ドコモ

【auからドコモへの乗り換え方法】MNP手順・お得なキャンペーン・注意点・乗り換えにかかる費用・違約金

どうも、イギー(@iggy3_tokyoです。

今回は、auからドコモへの乗り換え方法についてまとめました。

MNP手順・お得なキャンペーン・注意点・乗り換えにかかる費用・違約金など乗り換えに関する全てを紹介します。

auからドコモへのMNPを考えている人はぜひ参考にしてください。

 

イギー
それでは、「【auからドコモへの乗り換え方法】MNP手順・お得なキャンペーン・注意点・乗り換えにかかる費用・違約金」を書いていきます。

 

ドコモへの乗り換え(MNP)が劇的にお得になるキャンペーンまとめ

関連
【ドコモへの乗り換え(MNP)が劇的にお得になるキャンペーンまとめ】2020年1月1日最新版

続きを見る

 

【ソフトバンクからドコモへの超お得な乗り換え方法・手順】

関連
【ソフトバンクからドコモへの超お得な乗り換え方法・手順】MNP費用が安くなるキャンペーン・乗り換えるべき理由も紹介

続きを見る

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

auからドコモへ乗り換えるべき理由・メリット

以前auユーザーだったからこそ分かるのですが、auからドコモへ乗り換えるべき理由・メリットは下記の3つが大きいと思っています。

ドコモへ乗り換えるべき理由・メリット

  • 料金プランのシンプルさ
  • ユーザーの使用状況に最適なプランを選びやすい
  • オンラインショップの充実

 

イギー
それぞれ見ていきましょう!

 

料金プランのシンプルさ

(画像参照:ドコモ公式

ぶっちゃけてしまうとauの料金プランは3キャリアで1番複雑です。auだけ6つも料金プランが用意されています。しかもそれぞれのプランが結構クセが強く分かりにくい。

その点、ドコモの料金プランは2つだけ。超分かりやすくシンプルです。ユーザーが料金プラン選びで迷わないで済むメリットが大きいです。

 

ドコモの料金プランをチェック

 

ユーザーの使用状況に最適なプランを選びやすい

auの6つのプランは、それぞれ長所もあれば短所もあるプラン設計なので分かりにくく選びにくいです。プランによってはメリットがあってもそれを上回るデメリット落とし穴として用意されていたりします。選択肢は多そうに見えるのですが、実際にユーザーそれぞれが満足できるようなプランが選べるかというと微妙です。

ドコモのプランは全体的に欠点が少なく、長所が分かりやすくて選びやすいです。例えば、ドコモの従量課金制のプランは、auが〜1GB・〜4GB・〜7GBと3段階で価格が変動するのに対して、〜1GB・〜3GB・〜5GB・〜7GBと4段階で変動します。そのため、使った容量の分だけ支払うということがauよりもしやすくなっています。

大容量の定額制プランはauが20GB・25GBで中途半端に高い値付けなのに対して、ドコモは60GB使えてリーズナブルな値付けになっています。(ドコモのギガホは、もともとは30GBの定額制でしたが、2020年1月1日 (水)より利用可能データ量を倍増し、60GB使えるようになりました!)

auは無制限プランもありますが、デザリングでデータ使用量の上限が2GBまたは20GBになってしまうため、せっかくの無制限プランが台無しです。これなら、デザリングでも制限のかからないドコモの60GBプランを使った方が良いかと思います。ドコモは60GBを超過後も最大1MbpsというWEB閲覧やYoutube閲覧など充分に使える速さで利用できるので、実質的には無制限プランと言ってしまってもよい内容になっています。

以上のようにドコモの方が上手くユーザーメリットに合う形で料金プランが設計されています。しかもauのような落とし穴が少なく、誠実にプラン設計されているのもポイントです。

 

イギー
料金プランがシンプルで、最適なプランを選びやすいのがドコモ!

 

ドコモの料金プランをチェック

 

オンラインショップの充実

オンラインショップがキャリア1充実しているのもドコモに乗り換える大きなメリットです。

auオンラインショップは頭金が無料ですが、事務手数料はかかってしまいますよね。でもドコモオンラインショップなら頭金だけでなく事務手数料も無料という特典があります。

また、割引面だけでなく、購入をサポートするサービスも先進的です。

例えば、エクスプレス配送(即日配送)を行っているのはドコモオンラインショップだけですし、購入したい端末のサイズ感を把握するのを助けてくれるバーチャサイズ機能もドコモオンラインショップならではの独自機能。

お得で便利な機能が充実したオンラインショップで買い物が楽しめるのもドコモのメリットです。

 

イギー
オンラインショップの機能がここまで充実しているのはドコモだけ!

 

ドコモオンラインショップ 

 

 ドコモオンラインショップのメリットまとめ

関連
【4つのゼロ】ドコモオンラインショップのメリットまとめ【頭金なし・手数料無料・送料無料・待ち時間なし】

続きを見る

 

バーチャサイズ機能の紹介

関連
【ドコモオンラインショップのバーチャサイズ機能を徹底解説】スマホのサイズ比較が直感的にわかりやすい!

続きを見る

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

auからドコモへの乗り換えるベストなタイミングは?確認すべきこと

auからドコモへ乗り換えるにもベストなタイミングがあります。

 

イギー
ここでは乗り換えるにあたって確認しておくべきことと乗り換えのベストタイミングをまとめました!

 

更新月の確認

auで2年契約をしている人は更新月をしっかり確認しておきましょう。

auは2019年10月1日以降の新料金プランでは違約金が1,000円で済みますが、それ以前のプランでは9,500円の違約金が発生してしまいます。なるべく違約金は支払いたくないものですよね。

auの更新月は、2年契約開始から24カ月目〜26カ月目の3カ月間です。この3カ月間の前後に乗り換えようとすると違約金がかかってしまうので要注意。

 

イギー
更新月を確認してベストなタイミングでドコモに乗り換えましょう!

 

残債がないか

auで使っているスマホの機種代金の残債が残っているかも重要です。

一括払いで購入した人は気にする必要はありませんが、24回払いやスマホ返却プログラムのアップグレードプログラムEXアップグレードプログラムDXで48回払いを選んだ人はいつ支払いが完了するのかチェックしておきましょう。(2019年11月1日以降は「アップグレードプログラムNX」で36回払い)

機種代金の支払いが完了せずにドコモに乗り換えると、乗り換え後も残債を支払い続ける必要があります。

 

イギー
機種代金を払い終えてからの乗り換えがベスト!

 

ポイントは全部使ったか

ドコモに乗り換えてしまうとauの利用で貯めていたauポイントが全て消失してしまいます。

auポイントが残っているようなら、乗り換え前にさっさと使ってしまいましょう。

もし、auポイントを使う用途が浮かばないということであれば、auウォレットのプリペイドカードにポイントを移しておくという手もあります。

プリペイドカードにポイントを移行しておけば、ドコモを契約した後でもauポイントを利用することができます。

 

イギー
ポイントを使わないまま乗り換えるのはもったいないので確認を!

 

auからドコモへ乗り換えるベストなタイミングは?

まず、契約更新月であること。機種代金も支払い終わっていること。auポイントを使い切っていること。

そして、auを解約するのは月末がおすすめです。なぜなら、auの利用料金は日割り計算をしてくれず、月の途中で解約しようとも全額支払うことになるからです。これは結構落とし穴なので要注意です。

以上のことをクリアしたタイミングがauからドコモへ乗り換えるベストなタイミングです。

 

イギー
確認すべき項目を全てクリアした月末がベスト!

 

更新月以外で乗り換えたい場合はドコモの乗り換えキャンペーンを利用する

以前は2ヶ月しかなかった更新月も3ヶ月に延長され、キャリア間の乗り換えのタイミングに以前より時間的な猶予がでてきています。

ですが、現在使っているキャリアに不満がある場合、更新月以外の月に乗り換えたくなることもありますよね。

そんな時は思い切って乗り換えてしまうのも一つの手です。

ドコモならお得な乗り換え(MNP)キャンペーン・新料金プランに適用できる割引サービス・学割・ドコモオンラインショップ特典などを利用することで、違約金(契約解除料)の分は相殺できますし、違約金以上の割引を受けることも可能です。

以前のように分かりやすい形での現金キャッシュバックはなくなってしまっていますが、料金の割引・端末料金の割引という形での乗り換え(MNP)ユーザーへの還元はまだまだ続いています。

基本的に乗り換え(MNP)ユーザーは優遇されているので、違約金(契約解除料)を払って乗り換えても、損はせず、むしろお得になるパターンも多いです。

 

イギー
キャリアに不満がある場合は違約金(契約解除料)に怯えずに、思い切って乗り換えてしまうのも全然ありです!

 

この記事でも紹介しますが、乗り換え(MNP)キャンペーンに使えるドコモのキャンペーンをまとめた記事もあるので参考にしてください。↓

ドコモへの乗り換え(MNP)が劇的にお得になるキャンペーンまとめ

関連
【ドコモへの乗り換え(MNP)が劇的にお得になるキャンペーンまとめ】2020年1月1日最新版

続きを見る

 

ドコモのキャンペーン最新版

関連
【ドコモのキャンペーン2020年】機種変更・新規契約・他社から乗り換えが割引でお得に!

続きを見る

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

auからドコモへの乗り換え(MNP)にかかる費用

auからドコモへの乗り換え(MNP)にかかる費用は下記の通り。

MNPにかかる費用

  • 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出手数料→3,000円

  • ドコモとの契約事務手数料→3,000円(オンラインショップ なら0円)

  • 頭金→店舗によって3,000円〜10,000円程度(オンラインショップ なら0円)

 

まず、番号そのままでキャリアを乗り換えるにはMNP予約番号を発行する必要があります。番号ポータビリティ(MNP)転出手数料はその際にauに支払うお金で3,000円かかります。

 

ドコモとの契約事務手数は、ドコモショップ店頭や家電量販店のドコモ売り場などでは3,000円かかります。

ですが、ドコモオンラインショップなら0円で済んでしまいます。

また、頭金も店舗によって3,000円〜10,000円程度かかりますが、ドコモオンラインショップ なら0円です。

店頭よりも6,000円〜13,000円程度節約できるので、実はドコモへの乗り換えはオンラインショップがお得なんです。

 

イギー
auの転出手数料は必ず支払わなければなりませんが、ドコモの事務手数料・頭金はオンラインショップを利用することで回避できます!

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

auからドコモへの乗り換え方法(手順)

auからドコモへの乗り換え方法(手順)を解説していきます。乗り換えというと面倒に感じてしまう人も多いかと思いますが、意外と簡単なのです。

 

イギー
3ステップで乗り換え方法(手順)を見ていきましょう!

 

step
MNP予約番号を取得する

まず、auでMNP予約番号を取得しましょう。

電話・オンライン・EZweb・auショップのいずれかの窓口から手続きすることが可能です。

先ほど書いたように携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出手数料3,000円がかかります。

MNP予約番号の有効期限は15日間なので、発行したらなるべく早めにドコモへの乗り換え手続きをしましょう。

なお、MNP予約番号は発行してもキャンセルすることもでき、15日間の有効期限を過ぎても乗り換えしなかった場合は自動でキャンセルされます。キャンセルになった場合には携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転出手数料も発生しません。

 

auのMNP番号取得窓口

①電話問い合わせ オペレーター 対応:9:00 ~ 18:00(年末年始を除く)

 au携帯電話から

 「0077-7041」(通話料無料)

 一般電話から

 「0120-925-041」(通話料無料)

②オンライン手続き 受付時間:9:00 ~ 20:00(年中無休)

 オンラインでの手続きはこちら

③auショップ 受付時間:各auショップの営業時に準ずる

 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要

 auショップはこちら

 

データのバックアップは忘れずに!

ドコモへの乗り換え手続きを進める前に今使っているスマホのデータバックアップは忘れずに行いましょう。

新機種へのデータ移行の際にトラブルが起こる可能性もありますし、ドコモの下取りプログラムを使う場合は事前にバックアップをしておくことでスムーズに下取りに出せます。

 

step
ドコモで乗り換え(MNP)手続き

MNP予約番号を取得したら、ドコモにて乗り換え(MNP)手続きをします。

 

MNNP手続き時に用意するもの

  • MNP予約番号
  • 運転免許証や健康保険証などの本人確認書類
  • 本人名義のキャッシュカード、預金通帳、クレジットカードのいずれか1点

 

乗り換え手続きに必要なのはMNP予約番号の他に、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類。

そして、クレジットカードで支払いをする場合はクレジットカード。口座振替で支払う場合は預金通帳またはキャッシュカードを用意しましょう。なおドコモショップ店頭で口座振替で契約する場合は金融機関などの届出印が必要となります。

 

ドコモショップで手続きする場合は乗り換え(MNP)したいことを伝えれば、ドコモショップスタッフが案内してくれて任せればOKですが、その分契約事務手数料3,000円と頭金3,000円〜10,000円程度がかかります。

一方、ドコモオンラインショップなら、個人情報や契約内容の入力などは自力でやらなければいけないものの、事務手数料と頭金が0円で済むという特典があります。しかも、混雑しがちな店舗のように待ち時間もありません。ネットさえ繋がれば24時間好きなタイミングで手続きすることができます。

とにかく安く乗り換え(MNP)したい人、最寄りにドコモショップがない人、仕事などが忙しく店舗に行っている暇がない人などはドコモオンラインショップで手続きするのがよいでしょう。

 

ドコモオンラインショップをチェック 

 

step
新しいスマホへデータの移行

乗り換え(MNP)手続きをして新しいスマホを手に入れたら、今まで使っていた端末から新しい端末へデータを移行します。

iPhoneとAndroidで方法は異なりますが、バックアップしておいたデータを新しいスマホに移せばOKです。

なお、ドコモショップで購入した場合は、データ移行が初期設定サポートの範囲に含まれているのでやってもらうことができます。ドコモショップで購入した場合は初期設定サポートが無料で利用できますが、ドコモオンラインショップで購入したスマホを持ち込んだ場合は初期設定サポートは有料3,000円(税抜)となります。

 

イギー
データ移行まで済ませば、乗り換え完了です!

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

ドコモへの乗り換え(MNP)でお得になるキャンペーン

auからドコモへ乗り換えるにあたって利用したい、ドコモのお得な乗り換えキャンペーンを紹介します。

 

イギー
乗り換え(MNP)に適用できるキャンペーンはかなり沢山あるので、要チェックです!

 

機種代金の割引キャンペーン

「端末購入割引」

(画像参照:ドコモ公式

他社からドコモへの乗り換え(MNP)で特に目玉となるキャンペーンが2019年11月1日(金曜)からスタートした「端末購入割引」です。

他社からの乗り換え(MNP)および新規契約で、対象となるスマホ・ケータイを購入すると、購入代金の一部をドコモが負担。

割引額は最大22,000円(税込)となります。

iPhone XSやiPhone 8など比較的新しめなモデルのiPhoneやGoogle Pixel 3aなども対象です。AQUOS sense3 SH-02Mなんかも狙い目。

対象の端末は公式ページでチェックしてみてください。

「端末購入割引」

他社からの乗り換え(MNP)でドコモを検討している人はグッとお得にスマホを購入するチャンスです。

 

「端末購入割引」のポイント

  • 他社からの乗り換え(MNP)および新規契約で、対象スマホ・ケータイが割引に
  • 割引額は最大22,000円(税込)
  • iPhone XS・iPhone 8なども対象
  • ドコモオンラインショップで購入した場合は、購入翌々月に割引金額相当のdポイント(期間・用途限定)での還元となる

 

→  公式サイトで詳しく見る

「端末購入割引」を見る

 

「はじめてスマホ購入サポート」

(画像参照:ドコモ公式

「はじめてスマホ購入サポート」は、FOMAからXiへの変更時または他社3G回線からXiへの乗り換えユーザーが対象の端末割引サービスです。

もともとドコモでケータイを使っていてスマホに乗り換える人だけでなく、他社でケータイを使っていてドコモのスマホに乗り換え(MNP)をする人も対象です。

割引額は最大22,000円(税込)で、「端末購入割引」と同等ですが、iPhoneやGalaxyの最新機種まで対象なのが嬉しいポイントです。

発売したばかりのiPhone 11・iPhone 11 Pro、Galaxy Note10+ SC-01Mなどが22,000円(税込)円引きで購入できてしまうのはお得すぎます。

対象の端末は公式ページでチェックしてみてください。

「はじめてスマホ購入サポート」

 

auからドコモへの乗り換えかつ、ケータイからはじめてスマホに変えるという人はぜひ利用しましょう。一気に最新のドコモスマホに乗り換えることができます。

ちなみに「はじめてスマホ購入サポート」と「端末購入割引」の併用はできません。条件が揃っているなら「はじめてスマホ購入サポート」を適用させる方がおすすめです。

 

「はじめてスマホ購入サポート」のポイント

  • ケータイからドコモのスマホに乗り換えで、対象機種が割引に(他社からの乗り換え(MNP)、ドコモケータイから乗り換えのどちらでもOK)
  • 割引額は最大22,000円(税込)
  • iPhone 11・iPhone 11 Proなど発売したばかりの端末も対象
  • ドコモオンラインショップで購入した場合は、購入翌々月に割引金額相当のdポイント(期間・用途限定)での還元となる
  • 「端末購入割引」との併用は不可

 

→  公式サイトで詳しく見る

「はじめてスマホ購入サポート」を見る

 

「25歳以下限定割引」

他社からの乗り換え(MNP)で25歳以下のユーザーなら、対象機種を購入で、機種代金を16,500円(税込)割引してくれる「25歳以下限定割引」が適用可能です。

先に紹介した「はじめてスマホ購入サポート」の25歳以下バージョンといったサービスです。

ただし、対象機種はミドルスペックの物ばかりで、最新のハイエンドモデルは対象外となります。

しかも、iPhone 8(64GB)AQUOS sense3 SH-02M他社からの乗り換え(MNP)だと対象外という微妙な内容。

「25歳以下限定割引」

 

幸い25歳以下ユーザーでも「はじめてスマホ購入サポート」を選ぶことができるようになっています。

これなら「iPhone 11 Pro」や「Galaxy Note10+ SC-01M」といった最新モデルで最大22,000円割引となる「はじめてスマホ購入サポート」を選ぶのが良さそうです。

 

「25歳以下限定割引」のポイント

  • 25歳以下ユーザーがケータイからドコモのスマホに乗り換えで、対象機種が割引に(他社からの乗り換え(MNP)、ドコモケータイから乗り換えのどちらでもOK)
  • 割引額は16,500円(税込)割引
  • 対象モデルはミドルスペックのスマホばかり
  • ドコモオンラインショップで購入した場合は、購入翌々月に割引金額相当のdポイント(期間・用途限定)での還元となる
  • 「端末購入割引」「はじめてスマホ購入サポート」との併用は不可
  • 「25歳以下限定割引」を使わずに「はじめてスマホ購入サポート」を選ぶこともできる

 

→  公式サイトで詳しく見る

「25歳以下限定割引」を詳しく見る

 

ドコモ利用料金の割引キャンペーン

「ギガホ割」

 

(画像引用:ドコモ公式

「ギガホ割」は30GB使い放題の「ギガホ」にだけ適用される割引です。

「ギガホ」を契約すると自動的に最大6か月、月額1,000円割引となります。(総額6,000円割引)

月額6,980円の「ギガホ」が、最初の半年間5,980円で利用可能です。

 

「ギガホ割」のポイント

  • 30GBの大容量プラン「ギガホ」限定の割引
  • 最大最大6か月、月額1,000円割引が適用
  • 最初の半年間が5,980円と「ギガライト」の〜7GBと同じ価格となる
  • 平均で5GB以上使う人は「ギガホ」を契約するのがおすすめ

 

→  公式サイトで詳しく見る

「ギガホ割」を詳しく見る

 

「ドコモの学割 (2020年版)」

(画像参照:ドコモ公式

新料金プランを申し込む25歳以下が対象のドコモの学割。学割と名付けられているものの申し込み時点で25歳以下なら学生でなくてもOKです。

ギガホなら毎月1,500円割引が12ヶ月間適用され、合計18,000円割引。ギガライトなら毎月1,000円割引が12ヶ月間適用され、合計12,000円割引となります。

ドコモ料金の割引キャンペーンの中でも特に大きな割引を受けることができるので、25歳以下なら利用しない手はないです。

他社からドコモのスマホへの乗り換えにも適用されるので、ソフトバンクからドコモへ乗り換える予定の25歳以下の人は要チェックです。

「みんなドコモ割」、「ドコモ光セット割」、「はじめてスマホ割」など他の割引サービスと併用も可能なので、学割対象のユーザーは最安でドコモのスマホを使える可能性があります。

「ギガホ」を申し込むと自動的に適用される「ギガホ割」と併用はできませんが、「ギガホ割」よりも毎月1,500円割引が12ヶ月間も続く「ドコモの学割 (2020年版)」の割引額の方が大きいので、25歳以下なら学割を利用しない手はありません。

 

「ドコモの学割」のポイント

  • 対象は申し込み時点で25歳以下のユーザー
  • 最大12ヶ月間の割引が適用
  • ギガホなら毎月1,500円割引→12ヶ月間で18,000円の割引
  • ギガライトなら毎月1,000円割引→12ヶ月間で12,000円の割引
  • 他社からドコモのスマホへの乗り換えにも適用
  • はじめてスマホ割も同時に適用可能

 

→  公式サイトで詳しく見る

「ドコモの学割 」を詳しく見る

 

「ドコモの学割 」について

関連
【ドコモの学割2020年】割引料金・適用条件・申込方法を解説!期間は?対象年齢は?メリットは?

続きを見る

 

「dカードお支払割」

(画像参照:ドコモ公式

10月1日から提供開始された、ドコモを違約金なしで割引価格で利用できる「dカードお支払割」も大注目のキャンペーン。

定期契約なしで「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約して、ドコモの利用料金の支払い方法をdカードdカード GOLD(家族カード含む)に設定することで、月額170円割引が受けられるんです。(2年定期契約なしだとか違約金がかからない代わりに、利用料金が2年定期契約ありより月額170円高く設定されています。)

「dカードお支払割」の適用で、解約金不要で2年定期契約と同じ月額料金で利用できちゃいます。

2年定期契約ありの場合だと解約金は1,000円かかりますし、「dカードお支払割」も適用されません。つまり、解約金なしで「dカードお支払割」が適用される2年定期契約なしの契約がドコモユーザーにとって1番有利な契約形態となります。

 

「dカードお支払割」のポイント

  • 10月1日からの2年定期契約での違約金が1,000円に。2年定期契約なしの場合も、料金の差額が170円だけに。
  • 定期契約なしで「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」を契約してdカード で料金を支払うと「dカードお支払割」が適用
  • 「dカードお支払割」で月額170円割引が受けられ、2年定期契約なしが1番有利な契約になる(解約金なしで、定期契約ありと同額の月額料金)
  • 「dカードお支払割」の利用にはdカード/dカード GOLDが必要
  • dカードは年会費が永年無料
  • dカード GOLDはドコモ・ドコモ光の利用料金の10%割引が受けられる
  • すでに「ギガホ」「ギガライト」を利用してる人は、10月1日以降新プランに変更する必要あり
  • dカードを作りたくない人には2年定期契約ありがベストな選択
  • 「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」で最大10%還元を狙える

 

→  公式サイトで詳しく見る

「dカードお支払割」を見る

 

10%還元・ポイント2倍などメリット多数のdカード

(画像参照:dカード公式

ドコモのスマホを使っているなら、dカードdカード GOLDを利用することでさらにお得にドコモを使うことができます。

dカードを利用するメリットは下記になります。

  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から10%還元(dカードGOLD限定特典)
  • ドコモオンラインショップ でdポイント2倍還元
  • 最大10万円分のケータイ補償が付帯(dカードは最大1万円・dカードGOLDは最大10万円)
  • 「dカードお支払割」適用で、2年縛りなしでドコモが使える(解約金なし、毎月-170円の割引料金)

以上のような特典があるので、ドコモをよりお得に快適に使えます。

特にdカードGOLDはドコモ利用料金の10%還元が受けられる上、最大10万円分のケータイ補償も付帯する手厚い内容です。

dカードは年会費が永年無料なので、dカードGOLDまでのサービスは必要ないという人も「dカードお支払割」を適用するために持っておいて損はありません。

dカードdカード GOLDともにドコモオンラインショップでdポイント2倍還元が受けられるので、ネットでスマホを注文する前に作っておくのがベストです。

なお、入会でdカード GOLDは15,000円相当、dカードは8,000円相当のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを期間限定で実施中です。

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月ドコモの利用料金から10%還元の特別なカード

入会で8,000円相当プレゼント

dカードを見る

年会費がずっと無料のカード

 

「みんなドコモ割」で最大1,000円割引

(画像引用:ドコモ公式

「みんなドコモ割」は新料金プランに合わせて登場した、家族ユーザー向けの割引

「ファミリー割引」グループ内の回線数が多いほど、毎月の利用料金が割引になるサービスです。

2回線で500円割引、3回線以上なら1,000円割引がグループ内の全回線に適用されます。

ドコモは三親等内の親族であれば、同居・別居を問わず、「ファミリー割引」のグループを組むことが可能です。

au・ソフトバンクに比べて家族割の条件が柔軟なのがポイント。(au・ソフトバンクは家族との同居が必須条件です。)

 

「みんなドコモ割」のポイント

  • ドコモの家族割引サービス
  • 2回線で500円割引、3回線以上なら1,000円割引が家族全員に適用
  • 三親等内の親族であれば、同居・別居を問わずに「みんなドコモ割」の対象となる

 

→  公式サイトで詳しく見る

「みんなドコモ割」を見る

 

「ドコモ光セット割」で最大1,000円割引

(画像引用:ドコモ公式

「ドコモ光セット割」はドコモのスマホとドコモ光をペア回線にすることで適用される割引。

対象のプランは、「ギガホ」「ギガライト」「カケホーダイ&パケあえる」です。

従来のプランでも存在しましたが、新料金プランに合わせて内容が一新されました。

割引額も旧プランと比較して全体的に上がっています。

料金プランドコモ光セット割
ギガホ-1,000円
ギガライト~7GB-1,000円
~5GB-1,000円
~3GB-500円
~1GB0円

「ギガホ」に「ドコモ光セット割」を適用すると1,000円割引に。

「ギガライト」なら「~3GB」で500円割引、「~5GB」「~7GB」で1,000円割引となります。

しかもこの割引がずっと家族全員に適用されるので、かなりお得です。

 

「ドコモ光セット割」のポイント

  • ドコモのスマホとドコモ光をペア回線にする(契約者は同一名義である必要あり)
  • 割引額はスマホの利用プランによって異なる(「ギガホ」は1,000円割引、「ギガライト」は最大で1,000円割引)
  • 条件を満たす限り割引がずっと家族全員に適用される

 

→  公式サイトで詳しく見る

「ドコモ光セット割」を見る

 

【サイト限定】最大2万円キャッシュバック!

ドコモ光を見る

ドコモ光セット割でスマホもお得に!

 

 

「はじめてスマホ割」

(画像参照:ドコモ公式

「はじめてスマホ割」はケータイ(フィーチャーフォン)を使っていた人が、ドコモのスマホに乗り換えることで適用される料金割引サービス。

こちらもドコモでケータイを使っていてスマホに乗り換える人だけでなく、他社でケータイを使っていてドコモのスマホに乗り換え(MNP)をする人も対象となっています。

毎月のドコモ利用料金が1,000円割引となるので、「はじめてスマホ購入サポート」と合わせてぜひ利用しましょう。

対象の料金プランは、新料金プランのギガホ・ギガライトとなります。

「はじめてスマホ割」が適用されれば最大12か月間も月額基本使用料から1,000円割引に。つまり最大で12,000円の割引となります。

「はじめてスマホ購入サポート」の最大割引額22,000円と合わせれば、3,4000円と衝撃的な割引額となります。

 

「はじめてスマホ割」のポイント

  • ケータイからドコモのスマホに乗り換えで、新料金プランを契約すると月額基本使用料が割引に(他社からの乗り換え(MNP)、ドコモケータイから乗り換えのどちらでもOK)
  • 割引額は1,000円(最大12か月間で12,000円の割引に)
  • 「はじめてスマホ購入サポート」との合わせ技で最大3,4000円の割引に

 

→  公式サイトで詳しく見る

「はじめてスマホ割」を見る

 

「ドコモの下取りプログラム」

(画像参照:ドコモ公式

ドコモは独自の下取りプログラムを提供しています。

「ドコモの下取りプログラム」は機種変更ユーザーだけでなく、他社からの乗り換え(MNP)ユーザーも対象。au・ソフトバンク端末も買い取ってくれます。

iPhone・iPadをはじめ、Androidスマートフォンやタブレット、ケータイなど幅広いモデルが下取り対象で、下取り価格は最大79,800円(税込)となっています。例えばiPhoneの下取り価格で考えると、アップルストアで下取りに出すよりも高値がつきます。

 

下取り価格は公式サイトで確認できるので、気になる人はしてみてください。

iPhoneの下取り価格

→ iPadの下取り価格

Androidスマートフォンの下取り価格

 

下取りはドコモショップ店頭に持ち込みも可能ですし、ドコモオンラインショップからの申し込みも可能です。

店頭だとその場で査定してその場で新しく購入する端末代金から値引きしてくれるメリットがあります。

ドコモオンラインショップの場合は申し込み後に送られてくる送付キットを使って下取り端末をドコモに送る必要があり、下取りによる値引きは後日dポイント還元という形で処理されます。

どちらも下取り価格は変わりません。

わざわざ店頭に出向く必要のないドコモオンラインショップ経由での下取りが快適です。

 

「下取りプログラム」のポイント

  • 下取り価格は最大79,800円(税込)
  • iPhone・iPadをはじめ、Androidスマートフォンなど幅広いモデルが対象
  • au・ソフトバンク端末も買い取ってくれる
  • ドコモショップ店頭に持ち込みか、ドコモオンラインショップからの申し込みも可能

 

→  公式サイトで詳しく見る

「下取りプログラム」を見る

 

ドコモのプランについてくるAmazonプライム

(画像参照:ドコモ公式

テレビのニュースでも話題になったドコモとAmazonの協力によって実現した目玉キャンペーンが2019年12月1日から提供開始。

対象料金プランの「ギガホ」「ギガライト」を契約すると、ドコモがAmazonプライムの年会費4,900円(税込)を負担!(エントリーが必要)

Amazonプライムが1年間無料で楽しめます!

エントリーサイト

 

*ドコモのプランについてくるAmazonプライムは「ギガホ」の契約者を対象とした特典ですが、提供開始を記念して「ギガライト」の契約者も申し込めるスタートアップキャンペーンを実施しています。(つまり現状は、「ギガホ」「ギガライト」どちらの新料金プランでも対象となります。)

 

AmazonプライムはAmazonの配送サービス「お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料で使い放題だったり、プライムビデオやプライムミュージックなどが視聴し放題と超優良なサービスなので、ドコモと契約すると1年間無料付帯してくれるのは非常に嬉しいですね!

 

「Amazonプライム付帯特典」のポイント

  • 「ギガホ」または「ギガライト」を契約すると、Amazonプライムが1年間無料で付帯
  • Amazonプライムの年会費は4,900円(税込)
  • Amazonプライムは「お急ぎ便」無料やプライムビデオ見放題など利用しないとむしろ損なレベルの超優良サービス

 

→  公式サイトで詳しく見る

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」を見る

 

イギー
キャンペーンを利用してお得に乗り換えましょう!

 

auの料金プランをドコモの料金プランと比較

auの料金プランとドコモの料金プランをチェックして、どちらがお得か比較してみましょう。auから乗り換えを考える人の参考になるかと。

 

イギー
まずはauの料金プランから!

 

auの料金プラン

auの料金プランは、6つあります。バリエーションに富んで選択肢が豊富ですが、ドコモに比べるとかなり複雑に感じます。

6つのプラン全てが、データプランと音声プランの組み合わせでパッケージングされたものです。

また、新auピタットプランNとauフラットプラン7プラスN以外のプランは半年間1,000円割引のスマホ応援割20が適用されます。

 

データプランの内容は下記の通り。

プランデータ量月額料金プラン内容
auデータMaxプランPro 無制限8,980円
(6カ月間 -1,000円)
データ無制限の定額制
auデータMAXプラン Netflixパック
無制限7,880円
(6カ月間 -1,000円)
データ無制限の定額制(Netflixベーシックプランセット)
auフラットプラン25 NetflixパックN
25GB7,150円
(6カ月間 -1,000円)
25GBまでの定額制(Netflixベーシックプランセット)
auフラットプラン20N
20GB6,000円
(6カ月間 -1,000円)
20GBまでの定額制
auフラットプラン7プラスN
7GB5,480円7GBまでの定額制(SNSデータ消費ゼロ)
新auピタットプランN~7GB5,980円7GBまで使った分だけ支払えばよい従量課金制
~4GB4,480円
~1GB2,980円

新auピタットプランNは0〜7GBまで使ったデータ量によって、料金が2,980円〜5,480円まで変動する重量課金制になります。それ以外のプランは定額制です。

 

イギー
料金プランが6つもあってややこしいのがau!

 

ドコモの料金プラン

ドコモの料金プランを見ていきましょう。

ドコモの料金プランはギガホとギガライトの2種類のみ。au同様にデータプランと音声プランがセットでパッケージングされたものになっています。

料金プランが2種類のみというのは、auに比べてだいぶシンプルな印象です。

 

ギガホ・ギガライトの料金は下記の通り。

プランデータ量月額料金プラン内容
ギガホ60GB6,980円
(最初の6ヶ月間は5,980円)
60GBまで速度制限なしの定額制
超過後も1Mbpsの速度で利用可
ギガライト~7GB5,980円7GBまで使った分だけ支払えばよい従量課金制
~5GB4,980円
~3GB3,980円
~1GB2,980円

ギガホは60GB使い放題で月額6,980円の定額制。(もともとは30GBの定額制でしたが、2020年1月1日 (水)より利用可能データ量を倍増し、60GB使えるようになりました!)

ギガライトは1〜7GBまで使ったデータ量によって、料金が2,980円〜5,980円まで変動する重量課金制になります。

ギガホだけ専用の割引サービス「ギガホ割」があります。ギガホを契約するだけで自動で適用され、最初の6ヶ月間は5,980円で使えます。(6ヶ月間 -1,000円割引)

また、ギガホは60GBを超過した後も最大1MbpsというWEB閲覧やYoutube閲覧など充分に使える速さで利用ができるのもポイントです。

 

イギー
ドコモは2種類のプランだけで非常に分かりやすいです!

 

従量課金制プランは、ドコモの方細かく容量を選べる

従量課金制プランについては、au・ドコモともに7GBを上限に設定されています。また、~1GBと~7GBについては同じ料金で提供されています。

ですが、注目して欲しいのはその中間のデータ量です。auは、~4GBしか選択肢がありません。1GBを超えたら、2GB・3GBで足りる人も4GB分の料金を支払わなくてはなりません。

一方のドコモは、中間に~3GBと~5GBの料金も設定しています。 ドコモのギガライトは、auより1段階多い4段階で設計されているので、よりユーザーそれぞれの用途に合った容量を選びやすくなっています。2Gごとに少しずつ緩やかに料金が上がっていくので、無駄なお金を支払わなければいけなくなることもauより少なくなるでしょう。

 

イギー
ドコモならより細かく自分の使い方に合った容量が選べます!

 

20GB 〜30GBの大容量プランならドコモのギガホがコスパがいい

20GB 〜30GBの大容量プランに焦点を当てると、auには20GBのauフラットプラン20Nと25GBのauフラットプラン25 NetflixパックNがありますが、やや割高な値段設定となっています。

auフラットプラン25 NetflixパックNにするとドコモの60GBプランであるギガホより高くなってしまいますし。auフラットプラン20Nにしても月額6,000円なのに20GBしか使えません。(ドコモのギガホは60GBで6,980円)

20GB・25GBという中途半端な通信料で、しかもコスパも悪いなら、ドコモのギガホを選ぶ方が賢い選択と言えます。

しかも、ドコモのギガホは60GBを使い切った後でも速度声援が緩く最大1Mbpsで通信できるので、実質データ使い放題のプランと言えます。auのauフラットプラン20Nと25GBのauフラットプラン25 NetflixパックNは、容量超過後は残念ながら最大128kbpsとかなり低速に制限されてほとんど使い物にならなくなってしまいます。

 

イギー
auの大容量プランは割高です!

 

無制限プランはauだけだが、デザリングが弱点

auのプランの中でも1番高額なauデータMaxプランProとauデータMAXプラン Netflixパックは無制限でデータ通信ができるプランになっています。ドコモはギガホの60GBが最大容量で、無制限プランを用意していません。

データ量を気にせずに使いたいという人にとってauのプランはかなり惹かれるものがありますが、デザリングで使う場合は容量制限がかかるという落とし穴があります。デザリングで通信した場合、auデータMaxプランProは20GBが上限に。auデータMAXプラン Netflixパックは2GBが上限となります。

デザリングを使用する人はノートパソコンなどに繋いで仕事などに沢山のデータ通信をしたいという人が多いと思うので、auの無制限プランだと物足りなく感じるでしょう。特にauデータMAXプラン Netflixパックの上限2GBというのはデザリングで使用するには少なすぎます…

しかも、上限を超えるとどちらのプランも通信速度は送受信最大128kbpsに制限されてしまうんですよね。速度制限後は単純なWEBページの閲覧すら遅すぎてストレスを感じるかと思います。

 

イギー
auの無制限プランは、デザリング時の制限が残念!

 

ドコモのギガホは月60GBですが、デザリングによるデータ制限はありません。60GB丸ごとデザリングでの通信に使えます。しかも、60GB超過後も最大1Mbpsとそこそこの速さで利用できるので、WEB閲覧・Youtube閲覧・データのアップロードなど大体のことは問題なく出来てしまいます。

僕もギガホを契約しているのですが、60GB使い切った後でも普通にブログ記事の編集・更新ができるので、実際の使い勝手は無制限プランと言ってしまってもよいプランだと思います。

auの無制限プランはスマホしか触らないという人には良いかと思うのですが、PCやタブレットをデザリングで使いたいという人には非常におすすめしにくい内容です。

 

イギー
ドコモなら60GBで程よい価格設定のギガホを選べます!

 

お得な乗り換えキャンペーンを見る

ドコモオンラインショップを見る

事務手数料・頭金・送料が0円!

 

それでは「【auからドコモへの乗り換え方法】MNP手順・お得なキャンペーン・注意点・乗り換えにかかる費用・違約金」でした!

 

乗り換えるならドコモオンラインショップが1番お得!

auからドコモへ乗り換えるなら、ドコモオンラインショップで手続きするのが1番お得です!

何と言ってもドコモオンラインショップは事務手数料が無料・頭金なしという大きなメリットがありますからね。(店頭だと手数料と頭金がかかり、1,0000円〜1,5000円程度の出費となります。)

 

ドコモオンラインショップのメリットをまとめておきます。

ドコモオンラインショップは、「分割支払い時の頭金なし」「事務手数料無料」「2,750円以上購入で送料無料」「待ち時間なし」の4つのゼロが特徴です。

ドコモショップ店頭で購入するよりもお得で快適というわけですね。

 

ドコモオンラインショップで購入するメリットは他にもあるので、まとめてみました。ドコモオンラインショップを利用するメリットは以下の通りです。

ドコモオンラインショップのメリット

  1. 分割支払い時の頭金なし(0円)
  2. 全ての手続きで、契約事務手数料が無料(0円)
  3. 2,750円以上購入で送料無料(0円)
  4. 24時間好きな時に手続き、待ち時間なし(0分)
  5. 自宅でもドコモショップ店頭でも受け取りOK
  6. 最短2日で届く(即日配送も可能に)
  7. dポイントが利用できて、貯まる(dカードdカード GOLDなら2倍)
  8. 料金プランをゆっくり自分で決められる
  9. チャット、電話での質問・相談が可能
  10. バーチャサイズ機能で欲しいスマホと手持ちのスマホのサイズ比較できる
  11. オンラインショップ限定キャンペーンを利用できる

以上のようにドコモオンラインショップは沢山のメリットがあります。

ドコモショップなど実店舗だと発生してしまう頭金・手数料はドコモオンラインショップなら無料です。

オンラインショップなら24時間好きなタイミングで注文できて待ち時間なし。自宅に送料無料で届くので、店舗に行く交通費や時間も節約できます。(ドコモショップ受け取りも選択可)

配送も機種変更なら通常最短2日で届くのですが、即日配送(エクスプレス配送)を選ぶことも可能になりました。

オンラインだと実機に触れないという不安もありますが、ドコモオンラインショップにはバーチャサイズ機能が利用できて欲しいスマホと手持ちのスマホのサイズが簡単に比較できるので、実店舗に行かなくてもサイズ感を把握することができます。

キャリアのWEBショップの中でも特に機能が充実しているので、ドコモオンラインショップでのスマホ購入は非常に快適です。

他にもdカードdカード GOLDの利用でdポイント2倍オンラインショップ限定のお得なキャンペーンなど、さらにお得にスマホを購入できる仕組みもあります。

auからドコモへ乗り換えるならぜひ便利でお得なドコモオンラインショップを利用しましょう!

 

事務手数料・頭金が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモオンラインショップのメリットすべてを徹底解説!

関連
【4つのゼロ】ドコモオンラインショップのメリットまとめ【頭金なし・手数料無料・送料無料・待ち時間なし】

続きを見る

 

ドコモオンラインショップとドコモショップ店頭、どちらが安くてお得か比較

関連
【比較】ドコモオンラインショップと店頭で機種変更/購入どちらが安い!?お得!?

続きを見る

 

オンライン限定ウェルカムキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは、ウェルカムキャンペーンを実施しています。オンライン限定・期間限定のおトクなキャンペーンです。

「オンラインショップ Welcome特典」「はじめてスマホ購入サポート」「端末割引」の3つの割引サービスで機種変更・新規契約・他社からの乗り換え(MNP)のどの手続きでも高額dポイント還元を受けることができます。

 

オンラインショップ Welcome特典

特典:dポイント5,000ポイントをプレゼント

キャンペーン対象:はじめてドコモオンラインショップで対象機種への機種変更(Xi→Xi)手続きをした人

キャンペーン期間:2019年12月17日(火曜)~2020年1月31日(金曜)

ポイント進呈時期:2020年3月下旬頃に進呈予定

オンラインショップ Welcome特典

 

はじめてスマホ購入サポート

特典:dポイント11,000pt~22,000pt還元

キャンペーン対象:下記2パターンが対象

  • ドコモのケータイからスマホへの契約変更(FOMA→Xi)
  • 他社ケータイからドコモのスマホへの乗り換え(他社3G回線→Xi)

キャンペーン期間:2019年11月1日(金曜)~

ポイント進呈時期:利用開始(開通)の手続き完了月の翌々月

はじめてスマホ購入サポート

 

端末割引

特典:dポイント11,000pt~35,684pt還元

キャンペーン対象:下記3パターンが対象

  • ドコモのケータイからスマホへの契約変更(FOMA→Xi)
  • 新規契約
  • 他社からドコモのスマホへの乗り換え(他社3G回線&3G回線以外→Xi)

キャンペーン期間:2019年10月12日(土曜)~

ポイント進呈時期:利用開始(開通)の手続き完了月の翌々月

端末割引

 

ドコモオンラインショップ 限定ウェルカムキャンペーンの記事はこちら

関連
【ドコモオンラインショップ限定 ウェルカムキャンペーン】高額dポイント還元でスマホがお得!特典を解説!

続きを見る

 

事務手数料&頭金が無料

ドコモオンラインショップを見る

今ならキャンペーンで機種変更・新規契約・MNPでdポイント還元!

 

ドコモオンラインショップでの支払いはdカードで一括払いが1番お得!

(画像参照:dカード公式

ちなみにドコモオンラインショップでスマホを購入するなら支払いはdカードで一括払いがお得です!

dカードdカード GOLDで一括払い」のメリットは何と言っても、dポイントが2倍もらえることです。通常だと100円につき1ポイント貯まるdポイントが100円につき2ポイント貯まります。

機種変更でスマホを購入する場合、dポイント2倍はかなり美味しいです。iPhone 11 Proなど新型のiPhoneだと10万円以上しますし、容量によっては20万近くする端末もありますからね。スマホが高額化しているので、付与されるポイントも馬鹿にはできません。

例えば、10万円の端末を購入した場合、通常だともらえるポイントは1,000ポイントです。ですが、dカードdカード GOLDで一括払い」をすることで、2倍の2,000ポイントが還元されるんです。

dポイントは1ポイント=1円で使えますし、dカードにするだけで1,000円も得する計算になります。

 

イギー
ドコモオンラインショップで限定キャンペーンを適用して、dカードでポイント2倍還元で購入でお得が加速!

 

他にもメリット多数!dカード GOLDならドコモ料金も毎月10%還元!

他のクレジットカードだと通常の還元率で、2倍還元されるのはdカードdカード GOLDだけです。他にもメリットが沢山あり、ドコモユーザーなら持っておいて絶対損はないカードです。

主なメリットをまとめると下記になります。

dカードのメリット

  • ドコモオンラインショップでdポイントが2倍貯まる
  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から10%還元(dカード GOLD限定)
  • dカード特約店での利用でポイント最大5%還元
  • dカードケータイ補償が付帯dカードは最大1万円/dカード GOLDは最大10万円)
  • 貯まったdポイントでドコモのスマホ料金、修理代などを支払える
  • 年間利用額に応じて最大2万円の特典クーポンがもらえる(dカード GOLD限定)
  • dカードお支払割」適用で2年縛りなしでドコモが使える(解約金なし、毎月-170円の割引料金)

以上のようなメリットがあります。dカードdカード GOLDはとにかくdポイントがザクザク貯まるクレジットカード になっています。

 

イギー
むしろドコモのスマホを使うなら、持っておかないと損なカードと言えるでしょう。

 

特にdカード GOLDドコモ/ドコモ光の料金の10%還元が受けられます。年会費がかかりますがドコモ/ドコモ光の料金の10%還元で充分に元が取れ、普通にドコモを利用しているだけで会費以上にお得になるのでドコモをこの先もずっと使い続けるならゴールドカードをおすすめします。

通常のdカードは特典の充実感はdカード GOLDにおよびませんが、年会費が永年無料なのがポイント。ドコモオンラインショップでのdポイント2倍やdカード特約店でのポイント還元を利用するためにとりあえず作っておいても損はありません。ずっと無料で持てますから。

2019年10月1日より「dカードお支払割」の提供が始まったので、ドコモ料金(2年定期契約なし)の支払いにdカードdカード GOLDを設定すれば、解約金なし・毎月-170円の割引料金でドコモが利用できるメリットも追加され、さらに魅力的なカードになりました。

 

注意点

一括払いで支払うと、スマホおかえしプログラムを利用することができなくなります。(スマホお返しプログラムは高額なハイエンドスマホを分割払いすることが利用条件だからです。)

一括払いにしてしまうと2年間使った後に端末を返却して端末代金の3分の1が支払い免除になるスマホおかえしプログラムが適用できなくなるのは要注意です。

ですがスマホおかえしプログラムを利用するよりもドコモの下取りプログラムや中古スマホ買取店を利用する方が、高値で売れる可能性が高いのでスマホおかえしプログラムをあえて利用する必要はないでしょう。

それに、dカード GOLDのドコモ/ドコモ光の料金の10%還元は非常に魅力的なので、今回ドコモオンラインショップで利用しないにしても作っておくことをおすすめします。

 

なお、入会でdカード GOLDは15,000円相当、dカードは8,000円相当のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを期間限定で実施中です。

 

ドコモをさらにお得に使うならdカード!!

ドコモ料金10%還元!!

dカード GOLDを見る

入会で15,000円相当プレゼント

年会費がずっと無料!!

dカードを見る

入会で8,000円相当プレゼント

 

【dカード・dカード GOLD 14のメリット】口コミ・評判レビュー

関連
【dカード・dカード GOLD 14のメリット】口コミ・評判レビュー!本当にお得?デメリットも紹介。

続きを見る

 

1番お得なドコモオンラインショップでの支払い方法はdカード一括払い

関連
ドコモオンラインショップはdカードで一括払いが1番お得! dポイント2倍!【docomo 】

続きを見る

 

dカード GOLDの入会キャンペーン・キャッシュバック情報

関連
【2020年最新】dカード GOLDの入会キャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

続きを見る

 

ドコモ料金をdカード払いすると解約金なし・割引価格で使える!

(画像参照:ドコモ公式

2019年の10月1日より「dカードお支払割」が登場。dカードdカード GOLDを持っている方がさらにお得にドコモのスマホを使えるようになりました。

 

dカードお支払割」の内容は下記の通りです。

「dカードお支払割」のポイント

  • 対象プラン:「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」(2年定期契約なし)
  • 割引内容:上記の2年定期契約なしの料金プランが月額170円割引
  • 最大のメリット:dカードユーザーなら解約金ありの定期契約をする必要がなくなり、解約金0円でドコモを使える
  • 割引の適用条件:ドコモ料金の支払い方法をdカードdカード GOLDに設定すること
  • 適用範囲:子回線まで適用可能

ドコモの新料金は、解約金不要の2年定期契約なしの契約の料金が大幅に値下げされています。解約金1,000円の定期契約ありとの差額は月額170円。

さらに「dカードお支払割」が適用されて月額170円割引を受けることができます。

これによって、解約金0円の2年定期契約なしプランでも2年定期契約ありと同じ料金となります。

つまり、dカードdカード GOLDユーザーなら、解約金の発生する2年定期契約を選ぶ必要がなくなり、解約金0円・2年縛りなしでドコモを使い続けることができます。

なお、「dカードお支払割」を適用するには、支払い方法をdカード・dカード GOLD(家族カード含む)に設定することが必要です。(定期クレジット)

適用範囲も家族カードと紐付け、または代表回線がdカード・dカード GOLDを支払い設定にしている一括請求グループに入っている子回線まで適用されるので、家族みんなで解約金なしでドコモが利用できます。

解約金なし・縛りなしでドコモと契約するならdカードdカード GOLDで「dカードお支払割」を活用しましょう。

 

ドコモの支払いにdカード !違約金なし・割引価格で使える!

ドコモ料金10%還元!!

dカード GOLDを見る

入会で15,000円相当プレゼント

年会費がずっと無料!!

dカードを見る

入会で8,000円相当プレゼント

 

「dカードお支払割」の内容は別の記事により詳しくまとめています。

 違約金なし・割引の秘密は「dカードお支払割」

 

なお、「dカードお支払割」が適用されているdカードdカード GOLD会員を対象に、お買い物で最大10%還元が受けられる「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」も2020年3月31日(火)まで実施中です。

「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」を利用すれば最大10%還元も可能

 

ネット回線がドコモ光なら、ドコモのスマホ料金もお得に!

(画像引用:ドコモ公式

さらにお得な情報なんですが、ドコモには「ドコモ光セット割」という割引サービスがあります。

家のネット回線がドコモ光ならドコモのスマホ料金もお得になるという特典。しかも、割引は家族全員にずっと続きます。

また、ドコモ光の利用料金もdカード GOLDで10%還元が受けられます。もちろんスマホ料金も10%還元されるので超お得ですよね。

ドコモ光の最大のメリットは何と言っても、「ドコモ光セット割」とdカード GOLDの利用で超お得になることです。

ドコモのスマホを使っている人はドコモ光の導入を前向きに検討するとよいでしょう。

 

「ドコモ光割」のポイント

  • ドコモのスマホとドコモ光をペア回線にする(契約者は同一名義である必要あり)
  • 割引額はスマホの利用プランによって異なる
  • 「ギガホ」は1,000円割引、「ギガライト」は「~3GB」で500円割引、「~5GB」「~7GB」で1,000円割引
  • 条件を満たす限り割引がずっと家族全員に適用される

 

なお、ドコモ光新規申し込みの工事費は無料となっています。光コラボ・フレッツ光から切り替えの場合は工事不要で手続きをするだけでそのまま使えます。

また、サイト限定の申し込みで最大2万円のキャッシュバックが受けられるので、かなりコストを抑えて導入することが可能ですよ。↓

 

【サイト限定】最大2万円キャッシュバック!

ドコモ光を見る

ドコモ光セット割でスマホもお得に!

 

 

ドコモオンラインショップはドリームキャンペーンを実施中!!

なお、現在ドコモオンラインショップではドリームキャンペーンを実施中!

誰でも応募できて、東京ディズニーランドのパークチケットと新アトラクションのプレビューチケットをプレゼントしてくれるという正に夢のようなキャンペーンとなっています!

こちらはドリームキャンペーンのキャンペーンページより応募が可能です。

ドリームキャンペーンのキャンペーンページ

 

ドコモ回線の契約やドコモオンラインショップでの購入などの条件もないため、とりあえず応募してみるがおすすめ!

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーであるドコモならではの太っ腹なキャンペーン。

 

イギー
当選したらディズニーランドの新アトラクションが一足早く楽しめますよ!

 

ドリームキャンペーンを公式サイトでチェック!

ドリームキャンペーン

 

ドリームキャンペーンについて詳しくまとめた記事はこちら

関連
【ドコモオンラインショップのドリームキャンペーン】ディズニーランド&新アトラクションのチケットをプレゼント!

続きを見る

 

全品送料無料キャンペーン

 

イギー
1月末まではアクセサリー類も送料無料で購入できる!!

 

キャンペーン内容

特典:ドコモオンラインショップで購入できるすべての商品が期間限定で送料無料に

キャンペーン期間:2019年12月18日(水曜)~2020年1月31日(金曜)

 

キャンペーン期間中はドコモオンラインショップのあらゆるアイテムが送料無料で購入可能です。

通常だと送料がかかってしまう2,750円未満の買い物でも送料無料に。(通常だと1回の注文金額の合計が2,750円(税込)に満たない場合、宅配便は550円、メール便は220円の送料がかかってしまいます。)

ドコモオンラインショップでスマホのアクセサリーや周辺機器を単品購入するチャンスです。小物類の単品購入は送料がかかってしまうので、敬遠してた人も多いかと思うのでこの機会にぜひ。

あまり知られていませんが、ドコモセレクトの保護ケースや保護フィルムなどはクオリティーが高いのでおすすめです。

→ ドコモセレクト(オプション品)

 

スマホ購入時の送料に関しては基本的に2,750円以下のものはないので、いつでも送料無料です。

 

→  公式サイトで詳しく見る

「全品送料無料キャンペーン」を見る

 

Galaxy Note10+のスター・ウォーズ限定モデルが登場!!

ドコモから限定2,000台の特別仕様なGalaxy Note10+が登場!!

Galaxy Note10+ Star Wars Special Editionと名付けられた限定モデルは、デザイン・カラーリングがスター・ウォーズのダークサイドをモチーフとしています。ブラック×レッドの配色が非常にかっこよく、Sペンも赤いライトセーバーを再現したレッドカラーです。

壁紙・アプリアイコン・操作音・着信音もスター・ウォーズ仕様で世界観を再現してくれます。

 

豪華な特別仕様のアクセサリーも付属。超貴重でプレミアムなGalaxy Note10+!!

12月20日から公開されるスター・ウォーズシリーズ最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」に合わせて発売される限定モデルは要チェックです!

 

オンラインなら手数料・頭金無料

Star Wars Special Editionを見る

 

Galaxy Note10+ Star Wars Special Editionの記事はこちら

関連
【スター・ウォーズのスマホ!】Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition!【ドコモ限定】

続きを見る

 

【docomoの関連記事】

ドコモオンラインショップの機種変更クーポンの入手方法

関連
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2020年最新】

続きを見る

 

ドコモの最新スマホおすすめ機種比較ランキング

関連
【ドコモ最新スマホ】おすすめ人気機種比較ランキング:機種変更で買うべきスマホは?【2020年/docomo】

続きを見る

 

新料金プランを最安値で維持する方法

関連
ドコモのスマホを最安値で維持する方法を解説!最低料金は?【docomo】

続きを見る

 

「はじめてスマホ割」でガラケーからスマホに乗り換え

関連
【2019】ドコモの請求・引き落とし日(支払い日)はいつ?もし引き落とされなかったらどうなる?

続きを見る

 

ドコモの学割(2020年版)

関連
【ドコモの学割2020年】割引料金・適用条件・申込方法を解説!期間は?対象年齢は?メリットは?

続きを見る

 

【ソフトバンクからドコモへの超お得な乗り換え方法・手順】

関連
【ソフトバンクからドコモへの超お得な乗り換え方法・手順】MNP費用が安くなるキャンペーン・乗り換えるべき理由も紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人

イギー★

ただの素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhoneやAndroidスマホの話題多め。ドコモとmineoを契約しているのでキャリアと格安SIMどちらのよさも分かります。カメラはSONY派。レビュー依頼・広告掲載等、承ります。

-ドコモ

Copyright© iggy.tokyo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.