MacBookにwraplusのスキンシール貼ったけど、不器用な人は絶対に買ってはいけないものだと思う。

今回初めてMacBook12インチを持ち出してブログ用の記事を書いている。やはり画面は小さいものの、使用感は結構いい感じ。むしろiMacで作業するよりも文字を打ち込む作業に集中できる気がする。少し狭いカフェのテーブルにも余裕で置けるのもすごく良い。

そして今回の記事はMacBook用のスキンシールについて。Apple関連のブロガーたちがこぞって使用している(ステマとも言う)wraplusのスキンシールを貼り付けてみたのだ。

なぜwraplusのスキンシールを購入したのか

実は個人的にはMacBookのボディーに貼り付ける意味は非常に薄い。なぜならmoshiのシェルカバーを着けているから。でもパームレスト(トラックパッドの左右横部分)を保護するシールが付属しているのが非常に良いなと思ったのだ。

第一世代がリリースされて丸2年以上経っているのに、MacBookのパームレストを保護するシールはほとんどリリースされていない。リリースされていても得体のしれないノーブランドのモノだったりする。アクセサリ紹介記事の時に購入したパームレストシールは非常に粗悪で、納得のいく仕上がりとならなかった。2000円が無駄に。金ドブ。

その点このwraplusのシールは日本製で質も良いらしい。値段は3000円弱。粗悪なパームレストシールですら2000円だったので、フルセットのスキンシールがこの値段というのは決して高くないと思う。それと各ブロガーが絶賛しまくっているのが胡散臭いので、実際に自分の手で貼り付けてその使用感を確かめてみたいと思ったのだ。ちなみに今回購入した商品は下のリンクのもの。

ネイビーブラッシュメタルを注文

で、届いたのがこちら。注文してから到着まで5日ほどかかった。Amazonで販売しているが、メーカー直送だとすぐには届かないようだ。。

ネイビーブラッシュメタルというカラー。ぶっちゃけ、黒と違いがほとんど分からない。送られてきたモノを目にして、色間違えたの 送られたのかと思った。でも、よく見るとネイビーのような。

実際このカラーはかなり暗めなネイビー。かなり明るい照明の下でないとほとんど違いがわからないと思う。なので、明るめのネイビーカラーが欲しい人は思い描いていた色と違ってガッカリしてしまうかも。

パッケージ裏面には「設計から生産まで、すべてを日本国内で行うことで高い品質を実現」と書いてある。さっそく日本製の品質お手並み拝見といったところだろうか。ちなみに貼り付けるMacBookのカラーはスペースグレー。

ちなみに貼り付け方はyoutubeに公式動画が上がっている。

で、貼り付けてみたけど、貼り付け難易度高め

で、公式動画通りに貼り付けてみたんだけど、不器用な自分には非常に難易度高め。なんと10回ほど貼り直し作業をしてしまったwどんだけ不器用なんだよ自分って感じではあるが、リンゴマークのある上部シールのサイズ感が非常にシビアだ。

シール左右は筐体に対して少し小さめに作られているのだが、シール上下はとんでもなく筐体のサイズぴったりに作られている。筐体の際ぴったりに貼り付けないとどちらかの際からシールがはみ出してしまう。

さらにアップルマーク周りのサイズ感も非常にシビア。際ぴったりに貼り付けたと思っても、余裕でアップルマーク周りがずれてしまう。アップルマーク周りが全然フィットしないので、何度も貼り直し。気づいたら10回以上w

ミリ単位の戦いとなるのでジャストの位置に収めるのは至難の技だと思う。ただ、何となくコツは掴んだので、次回挑戦すればもっとスムーズにできるとは思う。

それにしても10回以上貼り直しても粘着力が落ちてしまうことがなかったのには驚いた。今も無事貼れているのでシールの質が良いというのは本当のよう。先日の粗悪なパームレストシールとは大違いだ。

ただ貼り直し作業をした際にシール自体に少し折り目がついてしまったため、画像左下に少し筋っぽい部分が残ってしまった。まあ、しゃあない。ここは商品というより自分の落ち度。器用な人が、1発か2、3回の貼り付けできっちり決めれたら、綺麗に仕上がると思う。

また右下の際もよく見ると一部めくれているが、これは自分がシェルーケースを脱着する際に引っ掛けてめくれたものでシールの品質とは関係がないことである。

アップルマークは結局多少ずれてしまった…あまり気にならない程度ではある。器用な人がやれば問題なく貼り付けられるとは思う。

下部シールは足にちゃんとフィットしない

残念ながら裏面のシールはMacBookの足にジャストフィットしない。左右どちらかの足にぴったり合わせると、一方がシールの穴からはみ出してしまう。ドライヤーで温める方法をメーアーが推奨しているので、そうすればちゃんとフィットするのだろうか。

これはamazonのコメント欄にもある通り。購入前にMacBookの足にフィットしないという書き込みをたくさん見た。日本製を謳っている割にはサイズ感イマイチだなというのが正直な感想。無駄にキツキツすぎるサイズ感の上部シールも、あれじゃあ初見の人のミスを誘発しまくると思う。

これが日本で設計した日本製…何だかなあ…

パームレストシールはなかなか良い。単品販売してほしい。

そして、今回目当てのパームレストシールも貼ってみた。これはなかなか良い感じ。サイズ感も大きすぎず小さすぎず。

ちょうど収まりが良い感じ。MacBookのパームレストにぴったり。これはむしろ単品販売してほしい。

ネイビーブラッシュメタルの色味をチェック

送られてきた商品を見るとほとんど黒と変わらないじゃないかと思ったけど、貼ってみるとこれはやっぱりネイビーなんだなと確認できた。

違いが分かるよに、現在使用中の黒いスリーブケースを重ねてみた。ネイビーの色味が際立つ。ネイビーはブラックに比べオシャレ感が出るので良い。黒いスキンシールやシェルカバーというのは色味が重すぎると思う。ネイビーだと適度に軽快で、適度に重みもある感じ。カジュアルな場面もフォーマルな場面もどちらにも合いそう。

ブラックのiPhone7と並べてみた。はっきりと色味の差が感じられる。この2枚の写真は、色味をはっきりさせるために多少LEDライトで光を強めに当てている。なので実物に比べ、かなり明るくなってしまっている。

実際の色味はもっと暗く、深いネイビーだ。パームレスト部のシールの色味の画像が一番実物に近いと感じたので載せておく。かなり渋めのネイビー。

全部貼って感じたのはやはり黒にしなくて良かった。スペースグレーはもともと寒色系のグレートンーンなのでネイビーとの相性は抜群。パームレスト部分も馴染みが良い。ここに黒を貼ってしまうと、ベゼルも黒、キーボードも黒で非常に重たい雰囲気になってしまう。

ブロガーの人らがこぞって貼ってるのが「カーボンブラック」というシールだが、あれはデザイン的な癖も強いし、やはり重い印象になってしまうかと。MacBookの軽快な雰囲気を完全に殺してしまうだろう。

なかなか渋い仕上がりに

Apple製品にスキンシールを貼ったのは今回が初めて。色々失敗してしまったが良い経験となった。シールを貼り付けた本体は、スペースグレーの渋さをさらに増してくれたと思う。

スキンシールの上に透明のシェルケースを装着するとこんな感じ。特に違和感なし。これはこれで良いかも。しばらくは屋内ではシェルケースなしで使用し、出かける時はシェルケース着けて行こうと思う。

wraplusのスキンシールオススメできるか?

最後にこの商品の良い点とイマイチな点をまとめておこう。

この商品のGOODポイント

  1. 比較的安価にMacBookを保護できる
  2. カラーバリエーションが非常に豊富
  3. 3M製シールの質が良く、数回貼り直しが可能
  4. 精度の良いパームレストシール付き

まあ何と言っても手軽に、着せ替え出来てMacBookの雰囲気を変えられるのが良いね。シールの質も良いし、何度も貼り直しできてるの見ると接着剤も良質なの使ってそう。

この商品のBADポイント

  1. メーカーから商品届くの遅い(5日前後かかる)
  2. メーカー直販かアマゾン以外入手ルートがない
  3. 実店舗で取り扱ってる店がないため、実際に色味を確認することができない
  4. 表面部のシールのサイズ感がシビアすぎる
  5. 裏面のシールの精度が低すぎる。ちゃんとMacBookの足に合わないとか…
  6. 特に設計が本当に日本製なのか疑問点も多い
  7. これを貼ったからと言って、ホコリぐらいからしか護れない
  8. 元のMacBookのカラーリングの方が良かったなあと思う瞬間があるw

げっ、BADポイントがやたらいっぱい出てきてしまったwこんなにネガティブなこと書いたら、スキンシール猛プッシュしてるブロガーさんに怒られてまうかもww

ただ、この商品ぶっちゃけ博打要素が高すぎると思うのだ。まず、MacBookの雰囲気を大きく変えるものであるのに実店舗で確認できないとか、イマイチだよね…ネットのイメージ画像でしか決めれないせいで、無難な色しか選ぶ気になれないし。

あとやはり貼り付けに失敗する可能性もそこそこ高いと思うので。この商品で完全にイメージ通りに綺麗にMacBookを着せ替えできる人は、少ないのではないかなと思う。

この商品をオススメする人

  1. 手先が器用な人
  2. 安価にMacBookの雰囲気を変えたい人
  3. MacBook用パームレストシールが欲しい人

この商品をオススメしない人

  1. 不器用な人。必ず1回は貼り付け失敗するかと
  2. MacBookを傷からもがっつり保護したい人
  3. 元々のMacBookのカラーリングが好きでしょうがない人

[まとめ] もしかしたらこのシールそのうち剥がすかもw

この商品胸を張ってオススメしようかと思ってたのだが、ブログ書いてるうちに考えが変わってそう思えなくなってきたかもwまず何と言っても自分と同じように不器用な人には確実にオススメできない。

公式の貼り付け動画はあるが、この商品には貼り方の説明書なども入っておらず不親切だ。また貼り付け動画のように張っても9割型アップルマークの部分でズレが生じる。そこを修正しようと貼り直そうとするとシール自体を痛めてしまう可能性もある。シール自体の質は確かに悪くないものの、綺麗に仕上げるのは至難の技だ。

正直、自分も結構不満に感じる点が色々出てきてしまった。渋いネイビーを纏ったMacBookもなかなか悪くはないのだけど、やっぱりオリジナルの色味には敵わないかも。やっぱりMacBookのスペースグレーそのままのが良いなと思い始めている。

また、本体を保護するにしてもシェルケースのがやはり断然良い。パワーサポートのエアジャケットやmoshiのシェルジャケットだったら透明なので、MacBookのデザインを邪魔することもない。なので飽きたらそのうちパームレスト部以外は剥がしてしまうかも知れないwまあ飽きたら気軽に剥がせて、また違う色に貼り替えたりできるのは良いとこかも。

ツッコミどころの多いレビュー記事となってしまったが、実際に自分が感じたことを書いたらこうなってしまった。もちろん器用で手軽にMacBookの着せ替えを楽しみたいという人はチャレンジしてみてもいいかも知れない。ただ、一応商品のリンクは貼っておくものの、不器用な人は買わないでくださいww貼るときは自己責任でお願いしますww

MacBook 2017関連の記事はこちら

MacBookを大切にしたい人にオススメする5つの保護アクセサリ!

2017.06.28

新型 MacBook 2017 詳しくレビュー!/ i7, メモリ16GB, SSD512GB 特盛モデル

2017.06.17

MacBook 2017!最速レビュー! i7のベンチマークスコア付き。

2017.06.15

新型MacBook2017年モデル、ほぼ最速で購入してみた!

2017.06.07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です