WWDC 2017間近!10.5インチiPad,新型MacBook発表?iMacの可能性も

いよいよApple毎年恒例のWWDC(世界開発者会議)も間近に!WWDC 2017の基調講演は現地時間6月5日午前10時から(日本時間だと6月6日午前2時から)現場のカリフォルニア州サンノゼのマッケンナリー・コンベンション・センターでは着々と準備が進んでいる模様。

iOS11、macOS10.13、watchOS 4、tvOS11などのOSがお披露目されるのはもちろん、今回は複数のハードウェアが発表されると噂がされているので非常に期待してしまう。

Apple新製品のモデル番号が流出!新型はもしやiMac??

登場が噂されていた端末はベゼルレスでデザインを刷新した10.5インチの新型iPad Pro、新型MacBook Pro、新型12インチMacBook、新型13インチMacBook  Air、そしてSiri搭載スピーカーだ。個人的にこのタイミングで新型12インチMacBookが発表されたら購入しようと思って楽しみにしている。

しかし、少し本当にMacBookの新型が出るのか心配になる情報もある。Appleがユーラシア経済連合(EEC)に申請した新製品のモデル番号に関する情報だ。申請した書類にはiOSデバイスが4つ、Macが5つの異なる番号で登録されていた。

IOSはA1671、A1709、A1670、A1701の4つの番号が振られている。複数台が申請されていることから、噂されている10.5インチモデルだけでなく12.9インチの後継モデルも発表されるかもしれない。どちらにしろ新型iPad Proが発表されるのはかなりの濃厚だ。3月には廉価版のiPadの発売でお茶を濁されたような気もするので、今度こそ驚くような新型を期待したい。

そしてMacには、A1289、A1347、A1418、A1419、A1481の5つの番号。多数のMacの新型が登録されていることがわかる。ただこの番号たち、以前に使われたことのあるモデル番号なのだ。A1289は旧Mac Pro、A1347はMac mini、A1418は21.5インチiMac、A1419は27インチiMac、A1481は現行Mac Proに使用されている。

このことから実は今回発表され刷新されるのは全てデスクトップ型のMacで、MacBookシリーズの新型はおあずけという可能性もかなり高いような気がする。フルカスタマイズしたiMac27.5インチを所有しているのでデスクトップを買い換えるような予定も余裕もない。購入するならMacBookをと思っていたのだが…

ちなみにSiri搭載スピーカーは登録されておらず、ワイヤレスキーボード端末がA1843という番号で登録されている。ということで新型キーボードとデスクトップという組み合わせで新型の発表をする方向な気がする。まあ当日になって見なければ何もわからないのだけども…

現地はいよいよお祭りムードへ!

なおツイッターには会場周辺の様子が多数投稿されている。開発者たちのチェックインによる並びで行列もできている。

情報が錯綜しているが、なんだかんだいよいよお祭りの前って感じで楽しみだ。WWDCでハードウェアが発表された年はかなり前のことだと思うのだけど、現在のゴミ箱型MacProや当時は画期的だったMacBook Airなど目玉商品が発表されている。しきりに新製品情報が噂される今回は、ワクワクするような新型の登場が期待できるかもしれない。

てか、6月中になんかしら新製品発表しないと、今年の上半期はマジでろくな商品出してないやんって多くのファンが失望してしまう気がする。今回こそは頼みますよAppleさん!

(via:MacRumors

(追記)6月5日22時

基調講演まで約5時間前の6月5日21時より例のごとくApple Storeもメンテナンス画面に切り替わっている。

内容はしばらくしたらまた来てねとのこと。基調講演の終了に合わせて何かしらの更新がなされるものと見られる。復旧したサイトを訪れた時、果たして新製品は追加されているのだろうか。

新型iPadに新型Macbookか、はたまた新型iMacが登場するのか。イベントでの発表を期待して待とう!

(追記)

蓋を開けてみると開発者向け会議にも関わらず新型iMac、MacBook、MacBook Pro、iPad Proと盛りだくさんにハードが発表された。狙っていた12インチMacBookが発売されたのでさっそく即日注文してみた。CTOして2週間ほどで届くようなので、新モデルのリポート記事を後日書きたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です