LG4Kディスプレイ「27UD88-W」はiMac, MacBookと相性抜群!開封レビュー!

またブログ記事投稿の間隔が空いてしまった…さて今回は「MacBookの買い直しレビュー記事」を書いた時に少し触れた外部ディスプレイをご紹介。LGの27インチ4Kディスプレイで「27UD88-W」というモデル。こちらのモデルはホビット機能などを搭載したプロフェッショナル仕様でUSB-C端子も付いている。このため現行のMacBookシリーズからUSB-Cケーブル一本で映像出力ができ、充電までしてくれる。

基本iMacのサブディスプレイとして使用する予定で、MacBookと組み合わせて使用する必要はあまりない。しかし、iMacが不調の時に12インチMacBookをスムーズに接続できるようにUSB-C対応のこのモデルを選んだ。これで購入後そろそろ2年近くになろうとしているiMacが何時ぶっ壊れても安心だw

とりあえず開封から詳しく画像付きで紹介していこう。

パッケージはこんな感じ

MacBookと比べると大きさがわかるだろうか。シンプルなパッケージング。27インチというだけあってそこそこデカイ。本体の重さも6.2kg(スタンド込み)あるのでなかなかの重さ。Amazonで購入してヤマトさんが届けてくれたけど、大型のモノでも嫌な顔せず届けてくれるヤマトさんには頭が上がらないです。

開封してみた

ダンボールを開けるとこんな感じ。一層目ににはディスプレイの足部分や電源アダプターや各種ケーブル類、説明書、保証書も入っている。

内フラップ部分には組み立て方が載っている。(ものすごく大雑把w)説明書に詳しい組み立て方は載っているし、組み立て自体すごく簡単です。

そして一層目の発砲スチロールをどけると、二層目にはディスプレイ本体とスタンドがこんにちは。特に問題なくしっかりと梱包されている。ディスプレイは保護カバーに包まれ、輸送中の衝撃が伝わらないよう発砲スチロールでちゃんと固定されていた。

こちらが梱包されていたもの全て。

4kディスプレイ本体。

スタンドネック部分。

スタンド足部分。

電源アダプターとコード。

USB-C/USB3.0変換ケーブル。

USB-Cケーブル。

HDMIケーブル。

DisplayPortケーブル。

説明書、保証書、ソフトウェアガイドCD-ROM。

次はネック底部に足パーツを取り付け。

ここは説明書の指示通りコインを使いしっかりと締める。500円硬貨がちょうどいい感じ。

3分ぐらいで組み立て完了。早速電源つけてみた。

さすが4K!キメ細やかで美しい画面!

画面立ち上げるととこんな感じ。iMacのサブディスプレイとして映像を出力している。さすが4K。キメ細やかで美しい。見た目的もほぼベゼルレスでスタイリッシュ。シンプルなので無垢材の机にも違和感なくマッチ。上の画像はスタンドの高さを1番下げたとこ。

高さ調節可能で、その気になれば画面を高めに設定することができる。メインディスプレイに合わせてベストな作業環境を構築できる。

ホビット機能で簡単に縦長画面表示にできる。

これは書いたブログ記事の見え方チェックなどに使えそう。

細かいとこもチェック

画面下部中央にはLGのロゴマーク。好き嫌いの分かれる部分ではあるw そこまで目立たないので、自分はあまり気にしていない。

右下部にはん「Energy Star」シールが。剥がせるけど、一応貼ったままにしとく。

スタンドはケーブルホルダーもある。

ディスプレイ背後には各種端子が揃っている。HDMI端子2つ、DisplayPort1端子つ、USB-C端子1つ、USB3.1ダウンストリーム端子2つ、サービス専用USB端子1つ、ヘッドホン端子1つ、電源用端子1つ。白いケーブルが挿さっているのが電源端子。今回はUSB-Cを搭載していないMacから出力しているため、DisplayPortを使っている。

背面上部にもデカデカとLGロゴww まあ背面なんで気にする必要もないでしょう。

高さ調節の可変部分。スムーズに動いてくれる。高さ調節が楽で良い。

横から見ると、かなり薄型であることが分かるかと。コンパクトな感じで場所も取らず良い感じ。足が華奢そうだけど、そんなことはなくちゃんとディスプレイを支えてくれる。倒れてしまうようなこともなく、安定感あり。

LGロゴの下にジョイスティックがある。こいつで画質の調整など、ディスプレイの様々な操作を行う。初めは戸惑ったが、慣れると割と使いやすいかも。反応も早いし。

うーむ。いい感じ。なかなかオシャレだし、気に入った!LGロゴも遠くから見るとほとんど目立たないしねw

iMacとの相性はどうか?

気になるのはMacとの相性はどうなのか。5k RetinaのiMacと組み合わせるに当たって、ディスプレイの画質と外見どちらも重要なポイントである。

と言っても相性が悪いはずがない。さすがMacのディスプレイを供給し続けているLGだけあって「27UD88-W」の4Kディスプレイも超美麗。きめ細やかで鮮やか。iMacの横に並べても遜色ない。抜群の相性の良さを感じる。もちろんiMacは5Kなので精細さで少しの差は感じる

EizoのUSB-C対応のモデルも検討したが、LGの4Kに比べるとだいぶ画質が粗く感じた。Macのディスプレイと相性が良いのは、間違いなくLGの4Kディスプレイだろう。なんせAppleストア限定のサブディスプレイも請け負ってるくらいなので間違いない。また、ややアンチグレア気味の画面のため、Macの画面に比べ写り込みも少なく目にも優しい。

それにしてもiMacの横に並べてしまうと遜色ないどころか、「27UD88-W」のベゼルレスディスプレイのせいで、皮肉にもiMacのデザインが野暮ったく見えてくるという…w 比べるとiMacのベゼルって本当に太い。iPhone Xもベゼルレスなわけだし、iMacもそろそろデザイン替え時かもね。

また「27UD88-W」はシンプルなデザインで、スタンド足部もシルバーなのでMacのシルバーカラーとの馴染みも良好である。

サイドから見るとiMacの方が圧倒的に薄く見える。これは現行iMacが淵の部分だけ薄くしてあるデザインのため。筐体中心部はしっかり厚みがある。そして、アルミ製のためか、かなり重い。スタンドもデザイン優先で、重みのあるディスプレイ部にはアンバランスで大きな地震が来たら必ず倒れると思う。

対して「27UD88-W」はプラスチックボディなのでディスプレイ部は軽量。スタンド足部に滑り止めもついているので、しっかりと固定してくれる感がある。見た目からすると意外なのだが、「27UD88-W」の方が設置した時にかなり安定感がある。また無駄なベゼルがない分かなりコンパクト。同じ27インチとは思えないほど。

27インチ×2はかなり横幅を取るため、机の横幅は150cm以上ないと厳しいかも。スペースをなるべく取りたくない時はホビットモードを利用するのがベストかと。

27UD88-W」は縦長表示で情報収集しながら、iMac側で作業ってのがスマートでいい感じ。

もちろん横長画面もいい感じ。27インチだとちょうどブラウザ2つ並べておくのにちょうど良いサイズ感。つまり27インチ2枚でブラウザ4つ並べて作業ができる。単純に2倍、作業効率も2倍(のはず)。

初サブディスプレイ、買ってよかった!

で結論なのだけど、買ってよかったです。このディスプレイ。というか何故今まで買わなかったのかと後悔すらしている。iMacの27インチという画面は大きいようで、いざ何か作業をするとなると小さい。記事を書いて、ググって調べて、写真加工してみたいなことしてると、狭すぎて結果画面ごちゃごちゃしがちに。それが、単純に作業面積が2倍になったことで能率も格段に上がった。

自分はiMac本体で情報収集と記事を書いて、「27UD88-W」で写真選定と画像のリサイズ、その他アプリを使用と役割分担をしている。こうすることでディスプレイがごちゃごちゃすることもないし、大分整理しやすくなった。というか何故今までこうしなかったのだろと不思議でしょうがないwもうディスプレイ1つには戻れない感じだ。それくらいデスクトップでウェブサーフィン以上の作業をする人は購入を検討する価値があると思う。

初ディスプレイでEIZOのモノと悩んだが、コストパフォーマンス、Macとの相性という点で今ではこちらで正解だったと思う。4KディスプレイでUSB-C対応、かつリーズナブルな価格で製品化しているものは「27UD88-W」以外なくベストな選択だったと思う。LGのAppleストア限定モデルも出てるけど、4Kだと21.5インチだし、5Kモデルは高すぎるし繋げるモノも限られてしまうからね

といううわけで「27UD88-W」購入して大満足です。今度はMacBookとつなげたとこをレポートしたいと思う。もちろん購入したばかりのMacBook 2017から付属のUSB-Cケーブル一本で動作も確認済。iMacやMacBookシリーズを持っている人に自信を持ってオススメしたい逸品となっている。

購入したディスプレイ「27UD88-W」はこちら

ちなみにIMacと接続するために購入したケーブルはこちら

2015年以前のiMacを接続する場合はiMac側のMini DisplayPortをDisplayPortに変換するケーブルが必要。(MacBookシリーズは付属のUSB-Cケーブルで出力可)これは付属していないので別途購入。購入したのは、皮肉にも今回ディスプレイの購入に至らなかったEIZOの「PM200」というケーブル。こちらは5000円程度でこの手のケーブルとしては高すぎるが、安物はすぐダメになるというレビューも多かったため、ケーブル類の品質にも信頼性のあるEIZOのモノを購入。

相性問題もなくiMac、「27UD88-W」共にちゃんと認識してくれている。長さも2mほどで丁度よく、Mini DisplayPort/DisplayPortケーブルを探しいる人はチェックしてみてほしい。Amazonとかで1000円くらいで売ってるケーブルもあるけど、粗悪そうなんでこっちにして正解でした。

購入したMini DisplayPort/DisplayPortケーブルはこちら

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です