iPhone

iPhone14はいつまで使える?iOS/修理サポートはいつ終了?今から(2022年)購入して遅くない?

10月 1, 2022

このページでは、2022年9月16日(金)発売の「iPhone14はいつまで使えるのか」について解説していきたいと思います。

iPhone14(Plus/Pro/Pro Max)は、2021年モデルであるiPhone 13シリーズの後継機種としてリリースされました。

iPhone 134シリーズのiOSアップデート/修理サポートはいつ終了するのか?

今から(2022年)購入しても遅くないのか?

iPhone14はいつまで使えるのかに関して、いろいろな観点で考察していきます。

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

 

それでは「iPhone14はいつまで使える?iOS/修理サポートはいつ終了?今から(2022年)購入して遅くない?」をまとめていきます。

 

この記事を書いた人

【イギー(iggy)】

素人ガジェット好きです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を書いています。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け中。

>> 詳しいプロフィールはこちら

iPhone14はいつまで使える?

iPhone14がいつまで使えるのか気になるところです。

iPhone14は2022年9月16日(金)に発売されたばかり。

なので、当面はいつまで使えるかなど不安に思う必要はありません。

数年にわたって長く使い続けることができるでしょう。

 

iPhone14について、いつまで使えるのかという視点でポイントをまとめると下記のようになります。

 iPhone 14iPhone 14 PlusiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
スペックA15 Bionic/6GBメモリ
→iPhone 13とほぼ同等性能
A15 Bionic/6GBメモリ
→iPhone 13とほぼ同等性能
A16 Bionic/6GBメモリ
→現状、iOS端末で最高性能
A16 Bionic/6GBメモリ
→現状、iOS端末で最高性能
生体認証Face IDFace IDFace IDFace ID
画面サイズ6.1インチ
→ 画面サイズは充分な大きさ
6.7インチ
→ 超大画面
6.1インチ
→ 画面サイズは充分な大きさ
6.7インチ
→ 超大画面
カメラFaceTimeカメラ:1200万画素
背面カメラ:1200万画素(広角と超広角のデュアルレンズ)
FaceTimeカメラ:1200万画素
背面カメラ:1200万画素(広角と超広角のデュアルレンズ)
FaceTimeカメラ:1200万画素
背面カメラ:最大4800万画素(望遠・広角・超広角のトリプルレンズにLiDARセンサー)
FaceTimeカメラ:1200万画素
背面カメラ:最大4800万画素(望遠・広角・超広角のトリプルレンズにLiDARセンサー)
本体サイズ146.7 × 71.5 × 7.80mm
172g
160.8 × 78.1 × 7.80mm
203g
147.5 × 71.5 × 7.85mm
206g
160.7 × 77.6 × 7.85mm
240g
デザイン角ばったスクエア型
従来のノッチ
角ばったスクエア型
従来のノッチ
角ばったスクエア型
新しいピル型パンチホール
角ばったスクエア型
新しいピル型パンチホール
iOSアップデート最新のiOS 16に対応
→ 長くiOSのアップデートが期待できる
最新のiOS 16に対応
→ 長くiOSのアップデートが期待できる
最新のiOS 16に対応
→ 長くiOSのアップデートが期待できる
最新のiOS 16に対応
→ 長くiOSのアップデートが期待できる
修理可能
→ 修理対象外になるのはだいぶ先
可能
→ 修理対象外になるのはだいぶ先
可能
→ 修理対象外になるのはだいぶ先
可能
→ 修理対象外になるのはだいぶ先

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

CPUはA16/A15で最高性能

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは最新のA16 Bionicを、iPhone 14とiPhone 14 PlusはA15 Bionicを搭載しています。

メモリ(RAM)も6GBと、iPhone史上最大の容量を搭載。

iPhone 14シリーズの処理性能は非常に高速で、iPhoneとしては最高性能と言えます。

2023年時点でこれ以上のスペックの機種は他にありません。

なので、買い替える心配をする必要もなく、安心して末長く使い続けることができます。

 

Face IDは快適

iPhone 14の生体認証はFace ID。

画面をタッチせずに素早く快適に認証してくれる、次世代の生体認証システムです。

Face IDについては世代ごとの性能差がほとんどなく、iPhone X以降の機種と認証速度に大きな差は感じられません。

認証システム的にも安心して長く使い続けることができます。

現状Face IDはマスク装着時の認証にも対応しており、Touch IDも必要ないほど使い勝手が良くなっています。

 

iPhone 14シリーズは6.1インチと6.7インチが選べる

iPhone 14シリーズはiPhone 14とiPhone 14 Proが6.1インチのスタンダードサイズ。

iPhone 14 PlusとiPhone 14 Pro Maxが6.7インチの大画面サイズという展開になっています。

用途に合わせて2つのサイズから選べます。

携帯性重視な人は6.1インチを、画面の見やすさ重視の人は6.7インチを選ぶことで、サイズでの不満はでにくく長く使うことができます。

 

カメラ性能も最高:iPhone14 Proは4800万画素カメラ搭載

iPhone 14はカメラ性能の観点でも最高性能となっています。

下位モデルiPhone 14/iPhone 14 Plusは、デュアルカメラ仕様で、広角レンズの他に超広角レンズが利用できます。

超広角レンズはワイドな画角で撮影ができるため、街や旅行先での風景を撮影するのに最適です。

広角レンズのみだと撮影できる写真のバリエーションが少なく、すぐ飽きてしまいますが、超広角レンズがあるので色々なテイストの写真を撮影することができます。

 

上位モデルiPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxは、トリプルカメラ仕様となり、広角レンズ・超広角レンズに加えて望遠レンズが追加されています。

ズーム性能を重視し、被写体に迫った写真を撮影する機会が多い人に最適な仕様です。マクロ撮影にも対応しています。

iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxは、広角レンズが4800万画素に進化しているのもポイントです。

通常の1200万画素の実に4倍に高画素化しています。

4800万画素のレンズを搭載するのはiPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxが初めてで、従来機よりも高解像な写真を撮影することができます。

また、iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro MaxにはLiDARセンサーが搭載されており、レーザー光を利用して対象物までの距離や位置などを正見るに検知することができます。

 

FaceTimeカメラ(自撮りカメラ)に関しては、4機種とも1,200万画素となっており、iPhoneシリーズの中でも特に高画質で綺麗なセルフィーを撮影することができます。

 

スクエア型のデザイン継続、Proはピル型パンチホールを搭載

iPhone 14シリーズでは、角ばったスクエア型のデザインが継続されています。

デザイン的にはiPhone 12以降の機種とそれほど変わらなく感じます。

ただ、iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxはディスプレイ上部にノッチではなく、ピル型パンチホールを搭載しています。

iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのディスプレイ面は、新しさを感じるデザインとなっています。

機能的にも新しいiPhoneの操作方法であるDynamic Islandが利用可能です。

 

iOSアップデートはまだまだ心配なし

Appleは古い端末のiOSアップデートを打ち切ることがありますが、2022年新型のiPhone14に関してはまだまだ心配ありません。

最新のiOS 16にもしっかり対応しており、この先アップデートのたびに最新のiOSにして利用し続けることができます。

セキュリティーの観点から、iOSは常に最新にしておくこことが望ましいです。

2022年モデルのiPhone 14がiOSアップデート対象外となるのはまだまだ先で、数年は安心して使えるでしょう。

 

修理サポートも受けられる

修理サポートについては現在もiPhone 14は、Apple正規の修理サービスを受けることができます。

Apple製品は販売中止から年数が経過すると下記のような製品カテゴリーの扱いとなります。

・ビンテージ製品:販売中止から 5 年以上 7 年未満の製品
 →Apple Storeや正規サービスプロバイダの修理サービスの対象外

・オブソリート製品:販売中止から 7 年以上が経過した製品
 
→Apple Storeや正規サービスプロバイダの修理サービスの対象外。システムアップデート、セキュリティアップデートも対象外。

iPhone 14は、発売されたばかりで今後もAppleの正規ルートでの販売が続くでしょう。

つまり、iPhone 14がApple Storeや正規サービスプロバイダの修理サービスの対象外となってしまうという心配をするのは何年も先のことになります。

長く正規修理サーポートを問題なく利用できる安心感があります。

正規の修理サービスが受けられない状態で使い続けるのは、何かトラブルが発生したときに復旧できないリスクもあるので要注意です。

 

明らかにiPhone 14はまだまだ使える

明らかにiPhone 14はまだまだ使えますね。

iPhoneシリーズとして2022年時点で最高性能ですし、非常に完成度の高い機種となっています。

今iPhone 14シリーズを使っている人は他の機種に買い替えたりする必要はりませんし、これから購入を検討している人が買っても長く使い続けることができます。

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

iPhone 14は今から(2022年)購入しても遅くない?

iPhone 14をこれから購入しようと検討している人も多いでしょう。

今から購入しても大丈夫なのか、iggy.tokyo的な見解をまとめると下記のようになります。

2022年に購入して遅くない?

【iPhone 14】
・今から購入して余裕で3年以上使える
・iOSのアップデートが打ち切られる心配なし
・修理サポートが受けられなくなるのはだいぶ先(5年以上先)
・2022年時点で最高性能のiPhone

 

iPhone 14は今から(2022年)購入しても遅くない!

iPhone 14は今から(2022年)購入しても遅くありません。

今から購入して余裕で3年以上使い続けることができるでしょう。(5年以上行けるかも。。)

2022年9月に発売されたばかりなので、iOSのアップデートも打ち切られる心配はありません。

修理サポート対象外となってしまうのもだいぶ先の話です。

Appleで販売終了して5年以上経つとビンテージ製品となり正規修理対象外となりますが、iPhone 14なら確実に5年以上は正規修理サポートを受けられます。

 

2022時点で最高性能のiPhoneとなっています。

特にProモデルはiPhone史上最高画素数の4800万画素の広角カメラを搭載し、これまでの機種以上の性能強化を感じることができます。

 

iPhone14はいつまで使える? まとめ

iPhone14はいつまで使えるかについてチェックしてきました。

iPhone 14は、今から購入しても遅くなく、末長く使うことができるのは間違いありません。

iOSのアップデートや修理サポートが打ち切られることもしばらくはありませんし、安心して使い続けることができます。

なによりProモデルは、フロントディスプレイのデザイン刷新・4800万画素カメラ搭載と、デザイン面でも性能面でも進化が大きく感じます。

ぜひ、最新モデルiPhone 14シリーズを購入して、長く使ってください。

 

【各オンラインショップでiPhoneを見る】

オンラインなら手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

5G WELCOME割で最大22,000円割引

 

オンラインなら頭金なし

auでiPhoneを見る

オンライン限定お得割で最大22,000円割引

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ソフトバンクでiPhoneを見る

web割で最大21,600円割引

 

キャリア最安で販売

楽天モバイルでiPhoneを見る

2万ポイントもらえるキャンペーンも実施

 

【関連】→【iPhone14 待つべき6つの理由】Phone13を買うべきか?

【関連】→ iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)のスペック・デザイン・リーク情報・予想

【関連】→ iPhone 14(mini)・14 Pro(Max)の発売日・予約開始・価格

【関連】→ iPhone14は指紋認証つかない?復活する?:Touch ID

【関連】→ iPhone 14(Pro/Max)のカラーバリエーション/色を予想:人気カラーと新色

【関連】→ iPhone 14/Pro/Pro Maxを画面サイズ・大きさ・重さで比較

【関連】→ ahamo(アハモ)でiPhone 14はいつから使える?機種変更と購入方法

【関連】→ iPhone14(Pro/Max)在庫・入荷の最新状況:在庫売り切れ確認

【関連】→ iPhone14(Pro/Max)入荷待ち:どれくらいで入荷?

【関連】→ iPhone14は予約後いつ届くのか:届かない時の対処方法まとめ

【関連】→ iPhone 14とiPhone 14 Proの違い比較:どちらを買うのがおすすめ?

【関連】→ iPhone 14(Pro/Max)の割引キャンペーンと値下げ時期

【関連】→ iPhone14(Pro/Max)はどこで買うのが安い?最安値や購入方法

【関連】→  iPhone買うならどれ?おすすめ機種・おすすめしない機種

 

それでは「iPhone14はいつまで使える?iOS/修理サポートはいつ終了?今から(2022年)購入して遅くない?」でした!

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-iPhone

© 2022 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5