iggy.tokyo

iPhone・iPad・Androidスマホレビュー&ドコモ情報ブログ

格安SIM

【口座振替・デビットカードで契約できる格安SIMは?】クレジットカードなしで契約!【クレカ不要!】

どうも、イギー(@iggy3_tokyo)です。

クレジットカードを持っていなくても契約できる格安SIMはないか?と考えているは実は多いのではないでしょうか。

クレジットカードは便利ですが色々な事情で作成できない人もいます。そういう人が格安SIMを契約しようとする場合、どのようにしたらよいのでしょう。

多くの格安SIMではクレジットカードを基本としていますが、幸いなことにいくつかの格安SIMではクレジットカードなしでの申し込みが可能です。

今回はクレジットカードなしで格安SIMを契約する方法と、クレジットカードなしで申し込みができるおすすめ格安SIMを紹介していきます。

 

それでは「【口座振替・デビットカードで契約できる格安SIMは?】クレジットカードなしで契約!【クレカ不要!】」を書いていきます。

 

クレジットカードなしで格安SIMを契約する方法

クレジットカードなしで格安SIMを契約する方法は2つあります。

  1. デビットカードで支払う
  2. 口座振替で支払う

以上、2つの方法の特徴などを簡単にまとめておきます。

 

①デビットカードで支払う

まず、デビットカードで支払う方法から。

デビットカードとは?

デビットカードは都度払い(即時払い)のカード。使ったその場で口座から引き落とされます。ここが使った分をまとめて後日支払うクレジットカードとは違う点です。

銀行口座から即時引き落としされるデビットカードは、もちろん口座残高を超えた支払いはできません。口座残高が支払い能力の上限となります。

現金決済に近い感覚で使えて、使い過ぎてしまう心配がないのが特徴です。自分が支払っている金額が把握しやすいというメリットもあります。

 

デビットカードとクレジットカードの違いを比較すると以下の通り。

  デビットカード クレジットカード
支払い方法 都度払い
(即時払い)
後払い
支払い回数 1回払いのみ
(リボ・分割などは不可)
1回払い、2回払い、分割払い・リボ払い・
ボーナス払い
利用可能額 預金口座の残高および利用限度額の範囲内 利用限度額の範囲内(審査の結果による)
キャッシングなど
借り入れ
×
作れる年齢 15歳以上 *中学生は作成不可のものもある 高校生を除く18歳以上

 

年齢制限もゆるく、審査がないので誰でも持ちやすいのがメリット

審査がないので誰でも持ちやすいのがデビットカードの最大のメリットです。

クレジットカードは18歳以上(高校生を除く)でないと作成できませんが、デビットカードは15歳以上 なら作れます。(中学生だと作成不可のカードもあります。)

つまり若い人や学生でも作りやすいカードということです。

また、クレジットカードのような厳しい審査がないので、申し込めば簡単に取得することができます。

信用情報(クレジットヒストリー)に傷がついてしまっている人でも作れるんです。

デビットカードで格安SIMを契約するのは、学生やクレジットカードが作れない人におすすめです。

デビットカードで契約するのがおすすめな人

  • 学生・年齢の若い人
  • クレジットカードが作れない人(信用情報に傷がついてしまっている人)

 

②口座振替で支払う

次は口座振替で支払う方法を見ていきましょう。

口座振替とは?

口座振替は、「口座自動振替(口振、自振)」とも呼ばれ、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などの金融機関の預金(貯金)口座から、毎月の公共料金(電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金他)やクレジットカードなどの支払いを自動引落しするサービスです。

 

金融機関の預金(貯金)口座さえあれば支払いができるのがメリット

口座振替は何と言っても金融機関の預金(貯金)口座さえあれば支払いができるのがメリットです。

クレジットカードではセキュリティや使いすぎてしまうことが心配だという人や、クレジットカードの審査がなかなか通らないという人は、口座振替で支払う方法が最適です。

また、デビットカード払いよりも対応している格安SIMが多いので、比較的好きな格安SIMと契約することができます。

デビットカードで契約するのがおすすめな人

  • セキュリティなどの問題で、クレジットカードを作りたくない人
  • クレジットカードの審査が通らない人(信用情報に傷がついてしまっている人)

 

クレジットカードなしで申し込みができるおすすめな格安SIM

それでは、クレジットカードなしで申し込みができるおすすめな格安SIMを紹介します。

デビットカードと口座振替で分けて、それぞれ紹介。

 

【格安SIM各社デビットカード・口座振替の対応状況】

  デビットカード 口座振替
楽天モバイル
OCN モバイル ONE
mineo
UQモバイル ×
ワイモバイル ×

 

①デビットカードでの支払いができる格安SIM

デビットカードで支払いできる格安SIMって本当に少ないんですよ。調べてみると以下の3社くらい。

mineo(マイネオ)

今回紹介しているmineo(マイネオ)はもちろんデビットカードで支払いができます。

クレジットカードだけでなく、デビットカード・プリペイドカードも登録できます。

参照:mineo(マイネオ)公式サイト

 

mineo(マイネオ)を見る

 

 

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは一部のデビットカードが使用可能です。

OCN モバイル ONE側もデビットカードでの申し込みを禁止しておらず、「とりあえず申し込んでみて登録可能であれば、問題なく手続き可能」とのことです。

どのデビットカードが対応しているかは把握していないようです。

参照:OCN モバイル ONE公式サイト

 

OCN モバイル ONEを見る

 

楽天モバイル

楽天モバイルは「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」のみ利用することが可能です。

デビットカードが利用できる他の格安SIMに比べて、使えるデビットカードが非常に限られています。

参照:楽天モバイル公式サイト

 

楽天モバイルを見る

 

 

楽天モバイルは2種類のデビットカードしか利用できないので、実質デビットカードで格安SIMに登録するとしたらmineo(マイネオ)かOCN モバイル ONEに行き着くかと思います。

 

 

②口座振替での支払いができる格安SIM

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は条件付きで、口座振替をすることができます。

条件はインターネット回線のeo光を利用している場合に、eo光の利用料金と一緒にmineo(マイネオ)の利用料金も口座振替で支払うことができるというものです。

eo光はmineo(マイネオ)を運営しているケイ・オプティコムという会社が運営しています。

どちらかというと関西を中心としたサービスで、関東などその他の地域で利用している人は少なめ。

口座振替のためにインターネット回線を契約するのも大変なので、mineo(マイネオ)で口座振替をするのは少し条件的に厳しそうですね。

参照:mineo(マイネオ)公式サイト

 

mineo(マイネオ)を見る

 

 

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは口座振替に対応しています。

参照:OCN モバイル ONE公式サイト

 

OCN モバイル ONEを見る

 

UQ mobile(モバイル)

デビットカードには非対応ですが、UQ mobile(モバイル)は口座振替を利用して支払うことができます。

引き落とし日は毎月27日となります。

 

UQモバイルを見る

 

Y-mobile(モバイル)

Y-mobile(モバイル)もデビットカードには非対応ですが、口座振替に対応しています。引き落とし日は毎月26日です。

ただし、口座振替はオンラインで申し込むことができません。Y-mobile(モバイル)ショップに①本人名義のキャッシュカードと通帳、②本人確認書類、③金融機関の届け出印を持って行って手続きする必要があります。

 

Y-mobileを見る

 

楽天モバイル

楽天モバイルも口座振替に対応しています。

引き落とし日は毎月27日です。

 

楽天モバイルを見る

 

それでは「【口座振替・デビットカードで契約できる格安SIMは?】クレジットカードなしで契約!【クレカ不要!】」でした!

  • この記事を書いた人

イギー★

ただの素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhoneやAndroidスマホの話題多め。ドコモとmineoを契約しているのでキャリアと格安SIMどちらのよさも分かります。カメラはSONY派。レビュー依頼・広告掲載等、承ります。

-格安SIM

Copyright© iggy.tokyo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.