iggy.tokyo

iPhone・iPad・MacBook・Androidスマホのレビューブログ

ガジェット

【国立商店さん提供】Dual Slot Caseレビュー!iPhone・Androidスマホの2台持ちに最適な大容量ケース!

イギー(@iggy3_tokyoです!

今回は国立商店さんから新登場の「Dual Slot Case(デュアルスロットケース)第5世代モデル」をレビューしたいと思います。(レビュー用にサンプルをご提供いただきました。)

2台のデバイスを持ち運べるケースで、第5世代の2019年モデルはiPhone XS Maxなど大型端末も収納できるように進化!

僕自身が最近はiPhoneとAndroidスマホを2台持ちすることが多く、非常に気になっていた商品です。

ちなみにスタンダードエディションとスペシャルエディションの2タイプあり、今回レビューするのは高機能な素材やパーツを使ったスペシャルエディションになります。

 

イギー
スマホを2台持ちしている人はぜひチェックしてみてください!

 

Dual Slot Case スペシャルエディションのおすすめポイント

まずDual Slot Case スペシャルエディションのおすすめポイントをまとめておきます。

Dual Slot Case スペシャルエディションのおすすめポイント

  • 2つの収納スペースに、様々な組み合わせのデバイスを収納可能
  • メイン収納スペースはiPhone XS Maxなど大型スマホに対応
  • サブ収納スペースは小型デバイスに対応
  • 大容量で3台持ちもいける!?
  • 付属のゴムバンドでアクセサリー・周辺機器の収納も可能
  • タフで軽量な東レ製の1680デニール中空糸ナイロンを使用
  • フラップ(蓋)にはウォータープルーフレザー
  • マグネットボタンで静かにスムーズに開閉
  • 背面のDカン・ストラップで、いろんな場所に装着が可能
  • 日本国内で製作、国立商店ならではの丁寧な作り

 

イギー
スペシャルエディションは素材にこだわったの特別仕様です!フラップ開閉もマグネット式でスマート!

 

Dual Slot Caseを国立商店オンラインストアで見る

国立商店オンラインストア

 

Amazonでも販売中です

 

Dual Slot Case スペシャルエディション レビュー

それではDual Slot Case スペシャルエディションをレビューしていきます。

 

大型スマホも入る大容量サイズ

初めて見たときはケースの迫力に驚きました。

最近の大型化しているスマホに対応しているため、寸法は約183 x 105 x 45mmと大容量のサイズ感です。(旧モデルに比べ、10mm程縦長になっています。)

重さは約130gと大きさの割に軽量。

 

スペシャルエディションは素材が特別仕様

スペシャルエディションは東レ社製の1680デニールの中空糸ナイロンを使っています。

中空糸というのは糸の1本1本が中空構造(空洞)になっている糸です。

高強度ながら軽量化を実現していますよ。

 

フラップ(蓋)には特別仕様らしくウォータープルーフレザーを使用。

レザーの上質感がありながら、撥水性があって実用的です。

使い込むことでいい味も出てきそうです。

 

イギー
国立商店と言えば上質なレザー使いにも注目!

 

マグネットボタンでフラップ(蓋)を開閉

フラップ(蓋)の開閉はマグネットボタン式です。(埋め込み型)

かなり強力な磁力なので、安全性も高めです。スマホを収納した状態でケースを逆さにしても、フラップ(蓋)が開いてしまうことはありませんでした。

スタンダードエディションだとベルクロタイプなので、スペシャルエディションの方がスムーズに開閉できるのが良いです。

片手でもケースの開閉がしやすいですし、音も静かですしね。

また、フラップ(蓋)を開けてスマホを収納する際にもボディを傷つけてしまうような素材が一切使用されていないのもポイントです。

 

2つの収納スペースで2台持ち

フラップ(蓋)を開けると、すぐにメインの収納スペース(メインコンパートメント)にアクセス可能です。

大型デバイスでも余裕で収納できる空間になっています。(写真で収納しているのはiPhone XS Max)

 

内側には起毛したパイル地を使用。

柔らかで温かみのある優しい触り心地で、収納したデバイスを傷つけてしまう心配がありません。

 

また、75mm幅のゴムバンドも備え付けられているので、デバイスを固定することも可能です。

ケーブルなど小物やアクセサリー類を収納するのにも使えますね。

 

メイン収納スペースの上にはサブの収納スペース(フロントコンパートメント)があります。

小型のスマホや小物類を収納するのに適しているスペースです。(写真で収納しているのはiPhone XS)

 

両サイドは伸縮性のあるメッシュ素材で通気性が良く、排熱面も考慮されています。

パイル地の内張などはなく、メインの収納スペースに比べて保護性能は劣ります。

気になる人はスマホに保護ケースを着けて収納するのが良いかもしれません。

 

2つの収納スペースに大小2つのスマホを収納すると写真のようになります。

iPhone XS MaxとiPhone XSがそれぞれの収納スペースに丁度よく収まっています。

2台スマホを収納してもまだまだ余裕ありな感じです。

 

イギー
工夫次第で色んなものを収納できそうですね!

 

背面にはDカンやストラップが付属

Dual Slot Caseはただスマホを2つ収納できる保護ケースというわけではなく、アクティブに使えるのも魅力です。

背面にはDカン、左右に開閉するマジックテープ式のフラップ、縦長のスナップボタン+マジックテープ式のストラップが付属しています。

これらを利用することで、ズボンのベルトループやバッグのストラップベルトに装着することができます。

国立商店のバックパックなどとも相性良いですよ。

シチュエーションによって色々な使い方が考えられそうです。

大切なデバイスをしっかり保護しつつアクティブに使えるので、アウトドアでの使用などに最適かと。

 

Dual Slot Caseを国立商店オンラインストアで見る

国立商店オンラインストア

 

Amazonでも販売中です

 

いろんな端末を収納してみました

気になるのがどんな端末を丁度よく収納できるかというところですね。

ということで色んな端末を実際に収納してみました。

イギー
手持ちのスマホがどのように収納できるのか参考になれば幸いです。

 

iPhone XS Max

まずはiPhone XS Max

157.5 x 77.4 x 7.7mmとiPhoneで最大のサイズ感です。

 

ですが、Dual Slot Caseならこの通り。

すっぽり収まります。

 

まだまだ余裕がありますね。

メイン収納は、スマホをもう1台重ねても収納できるくらいの空間になっています。

 

横幅もかなり余裕があります。

この通りiPhone XS Max保護ケースを装着しても余裕。

もちろんフラップ(蓋)もちゃんと閉まります。

 

一方、iPhone XS Maxのサイズだとサブ収納スペースに入れようとすると収まりが悪いです。

横幅は問題ないのですが、縦長すぎて頭がはみ出しまくります。

また保護ケースを着用してサブ収納スペースに収納するのは厳しそうです。

 

これでもちゃんとフラップ(蓋)は閉じます。

ですが、安全性や見た目的な部分を考えるとiPhone XS Maxなど大型端末は素直にメイン収納スペースに入れた方が良さそうです。

安心感が違います。

 

Xperia 1

今回収納する端末でも最大のXperia 1

167 x 72 x 8.2mmと横幅は比較的スリムなのですが、長さがiPhone XS Maxより9.5mmも長くなっています。

長さが仇となってポケットなどへの収まりも悪く、非常に収納場所に困ってしまう1台。

 

そんな端末もDual Slot Caseなら問題なく収納できてしまいます。

これはXperia 1ユーザーとしては非常に嬉しい。

 

横幅に関しては意外とスリムなので余裕があります。

 

保護ケースを着けた状態でも問題なく収納可能。

横幅に余裕があるのを考えると、むしろケースを着けているほうが収まりが良いかと思います。

 

ちゃんとフラップも閉じますよ。

長さに関しては、ケースを着けたXperia 1を収納するとジャストと言えるサイズ感ですね。

Xperia 1に合わせて設計されたかのようなぴったり感。

フラップで端末がしっかり抑えられて安定します。

 

ただサブ収納では、かなり頭が飛び出してしまいます。

これでも一応フラップは閉じて使えないことはないんですけどね。

安全性の面から考えるとXperia 1はジャストサイズで収納できるメイン収納スペースでの運用がおすすめです。

 

AQUOS R3

6.2インチのロングディスプレイを搭載しているAQUOS R3も収納してみます。

サイズ感としては156 x 74 x 8.9mmと、iPhone XS Maxに近い大きさです。

 

こちらもメイン収納にはすんなりと入ります。

 

iPhone XS Maxより横幅がないので、余計に余裕があります。

保護ケースを着けて収納してあげた方がより収まりはよくなるかと思います。

 

やはりサブ収納スペースに入れると、頭は飛び出してしまいます。

Xperia 1ほどではありませんが、AQUOS R3もメイン収納スペースに入れて運用するのが良さそうです。

 

Google Pixel 3a

大人気のGoogle Pixel 3aも試してみました。

サイズは151.3 × 70.1 × 8.2mmと、今まで紹介した端末よりも大分コンパクトなサイズ感です。

 

なので、収納してみるとメイン収納スペースからほとんど頭が露出しません。

 

もちろん横幅も余裕です。

 

そんなGoogle Pixel 3aもサブ収納スペースだとけっこう頭が飛び出してしまいます。

このぐらいの飛び出しなら許容範囲かと思いますが、安全性を優先するならメイン収納スペースで運用するのがベストかもしれません。

 

iPhone XR

iPhone XS MaxとiPhone XSの中間サイズのiPhone XR。(150.9 x 75.7 x 8.3 mmとややiPhone XS Maxに近いサイズ感)

 

iPhone XS Maxがすっぽり収まるので、もちろんiiPhone XRもすっぽりです。

Pixel 3aと同じくらいの露出。

 

横幅もまだまだ余裕あり。

 

やはりサブ収納スペースでは、はみ出てきますね。

Pixel 3aと同じくらいのはみ出具合。

iPhone XRは重さもあるので、メイン収納スペースで運用した方が安定感もあるかと思います。

 

iPhone XS

Face ID搭載iPhoneの中では最小のiPhone XSです。

サイズは143.6 × 70.9 × 7.7 mm。

 

メイン収納ではかなり控えめな収まり具合です。

 

両脇の空間にかなりの余白があります。

運搬中にかなり端末が動いてしまう可能性があるので、保護ケースを装着するか、付属のゴムバンドで固定してしまうのがベストかと思います。

 

サブ収納スペースだとほんの少し頭が飛び出るくらいの程よいサイズ感です。

 

iPhone XSくらいのサイズ感だと保護ケースを装着したままでも、収納可能です。

iPhone XSはサブ収納スペースでの運用が良さそうです。

 

iPhone 8

現行のiPhoneとしてはiPhone 7と並んで1番小さいサイズ感のiPhone 8

サイズは138.4 × 67.3 × 7.3mmと今回収納のしたモデルの中でも最小サイズです。

 

iPhone XSよりコンパクトなだけあって、メイン収納に入れると端末が露出してしまうことがありません。

 

やはり両脇の空間はかなり余ります。

iPhone 8クラスの小ささになると保護ケースを着用しても、まだまだコンパクトで、空間が余りまくるので、ゴムバンドに固定してしまった方が良いでしょう。

 

サブ収納スペースに入れても全く飛び出しません。

ぴったりなサイズ感。

iPhone 8クラスのコンパクトな端末はサブ収納スペースで運用するのが良いでしょう。

 

Xperia Ace

iPhone 8と同じくらいコンパクトなAndroidスマホのXperia Ace

サイズは143 × 67 × 9.3 mm。

 

メイン収納スペースでは、iPhone 8同様かなり余裕があります。

 

メイン収納に入れる場合は、やはりゴムバンドを活用するのが良さそう。

移動中も端末が動かないように固定できます。

 

サブ収納スペースに入れるとiPhone 8以上にぴったりサイズ。

Xperia Aceはサブ収納で運用するのに最適ですね。

 

以上いろんな端末を収納してきましたが、やはりメイン収納とサブそれぞれに適した端末サイズがありますね。

適切なサイズの端末を適切な場所に収納してやることでDual Slot Caseを最大限に有効活用することができます。

 

イギー
特にiPhone XS MaxやXperia 1が余裕で収納できるのは凄いすでよね!

 

Dual Slot Caseを国立商店オンラインストアで見る

国立商店オンラインストア

 

Amazonでも販売中です

 

3台持ちでもいけそう

2台持ちのためのケースであるDual Slot Case(デュアルスロットケース)ですが、メイン収納スペースが想像以上に大容量なため、3台持ちもいけてしまいそうです。

写真のようにサブ収納に1台。

メイン収納に2台のスマホを重ねて収納することで3台持ちもいけます。

スマホを重ねることによるトラブルが不安な人は、保護ケース・保護ガラス着用で運用することで運搬中の損傷などを避けることができます。

メイン収納は保護ケース着用のスマホを2台収納するのにも十分なスペースがあります。

 

3台収納してもちゃんとフラップ(蓋)も閉じます。

磁力も不具合なくしっかりくっついています。

 

3台収納したままDual Slot Caseを逆さにしてもフラップ(蓋)が開いてしまうこともありませんでした。

(*万が一のこともあるので、真似はしないほうがいいと思います。)

 

最近だとカメラ性能を比べたりするために複数台持ち歩くことも多くなってきたため、3台収納できてしまうのはかなりありがたいです。

もちろん、国立商店さんが公式にDual Slot Caseで3台持ちを推奨しているわけではないので、3台持ちするときは自己責任でお願いします。

安全性を優先するなら素直に2台持ちで使うのが良いでしょう。

大容量で工夫次第でいろいろな使い方ができるのもDual Slot Caseの魅力かと思います。

 

イギー
3台持ちまでできてしまうとは!

 

Dual Slot Caseを国立商店オンラインストアで見る

国立商店オンラインストア

 

Amazonでも販売中です

 

スマホ複数台持ちの人に非常におすすめ!

国立商店さんのDual Slot Case(デュアルスロットケース)第5世代モデルをご紹介してきました。

これはかなり使えるアイテムですね。超気に入っています。

スマホって大切に扱いたいけど、なかなか収納スペースに困るもの。バッグの中に適当に入れてしまうのもトラブルの元ですし。

Dual Slot Caseなら、そんなスマホにとって居心地の良い定位置を作れます。

バッグの中に入れておくにもDual Slot Caseに入れておけば安心ですし、時にはバッグの外に着けたり、ズボンのベルトループに装着してアクティブに使うこともできます。

スマホ複数台持ちの人には非常におすすめなアイテムです。

 

イギー
購入は国立商店サインのオンラインストア、またはAmazonからどうぞ!

 

Dual Slot Caseを国立商店オンラインストアで見る

国立商店オンラインストア

 

Amazonでも販売中です

  • この記事を書いた人

イギー★

ただの素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhoneやAndroidスマホの話題多め。ドコモとmineoを契約しているのでキャリアと格安SIMどちらのよさも分かります。カメラはSONY派。レビュー依頼・広告掲載等、承ります。

-ガジェット

Copyright© iggy.tokyo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.