※本ページはPR(広告)を含みます。

Xperia 1 レビュー(パープル):デザイン・スペック・カメラ性能の評価/感想。21:9の4kディスプレイが最高!

今回はXperia 1をレビューします。

2019年夏モデルの台風の目とも言える注目度の高いSONYのAndroidスマホです。

実際かなりの人気のようで、売れ行きも好調のようです。(国内ではサムスンのGalaxy S10・Galaxy S10+よりも売れている模様)

個人的な感想としては、正直iPhoneやGalaxyと比べると完成度は勝っておらずベストなスマホではないと思いました。

しかし、最近発売されたスマホの中でも尖っている部分が感じられて、使っていて非常に楽しい

使っているうちに良くなってくるタイプの端末だと実感しています。

ワクワク感では最近のスマホの中で1番です。

 

それでは、Xperia 1のレビューを書いていきます。

 

 

 

 

この記事の著者・監修者

【イギー(iggy)】

2017年2月より7年以上に渡って、iPhone・スマホの通信系サイトを運営中です。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を更新しています。ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。現在はグッドセンス合同会社が運営母体となり、運営体制を強化して更新を継続しています。

>> 詳しいプロフィールはこちら

>> 公式Xアカウントはこちら

楽天モバイル × 三木谷キャンペーン

楽天モバイルでは通称「三木谷キャンペーン」と呼ばれるVIP向けの特別キャンペーンを実施中です。

キャンペーン公式ページから「Rakuten最強プラン」に申し込むと最大14,000ポイントがもらえます!

☆他社から乗り換え(MNP):14,000ポイント

☆新規契約:7,000ポイント

☆再契約・2回線目以降でもOK

☆iPhoneキャンペーンと併用で最大34,000円相当お得

「三木谷キャンペーン」の詳細は下のリンクから公式ページでチェックを!

楽天モバイル公式ショップ

楽天モバイル公式サイトで三木谷キャンペーンを見る

Xperia 1のスペック

(画像参照:ドコモ公式

Xperia 1 のスペック
ディスプレイ6.5インチ/
有機EL
解像度4K(3840×1644)/HDR対応
OSAndroid 9
CPUSnapdragon 855
メモリ(RAM)6GB
ストレージ64GB
SDカード
microSDXC (最大512GB)
認証顔/指紋
インカメラ800万画素
アウトカメラ標準:1220万画素/望遠:1220万画素/超広角:1220万画素
電池容量3,200mAh
本体サイズ167mm × 72mm × 8.2mm
重さ178g
カラーブラック/ホワイト/グレー/パープル
その他機能防水/防塵/おサイフケータイ/ワンセグ/フルセグ/ハイレゾ
発売日2019年6月14日

 

*カラーは全4色でキャリアによって色展開が異なります。

色展開は下記の通り。

  • ドコモ・・・ブッラク/パープル
  • au・・・ブラック/ホワイト/グレー/パープル
  • ソフトバンク・・・ブラック/ホワイト/パープル

Xperia 1のおすすめポイント

  • 世界初の4K有機ELを搭載
  • 6.5インチの超大画面
  • 画面比率21:9のシネマワイドディスプレイで没入感・臨場感のある映像体験ができる
  • 臨場感ある立体音響技術Dolby Atmos(ドルビーアトモス)対応
  • アウトカメラは3眼(標準・望遠・超広角)
  • プロ仕様の動画が撮れるCinema Pro搭載
  • 評判の高いSONYのカメラαシリーズの技術を惜しみなく搭載

人気のXperiaの最新ハイエンドモデル。

今までにないスマートなデザインで、画面比率21:9のシネマワイドディスプレイを採用しているのがポイント。

没入感・臨場感が凄いので、ゲームや映像がメインの使い方の人にかなりおすすめです。

しかもXperia 1の有機ELはスマホでは世界初の4K解像度に対応しています。

カメラもSONYのカメラαシリーズの最新技術を惜しみなく投入。

さすがSONYと思える抜かりのないスペックの最新モデルです。

 

Xperia 1のパッケージ開封と付属品(同梱品)

では、パッケージから見ていきましょう。

今回、僕はドコモ版のXperia 1 SO-03Lをドコモオンラインショップで購入しました。

パッケージは非常にシンプルなものです。

Xperia 1は細長くてやや大きめなスマホなのですが、パッケージは意外と小さく薄めです。ドコモ

 以前購入したGoogle Pixel 3aなどよりも小さい箱に入っています。

 

それでは開封していきます。

蓋を開けるとまず登場するのがこちら。

Xperia 1は本体です。

 

第一印象としては、デカいかも…という印象です。

パッケージいっぱいにXperia 1のボディが占有していて迫力があります。

Xperia 1本体にはフロントディスプレイと背面を保護するシートが貼ってあって、さらビニールのパックに入っていて非常に丁寧に梱包されていますよ。

 

付属品(同梱品)は3つだけ。

  • ご利用にあたっての注意事項
  • クイックスタートガイド
  • 3.5mmイヤホン変換・テレビアンテナケーブル SO01

非常にシンプルなセット内容です。

iPhoneのように充電用のケーブルは付いていないので要注意です。

Xperia 1はUSB-Cポート搭載なので、別途USB-Cケーブルを用意しましょう。

 

Xperia 1の外観・デザインをレビュー

そして、こちらがXperia 1です。(保護ガラスフィルム貼り付け済み)

初めて持った感じとしては、デカいと言うよりも長いと言うことです。

実際、Xperia 1は長さが167mmもあります。

これは、iPhoneで最大級のiPhone XS Maxより9.5mmも縦長です。

ディスプレイサイズ自体はiPhone XS Maxと同じ6.5インチなのですが、Xperia 1は21:9の画面比率を採用しているのでその分縦長になっています。

ですが、横幅は72mmとiPhone XS Maxより5.4mm短くスリムになっているので、手に持った時の収まりはXperia 1の方が良いです。

 

6.5インチの縦長画面が魅力のフロントディスプレイ

Xperia 1の魅力は何と言っても6.5インチの縦長画面ですね。

一目見ただけで迫力がありますよ。

いろいろな使い方ができそうです。

 

iPhone XSのようにノッチを作ったり、Galaxy S10のように画面にパンチホールを空けないで、6.5インチの大画面を実現してるのがXperia 1の良いところです。

ディスプレイをフルに使って映像を見たり、ゲームをしても遮るものがありません。

端末デザインもスッキリ見えるので、iPhoneやGalaxyよりもカッコいいと個人的には思っているのですがいかがでしょう!?

 

ディスプレイ上部のベゼルも結構細くて、スタイリッシュに見えます。

ベゼルに搭載されているのは下記のものになります。

  • 通知LED
  • 近接/照度センサー
  • フロントカメラレンズ
  • 受話口/スピーカー

近接/照度センサーは通話中に顔の接近を検知して誤動作を防止したり、画面の明るさの自動制御に使用します。

 

ディスプレイ下部のベゼルにはセンサー類などが一切ないので、ほとんどベゼルレスと言ってしまって良いかと。

ディスプレイの隅々まで画面表示してくれます。

 

右側面には、上から

  • 音量キー/ズームキー
  • 指紋センサー
  • 電源キー/画面ロックキー
  • カメラキー

の4つが並んでいます。

カメラキーはカメラの起動や写真/動画の撮影に使えるXperiaならではのボタンです。

 

音量キー/ズームキーと電源キー/画面ロックキーに挟まれて指紋センサーがあります。

指紋センサーが側面にあるのって、背面にあるよりも使いやすくて個人的には好きです。

 

左側面にはボタン類は特に何もありません。

右側面はややゴチャゴチャした印象だったのですが、左側面はスッキリとした印象です。

 

ちなみにXperia 1の側面はステンレス製です。

非常に高級感があります。

iPhone XSとかにも負けない質感です。

 

アンテナラインも入っていますが本体と同系色でまとめられているので、悪目立ちしません。

写真ではアンテナラインが黒っぽく写ってしまっていますが、実物はステンレスと同系色です。

(今回紹介しているのはパープルなので、アンテナラインも薄いパープルカラーです。)

 

上部側面には

  • セカンドマイク
  • nanoSIMカード/ microSDスロット

があります。

nanoSIMカード/ microSDスロットは手で引っこ抜けるタイプ。

いちいちSIMピンを使わなくて済むので、使い勝手は良いですよ。

Xperia 1のキャリア版はストレージが64GBとやや物足りませんが、microSDカードを挿してやることでストレージ容量を増やしてやることができます。

セカンドマイクは通話時の騒音を抑えるために使用します。

 

下部側面には

  • 送話口/マイク
  • USB Type-C接続端子
  • スピーカー

が並んでいます。

Xperia 1はワイヤレス充電には非対応ですが、USB-Cポートでの急速充電に対応しています。

 

背面

それでは背面を見ていきましょう。

Xperia 1の背面はガラスパネルになっています。

昨今のハイエンドスマホのトレンドをしっかり押さえている感じですね。

高級感があって上質な雰囲気が漂います。

 

パープルの色味なのですが、結構ブルー寄りの色味です。

机の上に置いて撮った写真だとやや赤紫っぽく撮れてしまったのですが、実物は下の写真の色に近いですね。

見る角度によっては、ロイヤルブルーにも見えます。

要は絶妙な色味ってことです。

 

背面上部の中央にアウトカメラが並んでいます。

Xperia 1は3眼カメラなので、かなり存在感があります。

かなり出っ張ってもいるので、保護のためケースは着けたほうがいいかもしれません。

 

中央にはSONYロゴ。

 

今回、僕が購入したのはドコモ版(SO-03L)なので、XPERIAロゴの上にdocomoロゴが入っています。

au・ソフトバンク版はキャリアロゴなしなので、ドコモ版だけあるのは何だかなあという気もするのですが、まあ目立たない位置ですし余り気にはなりません。

 

Xperia 1の外観・デザインを見てきましたが、個人的には非常に気に入っています。

パープルの色味も独特で、使っているうちに愛着が湧いてきそうな一台です。

 

Xperia 1のディスプレイ性能をレビュー

Xperia 1の最大の特徴は、何と言っても世界初の4K有機ELシネマワイドディスプレイを搭載していることです。

(画像参照:ドコモ公式

有機ELを搭載しているスマホは沢山あって珍しいものではありませんが、4K解像度(3840×1644)の有機ELを搭載しているのはXperia 1だけ。

しかも、6.5インチで21:9という超ワイドな画面比率です。

 

4K有機ELシネマワイドディスプレイは臨場感抜群で機能性も◎

他の端末に比べて長さがあるので、横向きで映像を見た時の没入感と臨場感は素晴らしいものがあります。

動画をよく見る人にはたまらないシネマワイドディスプレイです。

 

縦向きでWEB閲覧などをしても、情報量が多いのでとても見やすいのが嬉しいです。

同じく6.5インチのiPhone XS Maxと比べても、同じWEBページでより多くの情報を一度に表示できます。

わずかな違いに思えますが、スクロールする回数が少なくて済むのでとても快適です。

 

また、21:9のディスプレイならではの長所として、2画面にしてもどちらの画面も大きくて非常に使いやすいのもポイントです。

上の画面でTwitterやりながら、下の画面でブログ読んだり。

WEBブラウザで情報を確認しながら、メールやLINEでメッセージを作成したりみたいなこともできて非常に便利です。

 

4K・HDR対応ディスプレイは超美麗

サイズ感が魅力のXperia 1ディスプレイですが、世界初の4K・HDR対応の有機ELを搭載している点にも注目です。

(画像参照:SONY公式

ただ何となく画面に映像を表示させるのではなくて、明暗のコントラストが効いて幅広い色彩表現の美しい映像が大画面に広がります。

また、SONYのテレビ「ブラビア」の最先端技術から生まれた高画質化エンジン X1 for mobileを搭載。

高精細、広色域、高コントラストで4Kのパフォーマンスを最大限に引き出してくれます。

もはやスマホを超えた美しさ。

(ブログ用に撮影した写真だとなかなかXperia 1のディスプレイの美しさが伝わらないと思うので、ぜひ実際に店頭で確かめていただきたいです。)

 

Xperia 1のカメラ性能 をレビュー

Xperia 1のアウトカメラは3眼(トリプルレンズ)になっています。

約1220万画素の標準レンズ、望遠レンズ、超広角レンズになっていて、iPhone XSなどと比べてもより多彩な写真を撮ることが可能です。

ざっくりレンズごとの特徴を言うとスタンダードな写真が撮れる標準レンズ、ズームして遠くの被写体を撮影できる望遠レンズ、超ワイドで空間の広がりを感じさせてくれる写真が撮れる超広角レンズという違いがあります。

 

標準レンズは使いやすい画角でF値1.6の明るさ

標準レンズは26mmの焦点距離で非常に使いやすい画角が特徴です。

また、他の2つのレンズはF値2.4なのですが、標準レンズだけはF値1.6とより明るい写真を撮影することが可能です。

(F値はレンズの明るさを示す指標です。F値が小さいほどレンズを通る光量が多くなり、レンズは明るくなります。)

 

望遠レンズ

より被写体に近寄りたくなったら望遠レンズの出番です。

Xperia 1の望遠レンズは焦点距離52mmで、標準レンズの2倍ズームとなります。

明るさはF値2.4となりますが、望遠レンズがあることで画質を落とさずにズームすることが可能です。

 

超ワイドな写真が撮れる超広角レンズ

標準レンズの画角では物足りなくなって、もっと広い範囲を撮影したいと感じたら超広角レンズの出番。

標準レンズよりも多くの情報を取り込んでの撮影が可能です。

空間の広がりを感じさせてくれる写真となって、外での写真撮影が楽しくなります。

 

SONYのデジタル一眼カメラα(アルファ)の技術を採用

Xperia 1では初めてSONYのデジタル一眼カメラα(アルファ)の技術を採用しています。

αのアルゴリズムを採用した画像処理エンジン BIONZ X for mobileを搭載。

(画像参照:SONY公式

スマートフォンでは世界初の瞳AFが使えます。

被写体の瞳にピントを正確に合わせて撮影することができます。

 

また、動きのある被写体の撮影も得意。

(画像参照:SONY公式

動いている被写体にフォーカスを合わせ続けながら、自動で露出も調整して連射が可能です。

 

映画さながらの画作り・質感・色表現ができるCinema Pro

Xperia 1にはシネマ撮影専用機能「Cinema Pro」が搭載されています。

(画像参照:SONY公式

映画作りのプロさながらにかなり細かく撮影の設定ができるのが特徴です。

Cinema Proで設定できるのは以下の項目です。

  • 解像度は2kと4kから選択
  • フレームレート(fps)は23.97fpsと29.27fpsから選択
  • 色合いや明るさ(Look)は9種類から選択
  • 使用するレンズは16mm/26mm/52mmから選択
  • スタビライザーのON/OFFも設定可能
  • ISO感度は40から800でマニュアル設定(26mmレンズ設定時は64から800)
  • WB(ホワイトバランス)は4種類から。Auto設定も可能。
  • シャッタースピードはマニュアル設定
  • FocusはマニュアルとAutoから選択

 

通常のカメラアプリだと完全にオートでいい感じに撮影できるのですが、Cinema Proはプロ仕様ということでマニュアル設定が必要な項目も多くて使いこなすのに少し時間がかかりそうですね。

ですが、非常に細かく設定が可能なのでクオリティの高い映像を撮影すること可能です。

また、動画だけでなく静止画も撮影できるのもポイントです。(静止画を撮るには「Grab」をタップする)

実は、通常のカメラアプリだと4:3か16:9または1:1という画像サイズでしか写真を残せないのですが、Cinema Proで写真を撮ることで21:9で撮影ができます。

Xperia 1の21:9のディスプレイにぴったりな写真を撮るにはCinema Proが必要というわけです。

動画撮影でも写真撮影でもXperia 1のスペックを最大限に引き出す重要なアプリと言えるでしょう。

 

Xperia 1のCPU性能 

Xperia 1は現時点での最高クラスのプロセッサであるSnapdragon 855を搭載しています。

2019年夏モデルの中ではハイエンドモデルに当たる高スペックで、Galaxy S10などと同じプロセッサです。

RAM(メモリ)も6GBと十分な容量を積んでいます。

 

ギークベンチスコア

ギークベンチスコアでXperia 1のCPU・GPU性能はどの程度のものなのか計測してみたいと思います。

まずはCPU性能から。

シングルコア スコア:3456

マルチコア スコア:10984

 

次はGPU性能です。

レンダースクリプトスコア:7458

 

比較対象として同じ2019年モデルで、このブログでも紹介したことのある3つの端末と比較してみました。

 Xperia 1Xperia AceAQUOS R3Pixel 3a
プロセッサSnapdragon 855Snapdragon 630Snapdragon 855Snapdragon 670
シングルコア345687026961602
マルチコア109844224109185207
GPU7458360972006425

エントリーモデルであるXperia Aceと比較すると、Xperia 1の性能がかなり突き抜けているのが分かります。

また、同じくSnapdragon 855・6GBのRAM(メモリ)を搭載しているAQUOS R3と比べてもXperia 1の方が高いスコアが出ています。

 

Antutuスコア

Antutuスコアも計測してみました。

Antutuスコアと比較すると以下のようになります。

 Xperia 1Xperia AceAQUOS R3Pixel 3a
プロセッサSnapdragon 855Snapdragon 630Snapdragon 855Snapdragon 670
CPU119347391089570661848
GPU1564761958112219044145
UX68391250516674940519
MEM112824881907012596
合計スコア35549688621293715159108

Xperia 1が断トツの性能ですね。

AQUOS R3の性能差もギークウベンチスコアよりハッキリと出ています。

Xperia 1は合計355496と驚異的なスコアです。

 

実際の使用感

実際の使用感としては、非常に快適です。

動作がもっさり遅くなることなどがほとんどなくて、不満を全く感じませんね。

荒野行動など高負荷の3Dゲームを遊んでも、スムーズに動作してくれます。

ちなみにXperia 1はゲームモードが搭載されていて、ゲームの時にCPUとGPUのブーズトが可能です。

また、ゲームは120Hzのリフレッシュレートで表示ができるので、非常に滑らかな映像で遊ぶことができます。

(120Hzとは1秒間に120回画面を書き換える能力があるということです。)

 

Xperia 1の携帯性・持ち心地をレビュー

デザインのところでも述べましたが、Xperia 1は非常に長いです。

iPhone XS Maxより9.5mmも縦長なので、持ち運び時は収納スペースなどよく考える必要があります。

横幅はスリムなので意外とズボンのポケットにも収納できますが、やはり存在感はかなりあります。

6.5インチながらスリムな横幅と178gという軽さのおかげで、手に持った馴染みはけっこう良好です。

iPhone XS Maxより30gも軽いので、ずっと持っていても疲れません。

持ち運び時の収納方法に気を付けさえすれば、Xperia 1は使いやすく、取り回しの良いスマホです。

 

Xperia 1レビューまとめ:最近購入したスマホの中でも1番ワクワクした1台かも

個人的にXperia 1の良さは他のスマホにはない尖っている部分があるところだと思います。

正直、iPhoneやGalaxyの方が優等生的でバランスはいいです。

ですが、優等生すぎて使っていて面白くない・楽しくない気がします。

そう感じている人はXperia 1を手に取って見ると新鮮に思えるかもしれません。

細長い筐体は見慣れないかもしれませんが、あまり見かけないデザインで所有欲を満たしてくれますし、4K有機ELの21:9のディスプレイは他のスマホとは一味違った使い勝手を提供してくれます。

カメラもスマホのレベルを超えたCinema Proを搭載していて、かなり尖っております。

決してベストな端末ではないのですが、使っていてだんだん良さがわかってくる、最近購入したスマホの中でも1番ワクワクした1台かもしれません。

 

それでは「Xperia 1 レビュー(パープル):デザイン・スペック・カメラ性能の評価/感想。21:9の4kディスプレイが最高!」でした!

 

新型Galaxy S20 (S11・S11+) 予約開始・発売日はいつ?価格・デザイン・スペック・カメラの噂まとめ

関連
新型Galaxy S20 (S20+・Ultra) ドコモ・au版の予約日・発売日はいつ?価格・スペック・機能

イギー(@iggy3_tokyo)です。 今回は新型Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraの予約開始・発売日などについてまとめました。 価格・デザイン・スペック ...

続きを見る

 

Galaxy Note10+のレビュー記事はこちら

関連
【Galaxy Note10+レビュー】Sペン・カメラ性能など充実のスペックを評価【口コミ/評判も】

今回はAndroidスマホ最強モデル「Galaxy Note10+ (Plus) 」をレビューします。 6.8インチの超特大画面に付属のSペンでメモ書きやイラストを描けたり、Galaxy S10シリ ...

続きを見る

 

Galaxy S10のレビュー記事はこちら

関連
【Galaxy S10レビュー!】スペック・カメラ性能・評価・評判・口コミ・メリット・デメリット

どうも、イギー(@iggy3_tokyo)です! 人気のGalaxyの最新機種「Galaxy S10(ギャラクシー エステン)」のレビューをお届けします!(今回購入したのはドコモ版「Galaxy S1 ...

続きを見る

 

Google Pixel 4のレビュー記事はこちら

関連
【新型 Pixel 4レビュー】カメラ性能の進化・高速の顔認証・90Hzディスプレイ【評判&口コミ】

どうも、イギー(@iggy3_tokyo)です。 人気のGoogle Pixelの新型「Google Pixel 4」のレビューをしていきます。 今回、発売日1日前に到着したので、僕としては珍しく速攻 ...

続きを見る

 

Google Pixel 3aのレビュー記事はこちら

関連
【Google Pixel 3a レビュー&スペック評価】高性能AIカメラ搭載なのに衝撃の安さ。弱点・欠点も紹介。

どうも、イギー(@iggy3_tokyo)です。 今回は人気のAndroidスマホ「Google Pixel 3a」をレビューします。 Google Pixel 3aはカメラが高スペックで上位機種と同 ...

続きを見る

 

AQUOS zero2 レビュー

関連
【AQUOS zero2レビュー&評判/口コミ】デザイン・軽さ・性能を解説!【アクオスゼロ2】

イギー(@iggy3_tokyo)です。 今回は、「【AQUOS zero2レビュー&評判/口コミ】デザイン・軽さ・性能を解説!【アクオスゼロ2】」と題してシャープの最新機種AQUOS zero2(ア ...

続きを見る

 

AQUOS sense3のレビュー記事はこちら

関連
AQUOS sense3レビュー(アクオスセンス3):スペック・性能・サイズ・コスパ【評判・口コミ】

AQUOS sense3(ドコモ版 SH-02M)を購入したのでレビュー記事にまとめました。 シャープのAQUOS senseシリーズといえば根強い人気がありますが、AQUOS sense3は最新モデ ...

続きを見る

 

Xperia 1のレビュー記事はこちら

関連
Xperia 1 レビュー(パープル):デザイン・スペック・カメラ性能の評価/感想。21:9の4kディスプレイが最高!

今回はXperia 1をレビューします。 2019年夏モデルの台風の目とも言える注目度の高いSONYのAndroidスマホです。 実際かなりの人気のようで、売れ行きも好調のようです。(国内ではサムスン ...

続きを見る

 

AQUOS R3のレビュー記事はこちら

関連
AQUOS R3 レビュー:スペックや外観の評価は?超広角のAIカメラで動画・写真撮影が捗る!

どうも、スマホ大好きイギー(@iggy3_tokyo)です。 シャープの最新型AQUOS R3(アクオス アールスリー)をレビューしたいと思います。(ドコモ版SH-04L) AQUOSシリーズと言えば ...

続きを見る

 

Xperia Aceのレビュー記事はこちら

関連
Xperia Ace レビュー:コンパクトさとリーズナブルな価格が魅力。カメラもSONYらしい画質で機能盛り沢山。

どうも、スマホ大好きイギー(@iggy3_tokyo)です。 今回はドコモから発売されたXperia Ace SO-02Lをレビューします。 Xperia Aceの魅力はコンパクトで持ちやすいサイズ感 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。