SONY α7R III 購入!開封レビューと感想!4,240万画素のモンスタースペック!

久々に大物です。最強カメラを購入しました。SONY α7RIII。フルサイズのミラーレス一眼。年明けに購入したコンデジRX100M5が非常に使いやすく調子が良い。SONYのカメラの良さに気付き、気付いたら本格的なやつもポチっちゃいました。

 

SONY α7RIIIを購入した経緯

購入した経緯としては、もっと本格的な写真が撮ってみたくなったってことですね。RX100M5もスマホ感覚で本格的な写真が撮れるので良いのですが、肝心な望遠側だと対象物に寄れないというモノ紹介ブロガーとしては致命的な欠点があったのです。ブログの写真のクオリティーを上げたいし、やっぱ本格的な一眼を持っとくのもアリかと。ブロガー的には一眼と接写しまくれるマクロレンズが最高の組み合わせではないかと思いました。

一眼というとCanonやNikonがメジャーなんでしょうが、最近はSONYのカメラが絶好調らしく、プロもSONYに乗り換える人が結構いるそうな。実際、RX100M5の使用感には満足しててSONYのカメラとの相性良いかもって思って、SONYにしました。ちょうど買うタイミングで下位モデルで10万安いα7 IIIがで出てたのですが、トリミング耐性のある4240万画素の超高画素に惹かれてα7RIIIをチョイス。

もともと非常に人気があるモデルで3月15日ごろ注文して約5週間待ちと言われたのだけど、23日の夕方ごろ突如発送メールが送られてきた。なので実質1週間程度でゲットできました。

 

4,240万画素のモンスタースペック。素人の自分にはもったいない!?

SONYのカメラはボディに重厚感があって、佇まいが良いですね。α7RIIIには軽量で剛性の高いマグネシウム合金が採用されています。重厚な見た目とは裏腹に重さは約572g(バッテリ込みだと約650g)。上級者向けのフルサイズ機としてはかなり軽量な部類に入ります。こんな本格的なカメラ(性能も値段も)を購入したのは初めてなので正直緊張します。自分みたいな写真素人にはもったいない機種であることは痛いほど痛感しております…

 

当たり前だけどRX100M5と比べるとボタン、ダイヤル類も増えて、操作に慣れるまでしばらくかかりそうです。いやカスタマイズしがいがあると捉えるべきか。久々に大物ガジェットを購入した高揚感もあります。メカニカルなスイッチとかダイヤルって男心をくすぐられますね。

 

ミラーレスなのでマウントのキャップを外すと、イメージセンサーが直接露出する作りになっています。ゴミが入るのであまり写真撮ったりするのは良くないけど、記念にフタ開けたとこ撮ってみました。センサーは約4,240万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載してます。レンズ交換とか基本的に本体を下に向けて交換するので正面からセンサー部を見る機会ってもうないかと思うのだけど、近未来的な雰囲気でカッコ良いですね。

4,240万画素ってまじ想像を絶する画素数ですよ。最新のiPhoneのカメラが1200万画素だし、RX100M5が2100万画素。さらにSONYのミラーレス最上位モデルのα9ですら2420万画素なんでそれをも凌駕する画素数。写真撮るのも結構大変な作業なんで、どうせ撮るなら良いコンディションでデータを残したいなって思って4,240万画素は非常に魅力的に感じました。撮った写真をトリミングしても劣化を気にせず使えるくらいらしいので。

 

レンズはSONY純正Gレンズ「SEL90M28G」をチョイス

レンズはソニーの純正マクロレンズ「SEL90M28G」をチョイス。90mmの中望遠マクロ。Eマウント対応のマクロレンズは少ないのですが、その中でも抜群の性能を誇る1本。被写体にぐっと近寄るマクロ撮影はもちろんなのですが、ポートレイトや風景撮影までこいつ1本で行けちゃうみたいです。いわば万能レンズ。

 

けっこうデカめのレンズで重さは602gほど。 α7RIII本体は軽量だけど、大きいレンズ付けるとけっこう重いです。かなりフロントヘビーな感じに。レンズフードを付けるとさらにイカつくなりますw

 

各所ディテール・仕様

背面には約369万画素の有機ELファインダー約144万画素の高精細ディスプレイを搭載。ディスプレイはタッチパネル式となっていてタッチフォーカス機能などに対応。タッチ操作でピント合わせができるのがかなり便利です。

 

左サイドには各種端子類。マイク端子、ヘッドホン端子、マルチ/マイクロUSB端子、HDMIマイクロ端子、USB Type-C端子、シンクロターミナルを搭載。USB Type-C端子があるのが個人的には嬉しい。

 

さらに右サイドにはSDカードスロットが。嬉しいことにデュアルスロットになっていてスロット1はより高速なUHS-II対応スロットとなっています。なのでUHS-II対応のSDカード買いました。ソニー純正のは高すぎなので、SanDiskのExtreme PROをチョイス。なるほど、UHS-IIめちゃ速いですね。連写時とかに明らかに差が。

 

バッテリー室へは底面からアクセス。前モデルより倍以上の大容量バッテリーを採用しており、かなり持ちます。タフに使っても大丈夫。RX100M5のバッテリーが非常に心もとなく不満を持っていたので、これは地味に嬉しい。実際使ってみても安心感が半端無いです。

 

写真撮るのがさらに楽しくなりそう!使いこなせるよう頑張る!

正直、身の丈に合っていないスペックのカメラだとは分かっている。使いこなすにはまだまだ時間がかかりそうだ。だけど、全く後悔はしていない。数日使ってみて思ったのは写真撮るのってやっぱ楽しい。スマホカメラとコンデジでは到底味わえない楽しさ。こいつにしか撮れない被写体、表現があると知った。これから一緒に時を刻んでいくのがかなり楽しみです。しばらくは慣れないカメラと格闘する日々が続きますが、徐々にブログの写真も進化させられたらと。あとα7RIIIの作例なんかも載せていきたいなと思います。それでは。

 

【Amazon、楽天】α7R IIIのページへ

ソニー(SONY)
¥314,800 (2018/07/18 07:04:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

【ソニーストア】α7R IIIのページへ

価格より保証を重視するなら、手厚いワイド保証の付属するソニーストアでの購入もオススメです。

ソニーストア

 

【ソニーストア公式オンラインストア】長期ワイド保証はソニーストアだけ!

ソニーストア

 

SONYのカメラ関連の記事はこちら

RX100M6のケースはバンナイズで決まり!【RX100アクセサリー】

2018.06.25

α7R IIIで使ってる18のアクセサリー/レンズ/周辺機器を紹介するよ!

2018.06.18

RX100M6発売!買うべきか?M5から買い換えるかスペックレビュー!【SONY最強コンデジ】

2018.06.18

サイバーショットRX100M6で使える感動レベルの有能アクセサリー15【RX100共通】

2018.06.15

f値も知らない一眼レフ初心者がα7R IIIとコシナのマニュアルレンズで撮影した写真を淡々と上げていく

2018.06.10

【ユリシーズ】α7 III/α7R III/α9用ボディスーツとカメラストラップでα7R IIIの弱点を克服!

2018.06.05

マンフロットのミニ三脚 PIXIレビュー!スマホやコンデジにぴったり!

2018.05.25

【プロ照明機材】ブログの物撮り用にTOKISTARのLEDライトを購入!

2018.05.23

studio9 中原一雄さんの「写真のことが全部わかる本」がカメラ初心者に半端なく分かりやすかった件

2018.05.23

SONY α7R III 購入!開封レビューと感想!4,240万画素のモンスタースペック!

2018.05.14

SONY RX100M5レビュー!ブロガーにぴったりの高級コンデジ!

2018.05.04

関連記事はこちら