iPhone16のストレージ容量についてチェックしてきました。

最後にiPhone16のストレージ容量についてまとめておきます。

Phone16のストレージまとめ

128GB→安価でライトユーザー向け

256GB→1番バランスが良く幅広いユーザーにおすすめ

512GB→写真や動画をたくさん撮るヘビーユーザー向け

1TB→プロユーザー向けの超大容量

 

ストレージ容量は、使い勝手に影響する部分なので、慎重に選びたいところ。

もちろん大容量ストレージを選べればベストですが、大きい容量ほど価格も上がってしまうので悩ましいですね。

自分の用途と経済的な部分でバランスのよい容量をチョイスするのが1番かと思います。

もし、ストレージ選びに迷ってしまった時は、1番バランスの良い256GBがおすすめではあります。

 

 

【関連】→ iPhone15 ストレージ容量

【関連】→ iPhone14 ストレージ容量

【関連】→ iPhone13 ストレージ容量

 

それでは「iPhone16のストレージ容量を予想|おすすめ容量は?128GB/256GB/512GB/1TBストレージの何ギガ必要?」でした。

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。