12インチMacBook 2017を持ち運んで思った5つのこと。

だんだんと外へ持ち出して使うことが多くなってきたMacBook。今回は持ち運ぶようになって思ったことをまとめてみた。毎日持ち運ぶにあたっての重さの実感や取り回しの良さなどについて。結構ぶっちゃけてる部分もある。

① 軽いけど、毎日持ち運ぶとなるとあと200g削ってほしい

まず外へ持ち運ぶようになって最初に思ったのがこれ。他のラップトップに比べれば軽いのだけど、そこそこ重さは感じるってこと。900gというのは想像してたより重みを感じたというのが正直なところだ。バッグに入れるのがMacBookオンリーなら問題ないかもしれないが、他の仕事道具などと持ち歩くとけっこう重い。

重さが1.4kgほどあるMacBook Pro 13インチと比べてもだいぶ軽いのは体感できるのだが、個人的には毎日運ぶとなるとこれでもまだまだ重い。贅沢な悩みだというのは分かっているが、あと200g削ってほしい。まあ、現ラインナップではMacBookがダントツで軽いのだから、やはり重量を気にするイギーには他の選択肢はなかったなと再認識している。

② サイズ感が非常に良い、取り回しの良さ最高

画面はやはり小さい。iMacの大画面に慣れてしまっているため、やはり12インチというサイズでは物足りなく感じることもある。だが、持ち出すようになってからはそのサイズ感が非常に良いなと思った。出先のどんな場所でもサッと取り出して作業できる。カフェなどの狭い席でも、すんなりと置けて決して邪魔にならない。

コンパクトなサイズのおかげで、どんなシチュエーションでも気軽にカバンから取り出して作業しようという気になれるのが良い。これが500kg近く重くて筐体もデカいMacBook Proだったら、こんな気分になっていないと思うのだ。やはり軽くて薄いは正義。

もちろん画面のサイズ的には、やはり13インチは欲しかったかもと思うことがたまにある。でも、サブとして割り切って使用しているので、あまりこの点は重要ではない。持ち出し用の機体として使用して1日数時間、せいぜい長くて5時間ほどだろう。12インチという画面でもテキストは非常に見やすく、ブログ記事の編集には充分だ。自分の場合は毎日持ち出して空き時間にサッと2時間ほど使えればいいので、画面の小ささよりも筐体のコンパクトさにメリットを感じる部分が何よりも大きい。

③ お洒落カフェとの相性の良さ半端ない

スターバックスなどカフェにMacBook Air持ってドヤりにいくのをドヤリングと呼び流行っていた時期があるようだが、もうMacBook Airはいくら何でも古い。古すぎる。デザイン的にもMacBookと比べてしまうとベゼルが太かったりとイモっぽく感じられる。やはりMacBookは最高にスタイリッシュ。今1番お洒落カフェで最高にドヤれる端末はMacBookであることは間違いない。

ここ数日表参道などのカフェで使用してみたが、お洒落カフェの雰囲気に自然と馴染んで小さいながらもApple製品としての存在感はバツグン。カフェにMacBookを持ち込むことで気持ちよく作業ができた。またコストパフォーマンスの悪い端末であるためか、MacBook Airと比べても持っている人もそれほど多く見かけず所有欲も満たしてくれる。都内でも他人とカブりにくく最高にドヤれる1台だろう。(にしてもMacBook Air使ってる人本当に多いのだね…多すぎる)

④ 性能は充分すぎる、むしろ盛りすぎたかも

プロセッサをi7にしてメモリを16GBにしているのもあり、性能は充分すぎる。基本的に簡単な画像処理してブログ書くぐらいの用途なので、盛りすぎてしまったかもしれない。正直、自分の用途ではカスタマイズなしモデルでも充分だったかもしれない。また、サブ機という観点から見ると512GBのSSDは余裕がかなり有りすぎる。

持ち運ぶようになって、そもそも出先でそんな負荷のかかる作業はしないということに気づいてしまった…負荷のかかる作業はiMacでやれば良いし、圧倒的に快適だ。正直、持ち運ぶようになって色々気づくことが多かった。なので、これから購入する人は自分が使用するシチュエーションを具体的にイメージしてスペックを決めるのをオススメする。特にサブ機として使うなら、必ずしも特盛がベストな選択ではないと思う。なんせカスタマイズすると本当に高いからねw吊るしモデルで様子見るのも全然有りだと思う。身の丈に合ったモデルを選ぶのも大事かと。

⑤ 片手で気軽に持ち運べる分、事故る確率も高いかも

持ち運ぶようになって不安を感じたのは、そのうち事故って落下させてしまうかもということw片手で持ち運べる重さと大きさなので、基本MacBookを持って移動させる時は片手持ち。快適だが調子に乗ってると、うっかり手を滑らせるようなこともあるかもしれない。実際、スリーブケースから出す時など手を滑らせて少し冷や汗をかいた。

コンパクトだからこその悩みと言えるが、筺体をアクティブに移動させるシチュエーションはMacシリーズの中で断トツ1位だろう。必然的に事故る確率も高くなると思う。物理的にもだが、毎日持ち運ぶとなると自然故障的な不具合も発生率高そう。なので、やはり筺体保護にシェルケースなどはあった方が良いと思う。また、もしものためにアップルケア+や他社のモバイル端末保険などは必須と言えるかもしれない。

あと、以前レビューでも書いたが、薄すぎて自分で折り曲げたり破壊してしまわないか不安になるw特にボディ上部(ディスプレイ部)はペラペラなので、少し力を加えたら簡単に曲がりそう。旅行などで大きなカバンで持ち運ぶ時も、間違ってもMacBookの上に重い荷物を載せてはいけない。ディスプレイにキーボードの跡が着いてしまった人もいるようだし。

まとめ:なんだかんだ買ってよかった!だが…

なんだかんだ買ってよかったと思う。多くのブロガーなどテキストベースで仕事をする人には、このモデルは最適だと思う。最初にあと200g削って欲しいと贅沢な悩みを書いてしまったが、MacBookが現時点で1番外へ持ち出そうという気にさせてくれるMacであることに変わりはない。持ち出す気になる重さのちょうど上限というか、これより重かったら毎日持ち運ぶ気にはなれないと思う。Pro 13インチなんてとんでもない。

何と言ってもサイズ感が良いよ。素晴らしい。取り回しが良いとこんなに快適だとは。そう言えばiPad Proを12.9インチから10.5インチへ買い直した時も取り回しの良さを実感した。あくまで個人的な意見だが、デスクトップ以外のApple製品は基本的に携帯性、取り回しの良さを優先した方が幸せになれるようだ。なので、モバイル端末で1kgを超えるものを買うことはもう2度とないだろう。

また、コンパクトだけど存在感のあるMacBookはお洒落カフェとも相性バツグンだ。個人的には雰囲気のいいカフェで、こいつで作業をすると集中力が120%増しになる気がする。ドヤりに行くわけではないけど、今後MacBookを持ってそういう場所へ足を運ぶ機会は確実に増えていきそう。いろんなとこで作業するのが楽しみだ。そういう意味ではライフスタイルも変えてしまう可能性のある1台かと。

MacBookを最速でポチり到着してから数日は家で使っていたのだけど、持ち運ぶようになって初めて気づかされることが結構あった。もう少し自分が使っているシーンを具体的にイメージしていたら、購入モデルも変わっていただろうか。そう、何も考えずに盛りすぎたスペックを少し後悔している自分がいたのだった…2年前にメモリ以外フルカスタマイズしたiMacを購入してからとりあえずスペックを盛る癖がついてしまった。

でも、デスクトップでメイン機として腰を据えて使うなら良いのだけど、完全なるサブ機としてならそんな守る必要なかったよな…そもそもiMacよりは触ってる時間圧倒的に短いと思うし…と実際に使い始めてだんだんと考え方も変わり、イギーはとあることを実行してしまうのだった…続く…

MacBook 2017関連の全ての記事はこちら

LG4Kディスプレイ「27UD88-W」はiMac, MacBookと相性抜群!開封レビュー!

2017.09.13

12インチMacBook 2017長期使用レビュー、11つ欠点をぶちゃっけます!

2017.08.30

12インチMacBook 2017をm3で買い直し!再レビュー!

2017.07.27

MacBookを返品してみた。Appleの神対応は素晴らしい!!

2017.07.19

MacBookのスキンシールは7日で剥がすことにしたよ。

2017.07.14

12インチMacBook 2017を持ち運んで思った5つのこと。

2017.07.12

MacBookにwraplusのスキンシール貼ったけど、不器用な人は絶対に買ってはいけないものだと思う。

2017.07.04

12インチMacBookにオススメしたい5つの保護アクセサリ!

2017.06.28

新型 MacBook 2017 詳しくレビュー!/ i7, メモリ16GB, SSD512GB 特盛モデル

2017.06.17

12インチMacBook 2017最速レビュー! i7のベンチマークスコア付き。

2017.06.15

【新型】12インチMacBook 2017ほぼ最速で購入してみた!

2017.06.07

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です