Androidスマホ

AQUOS sense6とsense4/5Gの違い比較:どれを買うべきか、スペック・価格差など比べ

1月 28, 2021

イギー(@iggy3_tokyoです。

今回はAQUOS sense6(アクオス センス シックス)AQUOS sense4(アクオスセンス フォー)AQUOS sense5G(アクオスセンス ファイブG)の違いを比較していきたいと思います。

最新モデルであるAQUOS sense6が、前進モデルであるAQUOS sense4/AQUOS sense5Gからどのように進化したのか。スペックや価格などに違い・差はあるのか、しっかりと確認していきましょう。

 

なお、AQUOS sense6は、NTTドコモ・auでの取り扱いとなり、すでに両キャリアで予約受付が始まっています。

事務手数料が無料

ドコモ公式オンラインショップで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

au公式オンラインショップで見る

送料無料

 

 

それでは「AQUOS sense6とsense4/5Gの違い比較:どれを買うべきか、スペック・価格差など比べ」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

素人ガジェット好きです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

AQUOS sense6とsense4/5Gのスペック・性能の違いを比較

しっかりスペック・性能の違いを比較して抑えておきましょう。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
画面サイズ6.1インチ5.8インチ5.8インチ
ディスプレイIGZO有機ELIGZO液晶IGZO液晶
CPUSnapdragon 690 5GSnapdragon 720GSnapdragon 690 5G
メモリ(RAM)4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64GB
カメラトリプルレンズトリプルレンズトリプルレンズ
生体認証指紋認証、顔認証指紋認証、顔認証指紋認証、顔認証
バッテリー4,570mAh4,570mAh4,570mAh
本体サイズ152 × 70 × 7.9mm148 × 71 × 8.9mm148 × 71 × 8.9mm
重さ156g177g178g

AQUOS sense4とAQUOS sense5Gは、スペック上はCPUの違い以外はほとんど同じ性能となっています。

まず、AQUOS sense6では、AQUOS sense4/AQUOS sense5Gとはディスプレイが違います。AQUOS sense6は6.1インチに大画面化しており、ディスプレイ品質も有機ELとなりました。

6.1インチはiPhone 13 Proなどと同等の画面サイズで視認性がよいことは言うまでもないでしょう。しかも有機ELディスプレイを採用したことで、もともと明るく鮮明なIGZOディスプレイがさらに進化しています。

CPU性能的にはAQUOS sense6は、AQUOS sense5Gと同じSnapdragon 690 5G搭載で、処理性能で大きな進歩はありません。メモリ(RAM)やストレージ(ROM)容量も変更なしです。

カメラは、AQUOS sense6でもトリプルレンズを採用していますが、標準レンズが約4,800万画素となり、より高精細な写真撮影が可能となっています。

注目したのは本体サイズ。AQUOS sense6はディスプレイが大きくなったので、もちろん縦の長さはAQUOS sense4/AQUOS sense5Gより4mm長くなってしまっています。しかし、横幅は1mmダウン、さらに厚みは1.0mm薄くなりました。しかも重さは21〜22gも軽くなっています。

AQUOS sense6は大画面化していながら、筐体は小型で軽量になっているのが驚きです。バッテリー容量は変更なしで、このサイズダウンは凄すぎです。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gの機能の違いを比較

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gの主な機能の違いは下記の通り。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
5G×
防水防塵
おサイフケータイ(FeliCa)
ワンセグ×××
ワイヤレス充電×××
イヤホンジャック

AQUOS sense6も、AQUOS sense5Gと同じく5G通信が利用できます。(AQUOS sense4は4Gスマートフォンで5G非対応です。)

その他の基本的な機能は、どのモデルでも利用可能です。

AQUOS sense6になってもワイヤレス充電には対応していませんが、エントリー機種的な位置付けなのでコスト的な面でも搭載は難しそうですね。

その代わり、senseシリーズは一貫してイヤホンジャックは搭載し続けているのが特徴です。

 

事務手数料が無料

ドコモ公式オンラインショップで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

au公式オンラインショップで見る

送料無料

 

【関連記事】→ AQUOS sense6の発売日・予約開始日・価格・スペックレビュー【評判・口コミ】

【関連記事】→ AQUOS sense6の在庫・入荷・予約状況:売り切れ、入荷待ち、在庫あり/なし確認【ドコモ/au】

 

AQUOS sense6とsense4/5Gの価格差を比較

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gの価格差については、ドコモ版の価格を参照します。

AQUOS sense6の価格が、発表前なので、発表され次第価格を記載します。

ドコモ版AQUOS sense6 SH-54BAQUOS sense4 SH-41AAQUOS sense5G SH-53A
販売価格未発表37,22439,600
36回分割の場合未発表1,034円×36回1,100円×36回

AQUOS sense4 SH-41Aの価格37,224と非常にリーズナブル。36回払いで月々1,034円の支払いで購入できます。

AQUOS sense5G SH-53Aの価格39,600と5G端末としては異様に良心的な価格になっています。AQUOS sense4 SH-41Aとの価格差は2,376円しかありません。36回払いで月々1,100円の支払いで購入できます。

AQUOS sense6 SH-54Bは、5Gに対応し、ディスプレイ性能・カメラ性能もパワーアップしていますから、やや高くなりそうな気もしますが。。

ドコモから価格の発表を期待して待ちましょう。

 

事務手数料が無料

ドコモ公式オンラインショップで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

au公式オンラインショップで見る

送料無料

 

なお、AQUOS sense4とAQUOS sense5Gの各キャリア在庫については下記の記事から確認してください。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gのデザイン・外観の違いを比較

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gのデザイン・外観ですが、基本的に端末デザインのテイストは変わっていません。

(左からAQUOS sense6、AQUOS sense4、AQUOS sense5G)

ただ、AQUOS sense6は、大画面化に伴ってやや縦長のボディとなっています。

また、AQUOS sense6では、AQUOS sense4/AQUOS sense5Gのディスプレイ下部にあった指紋認証センサーが廃止されています。

これは、AQUOS sense6がディスプレイに指紋認証センサーを内蔵したためで、物理ボタン式のセンサーがなくなったことでディスプレイのベゼルが薄くなっています。ややスッキリとした印象に。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gのカラーバリエーションの違い

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gのカラーバリエーションの違いは下記の通り。

なお、senseシリーズは、ドコモオンラインショップ限定カラーが存在します。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
通常カラー・ライトカッパー
・シルバー
・ブラック
・ライトカッパー
・シルバー
・ブラック
・ライトブルー
・ライトカッパー
・オリーブシルバー
・ニュアンスブラック
・ライラック
ドコモオンライン限定カラー・ブルーメタリック・レッド
・ブルー
・イエロー
・コーラルレッド
・スカイブルー
・イエローゴールド

AQUOS sense4/AQUOS sense5Gは、ドコモオンラインショップ限定カラーを含めると、全7色ずつという豊富なカラーバリエーションでした。

AQUOS sense6では、通常カラー3色とドコモオンライン限定1色で、合計4色に絞られています。

カラー選びはAQUOS sense4/AQUOS sense5Gの方が楽しかったかもしれませんね。ただ、AQUOS sense6のドコモオンライン限定ブルーメタリックも非常に良いカラーなので注目です。

 

事務手数料が無料

ドコモ公式オンラインショップで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

au公式オンラインショップで見る

送料無料

 

AQUOS sense6とsense4/5Gのディスプレイ性能・サイズ

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gのディスプレイ性能・サイズの違いは下記のようになります。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
画面サイズ6.1インチ5.8インチ5.8インチ
ディスプレイIGZO有機ELディスプレイIGZO液晶ディスプレイIGZO液晶ディスプレイ
解像度2432 x 1080
フルHD+
2280 x 1080
フルHD+
2280 x 1080
フルHD+
リフレッシュレート120Hz60Hz60Hz
リッチカラーテクノロジー

AQUOS sense6は、6.1インチに大画面化し、OLED(有機EL)ディスプレイに進化しました。

より見やすく、鮮明な画面表示が期待できます。

また、AQUOS sense6では120Hzのリフレッシュレートに対応。機敏でなめらかな操作感を実現しています。

 

ディスプレイ性能は地味にかなりの進化が感じられます。AQUOS sense4/AQUOS sense5Gを持っている人も、大画面化とOLED(有機EL)採用、120Hz対応には魅力を感じるのではないでしょうか。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gのサイズ差(大きさ)

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gのサイズ差は下記の通り。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
本体サイズ152 × 70 × 7.9mm148 × 71 × 8.9mm148 × 71 × 8.9mm
重さ156g177g178g

AQUOS sense4とAQUOS sense5Gの本体サイズは148 × 71 × 8.9mmで同じサイズとなっています。重さも誤差レベルの違いで、1gしか差がありません。

AQUOS sense6は、AQUOS sense4/AQUOS sense5Gと比べて、4mm縦長になっていますが、横幅は1mm狭くなり、厚みも1.0mm薄くなっています。さらに重さも156gと21〜22gの軽量化に成功しています。

画面が大きくなっているのに、ここまでスリムになっているのは素晴らしいです。重さも、バッテリー容量はそのままなのに、かなり軽くなっているのは凄いです。

 

AQUOS sense6とsense4/5GのCPU・メモリ・ストレージ性能の差

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5GのCPU・メモリ・ストレージ性能の差は下記の通り。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
CPUSnapdragon 690 5GSnapdragon 720GSnapdragon 690 5G
メモリ(RAM)4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64GB

メモリとストレージ容量は3機種とも同じ。

AQUOS sense4とAQUOS sense5Gで採用しているCPU(SoC/システム・オン・チップ)が異なりますが、それぞれのチップのベンチマークスコアを調べたところ、ほとんど同等性能のものとなっています。(誤差レベルでしか違いがない。)

AQUOS sense6はAQUOS sense5Gと同じSnapdragon 690 5Gを採用しているので、処理性能はほとんど進歩していません。

なので、AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gを比べるときに、CPU性能の違いを気にする必要はほとんどないと思っていいでしょう。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gのカメラ性能の違い

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gのカメラ性能の違いは下記の通り。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
アウトカメラ①標準:4800万画素/F1.8
②広角:800万画素/F2.4
③望遠:800万画素/F2.4
①標準:1200万画素/F2.0
②広角:1200万画素/F2.2
③望遠:800万画素/F2.4
①標準:1200万画素/F2.0
②広角:1200万画素/F2.2
③望遠:800万画素/F2.4
インカメラ800万画素/F2.0800万画素/F2.0800万画素/F2.0

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gも同じトリプルレンズ仕様のカメラユニットを採用しています。

ただし、AQUOS sense6は標準カメラが強化されているのがポイントです。4800万画素とかなりの高画素になっている上、F値1.8と明るいレンズを採用しています。(F値は低いほど、明るいという意味です。)AQUOS sense4/AQUOS sense5Gよりも、高画質な写真撮影が期待できます。

しかし、広角レンズが800万画素/F値2.4とややスペックダウンしているのは要注意です。

インカメラについてもどの機種も800万画素F値2.0となっています。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gのバッテリー性能の差

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gのバッテリー性能の差は下記の通り。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
バッテリー4,570mAh4,570mAh4,570mAh
連続待受時間未発表約820時間約760時間
連続通話時間未発表約2330分約1860分

 

3機種とも、バッテリー容量は同じで4,570mAhの大容量となっています。

5.8インチクラスのスマートフォンとしては、かなり大きなバッテリーを積んだ機種と言えます。

AQUOS sense6の連続待受時間などは未発表です。

ただ、AQUOS sense5GとAQUOS sense4を比べると5G対応のAQUOS sense5Gの方がバッテリー持ちが悪くなっています。

AQUOS sense6も5G対応で、さらに大画面化・120Hz対応で、バッテリー容量は変更なしですから、電池持ちはAQUOS sense5Gに近いのかもしれません。

AQUOS sense6の連続待受時間や連続通話時間については、正式な情報が入り次第、追記します。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gの生体認証の違い

AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gの生体認証の差は下記の通り。

 AQUOS sense6AQUOS sense4AQUOS sense5G
指紋認証
ディスプレイに内蔵

物理ボタン式

物理ボタン式
顔認証

AQUOS sense4/AQUOS sense5Gは、ディスプレイ下部に物理ボタン式の指紋認証センサーを搭載していますが、AQUOS sense6ではディスプレイに指紋認証センサーが内蔵されました。画面をタッチすることで認証ができるようになっています。

また、3機種とも顔認証を補助的に利用することができます。

 

AQUOS sense6とsense4/5Gの違い比較まとめ

ここまで「AQUOS sense6とsense4/5Gの違い比較:どれを買うべきか、スペック・価格差など比べ」をまとめてきました。

基本的なデザインに大きな変更がないため、分かりにくい部分もありますが、AQUOS sense6はAQUOS sense4/AQUOS sense5Gよりもかなりパワーアップしています。

ディスプレイ、カメラ、バッテリーなどスマホに欠かせない基本的な部分での進化は非常に魅力的です。

senseシリーズを購入する際は、AQUOS sense6とAQUOS sense4/AQUOS sense5Gをよく比較して検討してみてください。

 

事務手数料が無料

ドコモ公式オンラインショップで見る

送料無料&オンライン限定キャンペーンも

 

オンラインなら頭金なし

au公式オンラインショップで見る

送料無料

 

【関連記事】→ AQUOS sense4とAQUOS sense5G 違い比較

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-Androidスマホ

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5