ドコモ

楽天モバイルからドコモへの超お得な乗りかえ方法・手続き:キャッシュバックキャンペーンで安くなる?

10月 12, 2020

iPhone12Sのイメージ

ドコモユーザーのイギー(@iggy3_tokyoです。

今回は楽天モバイルからドコモへMNPしたい人に超お得な乗り換え方法・手順を紹介します。

キャッシュバックキャンペーンや乗り換えにあたっての注意点、違約金になどについても解説。ドコモへ乗り換えるべき理由もまとめました。

ちなみに僕はドコモユーザーですが、以前はau・ソフトバンクも使っていて、現在楽天アンリミットも契約していているので経験談などもお役に立てるかと思います。

 

それでは「楽天モバイルからドコモへの超お得な乗りかえ方法・手続き:キャッシュバックキャンペーンで安くなる?」を書いていきます。

 

 

楽天モバイルからドコモへ乗り換えるべき理由・メリット

現在NTTドコモと楽天アンリミットを契約しているからわかるのですが、楽天モバイルからドコモへ乗り換えるべき理由・メリットは下記になります。

ドコモへ乗り換えるべき理由・メリット

  • ①通信の安定性
  • ②機種・端末ラインナップの魅力
  • ③細やかな料金プラン設定
  • ④オンラインショップの充実

 

①通信の安定性

4番目のキャリア(MNO)として2020年に参入した楽天モバイルですが、通信の安定性の面ではまだまだドコモには及びません。

携帯キャリアとして参入するにあたって必要となるのが、基地局を整備していくことが、楽天モバイルは順調に進めているとは言い難い状況です。

楽天モバイル自体がキャリア事業を手がけるのは初めてであることで基地局設置のノウハウや経験が不足していることから、基地局整備は難航しているようです。

 

そもそも、楽天モバイルのサービス開始は2020年4月からでしたが、本来であれば2019年秋にサービスを開始する予定でした。

ですが、基地局の整備が順調に進まず、サービス開始が半年もずれ込む形になったわけです。楽天モバイルはその間に何度も総務省から行政指導を受けています。

 

楽天モバイルの通信品質やエリアが安定してくるのは、まだまだこれからだと思います。正直、仕事などでメインの通信手段として利用するには心許ない感じです。

通信の安定性の観点からドコモに乗り換えるのは賢い選択と言えます。

 

②機種・端末ラインナップの魅力

機種・端末ラインナップが魅力的であることは、ドコモに乗りかえる大きなメリットです。

それぞれのキャリアで取り扱っている主要なスマホをまとめると下記の通りです。

【ドコモ】
・iPhone 12 mini
・iPhone 12
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone SE
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・AQUOS sense5G
・arrows NX9
・LG VELVET
・Xperia 5 II
・Galaxy Note20 Ultra 5G
・Galaxy A51 5G
・arrows 5G
・Xperia 1 II
・Galaxy S20+ 5G
・Galaxy S20 5G
・LG V60 ThinQ 5G
・AQUOS R5G
・AQUOS sense4 
・Galaxy A21
・arrows Be4
・Galaxy A41
・LG style3
・Xperia 10 II
・AQUOS zero2
・Xperia 5 I
・AQUOS sense3
・LG style2
・Xperia XZ3
・TOUGHBOOK

【楽天モバイル】
・Rakuten Hand
・Rakuten BiG
・Rakuten Mini
・OPPO A73
・OPPO Reno3 A
・OPPO A5 2020
・OPPO Reno A
・HUAWEI nova 5T
・AQUOS sense4 lite
・AQUOS sense4 plus
・AQUOS sense3 lite
・AQUOS sense3 plus
・AQUOS R5G
・arrows RX
・Galaxy S10
・Galaxy Note10+
・Xperia Ace
・Galaxy A7

どちらが魅力的に感じますか?

僕個人的には圧倒的にドコモの機種ラインナップの方が魅力を感じますね。選択できる機種の豊富さだけでなく、内容的にも。

特にiPhoneシリーズを取り扱っているのが、ドコモの強みです。楽天モバイルでのiPhoneの取り扱いはまだ実現していません。

(取り扱いの可能性がないわけではありませんですが、現状で楽天モバイルにiPhoneを販売させるメリットがApple的にはあまりありませんよね。。楽天モバイルがキャリアとして一定のシェアを獲ったときにiPhoneの取り扱いの話が進みそうです。)

ドコモはAndroidでもGalaxyやXperiaなど主要な機種を取り扱っているのもポイントです。ハイスペックモデルからエントリーモデルまで、バランスよく沢山の選択肢があります。

楽天モバイルの主要な機種はRakuten Handなどの専用端末と、OPPOやAQUOSシリーズです。

GalaxyやXperiaの取り扱いもあるものの古いモデルや低スペックモデルを取り扱っているだけで、キャリア事業に参入したのにも関わらず、楽天モバイルはまだまだ取り扱い機種が貧弱です。

機種・端末ラインナップが魅力的なドコモへ乗り換えるメリットは確実にあります。

 

③細やかな料金プラン設定

いろいろな料金プランから、もっと自分に合ったプランをチョイスしたいというのもドコモに乗り換える理由の一つになります。

それぞれのキャリアで利用できる料金プランをまとめると以下の通りです。

【ドコモ】
・5Gギガホ
・5Gギガライト
・ギガホ
・ギガライト
・ahamo(アハモ)
・データプラス
・ケータイプラン
・キッズケータイプラン
・はじめてスマホプラン

【楽天モバイル】
・Rakuten UN-LIMIT

楽天モバイルは2,980円で使い放題のRakuten UN-LIMITしか選択肢がありませんが、ドコモは従量課金制のギガライト・使い放題のギガホ・中容量のahamo(アハモ)・携帯向けプランなど様々な選択肢が提供されています。

自分の利用状況に合ったプランを選べるのがドコモです。

 

④オンラインショップの充実

オンラインショップの機能が充実しているのもドコモの魅力です。

楽天モバイルのオンラインサイトに比べ、ドコモオンラインショップは見やすく使い勝手がよいのがポイントです。

事務手数料や送料が無料で初期費用を抑えられるのもドコモオンラインショップの大きなメリット。

また、割引面だけでなく、購入をサポートするサービスも先進的です。

例えば、エクスプレス配送(即日配送)を行っているのは4大キャリアの中でドコモオンラインショップだけですし、購入したい端末のサイズ感を把握するのを助けてくれるバーチャサイズ機能もドコモオンラインショップならではの独自機能。

お得で便利な機能が充実したオンラインショップで買い物が楽しめるのもドコモのメリットです。

 

楽天モバイルからドコモへの乗りかえ(MNP)にかかる費用

楽天モバイルからドコモへの乗りかえ(MNP)にかかる費用は下記の通り。

MNPにかかる費用

  • 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出手数料→無料

  • ドコモとの契約事務手数料→3,000円(オンラインショップなら0円)

  • 頭金→店舗によって3,000円〜10,000円程度(オンラインショップ なら0円)

 

まず、番号そのままでキャリアを乗り換えるにはMNP予約番号を発行する必要があります。番号ポータビリティ(MNP)転出手数料はその際に楽天モバイルに支払うお金です。

こちらはもともと3,000円かかっていたのですが、2020年11月4日午前9時以降の申し込みについては無料(0円)となっています。今はどのキャリアも転出手数料を無料化しているので、のりかえ時のハードルはだいぶ低くなりました。

 

ドコモとの契約事務手数は、ドコモショップ店頭や家電量販店のドコモ売り場などでは3,000円かかります。

ですが、ドコモオンラインショップなら0円で済んでしまいます。

また、頭金も店舗によって3,000円〜10,000円程度かかりますが、ドコモオンラインショップ なら0円です。

店頭よりも6,000円〜13,000円程度節約できるので、実はドコモへの乗り換えはオンラインショップがお得なんです。

 

ドコモオンラインショップをチェック 

 

楽天モバイルは違約金がないので、いつでもドコモにのりかえられる

楽天モバイルの楽天アンリミットは最低利用期間がなく、通信契約の解除による契約解除料(違約金)は発生しません。

つまり、いつ契約解除しても余分なお金を支払う必要がありません。

なので、楽天モバイルからドコモへの乗りかえは好きなタイミングで実施して問題ありません。

 

格安SIMの楽天モバイルを利用している場合は、最低利用期間の確認を

格安SIMの楽天モバイルを利用している場合は、最低利用期間の確認をしておきましょう。

契約時期やプランによって最低利用期間が設定されており、契約解除料(違約金)が発生する場合があります。

基本的に2019年10月1日00:00以降に格安SIMの楽天モバイルを申し込んだ場合は、最低利用期間がなく、契約解除料(違約金)が発生しないようです。

ですが、それ以前の契約の場合は最低利用期間が設定されるので乗りかえ前に確認するのがおすすめです。

最低利用期間を超えて、契約解除料(違約金)がかからないタイミングでドコモへ乗り換えるのがおすすめです。

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・送料が0円!

 

楽天モバイルからドコモへの乗り換え方法(手順)

楽天モバイルからドコモへの乗り換え方法(手順)を解説していきます。乗り換えというと面倒に感じてしまう人も多いかと思いますが、意外と簡単なのです。

 

イギー
3ステップで乗り換え方法(手順)を見ていきましょう!

 

step
MNP予約番号を取得する

まず、楽天モバイルでMNP予約番号を取得しましょう。

楽天モバイルでは、「my楽天モバイル」からMNP予約番号の発行・確認です。

わざわざ楽天モバイルショップなど実店舗に行く必要はありません。

現在、楽天モバイルでは携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出手数料は無料です。

MNP予約番号の有効期限は15日間なので、発行したらなるべく早めにドコモへの乗り換え手続きをしましょう。

なお、MNP予約番号は発行してもキャンセルすることもでき、15日間の有効期限を過ぎても乗り換えしなかった場合は自動でキャンセルされます。キャンセルになった場合も手数料などは発生しません。

 

楽天モバイルのMNP窓口

 

データのバックアップは忘れずに!

ドコモへの乗り換え手続きを進める前に今使っているスマホのデータバックアップは忘れずに行いましょう。

新機種へのデータ移行の際にトラブルが起こる可能性もありますし、ドコモの下取りプログラムを使う場合は事前にバックアップをしておくことでスムーズに下取りに出せます。

 

step
ドコモで乗り換え(MNP)手続き

MNP予約番号を取得したら、ドコモにて乗り換え(MNP)手続きをします。

 

MNNP手続き時に用意するもの

  • MNP予約番号
  • 運転免許証や健康保険証などの本人確認書類
  • 本人名義のキャッシュカード、預金通帳、クレジットカードのいずれか1点

 

乗り換え手続きに必要なのはMNP予約番号の他に、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類。

そして、クレジットカードで支払いをする場合はクレジットカード。口座振替で支払う場合は預金通帳またはキャッシュカードを用意しましょう。なおドコモショップ店頭で口座振替で契約する場合は金融機関などの届出印が必要となります。

 

ドコモショップで手続きする場合は乗りかえ(MNP)したいことを伝えれば、ドコモショップスタッフが案内してくれて任せればOKですが、契約事務手数料3,000円と頭金3,000円〜10,000円程度がかかります。

一方、ドコモオンラインショップなら、個人情報や契約内容の入力などは自力でやらなければいけないものの、事務手数料など初期費用が0円で済むという特典があります。しかも、混雑しがちな店舗のように待ち時間もありません。ネットさえ繋がれば24時間好きなタイミングで手続きすることができます。

とにかく安く乗り換え(MNP)したい人、最寄りにドコモショップがない人、仕事などが忙しく店舗に行っている暇がない人などはドコモオンラインショップで手続きするのがよいでしょう。

 

ドコモオンラインショップをチェック 

 

step
新しいスマホへデータの移行

乗り換え(MNP)手続きをして新しいスマホを手に入れたら、今まで使っていた端末から新しい端末へデータを移行します。

iPhoneとAndroidで方法は異なりますが、バックアップしておいたデータを新しいスマホに移せばOKです。

なお、ドコモショップで購入した場合は、データ移行が初期設定サポートの範囲に含まれているのでやってもらうことができます。ドコモショップで購入した場合は初期設定サポートが無料で利用できますが、ドコモオンラインショップで購入したスマホを持ち込んだ場合は初期設定サポートは有料3,000円(税抜)となります。

 

イギー
データ移行まで済ませば、乗り換え完了です!

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

ドコモの料金プランと楽天モバイルの料金プラン

乗りかえる前にドコモの料金プランと楽天モバイルの料金プランをチェックしておきましょう。

ドコモの主要なプランと楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」の内容を比べる表を作ってみました。

 ドコモ「ギガホ」ドコモ「ギガライトドコモ「アハモRakuten UN-LIMIT V
月額料金4G定期契約なし:7,150円
4G定期契約あり:6,980円
5G定期契約なし:7,650円
4G定期契約なし:3,150円〜
4G定期契約あり:2,980円〜
5G定期契約なし:3,150円〜
2,980円2,980円
月間データ容量大容量
(4Gなら60GB/5Gなら無制限)
小容量
(〜7GBまでの従量課金制 )
中容量
(20GB)
大容量
楽天回線エリア:無制限
パートナーエリア:5GB
データ超過後速度4Gギガホ:送受信時最大1Mbps
5Gギガホ:送受信時最大3Mbps
送受信時最大128kbps送受信時最大1Mbps楽天回線エリアは1日10GB以上使うと3Mbpsに制限。/パートナーエリアは月5GB使い切ると1Mbps制限。
国内通話家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
5分通話無料オプション(700円)
かけ放題オプション(1,700円)
家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
5分通話無料オプション(700円)
かけ放題オプション(1,700円)
5分通話無料が追加料金なしで付帯
5分をこえる通話30秒あたり20円
かけ放題オプション(1,000円)
Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題
キャリアメール利用できる利用できる利用できない利用できる
ネットワーク
ドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワーク楽天 4G/5G ・au 4Gネットワーク
新規契約事務手数料3,000円(オンラインは無料)3,000円(オンラインは無料)無料無料
機種変更手数料2,000-3,000円(オンライン無料)2,000-3,000円(オンライン無料)無料無料
MNP転出手数料2,000円(2021年4月1日から無料)2,000円(2021年4月1日から無料)無料無料
違約金(解約金)4G定期契約なし:無料
4G定期契約あり:1,000円
5G定期契約なし:無料
4G定期契約なし:無料
4G定期契約あり:1,000円
5G定期契約なし:無料
無料なし(契約解除料なし)
契約手続きの窓口店頭・オンライン店頭・オンラインオンラインのみオンライン・店頭

 

楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT V」しか選択肢がないのですが、ドコモは大容量〜小容量まで料金プランが提供されているので、自分にぴったりのプランを選ぶことができます。

 

楽天モバイルからドコモへの乗り換え(MNP)でお得になる割引キャンペーン

ここでは楽天モバイルからドコモへの乗り換え(MNP)でお得な割引が受けられるキャンペーンをご紹介します。

 

ahamo(アハモ)先行エントリーで3,000ポイント!

2021年3月より提供が開始されるahamo(アハモ)ですが、先行エントリーキャンペーンを実施していて、ちょっとだけお得に契約することができます。

ahamo(アハモ)の契約は専用のサイトからのみとなっており、すでに先行エントリーを受け付けています。

提供開始日の前日までに電話番号とメールアドレスを登録して先行エントリーすることで、提供開始後にahamoを契約するとdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントが進呈されます。

ahamo(アハモ)公式サイトで見る

 

5G WELCOME割

5Gウェルカム割のロゴ画像

5Gスマホの購入で機種代金が割引になるキャンペーンです。

契約変更などにも適用されますが、のりかえ(MNP)ユーザーだと割引額が増額されています。

最新iPhoneからAndroidまで22,000円割引が適用されます。

 

端末購入割引

ドコモの端末購入割引のロゴ

新規契約またはのりかえ(MNP)でドコモのスマホを購入すると機種代金の割引が受けられます。

こちらは5G端末以外にも適用されるキャンペーンで、のりかえ(MNP)なら最大で22,000円割引が適用されます。

 

はじめてスマホ購入サポート

ドコモはじめてスマホ購入サポートのロゴ

はじめてケータイからスマホへ変更する場合に適用される機種代金の割引サービスです。

3G回線からXiへののりかえにも適用され、最大で110,000円の割引額が設定されています。

 

ドコモのロング学割

ドコモのロング学割のロゴ

毎年恒例のドコモの学割サービスです。

22歳以下(U22 )のユーザーを対象に月額利用料金の割引などが適用されます。

2021年はドコモのロング学割という名前の通り、22歳までずっと割引が適用されます。(満23歳になるまで割引が継続)

学割対象の料金プランは5Gギガホ、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトで、MNPユーザーにももちろん適用されます。

割引額は利用プランによって異なりますが、長く割引が適用されるのは非常にお得です。

ちなみに学割と名前がついているものの、22歳以下なら学生じゃなくても利用できます。(あくまで大切なのは年齢)

学割対象ユーザーなら絶対に利用すべき割引サービスです。

 

5Gギガホ割・ギガホ割

ドコモのデータ大容量プランの5Gギガホ・ギガホに適用される利用料金の割引サービスです。

5Gギガホ・ギガホを契約すると、自動的に最大6ヶ月間1,000円(税抜)割引が適用されます。

データ使い放題のプレミアプランも実はお得に使えるのがドコモです。

 

*5Gギガホ割・ギガホ割に新規受付は2021年3月31日(水曜)で終了しますが、キャンペーンの適用なしで既存の5Gギガホ・ギガホより値下げされた5Gギガホ プレミアとギガホ プレミアの提供が2021年4月1日(木曜)より始まります。

料金が全体的に安くなっていながら、サービス内容はパワーアップされています。

 

はじめてスマホ割(はじめてスマホプラン)

ドコモはじめてスマホ割の解説

はじめてスマホプラン」に加入で、最大12か月月額500円(税抜)割引が適用されるサービスです。

総額で最大6,000円分の割引が適用されることになります。

なお、「はじめてスマホプラン」の提供は2021年4月1日(木曜)提供開始からで、はじめてスマホ割(はじめてスマホプラン)も同じタイミングでの提供スタートとなります。

 

ドコモのギガプランについてくるAmazonプライム

ドコモのギガプランについてくるAmazonプライムの解説

テレビのニュースでも話題になったドコモとAmazonの協力によって実現した目玉キャンペーンが2019年12月1日から提供開始。

対象料金プランの「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト」を契約すると、ドコモがAmazonプライムの年会費4,900円(税込)を負担!(エントリーが必要)

Amazonプライムが1年間無料で楽しめます!

エントリーサイト

 

AmazonプライムはAmazonの配送サービス「お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料で使い放題だったり、プライムビデオやプライムミュージックなどが視聴し放題と超優良なサービスなので、ドコモと契約すると1年間無料付帯してくれるのは非常に嬉しいですね!

 

ドコモの下取りプログラム

ドコモの下取りプログラムのロゴ

手元にあるiPhone・iPad・スマートフォンやタブレット、ケータイなどを下取りしてもらうことで、最大80,200円(税込)の割引が適用されます。

割引額はもちろん機種によって異なりますが、ドコモ端末だけでなく、楽天モバイルなど他キャリアの端末でも下取りプログラムを利用することが可能です。

ドコモへの乗りかえ時も使っていた機種を下取りに出して、お得に乗りかえちゃいましょう。

 

 

のりかえもドコモオンラインショップで!


(参照:ドコモオンラインショップ)

楽天モバイルからドコモへ乗りかえるならドコモオンラインショップを利用しないと損です。

 

ドコモオンラインショップ限定の特典を利用することで、ドコモショップ店頭よりもお得にスマホが買えます。

お得な理由は下記の通り。

オンラインショップがお得な理由

・全ての手続きで、契約事務手数料が無料(0円)

・2,750円以上購入で送料無料(0円)

・dポイントが貯まる

 →dカードdカード GOLDなら2倍

・オンライン限定の割引キャンペーンが利用できる

 

まず、オンラインショップを利用するだけで事務手数料が無料になります。

ドコモショップ店頭だと手数料がかかってしまうので損なんですよね。

ドコモオンラインショップで手続きするだけでお得になります。

 

また、送料無料で指定の場所まで届けてくれるので、店舗に行くための無駄な交通費も節約できます。

スマホの購入でdポイントがたまるのもメリットです。

しかもオンラインショップなら、dカードで支払うことでポイント2倍でお得です。

 

事務手数料無料の特典と一緒に利用することでさらにお得になるオンラインショップ限定のキャンペーンも利用できます。

ドコモでスマホを購入するならぜひ便利でお得なドコモオンラインショップを利用しましょう!

 

最近だと新型コロナウィルスの影響で混雑しているドコモショップ店頭に足を運ぶことは避けたいという方も多いでしょう。

感染症予防の観点でも、ドコモオンラインショップなら混み合う店舗に行く必要がないので安心です。

自宅で注文して受け取りまで完了できるので、新型コロナウイルス感染症対策にもネット注文がベストな選択です。

 

楽天モバイルからドコモへに乗りかえは、ドコモオンラインショップを利用しましょう。

事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

毎月ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大16,000dポイント(期間・用途限定)

dカード GOLDを見る

毎月ドコモの利用料金から1,000円(税抜)につき10%還元の特別なカード

 

それでは「楽天モバイルからドコモへの超お得な乗りかえ方法・手続き:キャッシュバックキャンペーンで安くなる?」でした!

  • この記事を書いた人

iggy

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhoneやAndroidの話題多め。ドコモやUQ mobileなどを契約しているのでキャリアと格安SIMどちらのよさも分かります。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-ドコモ

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5