※本ページはPR(広告)を含みます。

楽天モバイル × 三木谷キャンペーン

楽天モバイルでは三木谷キャンペーンと呼ばれるVIP向け限定キャンペーンを実施中。

キャンペーン公式ページから「Rakuten最強プラン」に申し込むと最大14,000ポイントがもらえます!

三木谷キャンペーンは、iPhone購入で2万円割引キャンペーンとも併用可能。

合計で最大34,000円相当もお得なります!

公式サイトで三木谷キャンペーンを見る


☆乗り換え(MNP):14,000pt

☆新規契約:7,000pt

再契約・2回線目以降もOK

☆2万円割引のiPhoneキャンペーン併用で最大34,000円お得

三木谷キャンペーンの詳細は下のリンクから公式ページでチェックを!

楽天モバイル公式

☆「三木谷キャンペーン」の関連記事はこちら

☆「iPhone2万円割引き」の関連記事はこちら

iPhone

【親がiPhoneを買ってくれない理由】親にiPhoneを買ってもらう方法を解説

「親がiPhoneを買ってくれない理由」を考察していきます。

iPhone(アイフォン)を買って欲しいのに、親がiPhoneを買ってくれないという悩みは学生ならではと言えます。

今の時代、中学生・高校生にもなればスマホは当たり前のように買ってもらえると思いますが、なぜかiPhoneは買ってくれない。

 

多くの学生さんが直面するであろう「親がiPhoneを買ってくれない問題」

ヤフー知恵袋などでも、親がiPhoneを買ってくれなくて悩んでいるという相談が多くあります。

iPhoneを買ってくれなくてうざいという感情を持ってる人も多いようです。

なぜ、親は子供にiPhoneを持たせてくれないのか。

経済的に自立していない立場がゆえに、スマホの機種の決定権は親主導になりがちです。

 

ただ、どうしてもiPhoneが欲しい学生さんも沢山いるはず。

・どうせスマホを買うならiPhoneがいい!

・憧れのApple製品を使いたい!

・カメラの高性能なiPhoneを使ってみたい!

などなど様々なモチベーションで、iPhoneを買って欲しいと思っているかと思います。

親がiPhoneを買ってくれないなら、買ってくれない理由を把握して、親にiPhoneを買ってもらえるように対処していけば大丈夫です。

この記事で親がiPhoneを買ってくれない理由と、親にiPhoneを買ってもらう方法をチェックしていきましょう。

 

【iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

ちなみにドコモは割引クーポンを不定期で配布しています。

クーポンが発行されるかはタイミングによりますが、気になる人は購入前にクーポン配布ページを確認してみるのがおすすめです。

期間限定クーポン

期間限定でドコモオンラインショップの機種変更クーポンが、WEB発行されています!!

(最大5,500円OFFのドコモオンラインショップ機種変更クーポン)

ドコモオンラインショップ機種変更クーポンを入手

iPhone 15など最新機種も対象!

機種変更で最大5,500円割引が適用されます!

→ ドコモオンラインショップ機種変更クーポン対象機種をチェック

ドコモオンラインショップのクーポンに関しては別の記事にまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

関連
NTTドコモのロゴマークのアップ画像
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2024年最新】

続きを見る

 

 

それでは「【親がiPhoneを買ってくれない理由】親にiPhoneを買ってもらう方法を解説」をまとめていきます。

 

この記事の著者・監修者

【イギー(iggy)】

2017年2月より7年以上に渡って、iPhone・スマホの通信系サイトを運営中です。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題を中心に記事を更新しています。ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルなど通信キャリアの情報もお届け中。現在はグッドセンス合同会社が運営母体となり、運営体制を強化して更新を継続しています。

>> 詳しいプロフィールはこちら

>> 公式Xアカウントはこちら

親がiPhoneを買ってくれない理由はなぜ?

親がiPhoneを買ってくれない理由はなぜなのでしょう。

学生さんの親の立場から考えると以下のような内容が、親がiPhoneを買ってくれない理由として挙げられます。

①学生にiPhoneは贅沢すぎるから

②iPhoneじゃなくても機能的に問題ないから

③家族でiPhoneを使っている人がいないから

 

それぞれの親がiPhoneを買ってくれない理由をチェックしていきましょう。

 

①学生にiPhoneは贅沢すぎるから、iPhoneを買ってくれない

親がiPhoneを買ってくれない理由として、1番大きな要因と言えるのが、「学生にiPhoneは贅沢すぎるから」という理由です。

iPhoneは高いイメージがある

・ラフに扱いがちな学生に高級なiPhoneを持たせるのはもったいない

・iPhoneは高性能すぎる

まず、単純にiPhone=高いと思い込んでいる親御さんもかなり多いかと思います。

iPhoneの日本市場での価格は、新モデルごとに値上げしており、大人でもなかなか買い替えできないようなプライスになっていることは事実です。

また、学生生活は勉強だけでなく、部活動や友人との交流などアクティブな活動も含みます。

社会人に比べて雑に扱うことも多いかと思うので、学生に高級なiPhoneを持たせるのはもったいないと考えることもあるでしょう。

最近のiPhoneは、学生が使うには高性能(ハイスペック)すぎる傾向もあるので、やはり子供に持たせるにはもったいないと考える親御さんも多そうです。

 

②iPhoneじゃなくても機能的に問題ないから、iPhoneを買ってくれない

iPhoneじゃなくても機能的に問題ないというのも、親がiPhoneを買ってくれない理由として有力でしょう。

実際に最近のAndroidスマホとiPhoneを比べると、利用できる機能にそれほどの差はないと言えます。

iPhoneは、iPad・Mac・Apple Watchなどその他のApple製品との連携が魅力ですが、Apple製品を使っていないなら特にAndroid端末とできることに大差ないです。

・電話

・メール

・LINE

・Instagram

・X(旧Twitter)

・ゲーム

・大きくて見やすいディスプレイ

・高画質なカメラ機能

・高速充電

・ワイヤレス充電

などなどスマートフォンとしての基本的な機能は、iPhoneでもAndroidでも利用可能。

特に学生が実際に使う範囲となると、iPhoneじゃなくても機能的に問題ない可能性が高いでしょう。

 

③家族でiPhoneを使っている人がいないから、iPhoneを買ってくれない

家族でiPhoneを使っている人がいないから、iPhoneを買ってくれないというパターンも、よく耳にする親がiPhoneを買ってくれない理由です。

実際に親がiPhoneを使っている場合は、まだスムーズにiPhoneを買ってくるように交渉できる余地があるでしょう。

一方、親がiPhoneを使っていない場合、子供にもiPhone以外のスマホを持たせるのを当然と考える傾向も強いでしょう。

親自身がiPhoneを使わない理由として、やはりiPhoneは高いという経済的な理由は大きいかと思います。

その他にもGalaxyやPixelなどの人気のAndroidスマホを使っていて、Androidの方がよいと思っている親御さんもいるかと思います。

また、そもそもApple製品が苦手で、AppleやiPhoneに良いイメージを持っていないというケースもあるかもしれません。

経済的な理由でiPhoneを使っていなかったり、Galaxyなどを使っている場合は、うまく交渉すればiPhoneを買ってくるように仕向けることができるかもしれません。

ただ、親御さんがiPhone自体に良いイメージを持っていない場合は、なかなか説得するのは難しいかもしれませんね。

iPhoneか、Androidかというのは、宗教的な思想の違いみたいな部分もあるので。。

 

親にiPhoneを買ってもらう方法を解説!

さて、ここまで「親がiPhoneを買ってくれない理由」を考察してきましたが、ここからは前向きに「親にiPhoneを買ってもらう方法」を解説していきます。

①リーズナブルなiPhoneを買ってもらう

②安く買える方法を提案する

③中古のiPhoneを買ってもらう

④通信料を引き下げることを提案する

親にiPhoneを買ってもらう方法として、現状で学生の皆さんにお伝えできるのは以上の方法です。

それぞれの親にiPhoneを買ってもらう方法を詳しく見ていきましょう。

 

①リーズナブルなiPhoneを買ってもらう

リーズナブルなPhoneを見つけて買ってもらうのは、親にiPhoneを買ってもらう良い方法です。

iPhoneは高いと思い込みがちですが、価格帯は幅広く、比較的買いやすいエントリーモデルも存在します。

*流石にiPhone 15 Proなどの最新のハイスペック機種は非常に高額ですが。。

 

買いやすいiPhoneの例を挙げると下記のモデルになります。

・iPhone SE(第3世代)

・iPhone 13

・iPhone 14

*2023年11月現在Appleストアで販売が続いているものをピックアップ。

 

各機種のAppleストアでの販売価格をまとめると下記のようになります。

 64GB128GB256GB512GB
iPhone SE(第3世代)62,800円69,800円84,800円-
iPhone 13-95,800円110,800円140,800円
iPhone 14-112,800円127,800円157,800円

(2023年11月現在)

 

iPhone SE(第3世代)/iPhone 13/iPhone 14は、型落ちの旧型機種のため、発売時よりも値下げ(価格改定)されているのでお得です。

新型のiPhone 15をよりも、買ってもらいやすいでしょう。

狙い目は各機種の低ストレージ容量モデルです。

iPhoneはストレージが大きくなるほど、高くなっていくので、少なめのストレージを選ぶことで出費を抑え、親御さんに買ってもらいやすくなる可能性が上がります。

 

さすがにまだまだ新しめのiPhone 14は128GBでも112,800円ですが、他の2機種は最低価格が10万円以内に収まるので現実的なラインかと思います。

iPhone SE(第3世代)なら64GBまたは128GBを選べば、6万円代で済みます。

iPhone SE(第3世代)は、廉価機種なので、他のiPhoneに比べてかなりコスパが良いです。

iPhone 13も128GBなら95,800円で、10万円以内となり、親御さんに買ってもらい機種かと思います。

 

②安く買える方法を提案する

iPhoneを安く買う方法を提案するのも、親にiPhoneを買ってもらう良い方法として重要です。

iPhoneは、Appleストア以外にも様々なルートで販売しています。

どこで買うのが安いのか。安く買える方法を提案するのも、前向きな交渉材料となるでしょう。

販路によっては、独自の端末負担軽減プログラムや期間限定の割引キャンペーンを実施していることがあります。

割引施策を使ってiPhoneの機種代金がかなり抑えられるようなら、親御さんもiPhoneを買い与えやすくなるでしょう。

 

参考までにiPhoneは、下記のようなルートで取り扱いがあります。

・大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)

・サブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)

・格安SIM

・家電量販店など

・大手ネット通販(Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング)

いずれかの販路で、iPhoneを安く買えそうなら、そのことを親御さんに相談してみるとよいでしょう。

 

【関連】→ iPhoneを安く買う方法(iPhoneはどこで買うのが安いのか)

【関連】→ iPhone15 安く買う方法 どこで買うのが安い

【関連】→ iPhone14 安く買う方法 どこで買うのが安い

【関連】→ iPhone 13 安く買う方法 どこで買うのが安い

【関連】→ iPhone SE 安く買う方法 どこで買うのが安い

 

③中古のiPhoneを買ってもらう

新品であることにこだわりがないなら、中古のiPhoneを買ってもらうのも、親にiPhoneを買ってもらう方法の1つとなります。

近年はiPhoneの中古市場(リユース市場)が活発となり、中古iPhoneもかなりの数が流通しています。

中古iPhoneは下記のルートで購入可能です

Apple認定の整備済製品(リファービッシュ製品)

・ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアのCertified製品(認定中古品)

・イオシスなどの中古スマホショップ

 

実はAppleストアでも、認定の整備済製品(リファービッシュ製品)として中古iPhoneを販売しています。

iPhone 12など現行モデル以外もリーズナブルに買え、Apple認定なので安心感があります。

Apple認定の整備済製品をチェック

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどの通信キャリアも独自のCertified製品(認定中古品)を販売しています。

キャリアのCertified製品は、下取りプログラムやアップグレードプログラムなどで回収した機種です。

もちろんiPhoneも販売しています。

好きなコンディションを選択できたり、キャリアのケータイ補償などに加入できるメリットがあります。

 

イオシスやゲオなどの中古スマホショップもたくさんの中古iPhoneを販売しています。

中古スマホショップは、実店舗があるので、中古品のコンディションを店頭で確認して購入できるのが利点となっています。

また、中古相場の変動に敏感なので、中古iPhoneの価格もAppleやキャリアよりも抑え気味でお得になる可能性が高いです。

【格安】イオシスでiPhoneの未使用品・中古品をチェック

 

④通信料を引き下げることを提案する

通信料引き下げることを提案するのも、親にiPhoneを買ってもらう良い方法です。

iPhoneを購入してもらったとしても、その後に高額の通信料が発生するようだと親御さんとしては大変です。

スマホの利用料金は、毎月の支払いとなるので、高額な通信料が発生し続けるとかなりの負担となるからです。

なので、iPhoneを買ってもらう代わりに、スマホの料金プランを安いものにしたり、より安い通信キャリアに移行するというのは、交渉材料として利用できるでしょう。

 

通信料引き下げる方法としては下記のような内容が考えられます。

・キャリアの格安プランに切り替える

・サブブランドに乗り換える

・格安SIM(MVNO)に移行する

 

キャリアの格安プランに切り替えるのが、まず一つの手です。

ドコモのahamoとirumo、auのpovo 2.0、ソフトバンクのLINEMOなど、各キャリアでは格安プランを提供しています。

特にpovo 2.0は基本料0円で維持できて、必要なサービスだけ有料のトッピングを形式なので、無駄なく経済的なプランとなっています。

 

また、auにはUQモバイル、ソフトバンクにはワイモバイルという人気のサブブランドがあります。

サブブランドもお得なプラン設定となっているので、乗り換えで通信料を引き下げられる可能性があります。

乗り換えるユーザーが優遇されて、iPhone購入で割引が受けられるなどのメリットもあります。

 

大手キャリアでなくてもよいなら、格安SIM(MVNO)に移行するという方法もあります。

IIJmio(アイアイジェイミオ)やmineoなど、格安で通信サービスを提供している事業者もたくさんあります。

注意点としては、格安SIMは低データ容量プラン中心なので、使い放題などたくさんデータ通信をするユーザには向きません。

毎月データ通信はそれほどしないというライトなiPhoneの使い方をする場合は、選択肢の1つとして視野に入れてもよいでしょう。

 

親がiPhoneを買ってくれない理由と買ってもらう方法のまとめ

親がiPhoneを買ってくれない理由と、親にiPhoneを買ってもらう方法をチェックしてきました。

どうしてiPhoneを買ってくれないのか理由をしっかり把握し、親にiPhoneを買ってもらう方法を実行することが重要です。

 

最後に記事の内容を復習しましょう。

メモ

【親がiPhoneを買ってくれない理由】

①学生にiPhoneは贅沢すぎるから

②iPhoneじゃなくても機能的に問題ないから

③家族でiPhoneを使っている人がいないから

【親にiPhoneを買ってもらう方法】

①リーズナブルなiPhoneを買ってもらう

②安く買える方法を提案する

③中古のiPhoneを買ってもらう

④通信料を引き下げることを提案する

 

親にiPhoneを買ってもらう方法は、複数の方法を組み合わせるとより一層効果的に親御さんと交渉できるでしょう。

キャリアのキャンペーンなど安く買える方法を提案しつつ、価格がリーズナブルな機種でよいことをアピール。

さらに格安の料金プランへ移行したり、サブブランドへ乗り換えるなど、通信料を引き下げることを約束すれば完璧でしょう。

上手に交渉して、学生でもiPhoneをゲットしちゃいましょう。

 

【iPhone】は公式オンライン

ドコモ公式ショップ

au公式ショップ

ソフトバンク公式ショップ

楽天モバイル公式ショップ

 

 

【関連】→ 中学生・高校生におすすめなiPhoneの機種

 

それでは「【親がiPhoneを買ってくれない理由】親にiPhoneを買ってもらう方法を解説」でした。

  • この記事を書いた人

イギー(iggy)

『iggy.tokyo』は2017年2月より7年近くに渡って、グッドセンス合同会社が運営しているスマホ/通信系ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。iPhoneやスマホを安く買う方法や最安値の情報。NTTドコモ/au(KDDI)/ソフトバンクなど通信キャリアの最新情報もお届け。広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」よりご連絡ください。

-iPhone