ドコモ

アハモとギガホとギガライトの違いを比較:安いのはどの料金プラン?どれがおすすめ?

3月 24, 2021

アハモとギガホとギガライトの違いを比較のロゴ

イギー(@iggy3_tokyo)です。
満を辞して発表されたドコモの新料金プラン「アハモ(ahamo)」。

今回は新プランの「アハモ(ahamo)」と、既存プランの「ギガホ」「ギガライト」の違いを比較していきます。

 

「ahamo(アハモ)」の契約は専用のサイトからのみとなっており、すでに先行エントリーを受け付けています。

提供開始日の前日までに電話番号とメールアドレスを登録して先行エントリーすることで、提供開始後にahamoを契約するとdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントが進呈されます。(*2021年4月15日から2021年5月31日の間の契約でdポイント6,000ポイント進呈に増額されます。)

ahamo(アハモ)公式サイトで先行エントリー

 

事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

月額2,970円で3月26日スタート!!

ahamo公式サイトでチェック

※iPhone 11など端末も格安で販売!

【dカード特典でahamoがお得に】
■dカード GOLD10%還元特典:毎月の利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈(上限300ポイント)
■データ増量特典:dカード GOLDは5GB増量、dカードは1GB増量(9月から)

dポイント進呈特典/5GB増量(9月から)
dカード GOLDはコチラ

1GB増量(9月から)
dカードはコチラ

 

最新スマホをahamoで使うならドコモオンラインショップで機種変更を

オンライン専用新プラン「ahamo(アハモ)」で購入できるのは旧モデル3機種のみとなります。

ahamo取り扱い機種以外を使いたい場合は、ドコモオンラインショップでの購入が必要です。

iPhone 12やXperia 5 IIなど、最新モデル多数のドコモオンライン取り扱い機種をahamoで使うなら、ドコモオンラインショップで機種変更してからahamoへプラン変更手続きをする形となります。

詳しくはドコモオンラインショップ公式の下記ページをご確認ください。

→ 料金プラン「ahamo」を契約予定のお客さまへ

 

 

タップできる目次

「アハモ(ahamo)」は新世代向けのニュープラン、「ギガホ」「ギガライト」はプレミアプランと位置付け

まず気になるのが「アハモ(ahamo)」がどのような立ち位置で登場するプランなのか、既存の「ギガホ」「ギガライト」はどのような位置付けとなるのかです。

2020年12月3日に開催された「携帯料金の値下げ方針に関する会見」で、NTTドコモ 井伊基之社長がこれについて説明しています。

→ Youtubeで会見をチェック

 

それぞれのプランのポイントをまとめると下記の通り。

アハモ

・中容量のニュープラン

・シンプル

・オンライン特化

・高コスパ

⇒ ahamo(アハモ)公式サイトで見る

 

ギガホ・ギガライト

・小容量〜無制限

・フルサポートのプレミアプラン

・家族の利用でお得

ドコモ公式サイトで見る

 

「アハモ(ahamo)」は、今までのドコモになかった中容量のニュープランと位置付けています。

シンプルな内容とオンライン特化したサービスが強みの高コスパプランです。

 

一方、「ギガホ」「ギガライト」は、小容量〜無制限でフルサポートの受けられるプレミアプランと位置付け。

家族の利用でお得になる付加価値の高いサービスを提供します。

 

4月1日からギガホ プレミア始動

*NTTドコモは2020年12月18日に新料金プラン「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を発表し、2021年4月1日より提供を開始することを公開しました。
これに伴い、記事で紹介している従来の「5Gギガホ」「ギガホ」は2020年3月31日をもって新規申し込み受付終了となります。

「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」の解説は別の記事にまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。新しいプランは料金改定により値下げされた上で、サービス内容もパワーアップしています。
→ 5Gギガホ プレミア 料金プランのメリット&デメリット・評判&口コミ

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの違い比較表

新プランの「アハモ(ahamo)」と、既存プランの「ギガホ」「ギガライト」の違いを比較した表を作成してみました。

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
月額料金2,970円(税込)4G定期契約なし:7,865円(税込)
4G定期契約あり:7,678円(税込)
5G定期契約なし:8,415円(税込)
4G定期契約なし:3,465円(税込)〜
4G定期契約あり:3,278円(税込)〜
5G定期契約なし:3,465円(税込)〜
月間データ容量中容量
(20GB)
 大容量
(4Gなら60GB/5Gなら無制限)
小容量
(〜7GBまでの従量課金制 )
データ超過後速度送受信時最大1Mbps4Gギガホ:送受信時最大1Mbps
5Gギガホ:送受信時最大3Mbps
送受信時最大128kbps
国内通話5分通話無料が追加料金なしで付帯
5分をこえる通話30秒あたり22円(税込)
かけ放題オプション(1,100円(税込))
家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり22円(税込)
5分通話無料オプション(770円(税込))
かけ放題オプション(1,870円(税込))
家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり22円(税込)
5分通話無料オプション(770円(税込))
かけ放題オプション(1,870円(税込))
キャリアメール利用できない利用できる利用できる
ネットワーク
ドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワーク
対応機種93機種(iPhoneが21機種・Androidが72機種)ドコモで販売された多くのスマホドコモで販売された多くのスマホ
キャンペーン・先行エントリーキャンペーン・Amazonプライム1年無料など・Amazonプライム1年無料など
新規契約事務手数料無料3,300円(オンラインは無料)3,300円(オンラインは無料)
機種変更手数料無料2,200-3,300円(オンライン無料)2,200円-3,300円(オンライン無料)
MNP転出手数料無料2,200円(4月1日から無料)2,200円(4月1日から無料)
違約金(解約金)無料4G定期契約なし:無料
4G定期契約あり:1,100円(税込)
5G定期契約なし:無料
4G定期契約なし:無料
4G定期契約あり:1,100円(税込)
5G定期契約なし:無料
dカード特典①dカード GOLD利用金額10%還元特典
②データ増量特典
①dカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典
②dカードお支払割
①dカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典
②dカードお支払割
ケータイ補償加入
下取りプログラム
SIMのみ契約
契約手続きの窓口オンラインのみ店頭・オンライン店頭・オンライン

それぞれ料金やデータ容量など、異なったスペックを持つプランとなっています。

次の章からひとつひとつ細かく比較していきます。

 

 

事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

月額2,970円で3月26日スタート!!

ahamo公式サイトでチェック

※iPhone 11など端末も格安で販売!

【dカード特典でahamoがお得に】
■dカード GOLD10%還元特典:毎月の利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈(上限300ポイント)
■データ増量特典:dカード GOLDは5GB増量、dカードは1GB増量(9月から)

dポイント進呈特典/5GB増量(9月から)
dカード GOLDはコチラ

1GB増量(9月から)
dカードはコチラ

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの月額料金の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
月額料金2,970円(税込)4G定期契約なし:7,865円(税込)
4G定期契約あり:7,678円(税込)
5G定期契約なし:8,415円(税込)
4G定期契約なし:3,465円(税込)〜
4G定期契約あり:3,278円(税込)〜
5G定期契約なし:3,465円(税込)〜

「アハモ(ahamo)」の料金はかなりシンプルで、2,970円(税込)一択です。

2年の定期契約も廃止されているので、定期契約にするかしないかで迷う必要もなく、月額2,970円(税込)で利用できます。(*もともとは月額3,278円(税込)でサービス開始予定でしたが、値下げで2,970円(税込)に改定されました。)

 

一方、「ギガホ」「ギガライト」は、それぞれ4Gと5Gのプランが用意されている上に、4Gプランでは定期契約のあり・なしを選択することになります。

キャリアの料金プランに不慣れな人からすると若干複雑に感じるかもしれませんね。(これでもドコモのプランは大分シンプルになったのですが。。)

「ギガホ」の利用料金は、 5G定期契約なしで8,415円(税込)。「ギガライト」の利用料金は、5G定期契約なしで3,465円(税込)〜となっています。

 

やはり「アハモ(ahamo)」に比べて、上位プランである「ギガホ」「ギガライト」の方が高額ですが、「ギガホ」「ギガライト」はドコモの各種割引サービスの割引特典が受けられるので、実際にはもっと安く済ませることもできます。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの月間データ容量の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
月間データ容量中容量
(20GB)
 大容量
(4Gなら60GB/5Gなら無制限)
小容量
(〜7GBまでの従量課金制 )

「アハモ(ahamo)」は、これまでドコモの料金プランで弱点となっていた中容量帯をカバーしています。

月間20GBと多すぎず少なすぎずの程よいデータ容量が利用できます。

 

「ギガホ」は、大容量をカバー。

4Gなら月間60GB、5Gギガホなら無制限でデータ通信が可能です。(キャンペーン適用後のデータ通信容量です。)

 

「ギガライト」は、小容量帯の従量課金制プラン。

最大7GBまで利用でき、使用した容量によって月額料金が変動します。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの超過後データ通信速度の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
データ超過後速度送受信時最大1Mbps4Gギガホ:送受信時最大1Mbps
5Gギガホ:送受信時最大3Mbps
送受信時最大128kbps

「アハモ(ahamo)」は、20GBの容量を使い切った後も送受信時最大1Mbpsの速度が出ます。

1Mbpsあれば、WEBサイトの閲覧や低解像度の動画を再生するのには十分な速度で、データ超過後も比較的快適に利用し続けることが可能です。

 

「ギガホ」も4Gプランで超過後に最大1Mbps、5Gギガホなら最大3Mbpsの速度が出ます。5Gギガホはキャンペーン適用で実質無制限でデータ使い放題なので、超過後の速度を利用する機会はほとんどありませんが。。

 

「ギガライト」は、最大128kbpsに制限され、超過後は一番頼りなくなってしまいます。

128kbpsだとかなり遅く、通常のWEB閲覧も不便に感じるでしょう。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの国内通話の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
国内通話5分通話無料が追加料金なしで付帯
5分をこえる通話30秒あたり22円(税込)
かけ放題オプション(1,100円(税込))
家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり22円(税込)
5分通話無料オプション(770円(税込))
かけ放題オプション(1,870円(税込))
家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり22円(税込)
5分通話無料オプション(770円(税込))
かけ放題オプション(1,870円(税込))

「アハモ(ahamo)」は、1回あたり5分以内の国内通話無料サービスが付帯します。

月額2,970円(税込)のプランに追加料金なしで、他プランだと有料オプション扱いの5分通話無料が利用できるのは素晴らしいです。

プラス1,000円で国内通話が完全無料のかけ放題オプションを付けることもできます。

5分をこえる通話も30秒あたり22円(税込)と、他プランと同水準です。

「アハモ(ahamo)」の音声通話面での弱点としては、家族間通話が無料でないことですね。ただ、短時間の通話であれば無料付帯の5分以内の国内通話無料サービスで補えることなので、不便には感じないかと。

むしろ、家族以外とも5分間通話を無料でできるメリットが大きいかと思います。

 

「ギガホ」「ギガライト」は、家族間通話無料サービスが付帯しているのが大きな特徴です。

家族同士なら何時間通話しても無料です。

家族以外の通話は30秒あたり22円(税込)かかります。

少し残念なのが、「アハモ(ahamo)」では無料付帯する5分通話無料サービスがオプション扱いで、利用するのに770円(税込)の追加料金が必要なことです。

かけ放題オプションも1,870円(税込)の追加料金が必要です。

 

事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

月額2,970円で3月26日スタート!!

ahamo公式サイトでチェック

※iPhone 11など端末も格安で販売!

【dカード特典でahamoがお得に】
■dカード GOLD10%還元特典:毎月の利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈(上限300ポイント)
■データ増量特典:dカード GOLDは5GB増量、dカードは1GB増量(9月から)

dポイント進呈特典/5GB増量(9月から)
dカード GOLDはコチラ

1GB増量(9月から)
dカードはコチラ

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトのキャリアメールの違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
キャリアメール利用できない利用できる利用できる

注意点として「ahamo(アハモ)」ではキャリアメール(@docomo.ne.jp)を利用することができません

→ ahamoではキャリアメール(ドコモメール)が使えない

 

実質、格安SIMや他キャリアのセカンドブランドのような立ち位置となっていますね。。

まあ、今の時代はGmailなどを利用すれば不便は感じませんし、それほど大きなデメリットではないかと思います。

普段、キャリアメールで連絡している人がいる場合は、「ahamo(アハモ)」に移行する前に新しい連絡先を教えておくのが良いでしょう。

 

「ギガホ」「ギガライト」は、キャリアメールを利用することが可能です。

→ 5Gギガホ プレミア 料金プランのメリット&デメリット・評判&口コミ

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトのネットワークの違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
ネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワークドコモの4G/5Gネットワーク

ネットワークに関しては3プランともドコモの4G/5Gネットワークに対応しています。

「ギガホ」「ギガライト」は、5G対応の「5Gギガホ」「5Gギガライト」を選ぶことで5G通信が利用可能です。

「アハモ(ahamo)」は、格安プランながらドコモの4Gも5Gも利用できます。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの対応機種の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
対応機種93機種(iPhoneが21機種・Androidが72機種)ドコモで販売された多くのスマホドコモで販売された多くのスマホ

新料金プランのアハモ(ahamo)と従来プランのギガホ・ギガライトの対応機種の違いにも注目です。

 

アハモ(ahamo)は対応機種が2021年3月1日に発表されたばかりで、アハモ(ahamo)で使える端末は全93機種です。iPhoneが21機種、Androidスマホが72機種対応しています。

アハモ(ahamo)の対応機種・端末については、想定していたよりも多くの機種が対応しており、エントリーモデルからハイスペックモデルまでまんべんなくカバーされています。

初めてのオンライン専用格安プランということで、対象機種がかなり限定されるのではないかと予想する声もありましたが、アハモ(ahamo)の対応機種については特に心配なさそうです。

今後もアハモ(ahamo)対応機種は追加され、動作確認をした端末も随時発表される予定です。

アハモ(ahamo)の対応機種・端末については別の記事に詳しくまとめているので、よかったらチェックしてみてください。

【ahamo(アハモ)対応機種・端末】iPhone・iPadは機種変更で使える?

 

従来プランのギガホ・ギガライトに関しては、今までドコモで販売された多くのスマホが対応しています。もちろんアハモ(ahamo)の対応機種もすべてカバー。

対応機種の多さではもちろん従来プランに軍配が上がりますが、アハモ(ahamo)も最新機種はほとんどカバーしているので不便は感じにくいかと思います。

 

新料金プランのアハモ(ahamo)と従来プランのギガホ・ギガライトもドコモ以外の他社スマートフォンを利用する場合は注意点があります。

ドコモでは他社のSIMフリー端末を利用する場合、原則、動作確認などを実施しておらず、一切の動作保証をしていません。

他社端末でSIMロックを解除したものは問題なく使える可能性が高いですが、動作するかは自己責任となります。

基本的には、ドコモが動作確認済みの端末から機種を選んで使うのが、安心安全です。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトのキャンペーンの違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
キャンペーン・先行エントリーキャンペーン・Amazonプライム1年無料
・ディズニープラス セット割
・Amazonプライム1年無料
・ディズニープラス セット割

それぞれの料金プランでお得なキャンペーンを実施しています。

「アハモ(ahamo)」は、先行エントリーキャンペーンを実施中。サービス開始前日(2021年3月25日)までにエントリーして、2021年3月26日(金)~2021年5月31日(月)の期間中に契約することでdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントがもらえちゃいます。

☆3月1日の発表で、先行エントリーキャンペーンが強化されました。条件を満たすと進呈されるdポイント(期間・用途限定)が6,000ポイントに増額されます。増額の条件は、先行エントリーキャンペーンにエントリーのうえ2021年4月15日から2021年5月31日の間に、ahamo専用サイトでahamoの新規契約もしくは機種の購入を伴 う料金プランの変更の手続きをすることです。

→ アハモ(ahamo)のお得な割引キャンペーン

アハモ(ahamo)先行エントリーサイトを見る

 

「ギガホ」「ギガライト」は、ドコモのギガプランについてくるAmazonプライムキャンペーンで、Amazonプライムが1年無料で利用できちゃいます。「ギガホ」「ギガライト」を契約して、WEBで申し込めばOK!

また、ディズニープラス セット割キャンペーンで、月額700円のディズニープラスが最大1年間毎月700円割引に。つまり、1年間無料で利用できます。「ギガホ」「ギガライト」とディズニープラスをセットで契約して専用ページからエントリーが必要です。

 

「アハモ(ahamo)」も「ギガホ」「ギガライト」も随時お得なキャンペーンを実施するので、ドコモのキャンペーン情報にはよくアンテナを貼っておくと良いかと思います。

→ ドコモオンラインショップの最新キャンペーン紹介

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの手数料の違い

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
新規契約事務手数料無料3,300円(オンラインは無料)3,300円(オンラインは無料)
機種変更手数料無料2,200-3,300円(オンライン無料)2,200円-3,300円(オンライン無料)
MNP転出手数料無料2,200円(4月1日から無料)2,200円(4月1日から無料)

「アハモ(ahamo)」は、新規契約事務手数料・機種変更手数料・MNP転出手数料といったあらゆる手数料が無料となっています。

これはオンラインでの契約に特化し、人件費などコストカットできたことによるものでしょう。

 

「ギガホ」「ギガライト」は、各手数料で2,200円または3,300円手数料がかかってしまいます。ただし、「ギガホ」「ギガライト」もドコモオンラインショップで契約することで新規契約事務手数料・機種変更手数料を無料にすることができます。

また、MNP転出手数料に関しては2,200円が発生しますが、4月1日から無料となります。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの違約金(解約金)の違い

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
違約金(解約金)無料4G定期契約なし:無料
4G定期契約あり:1,100円(税込)
5G定期契約なし:無料
4G定期契約なし:無料
4G定期契約あり:1,100円(税込)
5G定期契約なし:無料

「ahamo(アハモ)」は、2年の定期契約自体の設定がなく、いつでも解約できて違約金(解約金)はかかりません。

→ ahamo(アハモ)は違約金なし(無料):解約手数料、最低利用期間がない

 

「ギガホ」「ギガライト」は、4G定期契約ありのみで1,100円(税込)の違約金(解約金)が発生します。2年定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約の場合は、違約金(解約金)を支払わなくてはなりません。

ただし、「ギガホ」「ギガライト」でも4G定期契約なしと5G定期契約なしで契約している場合は、いつでも解約できて違約金(解約金)はかかりません。

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトのSIMのみ契約できるかの違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
SIMのみ契約
SIMのみ契約の受付窓口専用サイトで受付オンラインショップとドコモショップ店頭オンラインショップとドコモショップ店頭

キャリアで端末購入をせずSIMのみ契約をして、SIMカードをSIMフリー端末などに挿して利用したいという需要が高まっています。

ドコモでももちろんSIMのみ契約契約を受け付けています。

 

新料金プランのアハモ(ahamo)でも、従来プランのギガホ・ギガライトでもSIMのみ契約が可能ですが受付窓口が異なります。

アハモ(ahamo)のSIMのみ契約は専用サイトからのみ受付となります。ドコモショップでは取り扱いがないので注意してください。

 

従来プランのギガホ・ギガライトは、ドコモオンラインショップまたはドコモショップ店頭でSIMのみ契約が可能です。

ドコモオンラインショップならSIMカードの購入代金が無料(0円)、事務手数料が無料(0円)、SIMカード送料が無料(0円)で初期費用0円でSIMのみ契約できます。

→ ドコモオンラインショップでSIMのみ契約は初期費用0円

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの契約手続き窓口の違い

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
契約手続きの窓口オンラインのみ店頭・オンライン店頭・オンライン
ポイントオンラインで全ての手続きや確認作業が完結。見やすく使い勝手の良いサイト。店頭では手厚い接客サポート。
オンラインは手数料なしで、お得なキャンペーンが多数。
店頭では手厚い接客サポート
オンラインは手数料なしで、お得なキャンペーンが多数。

「ahamo(アハモ)」は完全にオンラインに特化したプランとなっています。

契約手続きの窓口は、専用のオンラインサイトのみで、ドコモショップなど店頭での申し込みは受け付けていません。

店頭で店員さんに直接サポートしてもらうことはできませんが、チャットなどでサポートを受けることができます。

ahamo(アハモ)専用オンラインサイト

従来のオンラインショプよりも分かりやすく使いやすいサイトで、ahamo(アハモ)の契約から設定までの詳しい説明も掲載されています。

契約後もオンラインサイトや専用アプリから、各種手続きや確認作業をするシステムです。

オンラインで全ての手続きや確認作業が済むので快適です。

 

「ギガホ」「ギガライト」は、今まで通り店頭・オンラインの両方で契約手続きができます、

実店舗で接客を受けて契約したい人はドコモショップなど店頭で、店頭に出向くことなく手数料無料でお得に契約したい人はドコモオンラインショップと、契約窓口を選ぶことができます。

店頭での手厚いサポートお受けられるのは、プレミアプランならではと言えますね。ドコモショップなら店員さんから詳しい説明もうけられ、有償にはなってしまいますが機種変更したスマホの初期設定までしてもらうことができます。

ドコモオンラインショップはahamo(アハモ)専用サイト同様に、ネット環境さえあればいつでも注文できる快適さがあります。

手数料がかからない上に、ドコモオンラインショップ限定キャンペーンも沢山実施されており、おトク感もあります。

最近だとドコモオンラインショップでSIMのみ契約すると10,000ポイントがもらえるキャンペーンなどに注目です。

ドコモオンラインショップ

 

↑ 目次へ戻る

 

安いのはどの料金プラン?コスパは?

結局、「ahamo(アハモ)」「ギガホ」「ギガライト」で安いのはどの料金プランなのでしょう?

どのプランが安いかは各ユーザーごとの契約状況により異なります。というのも、既存プランの「ギガホ」「ギガライト」でも、かなり割引サービスが充実していて、場合によっては「ahamo(アハモ)」より安くコスパが良くなるパターンもあるからです。

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
月額料金2,970円(税込)4G定期契約なし:7,865円(税込)
4G定期契約あり:7,678円(税込)
5G定期契約なし:8,415円(税込)
4G定期契約なし:3,465円(税込)〜
4G定期契約あり:3,278円(税込)〜
5G定期契約なし:3,465円(税込)〜
みんなドコモ割×2回線:-550円(税込) 3回線:-11000円(税込)2回線:-550円(税込) 3回線:-11000円(税込)
dカードお支払割×-187円(税込)(定期契約なしが対象)-187円(税込)(定期契約なしが対象)
ドコモ光セット割 × -1,100円(税込)-1,100円(税込)
ドコモのロング学割×-1,100円(税込)
(6ヶ月間は5Gギガホで-2,750円(税込)、ギガホで-2,288円(税込)増額)
-550円(税込)
(6ヶ月間はさらに-550円(税込)割引額が増額)
はじめてスマホ割
×-1,100円(税込)(最大12ヶ月間)-1,100円(税込)(最大12ヶ月間)
ギガホ割・5Gギガホ割×-1,100円(税込)(最大6ヶ月間)×

アハモ(ahamo)は月間20GBで3,278円(税込)のコスパの良いプランですが、表の通りドコモが提供する割引サービスが全く利用できません。

→ アハモ(ahamo)にドコモのロング学割は適用できる?

→ ahamo(アハモ)は家族割/ファミリー割引対象か?

→ ahamo(アハモ)とドコモ光回線のセット料金

 

「ギガホ」「ギガライト」は、みんなドコモ割、dカードお支払割、ドコモ光セット割 、ドコモのロング学割、はじめてスマホ割、ギガホ割・5Gギガホ割などバリエーション豊かな割引サービスが利用でき、しかも併用できます。

「ギガライト」で各種割引サービスを利用すると、アハモ(ahamo)より安く抑えることも可能です。(データ通信はあまりできませんが…)

「ギガホ」も割引サービスを併用することでアハモ(ahamo)に近い価格で大容量データ通信を利用することができます。

ドコモのロング学割 2021年

→ はじめてスマホ割(ガラケーからスマホ)

→ dカードお支払割

 

基本的に単身者はアハモ(ahamo)が1番安くコスパよく使えるかと思いますが、家族で利用するユーザーはみんなドコモ割やドコモ光セット割 などを利用して「ギガライト」にしておく方が安く費用を抑えられる可能性があります。

また、大容量を使いたい人もアハモ(ahamo)でなく、「ギガホ」を割引サービスを利用して契約するのがデータ容量的にもコスパ的にも満足できるかと思います。

→ 5Gギガホ プレミア 料金プランのメリット&デメリット・評判&口コミ

 

アハモとギガホとギガライトのdカード特典の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
dカード特典①dカード GOLD利用金額10%還元特典
②データ増量特典
①dカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典
②dカードお支払割
①dカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典
②dカードお支払割

ドコモと言えば、ドコモ純正クレジットカードのdカードを持つことで様々な特典が受けられるのもポイントです。

従来プランは利用料金によるポイント還元などが受けられましたが、新料金プランのアハモ(ahamo)でもdカード特典が用意されることになりました。

 

アハモ(ahamo)のdカード特典は2つ。①dカード GOLD利用金額10%還元特典と②データ増量特典です。

①dカード GOLD利用金額10%還元特典は、カード GOLDを契約し、ahamoの携帯電話番号をdカード GOLDの利用携帯電話番号として登録したユーザーに適用されます。毎月のdカード GOLDの利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈。毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))となります。こちらの特典は3月のサービス開始時から提供されます。

②データ増量特典は、ahamoの携帯電話番号をdカードまたはdカード GOLDの利用携帯電話番号として登録した上、ahamoの料金の支払いをdカードもしくはdカード GOLDに設定すると月間データ容量を増量してくれる特典です。(dカードボーナスパケット特典)ahamoの月間データ容量は20GBですが、データ増量特典が適用されることで、dカードならプラス1GB増量、dカード GOLDならプラス5GB増量となります。

(ただし、データ増量特典は9月開始となります。)

 

従来プランのギガホ・ギガライトは、①dカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典、②dカードお支払割が適用されます。

①dカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典は、ギガホ・ギガライトで利用している携帯電話番号をdカード GOLDの利用携帯電話番号として登録したユーザーに適用されます。毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」のご利用金額1,100円(税込)につき100ポイント(10%)のdポイントを進呈。進呈上限はなくドコモをよく利用する人なら、dカード GOLDの年会費分を超えるポイント還元を受けることも可能です。

②dカードお支払割は、ギガホ・ギガライトの利用料金の支払い方法をdカードまたはdカード GOLDに設定することで適用されます。毎月のギガホ・ギガライトの利用料金から187円(税込)割引となります。

 

dポイント還元でのお得さは従来プランのギガホ・ギガライトでdカード GOLDドコモ利用料金10%還元特典を適用した方が上ですが、アハモ(ahamo)のデータ増量特典も最大5GB追加され非常に魅力的です。

 

↑ 目次へ戻る

 

月額2,970円で3月26日スタート!!

ahamo公式サイトでチェック

※iPhone 11など端末も格安で販売!

【dカード特典でahamoがお得に】
■dカード GOLD10%還元特典:毎月の利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈(上限300ポイント)
■データ増量特典:dカード GOLDは5GB増量、dカードは1GB増量(9月から)

dポイント進呈特典/5GB増量(9月から)
dカード GOLDはコチラ

1GB増量(9月から)
dカードはコチラ

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトの下取りプログラムの違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
下取りプログラム○(郵送のみ対応)○(郵送と店頭で対応)○(郵送と店頭で対応)

ドコモでは新しい機種購入時に、古い端末を買い取ってくれる「下取りプログラム」を提供しています。

下取りプログラムは、ギガホ・ギガライトの従来プランだけでなく、アハモ(ahamo)でも利用可能です。

ただし、下取りの対応窓口が異なるので要注意です。

 

アハモ(ahamo)は、郵送での下取りのみに対応しています。

オンラインで機種購入時に下取り申し込みをすることで、送付キットが送られてくるので、下取り機種を梱包して「NTTドコモ下取り窓口」宛に郵送することで下取りを受け付けてくれます。

アハモ(ahamo)は実店舗での取り扱いがないので、下取りプログラムに関しても店頭では対応してくれません。

 

一方、ギガホ・ギガライトは郵送だけでなく、店頭に持ち込んでの下取りに対応。

全てのドコモショップ、ドコモ取扱い店舗に下取り機種を持ち込むことで、面倒な梱包作業などなしに下取りを受け付けてくれます。

ドコモオンラインショップで経由での申し込みの場合は、基本的にアハモ(ahamo)と同じ郵送下取りとなりますが、希望すれば店頭での下取りも受け付けてくれるようです。

ドコモの下取りプログラム解説

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライトのケータイ補償の違い比較

 アハモ(ahamo)ギガホギガライト
ケータイ補償加入対象対象対象

ドコモではスマホ端末の手厚い修理サポートが受けられる「ケータイ補償サービス」を提供しています。

新プランのアハモ(ahamo)は加入対象になるのか不安視する声がありましたが、アハモ(ahamo)でも「ケータイ補償サービス」に加入することが可能です。

従来プランのギガホとギガライトと「ケータイ補償サービス」の補償内容に違いはありません。

ドコモのケータイ補償サービスは加入すべきか

 

↑ 目次へ戻る

 

アハモとギガホとギガライト:どの料金プランがおすすめ?

どの料金プランがおすすめかというのは、人それぞれで用途にもよるので、下記の通りおすすめな人をそれぞれまとめました。

 

アハモがおすすめな人

・高品質なドコモ回線を安く使いたい人

・既存キャリアや格安SIMのプランより安く使いたい人

・格安プランでも5Gを利用したい人

・海外で利用する機会が多い人

・20GBのほどよいデータ容量がいい人

・5分以内の通話をよくする人

・単身者(家族割なしでも安い)

・違約金などがなく、完全に縛りがないプランがよい人

・オンラインでの契約に抵抗がない人

・店舗でのサポートはいらない人

⇒ ahamo(アハモ)公式サイトで見る

 

ギガホ・ギガライトがおすすめな人

・大容量または小容量のデータ容量がいい人

・みんなドコモ割、dカードお支払割、ドコモ光セット割 、ドコモのロング学割、はじめてスマホ割、ギガホ割・5Gギガホ割など各種割引サービスを利用して安くしたい人

・家族ユーザー(家族割引あり)

・家族間通話をよくする人(家族間通話無料)

・キャリアメールを利用したい人

・3Gも利用したい人

・ドコモを長年使ってる人(アハモへ移行で契約年数はリセット)

・オンラインでも店頭でも契約手続きをしたい人

・店舗でのサポートをして欲しい人

・法人契約したい人(アハモは法人契約なし)

ドコモオンラインショップを見る

 

それぞれおすすめな人を挙げてみました。

「ahamo(アハモ)」も「ギガホ」「ギガライト」もそれぞれに魅力があるプランなので、よく検討して契約しましょう。

 

「ahamo(アハモ)」の契約は専用のサイトからのみとなっており、すでに先行エントリーを受け付けています。

提供開始日の前日までに電話番号とメールアドレスを登録して先行エントリーすることで、提供開始後にahamoを契約するとdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントが進呈されます。(*2021年4月15日から2021年5月31日の間の契約でdポイント6,000ポイント進呈に増額されます。)

ahamo(アハモ)専用サイトで見る

 

事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

月額2,970円で3月26日スタート!!

ahamo公式サイトでチェック

※iPhone 11など端末も格安で販売!

【dカード特典でahamoがお得に】
■dカード GOLD10%還元特典:毎月の利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈(上限300ポイント)
■データ増量特典:dカード GOLDは5GB増量、dカードは1GB増量(9月から)

dポイント進呈特典/5GB増量(9月から)
dカード GOLDはコチラ

1GB増量(9月から)
dカードはコチラ

 

4月1日からギガホ プレミア始動

*NTTドコモは2020年12月18日に新料金プラン「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を発表し、2021年4月1日より提供を開始することを公開しました。
これに伴い、記事で紹介している従来の「5Gギガホ」「ギガホ」は2020年3月31日をもって新規申し込み受付終了となります。

「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」の解説は別の記事にまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。新しいプランは料金改定により値下げされた上で、サービス内容もパワーアップしています。
→ 5Gギガホ プレミア 料金プランのメリット&デメリット・評判&口コミ

 

↑ 目次へ戻る

 

ahamo(アハモ)関連の記事へのリンク

ahamo(アハモ)対応機種・端末。iPhone・iPadは使えるか

 

アハモ(ahamo)はeSIM対応?

 

→  ahamo(アハモ)の口コミ・評判

 

→ アハモ(ahamo)機種変更のタイミングはいつがいいのか

 

→ アハモとギガホとギガライトの違いを比較

 

→ アハモ(ahamo)にドコモのロング学割は適用できる?

 

→ ahamoではキャリアメール(ドコモメール)が使えない

 

→ アハモ(ahamo)のお得な割引キャンペーン

 

→ ahamoとUQ mobileとY!mobileを比較

 

→ ahamoとpovo (ポヴォ)を比較

 

ahamo(アハモ)は違約金(解約手数料)なし

 

→ ahamo(アハモ)は家族割/ファミリー割引対象?

 

→ ahamo(アハモ)とドコモ光回線のセット料金

 

→ ドコモ「ahamo」VS ソフトバンク「LINEMO」

 

→ ahamo(アハモ)の支払い方法。クレジットカード払いと口座振替に対応

 

→ ahamo(アハモ)にdカード GOLD10%還元は適用?

 

→ アハモ(ahamo)はSIMのみ契約できる

 

→ アハモ(ahamo) iPhone 11の価格は値下げで安い?

 

→ ahamo(アハモ)とは?由来

 

↑ 目次へ戻る

 

オンラインショップを利用するだけでスマホがお得!


(参照:ドコモオンラインショップ)

ドコモでスマホを買うならドコモオンラインショップを利用しないと損です。

 

ドコモオンラインショップ限定の特典を利用することで、ドコモショップ店頭よりもお得にスマホが買えます。

お得な理由は下記の通り。

オンラインショップがお得な理由

・全ての手続きで、契約事務手数料が無料(0円)

・2,750円以上購入で送料無料(0円)

・dポイントが貯まる

 →dカードdカード GOLDなら2倍

・オンライン限定の割引キャンペーンが利用できる

 

まず、オンラインショップを利用するだけで事務手数料が無料になります。

ドコモショップ店頭だと手数料がかかってしまうので損なんですよね。

ドコモオンラインショップで手続きするだけでお得になります。

 

また、送料無料で指定の場所まで届けてくれるので、店舗に行くための無駄な交通費も節約できます。

スマホの購入でdポイントがたまるのもメリットです。

しかもオンラインショップなら、dカードで支払うことでポイント2倍でお得です。

 

頭金・事務手数料無料の特典と一緒に利用することでさらにお得になるオンライン限定のキャンペーンも利用できます。

ドコモでスマホを購入するならぜひ便利でお得なドコモオンラインショップを利用しましょう!

 

最近だと新型コロナウィルスの影響で混雑しているドコモショップ店頭に足を運ぶことは避けたいという方も多いでしょう。

感染症予防の観点でも、ドコモオンラインショップなら混み合う店舗に行く必要がないので安心です。

自宅で注文して受け取りまで完了できるので、新型コロナウイルス感染症対策にもネット注文がベストな選択です。

 

事務手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

送料も無料で、お得なキャンペーンも実施中

 

毎月ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

dカード GOLDを見る

毎月ドコモの利用料金から1,000円(税抜)につき10%還元の特別なカード

 

ドコモオンラインショップのメリットすべてを徹底解説!

ドコモオンラインショップとドコモショップ店頭、どちらが安くてお得か比較

関連
【比較】ドコモオンラインショップと店頭で機種変更/購入どちらが安い!?お得!?

どうも、イギー(@iggy3_tokyo)です。 今回はドコモオンラインショップとドコモショップ店頭、どちらで機種変更す ...

続きを見る

 

dカード GOLDならドコモが最大限お得に

(画像参照:dカード公式)

ドコモのスマホを使っているなら、dカード GOLDを利用することで最大限お得にドコモを使うことができます。

dカード GOLDを利用するメリットは下記になります。

  • ドコモ・ドコモ光の利用料金から1,000円(税抜)につき10%還元(dカード GOLD限定)
  • ドコモオンラインショップでdポイントが2倍貯まる
  • dカード特約店での利用でポイント最大5%還元
  • 最大10万円のdカードケータイ補償が付帯dカード GOLD限定)
  • 貯まったdポイントでドコモのスマホ料金、修理代などを支払える
  • 年間利用額に応じて最大22,000円(税込)の特典クーポンがもらえる(dカード GOLD限定)
  • 「dカードお支払割」適用で2年縛りなしでドコモが使える(解約金なし、毎月-187円(税込)の割引料金)

dカードGOLDはドコモ利用料金の1,000円(税抜)につき10%還元が受けられる上、最大10万円分のケータイ補償も付帯する手厚い内容です。年間利用額に応じて最大22,000円(税込)の特典クーポンまでもらえちゃいます。

これらの充実した特典内容はdカードGOLDだけ。普通のdカードでは適用されません。

また、最近だとドコモ利用料金の支払いをdカードGOLDに設定すれば、「dカードお支払割」適用で2年縛りなし・解約金なしでドコモを使い続けられるよになるというメリットも加わりました。

さらに、dカード GOLDならドコモオンラインショップでdポイント2倍還元が受けられるので、ネットでスマホを注文する前に作っておくのがベストです。

なお、dカードGOLDは最大13,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。(dポイント、期間用途限定)

 

↑ 目次へ戻る

 

Galaxy Note20 Ultra 5G購入レビュー&口コミ・評判

関連
Galaxy Note20(20 Ultra )ドコモ・auの予約・発売日はいつ?価格・スペック・デザイン・色・カメラなど最新情報

イギー(@iggy3_tokyo)です。 今回は、Galaxy Note20 5G・Galaxy Note20 Ultr ...

続きを見る

 

Galaxy S20のレビュー記事を公開しました!

関連
【Galaxy S20レビュー】Galaxy S10との違い比較、機能、外観、カメラ性能【口コミ・評判まとめ】

Galaxy大好きなイギー(@iggy3_tokyo)です。 今回はGalaxy S20をレビューしていきたいと思います ...

続きを見る

 

ドコモオンラインショップ クーポン 機種変更

関連
NTTドコモのロゴマークのアップ画像
ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手する方法【2021年最新】

イギーどうも、イギー(@iggy3_tokyo)です! 今回は、ドコモオンラインショップの機種変更クーポンを無料で入手す ...

続きを見る

 

ドコモ2020-2021年春夏モデルの発表・予約日・発売日など最新情報

関連
ドコモ2021年春夏モデルのイメージ
ドコモ2021年春夏モデルの予約開始・発売日はいつ?おすすめ機種・価格・スペックなど最新情報

イギー(@iggy3_tokyo)です。 今回はドコモ2021年春夏モデルについて予約開始日・発売日や価格などの最新情報 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

iggy

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-ドコモ

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5