ドコモ

docomo with(ドコモ ウィズ)終了で駆け込み契約すべき?新料金プランとどっちがお得で安いか比較

分離型の新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の開始とともに、ドコモでは「docomo with(ドコモ ウィズ)」が廃止・終了となります。

今回は「docomo with(ドコモ ウィズ)」適用の『旧料金プランで駆け込み契約すべきなのか』を検証したいと思います。

また『新料金プランとどっちがお得なのか』も比較していきます。

 

それでは、「docomo with(ドコモ ウィズ)終了で駆け込み契約すべき?新料金プランとどっちがお得で安いか比較」を書いていきます。

(トップ画像参照:ドコモ )

 

*「docomo with」の新規申し込みは終了しています。

 

ドコモのクーポン配布ページをチェック

ちなみにドコモは割引クーポンを不定期で配布しています。

クーポンが発行されるかはタイミングによりますが、気になる人は購入前にクーポン配布ページを確認してみるのがおすすめです。

ドコモオンラインショップのクーポンに関しては別の記事にまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

関連
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2020年最新】

続きを見る

 

オンライン限定ウェルカムキャンペーン

ドコモオンラインショップでは現在、オンライン限定のウェルカムキャンペーンを実施しています。

「オンラインショップ Welcome特典」「はじめてスマホ購入サポート」「端末割引」の3つの割引サービスをラインナップ。

機種変更・新規契約・他社からの乗り換え(MNP)のどの手続きでも高額dポイント還元を受けることができます。

  • 「オンラインショップ Welcome特典」→5,000ポイント
  • 「はじめてスマホ購入サポート」→11,000~22,000ポイント
  • 「端末購入割引」→11,000〜35,684ポイント

→ ドコモオンラインショップ限定キャンペーンサイト

事務手数料・頭金が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

ドコモオンラインショップ 限定ウェルカムキャンペーンの記事はこちら

関連
【ドコモオンラインショップ限定 ウェルカムキャンペーン】高額dポイント還元でスマホがお得!特典を解説!

続きを見る

 

10%還元・ポイント2倍などメリット多数のdカード

(画像参照:dカード公式

ドコモのスマホを使っているなら、dカードdカード GOLDを利用することでさらにお得にドコモを使うことができます。

dカードを利用するメリットは下記になります。

  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から10%還元(dカードGOLD限定特典)
  • ドコモオンラインショップ でdポイント2倍還元
  • 最大10万円分のケータイ補償が付帯(dカードは最大1万円・dカードGOLDは最大10万円)
  • 「dカードお支払割」適用で、2年縛りなしでドコモが使える(解約金なし、毎月-170円の割引料金)

以上のような特典があるので、ドコモをよりお得に快適に使えます。

特にdカードGOLDはドコモ利用料金の10%還元が受けられる上、最大10万円分のケータイ補償も付帯する手厚い内容です。

dカードは年会費が永年無料なので、dカードGOLDまでのサービスは必要ないという人も「dカードお支払割」を適用するために持っておいて損はありません。

dカードdカード GOLDともにドコモオンラインショップでdポイント2倍還元が受けられるので、ネットでスマホを注文する前に作っておくのがベストです。

なお、入会でdカード GOLDは15,000円相当、dカードは8,000円相当のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを期間限定で実施中です。

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月ドコモの利用料金から10%還元の特別なカード

入会で8,000円相当プレゼント

dカードを見る

年会費がずっと無料のカード

 

「docomo with(ドコモ ウィズ)」は5月31日で受付終了!

新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の提供に伴って、docomo with(ドコモ ウィズ)」は2019年の5月31日で受付終了となります。

「docomo with」は毎月1,500円割引がずーっと継続して適用されるドコモのサービスの中でも特にお得なものの1つです。

 

「docomo with」回線が欲しい人は、早めの手続きを

「docomo with」は新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」に切り替えてしまうと消滅して割引が受けられなくなってしまいます。

ですが、5月31日までに旧料金プランで「docomo with」に加入したユーザーは継続して利用することができます。

これから5月31日の受付終了までに駆け込みで「docomo with」を契約する人が沢山出てくることが予想されます。

「docomo with」を適用した回線が欲しい人は、早めの手続きをおすすめいたします。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

オンラインショップは5月27日午前0時〜年6月1日午前8時まで新規受付を停止するので要注意

ドコモと契約の手続きをするのに便利なドコモオンラインショップですが、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の導入に伴って「2019年5月27日(月曜)午前0時 ~ 2019年6月1日(土曜)午前8時」の期間は新規(追加)契約・他社からのりかえ(MNP)ができなくなります。

これは要注意です。

 

ドコモオンラインショップを利用して新規(追加)契約・他社からのりかえ(MNP)で「docomo with」を駆け込み契約する場合は、5月27日(月曜)午前0時までに申し込み手続きを完了する必要があります。

新規受付を再開するのは6月1日(土曜)午前8時なので、再開後では「docomo with」回線を契約することはできません。

最悪5月28日〜31日のうちにドコモショップ店頭などで手続きを済ませれば良いのですが、「旧料金プラン + docomo with」で契約する人がたくさん来て大変混雑することが予想されます。

「旧料金プラン + docomo with」で契約するなら5月27日(月曜)午前0時までにドコモオンラインショップで早めに手続きを済ませてしまうのがおすすめです。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

5月31日午後11時〜2019年6月1日午前8時は全商品の購入手続きが停止

さらにドコモオンラインショップでは6月1日よりサイトリニューアルを予定してます。

これに伴って「2019年5月31日(金曜)午後11時 ~ 2019年6月1日(土曜)午前8時」の期間はドコモオンラインショップでの全商品の購入手続きができなくなります。

気になる商品や契約したいプランがあったら、やはりなるべく早めに手続きを済ませましょう。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

docomo with(ドコモ ウィズ)のメリットは?

「docomo with(ドコモ ウィズ)」を適用するメリットについて簡単に説明しておきます。

(画像参照:ドコモ )

「docomo with」は対象機種を購入することで、月々の利用料金から1,500円の割引がずっと適用されるサービスです。

他の割引サービスと違って、機種代金の支払いが終わった3年目以降も毎月1,500円の割引が継続されるのがポイントです。

同じスマホを長く使えば使うほどお得になる仕組みになっています。

1,500円の割引がずっと適用されるのは非常に強力なので、「docomo with」対象機種はかなり人気があります。

 

「docomo with(ドコモ ウィズ)」対象機種はミドルスペック端末

「docomo with(ドコモ ウィズ)」で確認しておきたいのが、対象機種はミドルスペックの端末が中心ということです。

「docomo with」対象機種は以下の通り。

docomo with」対象機種

  • iPhone 7
  • iPhone 6s
  • AQUOS sense2
  • Galaxy Feel2
  • Arrows Be
  • LG style
  • らくらくスマートフォン me F-01L
  • らくらくスマートフォン4 me F-03K

iPhone XSなどの最新iPhoneやGalaxyのフラッグシップモデルなどは対象機種に入っていませんので要注意です。

ですが、元々リーズナブルな価格のミドルスペックスマホにさらに毎月1,500円の割引が適用されるということで、大手キャリアとしては有りえないくらいに超お得にドコモのスマホが使えるのが「docomo with」の最大のメリットです。

しかもラインナップされているスマホはミドルスペックと言いましたが、2, 3年は十分に使えるものがほとんどです。

最近だとiPhone 7が「docomo with」対象機種に追加され話題になりましたが、実際初めてApple Pay対応のiPhoneがお得な「docomo with」の対象となったことでかなりの人数が契約しているようです。

 

「docomo with(ドコモ ウィズ)」の注意点

「docomo with(ドコモ ウィズ)」適用でスマホを使う際の注意点を述べます。

特に注意なのは以下の2つの点です。

「docomo with」の注意点

  • データ通信のみのデータプランは「docomo with」対象外
  • 併用できない割引キャンペーンあり

 

データプラン通信のみのデータプランは対象外

「docomo with」の対象プランは以下の通り。

「docomo with」の対象プラン

  • 「カケホーダイプラン」
  • 「カケホーダイライトプラン」
  • 「シンプルプラン」

データ通信のみのデータプランは対象外。

現在データプランを利用している場合は要注意です。

あらかじめ「docomo with」の対象プランに変更しておきましょう。

プランの変更はMy docomoやドコモショップでできます。

 

併用できない割引キャンペーンがある

「docomo with」の割引と同時に受けることができない割引キャンペーンがあります。

併用できないキャンペーンは以下の通りです。

「docomo with」と併用不可のキャンペーン

  • 「月々サポート」
  • 「はじめてスマホ割」
  • 「シニア特割」
  • 「シニアはじめてスマホ割」
  • 「ドコモの学割2017(1,000円/月割引)」
  • 「ドコモの学割2018」
  • 「ドコモの学割2019」

併用不可のキャンペーン割引契約中の回線が「docomo with」を申込んだ場合、キャンペーン割引は当月末までの適用となり、「docomo with」が翌月からの適用となります。

*「ドコモの学割2016」・「ドコモの学割2017」については、基本料割引は併用不可ですが、dポイント進呈(1,000pt/月)等の各種特典およびボーナスパケット(5GB/月)のみ適用されます。

 

「月々サポート」などけっこう併用できない割引キャンペーンがあるので要注意です。

「ドコモの学割」も併用できません。

まあ、学割よりも「docomo with」の割引の方がずっと続くしお得なので(学割は最大13ヶ月1,620円割引なので)、最新機種が使いたい学生さんは「ドコモの学割」で、とにかくコスパ重視なら「docomo with」でという考え方で良いかと思います。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

「docomo with(ドコモ ウィズ)」終了で駆け込み契約すべき?

ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」は旧料金プランに比べて最大4割安くなるとされていますが、4割引の恩恵を受けるにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。

大半のユーザーは旧料金プランより2割引、良くて3割引というとこに落ち着くかと思います。

新料金プランの値下げ幅が「docomo with(ドコモ ウィズ)」の1,500円割引よりも下回るなら、旧料金プランをdocomo with適用で利用する方が安いということになります。

この場合は「docomo with」を駆け込みで契約する価値があります。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

新料金プランとどっちがお得か比較

旧料金プラン

旧料金プランは「基本(通話)プラン」「パケットパック」「インターネット接続サービス」を組み合わせて料金が決まります。

(画像参照:ドコモ )

 

基本(通話)プラン

プラン月額料金プラン内容
シンプルプラン980円家族間国内通話:無料
上記以外の国内通話:30秒につき20円
カケホーダイ
ライトプラン
1,700円1回5分以内の国内通話:無料
1回5分以上の家族間国内通話:無料
1回5分以上の家族以外への国内通話:30秒につき20円
カケホーダイプラン2,700円国内通話無料
 
(参照:ドコモ )

 

パケットパック

家族向け

プランデータ量月額料金
ウルトラシェアパック100100GB25,000円
ウルトラシェアパック5050GB16,000円
ウルトラシェアパック3030GB13,500円
ベーシックシェアパック従量課金制(最大30GB)6,500円〜15,000円
 
 
単身者向け
プランデータ量月額料金
ウルトラデータLLパック30GB8,000円
ウルトラデータLパック20GB6,000円
ベーシックパック従量課金制(最大20GB)2,900円〜7,000円

(参照:ドコモ 

 
 

インターネット接続サービス

プラン月額料金
SPモード300円

(参照:ドコモ )

 

「基本(通話)プラン」「パケットパック」「インターネット接続サービス」の3つを組み合わせた合計金額が旧料金プランの月額利用料金となります。

「docomo with(ドコモ ウィズ)」を適用すると、合計金額から1,500円の割引となります。

 

新料金プラン

(画像参照:ドコモ 

新料金プランは非常にシンプルです。

音声通話とデータ通信が一体となっているので、2種類のプラン「ギガホ」「ギガライト」の2つのプランから選ぶだけ。

音声通話も組み込まれているため追加料金なしで30秒につき20円の国内通話を利用できます。

「5分無料通話」「かけ放題」はオプション(有料)となり、必要に応じて加えることができます。

「ギガホ」「ギガライト」の中には、旧料金プランの「インターネット接続サービス」(SPモード)も含まれています。

「ギガホ」「ギガライト」

プランデータ量月額料金プラン内容
ギガホ30GB6,980円30GBまで使用できる定額制
ギガライト~7GB5,980円使った分だけ加算される従量課金制
~5GB4,980円
~3GB3,980円
~1GB2,980円
 
(参照:ドコモ )
 

通話オプション

音声オプション月額料金通話料
オプションなし0円家族間国内通話:無料
上記以外の国内通話:30秒につき20円
5分通話無料オプション700円1回5分以内の国内通話:無料
1回5分以上の家族間国内通話:無料
1回5分以上の家族以外への国内通話:30秒につき20円
かけ放題オプション1,700円国内通話無料

(参照:ドコモ )

30秒につき20円の国内通話だけでいいという人は、「ギガホ」「ギガライト」の料金表に書いてある月額料金だけ支払えばOKです。

「5分通話無料オプション」を付ける場合は700円、「かけ放題オプション」を付ける場合は1,700円プラスしてください。

ちなみに「5分通話無料オプション」は旧料金プランでは1,700円の「カケホーダイライトプラン」に相当し、「かけ放題オプション」は旧料金プランでは2,700円の「カケホーダイプラン」に相当するものです。

どちらも新料金プランではそれぞれ1,000円安くなっています。

電話をする頻度が高かったり、よく長電話をするという人は新料金プランにした方がお得になる可能性が高いです。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

新料金プランを最安値で維持する方法

関連
ドコモのスマホを最安値で維持する方法を解説!最低料金は?【docomo】

続きを見る

 

旧料金プラン+docomo with・新料金プランで比較シュミレーション

さて、実際に「旧料金プラン+docomo with」と「新料金プラン」で利用料金をシュミレーションして比較してみましょう。

家族利用でなく単体での契約、かつ通話はそれほどしないので最低限の30秒につき20円の国内通話を付けた場合を想定しています。

 

~1GB/月のデータ量で比較

単独で月1GBのデータ量・30秒につき20円の国内通話という内容で契約した場合の比較です。

 旧料金プラン+docomo with新料金プラン(ギガライト)
通話980円2,980円
データ通信2,900円
インターネット接続(SPモード)300円
docomo with-1,500円なし
合計2,680円2,980円

旧料金プランは「ベーシックパックの~1GB」、新料金プランは「ギガライトの~1GB」で計算しています。

「旧料金プラン+docomo with」が月額2,680円、「新料金プラン(ギガライト)」が2,980円という結果に。

「旧料金プラン+docomo with」のほうが300円お安くなります。

単身者で月1GBのデータ量で充分という人は「旧料金プラン+docomo with」での契約を検討してみる価値がありそうですね。

ただし、新料金プランでも「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」などの割引サービスがあります。

これらのいずれかを適用した場合は「新料金プラン(ギガライト)」の方が安く使えます。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

〜3GB/月のデータ量で比較

単独で月3GBのデータ量・30秒につき20円の国内通話という内容で契約した場合の比較です。

 旧料金プラン+docomo with新料金プラン(ギガライト)
通話980円3,980円
データ通信4,000円
インターネット接続(SPモード)300円
docomo with-1,500円なし
合計3,780円3,980円

旧料金プランは「ベーシックパックの~3GB」、新料金プランは「ギガライトの~3GB」で計算しています。

「旧料金プラン+docomo with」が月額3,780円、「新料金プラン(ギガライト)」が3,980円という結果に。

月3GBのデータ通信の場合、「旧料金プラン+docomo with」のほうが200円お安くなります。

ただし、新料金プランの「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」などの割引サービスを適用すると「新料金プラン(ギガライト)」の方が安くなります。

ユーザーそれぞれの環境によって異なってくる部分ですが、割引が適用できる場合は「新料金プラン(ギガライト)」がおすすめです。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

〜5GB/月のデータ量で比較

単独で月5GBのデータ量・30秒につき20円の国内通話という内容で契約した場合の比較です。

 旧料金プラン+docomo with新料金プラン(ギガライト)
通話980円4,980円
データ通信5,000円
インターネット接続(SPモード)300円
docomo with-1,500円なし
合計4,780円4,980円

旧料金プランは「ベーシックパックの~5GB」、新料金プランは「ギガライトの~5GB」で計算しています。

「旧料金プラン+docomo with」が月額4,780円、「新料金プラン(ギガライト)」が4,980円という結果に。

月5GBのデータ通信の場合、「旧料金プラン+docomo with」のほうが200円お安くなります。

ただし、こちらもやはり新料金プランの「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」などの割引サービスを適用すると「新料金プラン(ギガライト)」の方が安くなります。

ユーザーそれぞれの環境によって異なってくる部分ですが、割引が適用できる場合は「新料金プラン(ギガライト)」がおすすめです。

 

〜7GB/月のデータ量で比較

単独で月7GBのデータ量・30秒につき20円の国内通話という内容で契約した場合の比較です。

 旧料金プラン+docomo with新料金プラン(ギガライト)
通話980円5,980円
データ通信6,000円
インターネット接続(SPモード)300円
docomo with-1,500円なし
合計5,780円5,980円

旧料金プランは「ウルトラデータLパック(20GB)」、新料金プランは「ギガライトの~7GB」で計算しています。

旧料金プランだと従量課金制の「ベーシックパック」では〜7GBの価格設定がありません。

5GB以降は20GBまで7,000円となっています。

旧料金プランの大容量プラン「ウルトラデータLパック(20GB)」は月額6,000円です。

つまり、旧料金プランで5GB以上使う場合は「ウルトラデータLパック(20GB)」にしてしまった方がお得なので、今回は「ウルトラデータLパック(20GB)」でシュミレーションしています。

新料金プランの従量課金制プラン「ギガライト」は~7GBまで価格設定されているので、無駄なく7GB使えます。

 

「旧料金プラン+docomo with」が月額5,780円、「新料金プラン(ギガライト)」が5,980円という結果に。

月7GBのデータ通信の場合、「旧料金プラン+docomo with」のほうが200円お安くなります。

ただし、「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」などの割引サービスを適用することでさらに「新料金プラン(ギガライト)」のほうがお得になる可能性もあります。

それに7GBで足りるという人が旧料金プランで20GBのプランを契約するというのも無駄が多い気がします。

7GBを利用する場合は、素直に「新料金プラン(ギガライト)」にしておいた方が良いかもしれません。

「ギガライト」なら1GB〜7GBまでの従量課金制で、旧料金プランに比べても無駄なくデータ通信を行えます。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

20GB/月のデータ量で比較

 旧料金プラン+docomo with新料金プラン(ギガホ)
通話980円6,980円
データ通信6,000円
インターネット接続(SPモード)300円
docomo with-1,500円なし
合計5,780円6,980円

旧料金プランは「ウルトラデータLパック(20GB)」、新料金プランは「ギガホ(30GB)」で計算しています。

旧料金プランでは従量課金制の「ベーシックパック」でも20GBまでデータ通信を行えるのですが、その場合の月額利用料金は7,000円となります。

旧料金プランで月20GBを使うなら「ウルトラデータLパック(20GB)」の方がお得なので今回のシュミレーションではこちらを採用しています。

また、月20GBのデータ量を想定すると、新料金プランでは大容量プランは「ギガホ(30GB)」を選ぶ以外に選択肢がありません。

つまり月20GBで済む人でも新料金プランでは30GBまで使えるギガホを契約するしかありません。

そのため今回は「ギガホ(30GB)」でシュミレーションしています。

 

月20GBの場合、「旧料金プラン+docomo with」が月額5,780円、「新料金プラン(ギガホ)が6,980円」という結果になりました。

「旧料金プラン+docomo with」の方が1,200円もお得になりますね。

データ量も無駄なく使えますし、やはり月20GBで済むという人は「旧料金プラン+docomo with」での契約がおすすめです。

ただし、「ギガホ」には2019年9月30日(月)までの契約で最大6か月、月額1,000円割引となる「ギガホ割」も適用できます。

また、条件さえ揃えば新料金プラン用の割引である「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」を適用させることも可能です。

これらの割引を複数適用した場合は、「新料金プラン(ギガホ)」の方が安くなる可能性があります。

ただ、「ギガホ割」以外の新料金プラン向けの割引を複数適用させるのは条件が厳しく現実的でないので、月20GBの場合は「旧料金プラン+docomo with」の方がお得に利用できる人がほとんどだと思います。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

30GB/月のデータ量で比較

単独で月30GBのデータ量・30秒につき20円の国内通話という内容で契約した場合の比較です。

 旧料金プラン+docomo with新料金プラン(ギガホ)
通話980円6,980円
データ通信8,000円
インターネット接続(SPモード)300円
docomo with-1,500円なし
合計7,780円6,980円

旧料金プランは「ウルトラデータLLパック(30GB)」、新料金プランは「ギガホ(30GB)」で計算しています。

「旧料金プラン+docomo with」が月額7,780円、「新料金プラン(ギガホ)」が6,980円という結果に。

「新料金プラン(ギガホ)」のほうが800円お安くなります。

さらに「ギガホ」には2019年9月30日(月)までの契約で最大6か月、月額1,000円割引となる「ギガホ」割も適用できます。

また、条件さえ揃えば新料金プラン用の割引である「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」を適用させることも可能です。

大容量30GBを使う場合は「新料金プラン(ギガホ)」にしてしまった方が良さそうですね。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

1〜5GBまたは20GBのデータ通信で旧料金プラン+docomo withがお得

「旧料金プラン+docomo with」と「新料金プラン」で利用料金をシュミレーションして比較してきましたが、1〜5GBの少量のデータ通信または20GBの大容量のデータ通信を利用する場合は、「旧料金プラン+docomo with」の方がお安くなります。

 

特に20GBのデータ通信に関しては「旧料金プラン+docomo with」の方が月額1,200円も安いのでおすすめです。

「新料金プラン」用の割引サービスを適用しても「旧料金プラン+docomo with」の方がお得に使える可能性が高いです。

これなら機種代金を支払い終えた後もずーっと1,500円割引の受けれるdocomo withで契約する方が確実に良いかと思います。

 

1〜5GBのデータ通信に関しては、「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」などを適用すると「新料金プラン」の方が安くなる可能性もあるのでケースバイケースです。

7GBのデータ通信は旧料金プランだとちょうど7GB使えるプランが設定されていないので、素直に「新料金プラン(ギガライト)」を契約してしまった方が良いでしょう。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

30GBのデータ通信では新料金プランがお得

30GBのデータ通信では「新料金プラン(ギガホ)」にしてしまった方がお得です。

「旧料金プラン+docomo with」よりも800円もお得になりますし、さらに「はじめてスマホ割」「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」または「ギガホ割」も適用できるのを考えると「新料金プラン(ギガホ)」にするのがベストな選択肢かと思います。

 

新料金プランをチェック

新料金プランをオンラインショップで見る

 

docomo with+旧プランか新料金プランにするかはユーザーによる

以上見てきた通り、「docomo with+旧プラン」か「新料金プラン」にするかはユーザーそれぞれのスマホの使い方によります。

「docomo with+旧プラン」が安いパターンもあれば、「新料金プラン」にした方が安くなるパターンもあるので、契約前にデータ通信をどの程度するのか・通話はどの程度するのか・新料金プランでも適用できる割引はないかなど確認することをおすすめします。

また、「docomo with」はやはりiPhone 7などのミドルスペック端末が中心なので、性能はそれほどこだわらないという人におすすめしたいと思います。

もし最新モデルを使いたいということなら、新料金プランにした方が機種選択の幅が広がります。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

ドコモオンラインショップの割引クーポンを無料で手に入れる方法

 

docomo with対象のおすすめ機種

最後に「docomo with(ドコモ ウィズ)」対象機種で特におすすめなスマホをご紹介します。

「docomo with」対象スマホ購入の参考にしてください。

 

iPhone 7

(画像参照:Apple公式

iPhone 7のスペック
ディスプレイ4.7インチ/LCD
解像度1,334 x 750ピクセル(326ppi)
OS‎iOS 10
CPUA10 Fusion
ストレージ32GB/128GB
メモリ(RAM)2GB
認証Touch ID(第2世代)
カメラ1200万画素の広角カメラ
電池容量1,960mAh
本体サイズ138.3 × 67.1 × 7.1 mm
重さ138g
カラーゴールド/ブラック/シルバー/ローズゴールド
発売日2016年9月16日

[box class="glay_box" title="iPhone 7のおすすめポイント"]

  • 「docomo with」対象機種に初めてApple Pay対応のiPhoneが追加され話題に(32GBのみ)
  • 「docomo with」の毎月1,620円割引でiPhoneがずっとリーズナブルな料金で使える
  • 最新iPhoneには劣るが、まだまだ使い続けられる性能
  • ホームボタン搭載でTouch IDなので、マスクしてても認証できる
  • 現行のiPhoneのラインナップで1番コンパクトで軽量[/box]

iPhone 7は「docomo with」対象機種に追加されたことでかなり話題になりました。

これまでもiPhone 6sが「docomo with」対象でしたが、Apple Payに対応していないのが難点でした。

それもiPhone 7が対象に追加されたことで解消です。

iPhone 7は初めてApple Payを搭載し、防水機能まで付いたiPhoneです。

発売からだいぶ経っているので、スペック的にはミドルスペックのiPhoneとなっています。

最新機種には見劣りするものの、必要な機能は網羅されています。

最近のiOSは古い端末もキビキビ動作するように調整してくれるので、まだまだ現役で使える機種となっています。

Touch IDなので、マスク姿では使えないFace IDは不便という人にもおすすめ。

現行のiPhoneのラインナップで1番コンパクトで軽量なのも良いです。

なお「docomo with」の対象は32GBのみとなっております。

iPhone 7新規契約/機種変更/乗り換え(MNP)
端末価格1,782円/月
(42,768円)
docomo with-1,620円/月(-38,880円)
実質負担金162円/月(3,888円)

*iPhone 7は「docomo with」対象機種で、端末代金を支払い終えた25ヶ月目以降も毎月1,620円の割引がずっと続きます。

 

ドコモオンラインショップでチェック

ボタン

 

iPhone 7のレビュー記事はこちら

 

AQUOS sense2 SH-01L

(画像参照:ドコモ公式

AQUOS sense2 SH-01Lのスペック
ディスプレイ5.5インチ/LCD
解像度2160x1080ピクセル
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon 450
メモリ(RAM)3GB
ストレージ32GB
SDカード
microSDXC (最大512GB)
認証顔/指紋
インカメラ8,00万画素
アウトカメラ1,200万画素
電池容量2,700mAh
本体サイズ148mm × 71mm × 8.4mm
重さ155g
カラーシャンパンゴールド/シルキーホワイト/ニュアンスブラック/ブロッサムピンク
その他機能防水/防塵/おサイフケータイ/ハイレゾ
発売日2018年12月14日

[box class="glay_box" title="AQUOS sense2 SH-01Lのおすすめポイント"]

  • 「docomo with」対象機種で、リーズナブルに使い続けることができる。
  • 万能なミドルスペックのAndroid機種
  • ディスプレイにはIGZO搭載でフルHD +の高画質
  • 電池持ちが非常に良い
  • 軽量で落ちやすい
  • コスパは今回紹介したモデルの中でも最高に良い[/box]

シャープのAQUOS シリーズのミドルスペックモデルです。

もともと本体価格が安い上に「docomo with」対象機種で、かなりお得に使い続けられる機種。(「docomo with」だと毎月1,620円の割引がずっと続きます。)

24ヶ月の実質負担金は0円を大幅に下回り、-7,128円です。

5.5インチのIGZOディスプレイを搭載し、フルHD +の高画質を楽しめます。

カメラも1,200万画素(アウトカメラ)、800万画素(インカメラ)と最新iPhone並みの高画質です。

認証が顔と指紋の両方で行えるのも便利。

価格だけでなく、性能も十分なものを持っているバランスの良い機種に仕上がっています。

サイズもコンパクトで155gと軽量で取り回しが非常に良いのもポイント。

AQUOS sense2 SH-01L新規契約/機種変更/乗り換え(MNP)
端末価格1,323円/月
(31,752円)
docomo with-1,620円/月(-38,880円)
実質負担金(-7,128円)

*AQUOS sense2 SH-01Lは「docomo with」対象機種で、端末代金を支払い終えた25ヶ月目以降も毎月1,620円の割引がずっと続きます。

 

ドコモオンラインショップでチェック

ドコモオンラインショップでAQUOS sense2 SH-01Lを見る

 

Galaxy Feel2 SC-02L

(画像参照:ドコモ公式

Galaxy Feel2 SC-02Lのスペック
ディスプレイ5.6インチ/OLED
解像度1,480x720ピクセル
OSAndroid 8.1
CPUSnapdragon 450
メモリ(RAM)4GB
ストレージ32GB
SDカード
microSDXC (最大512GB)
認証顔/指紋
インカメラ1,600万画素
アウトカメラ1,600万画素
電池容量3,000mAh
本体サイズ149mm × 70mm × 8.4mm
重さ168g
カラーフロストホワイト/オパールブラック/オーロラピンク
その他機能防水/防塵/おサイフケータイ/ワンセグ/フルセグ/ハイレゾ
発売日2018年11月9日

[box class="glay_box" title="Galaxy Feel2 SC-02Lのおすすめポイント"]

  • 「docomo with」対象機種ながら高スペック
  • 安いのに有機ELディスプレイ, メモリ4GB搭載
  • カメラはインもアウトも1,600万画素
  • 本体もメタルとガラス素材の組み合わせで質感が良い[/box]

Galaxy Feel2 SC-02Lは、2017年に発売されたGalaxy Feel SC-04Jの後継モデルで、位置付け的にはGalaxyシリーズのミドルクラスモデルとなります。

ミドルクラスと言っても性能はかなりのものでディスプレイは有機EL。

メモリも4GB搭載してサクサク動くので、安心して使い続けられるスペックを有しています。

カメラも1,600万画素とミドルクラスとは言えない性能。

安いからと言ってほとんど不満は出ない内容になっています。

「docomo with」対象の中でも性能が良いスマホを選びたい人にはおすすめです。

毎月1,620円の割引がずっと続くので、かなりリーズナブルに使うことができます。

Galaxy Feel2 SC-02L新規契約/機種変更/乗り換え(MNP)
端末価格1,755円/月
(42,120円)
docomo with-1,620円/月(-38,880円)
実質負担金135円/月(3,240円)

*Galaxy Feel2 SC-02Lは「docomo with」対象機種で、端末代金を支払い終えた25ヶ月目以降も毎月1,620円の割引がずっと続きます。

 

ドコモオンラインショップでチェック

ドコモオンラインショップでGalaxy Feel2 SC-02Lを見る

 

新規受付は5月31日(金曜)までなのでお早めに!

最後もにもう一度書いておきますが、「docomo with(ドコモ ウィズ)」は新料金プランの移行に伴い終了します。

新規受付は2019年5月31日(金曜)までです。

「docomo with」を適用してドコモのスマホを買うなら今が最後のチャンス。

受付最終日近くはドコモショップなどの実店舗は大混雑が予想されます。

なので、「docomo with」を契約するなら早めにドコモオンラインショップで申し込むことをおすすめします。

 

事務手数料・頭金が完全無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ドコモ料金をdカード払いすると違約金なし・割引価格で使える!

入会で15,000円相当プレゼント

dカード GOLDを見る

毎月のドコモの利用料金から10%還元

 

 違約金なし・割引の秘密は「dカードお支払割」

 

docomo withを契約するならドコモオンラインショップがおすすめ!

*「docomo with」の新規申し込みは終了しています。

「docomo with」を契約するならドコモオンラインショップがおすすめです。

ドコモオンラインショップを利用するメリットはたくさんあります。

「docomo with」の駆け込み契約による混雑も回避できますし、ドコモショップなど実店舗で手続きするよりも断然快適に手続きできます。

何よりお得なんです。

 

最後にドコモオンラインショップのメリットをまとめておきます。

ドコモオンラインショップは、「分割支払い時の頭金なし」「事務手数料無料」「2,750円以上購入で送料無料」「待ち時間なし」の4つのゼロが特徴です。

ドコモショップ店頭で購入するよりもお得で快適というわけですね。

 

ドコモオンラインショップで購入するメリットは他にもあるので、まとめてみました。ドコモオンラインショップを利用するメリットは以下の通りです。

ドコモオンラインショップのメリット

  1. 分割支払い時の頭金なし(0円)
  2. 全ての手続きで、契約事務手数料が無料(0円)
  3. 2,750円以上購入で送料無料(0円)
  4. 24時間好きな時に手続き、待ち時間なし(0分)
  5. 自宅でもドコモショップ店頭でも受け取りOK
  6. 最短2日で届く(即日配送も可能に)
  7. dポイントが利用できて、貯まる(dカードdカード GOLDなら2倍)
  8. 料金プランをゆっくり自分で決められる
  9. チャット、電話での質問・相談が可能
  10. バーチャサイズ機能で欲しいスマホと手持ちのスマホのサイズ比較できる
  11. オンラインショップ限定キャンペーンを利用できる

以上のようにドコモオンラインショップは沢山のメリットがあります。

ドコモショップなど実店舗だと発生してしまう頭金・手数料はドコモオンラインショップなら無料です。

オンラインショップなら24時間好きなタイミングで注文できて待ち時間なし。自宅に送料無料で届くので、店舗に行く交通費や時間も節約できます。(ドコモショップ受け取りも選択可)

配送も機種変更なら通常最短2日で届くのですが、即日配送(エクスプレス配送)を選ぶことも可能になりました。

オンラインだと実機に触れないという不安もありますが、ドコモオンラインショップにはバーチャサイズ機能が利用できて欲しいスマホと手持ちのスマホのサイズが簡単に比較できるので、実店舗に行かなくてもサイズ感を把握することができます。

キャリアのWEBショップの中でも特に機能が充実しているので、ドコモオンラインショップでのスマホ購入は非常に快適です。

他にもdカードdカード GOLDの利用でdポイント2倍オンラインショップ限定のお得なキャンペーンなど、さらにお得にスマホを購入できる仕組みもあります。

オンラインショップ限定キャンペーンはキャンペーン・特典一覧ページで確認できるので、チェックすることをおすすめします。

キャンペーン・特典一覧ページをチェック

ドコモでスマホを購入するならぜひ便利でお得なドコモオンラインショップを利用しましょう!

 

事務手数料・頭金が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

ちなみにドコモオンラインショップは割引クーポンを不定期で配布しています。

クーポンが発行されるかはタイミングによりますが、気になる人は購入前にクーポン配布ページを確認してみるのがおすすめです。

 

ドコモオンラインショップのクーポンに関しては別の記事にまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2020年最新】

続きを見る

 

ドコモオンラインショップのメリットすべてを徹底解説!

関連
【4つのゼロ】ドコモオンラインショップのメリットまとめ【頭金なし・手数料無料・送料無料・待ち時間なし】

続きを見る

 

ドコモオンラインショップとドコモショップ店頭、どちらが安くてお得か比較

関連
【比較】ドコモオンラインショップと店頭で機種変更/購入どちらが安い!?お得!?

続きを見る

 

ドコモオンラインショップでの支払いはdカードで一括払いが1番お得!

(画像参照:dカード公式

ちなみにドコモオンラインショップでスマホを購入するなら支払いはdカードで一括払いがお得です!

dカードdカード GOLDで一括払い」のメリットは何と言っても、dポイントが2倍もらえることです。通常だと100円につき1ポイント貯まるdポイントが100円につき2ポイント貯まります。

機種変更でスマホを購入する場合、dポイント2倍はかなり美味しいです。iPhone 11 Proなど新型のiPhoneだと10万円以上しますし、容量によっては20万近くする端末もありますからね。スマホが高額化しているので、付与されるポイントも馬鹿にはできません。

例えば、10万円の端末を購入した場合、通常だともらえるポイントは1,000ポイントです。ですが、dカードdカード GOLDで一括払い」をすることで、2倍の2,000ポイントが還元されるんです。

dポイントは1ポイント=1円で使えますし、dカードにするだけで1,000円も得する計算になります。

 

イギー
ドコモオンラインショップで限定キャンペーンを適用して、dカードでポイント2倍還元で購入でお得が加速!

 

他にもメリット多数!dカード GOLDならドコモ料金も毎月10%還元!

他のクレジットカードだと通常の還元率で、2倍還元されるのはdカードdカード GOLDだけです。他にもメリットが沢山あり、ドコモユーザーなら持っておいて絶対損はないカードです。

主なメリットをまとめると下記になります。

dカードのメリット

  • ドコモオンラインショップでdポイントが2倍貯まる
  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から10%還元(dカード GOLD限定)
  • dカード特約店での利用でポイント最大5%還元
  • dカードケータイ補償が付帯dカードは最大1万円/dカード GOLDは最大10万円)
  • 貯まったdポイントでドコモのスマホ料金、修理代などを支払える
  • 年間利用額に応じて最大2万円の特典クーポンがもらえる(dカード GOLD限定)
  • dカードお支払割」適用で2年縛りなしでドコモが使える(解約金なし、毎月-170円の割引料金)

以上のようなメリットがあります。dカードdカード GOLDはとにかくdポイントがザクザク貯まるクレジットカード になっています。

 

イギー
むしろドコモのスマホを使うなら、持っておかないと損なカードと言えるでしょう。

 

特にdカード GOLDドコモ/ドコモ光の料金の10%還元が受けられます。年会費がかかりますがドコモ/ドコモ光の料金の10%還元で充分に元が取れ、普通にドコモを利用しているだけで会費以上にお得になるのでドコモをこの先もずっと使い続けるならゴールドカードをおすすめします。

通常のdカードは特典の充実感はdカード GOLDにおよびませんが、年会費が永年無料なのがポイント。ドコモオンラインショップでのdポイント2倍やdカード特約店でのポイント還元を利用するためにとりあえず作っておいても損はありません。ずっと無料で持てますから。

2019年10月1日より「dカードお支払割」の提供が始まったので、ドコモ料金(2年定期契約なし)の支払いにdカードdカード GOLDを設定すれば、解約金なし・毎月-170円の割引料金でドコモが利用できるメリットも追加され、さらに魅力的なカードになりました。

 

注意点

一括払いで支払うと、スマホおかえしプログラムを利用することができなくなります。(スマホお返しプログラムは高額なハイエンドスマホを分割払いすることが利用条件だからです。)

一括払いにしてしまうと2年間使った後に端末を返却して端末代金の3分の1が支払い免除になるスマホおかえしプログラムが適用できなくなるのは要注意です。

ですがスマホおかえしプログラムを利用するよりもドコモの下取りプログラムや中古スマホ買取店を利用する方が、高値で売れる可能性が高いのでスマホおかえしプログラムをあえて利用する必要はないでしょう。

それに、dカード GOLDのドコモ/ドコモ光の料金の10%還元は非常に魅力的なので、今回ドコモオンラインショップで利用しないにしても作っておくことをおすすめします。

 

なお、入会でdカード GOLDは15,000円相当、dカードは8,000円相当のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを期間限定で実施中です。

 

ドコモをさらにお得に使うならdカード!!

ドコモ料金10%還元!!

dカード GOLDを見る

入会で15,000円相当プレゼント

年会費がずっと無料!!

dカードを見る

入会で8,000円相当プレゼント

 

1番お得なドコモオンラインショップでの支払い方法はdカード一括払い

関連
ドコモオンラインショップはdカードで一括払いが1番お得! dポイント2倍!【docomo 】

続きを見る

 

dカード GOLDの入会キャンペーン・キャッシュバック情報

関連
【2020年最新】dカード GOLDの入会キャンペーン・キャッシュバック情報まとめ

続きを見る

 

ドコモ料金をdカード払いすると解約金なし・割引価格で使える!

(画像参照:ドコモ公式

さらに2019年の10月1日より「dカードお支払割」が登場。dカードdカード GOLDを持っている方がさらにお得にドコモのスマホを使えるようになりました。

 

dカードお支払割」の内容は下記の通りです。

「dカードお支払割」のポイント

  • 対象プラン:「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」(2年定期契約なし)
  • 割引内容:上記の2年定期契約なしの料金プランが月額170円割引
  • 最大のメリット:dカードユーザーなら解約金ありの定期契約をする必要がなくなり、解約金0円でドコモを使える
  • 割引の適用条件:ドコモ料金の支払い方法をdカードdカード GOLDに設定すること
  • 適用範囲:子回線まで適用可能

ドコモの新料金は、解約金不要の2年定期契約なしの契約の料金が大幅に値下げされています。解約金1,000円の定期契約ありとの差額は月額170円。

さらに「dカードお支払割」が適用されて月額170円割引を受けることができます。

これによって、解約金0円の2年定期契約なしプランでも2年定期契約ありと同じ料金となります。

つまり、dカードdカード GOLDユーザーなら、解約金の発生する2年定期契約を選ぶ必要がなくなり、解約金0円・2年縛りなしでドコモを使い続けることができます。

なお、「dカードお支払割」を適用するには、支払い方法をdカード・dカード GOLD(家族カード含む)に設定することが必要です。(定期クレジット)

適用範囲も家族カードと紐付け、または代表回線がdカード・dカード GOLDを支払い設定にしている一括請求グループに入っている子回線まで適用されるので、家族みんなで解約金なしでドコモが利用できます。

解約金なし・縛りなしでドコモと契約するならdカードdカード GOLDで「dカードお支払割」を活用しましょう。

 

ドコモの支払いにdカード !違約金なし・割引価格で使える!

ドコモ料金10%還元!!

dカード GOLDを見る

入会で15,000円相当プレゼント

年会費がずっと無料!!

dカードを見る

入会で8,000円相当プレゼント

 

「dカードお支払割」の内容は別の記事により詳しくまとめています。

 違約金なし・割引の秘密は「dカードお支払割」

 

なお、「dカードお支払割」が適用されているdカードdカード GOLD会員を対象に、お買い物で最大10%還元が受けられる「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」も2020年3月31日(火)まで実施中です。

「dカードお支払割 5%還元キャンペーン」を利用すれば最大10%還元も可能

 

 

ネット回線がドコモ光なら、ドコモのスマホ料金もお得に!

(画像引用:ドコモ公式

さらにお得な情報なんですが、ドコモには「ドコモ光セット割」という割引サービスがあります。

家のネット回線がドコモ光ならドコモのスマホ料金もお得になるという特典。しかも、割引は家族全員にずっと続きます。

また、ドコモ光の利用料金もdカード GOLDで10%還元が受けられます。もちろんスマホ料金も10%還元されるので超お得ですよね。

ドコモ光の最大のメリットは何と言っても、「ドコモ光セット割」とdカード GOLDの利用で超お得になることです。

ドコモのスマホを使っている人はドコモ光の導入を前向きに検討するとよいでしょう。

 

「ドコモ光割」のポイント

  • ドコモのスマホとドコモ光をペア回線にする(契約者は同一名義である必要あり)
  • 割引額はスマホの利用プランによって異なる
  • 「ギガホ」は1,000円割引、「ギガライト」は「~3GB」で500円割引、「~5GB」「~7GB」で1,000円割引
  • 条件を満たす限り割引がずっと家族全員に適用される

 

なお、ドコモ光新規申し込みの工事費は無料となっています。光コラボ・フレッツ光から切り替えの場合は工事不要で手続きをするだけでそのまま使えます。

また、サイト限定の申し込みで最大2万円のキャッシュバックが受けられるので、かなりコストを抑えて導入することが可能ですよ。↓

 

【サイト限定】最大2万円キャッシュバック!

ドコモ光を見る

ドコモ光セット割でスマホもお得に!

 

 

オンライン限定ウェルカムキャンペーン

現在、ドコモオンラインショップでは、ウェルカムキャンペーンを実施しています。オンライン限定・期間限定のおトクなキャンペーンです。

「オンラインショップ Welcome特典」「はじめてスマホ購入サポート」「端末割引」の3つの割引サービスで機種変更・新規契約・他社からの乗り換え(MNP)のどの手続きでも高額dポイント還元を受けることができます。

 

オンラインショップ Welcome特典

特典:dポイント5,000ポイントをプレゼント

キャンペーン対象:はじめてドコモオンラインショップで対象機種への機種変更(Xi→Xi)手続きをした人

キャンペーン期間:2019年12月17日(火曜)~2020年1月31日(金曜)

ポイント進呈時期:2020年3月下旬頃に進呈予定

オンラインショップ Welcome特典

 

はじめてスマホ購入サポート

特典:dポイント11,000pt~22,000pt還元

キャンペーン対象:下記2パターンが対象

  • ドコモのケータイからスマホへの契約変更(FOMA→Xi)
  • 他社ケータイからドコモのスマホへの乗り換え(他社3G回線→Xi)

キャンペーン期間:2019年11月1日(金曜)~

ポイント進呈時期:利用開始(開通)の手続き完了月の翌々月

はじめてスマホ購入サポート

 

端末割引

特典:dポイント11,000pt~35,684pt還元

キャンペーン対象:下記3パターンが対象

  • ドコモのケータイからスマホへの契約変更(FOMA→Xi)
  • 新規契約
  • 他社からドコモのスマホへの乗り換え(他社3G回線&3G回線以外→Xi)

キャンペーン期間:2019年10月12日(土曜)~

ポイント進呈時期:利用開始(開通)の手続き完了月の翌々月

端末購入割引

 

事務手数料&頭金が無料

ドコモオンラインショップを見る

今ならキャンペーンで機種変更・新規契約・MNPでdポイント還元!

 

ドコモオンラインショップ 限定ウェルカムキャンペーンの記事はこちら

関連
【ドコモオンラインショップ限定 ウェルカムキャンペーン】高額dポイント還元でスマホがお得!特典を解説!

続きを見る

 

ドコモオンラインショップ全品送料無料キャンペーン

 

イギー
1月末まではアクセサリー類も送料無料で購入できる!!

 

キャンペーン内容

特典:ドコモオンラインショップで購入できるすべての商品が期間限定で送料無料に

キャンペーン期間:2019年12月18日(水曜)~2020年1月31日(金曜)

 

キャンペーン期間中はドコモオンラインショップのあらゆるアイテムが送料無料で購入可能です。

通常だと送料がかかってしまう2,750円未満の買い物でも送料無料に。(通常だと1回の注文金額の合計が2,750円(税込)に満たない場合、宅配便は550円、メール便は220円の送料がかかってしまいます。)

ドコモオンラインショップでスマホのアクセサリーや周辺機器を単品購入するチャンスです。小物類の単品購入は送料がかかってしまうので、敬遠してた人も多いかと思うのでこの機会にぜひ。

あまり知られていませんが、ドコモセレクトの保護ケースや保護フィルムなどはクオリティーが高いのでおすすめです。

→ ドコモセレクト(オプション品)

 

スマホ購入時の送料に関しては基本的に2,750円以下のものはないので、いつでも送料無料です。

 

→  公式サイトで詳しく見る

「全品送料無料キャンペーン」を見る

 

ドコモオンラインショップはドリームキャンペーンを実施中!!

現在ドコモオンラインショップではドリームキャンペーンを実施中!

誰でも応募できて、東京ディズニーランドのパークチケットと新アトラクションのプレビューチケットをプレゼントしてくれるという正に夢のようなキャンペーンとなっています!

こちらはドリームキャンペーンのキャンペーンページより応募が可能です。

ドリームキャンペーンのキャンペーンページ

 

ドコモ回線の契約やドコモオンラインショップでの購入などの条件もないため、とりあえず応募してみるがおすすめ!

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーであるドコモならではの太っ腹なキャンペーン。

 

イギー
当選したらディズニーランドの新アトラクションが一足早く楽しめますよ!

 

ディズニーチケットが当たる!!

ディズニーランド&新アトラクションに招待!

ドリームキャンペーンを見る

au・ソフトバンクユーザーもクイズに答えるだけで誰でも応募できるスペシャルチャンス!!

 

ドリームキャンペーンについて詳しくまとめた記事はこちら

関連
【ドコモオンラインショップのドリームキャンペーン】ディズニーランド&新アトラクションのチケットをプレゼント!

続きを見る

 

Galaxy Note10+のスター・ウォーズ限定モデルが登場!!

(2019年12月12日追記)

ドコモから限定2,000台の特別仕様なGalaxy Note10+が登場!!

Galaxy Note10+ Star Wars Special Editionと名付けられた限定モデルは、デザイン・カラーリングがスター・ウォーズのダークサイドをモチーフとしています。ブラック×レッドの配色が非常にかっこよく、Sペンも赤いライトセーバーを再現したレッドカラーです。

壁紙・アプリアイコン・操作音・着信音もスター・ウォーズ仕様で世界観を再現してくれます。

 

豪華な特別仕様のアクセサリーも付属。超貴重でプレミアムなGalaxy Note10+!!

12月20日から公開されるスター・ウォーズシリーズ最新作「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」に合わせて発売される限定モデルは要チェックです!

 

オンラインなら手数料・頭金無料

Star Wars Special Editionを見る

 

それでは「ドコモオンラインショップでクレジットカードがない時の支払い方法は?【docomo】」でした!

 

【docomoの関連記事】

ドコモオンラインショップの機種変更クーポンの入手方法

関連
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2020年最新】

続きを見る

 

ドコモの最新スマホおすすめ機種比較ランキング

関連
【ドコモ最新スマホ】おすすめ人気機種比較ランキング:機種変更で買うべきスマホは?【2020年/docomo】

続きを見る

 

ドコモの学割(2020年版)

関連
【ドコモの学割2020年】割引料金・適用条件・申込方法を解説!期間は?対象年齢は?メリットは?

続きを見る

 

新料金プランを最安値で維持する方法

関連
ドコモのスマホを最安値で維持する方法を解説!最低料金は?【docomo】

続きを見る

 

「はじめてスマホ割」でガラケーからスマホに乗り換え

関連
【2019】ドコモの請求・引き落とし日(支払い日)はいつ?もし引き落とされなかったらどうなる?

続きを見る

 

【ソフトバンクからドコモへの超お得な乗り換え方法・手順】

関連
【ソフトバンクからドコモへの超お得な乗り換え方法・手順】MNP費用が安くなるキャンペーン・乗り換えるべき理由も紹介

続きを見る

 

【auからドコモへの乗り換え方法】

関連
【auからドコモへの乗り換え方法】MNP手順・お得なキャンペーン・注意点・乗り換えにかかる費用・違約金

続きを見る

  • この記事を書いた人

イギー★

ただの素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhoneやAndroidスマホの話題多め。ドコモとmineoを契約しているのでキャリアと格安SIMどちらのよさも分かります。カメラはSONY派。レビュー依頼・広告掲載等、承ります。

-ドコモ

Copyright© iggy.tokyo , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.