【新型】12インチMacBook 2017ほぼ最速で購入してみた!

実は2ヶ月ほど前からMacBookの購入をずっと検討していた。iMac late2015のサブとして欲しかったのだが、Macbook 2016は販売から1年以上経過しており購入するのを躊躇していた。(Apple製品は出たその時が買い時と思っている)

そんなタイミングで登場したのがWWDC 2017で登場したMacBook 2017。個人的にはベストタミングでリリースしてくれたことにテンションが上がりまくった。そして、販売開始された即日カスタマイズして注文!今回は注文したMacBook 2017での変更点、カスタマイズした内容などを記事にしてみた。

MacBook 2017でどう変わったか

今回登場したMacBook 2017はその進化したスペックを見ると即決であった。2016年から2017年モデルで変わったところは主に7つある。

MacBook 2017モデルで変更された点まとめ

  1. intel第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」採用、Core iシリーズを搭載可能に
  2. RAMは16GBまでCTO可能に
  3. GPUがIntel HD Graphics 615にアップデート
  4. 60Hzの外部ディスプレイで最大4,096 x 2,304ピクセル解像度を同時サポート(数百万色以上対応)
  5. 最大50%高速なSSDが搭載。パフォーマンス速度も最大20%向上
  6. 第2世代のバタフライキーボード搭載
  7. 2016モデルから約2万円値上げ(昨年10月のレート改定で値下げされた価格から)

Kaby Lakeの採用、GPUの強化、ストレージの高速化、キーボードがMac Proと同等の世代のものになっている。しかし、全般的に性能が上昇した代わりに値段も2万円ほど上がっている。正確には2016モデルは昨年10月Mac Pro発売時にレート改定により2万円ほど値下げされたため、実質的には2016モデル発売時の価格と同じくらい、むしろ2017モデルのが少し安くなっている。(2016モデルは発売当時は1.1Ghzモデルが148,800円、1.2Ghzモデルが184,800円)

なぜ12インチMacBook2017年モデルの購入に踏み切ったか?

もちろんまだ量販店や整備品で2016モデルも買える。値段も下がり切ってるし、性能もブログを書くぐらいの作業には悪くない。何と言ってもコスパ抜群である。

それでもなぜ2017年モデルを即決で購入するに至ったかというと、最新作だとういのはもちろんある。(イギーはミーハーです)ただ、それ以上に2016年モデルから着実に進化を遂げていたのが大きい。個人的に痒いところに手が届くというか、こんな端末があったら良いなと思うようなMacBookに進化していたので。個人的に特に気になった変更点、購入のポイントとなった点をピックアップしておこう。

RAMが16GBまでCTO可能に

これは本当にありがたいこと。今までMacBookは最大8GBまでしか搭載できず、最大16GBまで搭載できたMacBook Proと比べ性能が抑えられてきた。複数のアプリケーションを立ち上げると動きが悪くなるなどという声も。薄く軽量なモバイル機の宿命ではあるが、かねてより性能の向上、特にRAMの増量を望む声は多かった。

自分も次期MacBookは最大16GBを搭載できるという情報を海外サイトで知っていたためかなり期待していた。そして、今回のWWDCではついに16GBまで搭載可能なMacBookが登場!MacBook ProもRAMは最大16GBまでで頭打ちとなっているので、RAMに関してはProシリーズと同等にカスタマイズ可能になった。(もちろんCPU, GPU性能はProシリーズと比べてしまうとかなり劣る。増設RAMの性能もProのものより処理速度が遅いものである)

ちなみに16Gへのカスタマイズは22,000円(税別)となっている。

最大50%高速なSSDが搭載

ストレージの高速化も本当に嬉しい。母艦であるiMac late2015も1TBのSSDを積んでいるが、データの読み込み書き込みが爆速でストレスフリー。SSDの高速化は使い勝手に直結するので、速いに越したことはない。速いは正義。

第2世代のバタフライキーボード搭載

キーボードも変更。第2世代バタフライキーボードを搭載。MacBook Proと同等のものになり入力の際の打感が改善されている。MacBook2016はの第1世代のものは打感が悪いという話を聞いていたので、この変更も大いに購入をする決断へ促してくれた。ブログを書いたり、何かとキーボードに触ってる時間の多い自分にはありがたい。

約2万円値上げ。でも、刷新された内容を考えるとむしろ妥当。むしろ安いかも。

痛いのが、直近の2016モデルの販売価格より約2万円されてること。ただ、上に挙げた点の他にCPUもGPUも刷新されて改良された点が多いことを考えると、むしろ妥当かと思った。むしろ、安いくらい。2017モデルの販売価格は、2016モデルの販売開始時の価格より抑えられているしね。

 

注意点

プロセッサについて1つ紛らわしい点を述べておく。

今回CPU性能も向上。intel第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」となっている。これにより20%ほどパフォーマンスが上がってるらしいが、あまり体感できるほどではないかと思う。

そして今回より、上位モデルのプロセッサ名がCore i5、Core i7となっているのに注意。MacBook2017のCore i、実は2016モデルで使用されていたCore m5、m7の後継である。これはIntelが最低スペックのm3だけ残し、m5、m7をi5、i7と改名したことに由来している。そのためMacBook2017の最低スペックモデルのプロセッサだけm3という名称になっている。

つまりはiMacなどに搭載されているCore iシリーズとは別物であり、あくまでMacBook2017のCore iは消費電力の少ない性能の抑えられたもの。名称がCore iになったからといって性能が爆発的に上がっているわけではない。非常に紛らわしい書き方をしている情報サイトやブログもあるので要注意。実に紛らわしい。

で、即決でポチってみた

6日の深夜2時ごろからの基調講演で発表された新製品たち。iMAC ProとHome Pod以外は販売開始していたので、さっそく6日の朝に新型Mac Bookを注文。

ノートパソコンに20万円とか払うのは本当に馬鹿らしい。他メーカーだったらもっと安く、同等かMacBook以上に性能の良いものが手に入るのも理解している。しかし、Apple信者のイギーはポチる手を止めることはなかったのだ。もうApple製品でしか満足できない体となっていたのだ…

まずMacBookのサイトに入ると2016モデルと同様512GBモデルと256GBモデルが選べる。迷ったが、256GBというのは非常に心もとない気しかしなかったので512GBに。空き容量に余裕もあったほうが、高速なSSDの良さを十分に引き出せそうだしね。色はスペースグレイをチョイス。iMacと合わせシルバーでもよかったけど、やっぱドヤるならスペースグレイっしょってことでw

 

プロセッサを上位のものにすることで発熱などを心配する声もありますが、もともと低電力設計となってるmシリーズの後継なので問題ないと判断。やはりCPUは良いに越したことはないのでCore i7で16,500円(税別)追加。メモリはもちろん16GBを。22,000円(税別)はやはり割高感あり…キーボードはUSに慣れているのでUS。iMacの時もそうだったけど、やはり後からカスタマイズがほぼできないので盛れるとこは盛ってしまう。

結局いわゆる全部のせで、結果214,300円(税別)に。アップルケアも高いんだよな…とりあえず後で入るか決める方針で!

注意点

今回からMac用アップルケアはアップルケア+に変更となっている。これにより購入後30日以内でないと追加で入れないらしい。保証内容は物損なども補償されるようになった模様。モバイル端末の場合、高いけど入ってもいいかもしれない。にしても以前のタイプは購入後1年後にケアに入るかじっくり悩めたので、不満ではある。 

 

で、注文手続きへ行った後に無事ポチッと。朝で用事もあったんで忙しかっけど、ポチろうとするこの手を止めることができませんでしたwiPhoneの下取りなどでもらったAppleギフトカードを全部使ってだいたい20万ぐらいで購入。クレジットカードかましたいんで、一括でドーンと払ってやったど〜

2週間ほどで届くようだけど待ち遠しいな…届いたらレビュー記事で使用感を述べたいと思う。

AppleストアへMacBook 2017を見に行ったところ…

朝注文したものの待ちきれず、早く実物をチェックしてみたいということで通りがかった某Appleストアへ。

 

店内はむしろいつもより閑散と…新製品が発表されたお祭り感は皆無wwスタッフさんと話したところ、まだ新製品の展示は始まってないとのこと。どうやら一通り出荷が始まってから展示される模様。明確にいつからというのはスタッフさんもわからないよう。

 

となると特に用はないのですが、念のためMacBook 2016モデルをチェック!

やはり何と言ってもその小ささ、薄さ、軽さには驚かされる。とんでもなく軽い。同じく展示されていたMacBook Proも触って持ったりしてけど、やっぱり段違いに重いね。ズッシリくる。あれ持ち歩くのはしんどそう。MacBookだったら気楽に持ち歩けそう。13インチProとの重さの差は数字上は450gなのだけど、持ち上げてみるとそれ以上に重さの差が実感できた気がする。まあ450gって冷静に考えるとiPad1台分の差なので、そりゃあ重く感じるわな。Pro15インチともなると1.83kgもある。実に2倍の重さ。これはとてもじゃないが毎日持ち歩く気に自分はならない気がする。iMac持ちのサブとしては、やはり軽量なMacBookが正解だと思う。そして何よりもMac Bookはスタイリッシュで美しい。やはりProはゴツく、見た目の良さで言うとMac Bookに軍配が上がる。

そして、2017モデルへのアップデートで、スタイリッシュさに負けない性能を備えた端末へと進化していることが予想される。今回購入に至った決定的な理由はやはり理想的なモバイル端末により大きく近づいたことが感じ取れたからだと思う。

前モデルとはいえ実機に触れてみて、ますますMacBook 2017が届くのが楽しみになった。届いたら詳しくレビューなどしていきたいと思う。詳しいスペックの差はAppleオンラインストアの情報を元に下の図にまとめている。

MacBook 2017モデル、2016モデル比較表

 

MacBook 2017

MacBook 2016

モデル別価格

256GBモデル

142,800円

(税別)

512GBモデル

175,800円

(税別)

256GBモデル

128,800円

(税別)

512GBモデル

158,800円

(税別)

ディスプレイ

Retinaディスプレイ

IPSテクノロジー搭載12インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ

2,304 x 1,440ピクセル解像度、226ppi、数百万色以上対応

CPU

1.2GHzデュアルコアIntel Core m3(Turbo Boost使用時最大3.0GHz)、4MB L3キャッシュ

1.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)、4MB L3キャッシュ

1.1GHzデュアルコア Intel Core m3(Turbo Boost使用時最大2.2GHz)、4MB L3キャッシュ

1.2GHzデュアルコア Intel Core m5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)、4MB L3キャッシュ

メモリ

8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ

オプション:16GBに変更可能

8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ

ストレージ

256GB

512GB

256GB

512GB

サイズと重量

高さ:0.35〜1.31 cm/幅:28.05 cm/奥行き:19.65 cm/重量:0.92 kg

GPU

Intel HD Graphics 615

Intel HD Graphics 525

拡張性

USB-Cポート (USB 3.1 Gen 1)

カメラ

480p FaceTimeカメラ

キーボード

第2世代バタフライキーボード

第1世代バタフライキーボード

バッテリー

41.4Whリチウムポリマーバッテリー内蔵、最大10時間のワイヤレスインターネット、閲覧最大12時間のiTunesムービー再生

41.4Whリチウムポリマーバッテリー内蔵、最大10時間のワイヤレスインターネット、閲覧最大11時間のiTunesムービー再生

MacBook 2017関連の全ての記事はこちら

12インチMacBook 2017長期使用レビュー、11つ欠点をぶちゃっけます!

2017.08.30

12インチMacBook 2017をm3で買い直し!再レビュー!

2017.07.27

MacBookを返品してみた。Appleの神対応は素晴らしい!!

2017.07.19

MacBookのスキンシールは7日で剥がすことにしたよ。

2017.07.14

12インチMacBook 2017を持ち運んで思った5つのこと。

2017.07.12

MacBookにwraplusのスキンシール貼ったけど、不器用な人は絶対に買ってはいけないものだと思う。

2017.07.04

12インチMacBookにオススメしたい5つの保護アクセサリ!

2017.06.28

新型 MacBook 2017 詳しくレビュー!/ i7, メモリ16GB, SSD512GB 特盛モデル

2017.06.17

12インチMacBook 2017最速レビュー! i7のベンチマークスコア付き。

2017.06.15

【新型】12インチMacBook 2017ほぼ最速で購入してみた!

2017.06.07

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です