アンダーカバーのコーチジャケットが調子良い。秋の羽織として最強すぎる。

実は服好きでもあるのでたまには購入した服の話でも。先日購入したコーチジャケットがなかなか調子いいので一応ご紹介。

この時期って結構着るものに困る。暖かいと思ったら寒い日もあったり、昼と夜の寒暖差も大きい。ちょうど季節の変わり目って感じで、体温調整が難しい。シャツ一枚で出歩くには寒いし、だからと言ってコートを引っ張り出すほどでもない。

ずーっと丁度良い感じのヤツを探してて、最近気になってたのがコーチジャケット。軽いし、使わないときはカバンに小さくしまっとけるし、インナーでの体温調節もしやすいし、ナイロンのものだったらレインコート代わりにもなるし最高だなと。で、こないだ購入したのがアンダーカバーのコーチジャケット。ここんとこヘビロテ中。

アンダーカバーのコーチジャケット買ってみた

本当はコムデギャルソンの定番コーチジャケットが欲しかったのだけど、お店行ってもあいにく売り切れ。テンションだだ下がりで帰宅しようとしたところ、某所でアンダーカバーのグレイのコーチジャケットを購入。めちゃめちゃ人気らしく、4色展開なのにこの色しか残ってなかった。みんなコーチジャケット好きなんだな。

アンダーカバー自体は過去にTシャツ買ったぐらいで、ぶちゃっけ好きでも嫌いでもない。ドメブラの中ではしぶとく生き残ってるなあという印象。たまたま通りがかって、試着したら割と良かったので買ってみた。これアンダーカバーでもマッドストアっていう店舗でしか売ってないらしい。しかもネット通販してないみたい。

 

光の加減で色味が変わって見える不思議なグレイカラー。ニュートラルなグレイよりややカーキ系の色味も混ざっている。もともと黒かネイビーをと思っていたのだけど、こいつを羽織ってみるとグレイもかなりお洒落だなと。黒系買う人が多いだろうし、人とかぶらない感じで良い。

サイズはL。身長170cm普通体型だけど、あえてL。完全にオーバーサイズ。もともとゆったりした作りの服は、大きめのサイズ感で着てやるべきだと思うのです。まあ実際はMと悩んだ。Mでもややゆとりあるくらいで、より綺麗めな見た目で着れる。Lはアームホールにゆとりが出てリラックス感がかなり出る感じ。緩いのが好きなのと、寒くなったら下に着込みたいので使い勝手の面でもLをチョイス。

値段は13,000円ほど。このブランドとしてはお手軽プライスで財布に優しい。中国産だけどそこらへんは気にしません。

 

吊るしてみると

吊るしてみるとリラックス感のあるサイズ感が伝わるだろうか。やはりかなり大きめで厚手のセーターなども着れるし、前も余裕で閉まる。着込んでも窮屈にならず、着心地最高。胸の小さいロゴも良いアクセントに。

 

そして、見所は何と言ってもこのどデカいロゴマーク。目立ちまくりww恥ずかしいまでに主張ww まあ基本的にバックパック背負ったりするんでプリントはなんでも気にしない。むしろこういうロゴがある方がコーチジャケット感あって自分は好き。

 

やっぱりコーチジャケットは前閉めた方がカッコイイかな。スポーティーなアイテムなのだけどボタンを止めると、ドレスシャツのようなキッチリ感が出てくる。秋冬のオーバーシャツ的な感じで使い勝手が非常に良い。

 

素材はナイロンなので耐久性に優れてガシガシ使える。裏地はポリエステル。ナイロン自体風を通さないし、この裏地のお陰かとても暖かい。今の時期に厚手のインナー着てこれ着ると暑すぎるくらい。インナー工夫すれば真冬手前までいけて、また春先から使えそう。

 

 

この秋の羽織りはコーチジャケットがオススメ

コーチジャケット自体は昨年末から今春にかけてかなり流行りだしたアイテムである。スケーターアイテムだしややもすると野暮ったい印象となるので敬遠する人も多いかもしれない。しかし、普通のシャツに近いディテールのため意外と着こなすのは簡単だし、何より寒暖の変化が激しいこの時期にぴったりの1着。

着こなし的には、ジャストサイズを選べば普通にシャツやジャケットの代わりに使えるし、オーバーサイズも細身のパンツと合わせることでかなりオシャレなイメージを出すことができる。あと何より基本的に有名ブランドのものでも安価なものが多いのでお財布に優しいのが嬉しい。

自分もかなり気に入っていてヘビロテ中。日中暖かい時もカバンに忍ばせておけばだいぶ安心だし、普通に着やすくてカッコよいよ。ロゴとかも着てしまうと思ったより気にならないし。普通のジャケットと違ってインナー選ばずになんでも切れちゃうのも良い。また色違いとか何着か買ってしまいそう。この秋オススメです!

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です