iPhone

【iPhone 12 Pro 評価レビュー】外観・機能・カメラまとめ。5G・MagSafeが追加【 評判・口コミも】

3月 11, 2021

ついにiPhone 12 Proを購入したイギー(@iggy3_tokyo)です。

今回は2020年最新モデルiPhone 12 Proの実機レビューをお届けします。

 

原点回帰し旧型iPhoneのような角張ったデザインに大幅刷新されたこと、5G通信に初めて対応したiPhoneあること、顔面が大型化しつつもスリムなボディとなっていることでかなり注目を集めています。

気になる人はこの記事をチェックしてみてください。

 

なお、僕は今回、ドコモオンラインショップで予約購入しました。

ドコモオンラインショップは手数料・送料が無料、待ち時間なしで購入できるのでお得で快適に最新モデルを購入することができます。

 

iPhone買うならドコモオンラインショップ!

ドコモでiPhoneを買うなら…

・事務手数料なし(0円)

・送料無料(0円)

・待ち時間なし(0分)

などメリットたくさんのドコモオンラインショップで!

ドコモショップ店頭だと発生する手数料が無料です。

来店不要で待ち時間なしで自宅まで届けてくれます。

特に新型コロナウィルスの影響で実店舗でスマホ購入がしにくい今のタイミングこそ、自宅で手続き・受け取りができるオンラインショップでの購入がベストな選択です。

手数料が無料

ドコモオンラインショップを見る

オンライン限定キャンペーンも実施中

 

ahamo/povo/LINEMO対応機種

iPhone 12 Proは、ドコモのahamo(アハモ)・auのpovo(ポヴォ)・ソフトバンクのLINEMO(ラインモ )など新しいオンライン専用プランの対応機種です。

キャリアの各オンラインショップで端末を購入して、新プランのsimカードを挿せばそのまま使うことができます。

【iPhone 12 Pro購入は各オンラインショップ】

ドコモオンラインショップを見る

auオンラインショップを見る

☆ ソフトバンクオンラインショップを見る

ワイモバイルオンラインストアを見る

【ahamo 最新情報】

ahamo(アハモ)対応機種・端末:iPhone・iPadは機種変更で使えるか

→  ahamo(アハモ)の口コミ・評判/メリット&デメリット

【povo 最新情報】

→ povo (ポヴォ)の口コミ・評判レビュー

povo (ポヴォ)対応機種・端末:機種変更でiPhone・Android使える?

【LINEMO 最新情報】

LINEMO (ラインモ の口コミ・評判/メリット・デメリット

→ LINEMO(ラインモ)対応機種・端末:機種変更でiPhone・iPadは使える?

 

【最新】ドコモ版iPhone 12が契約変更で11,000円割引に!

(2021年3月19日の情報)

2021年3月19日よりドコモ版iPhone 12が契約変更で「5G WELCOME割」の対象となり、「11,000円割引」が適用されるようになりました。(契約変更(Xi→5G)時の割引額)

「5G WELCOME割」は、5G機種と対象としたドコモ独自の端末割引サービス。対象機種の機種代金の割引を受けることができます。

iPhone初の5G対応モデルであるiPhone 12シリーズもiPhone 12/iPhone 12 mini/iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Maxの全4機種が、契約変更での「5G WELCOME割」の対象機種となります。

人気の最新iPhoneが「11,000円割引」で購入できるのは非常にお買い得です。

 

【契約変更(Xi→5G)時のiPhone 12の割引後の価格】

 端末価格(機種代金)5G WELCOME割の割引額割引後の支払い総額
iPhone 12/64GB101,376- 11,000円割引90,376円
iPhone 12/128GB109,296円- 11,000円割引98,296円
iPhone 12/256GB123,552円- 11,000円割引112,552円

 

【契約変更(Xi→5G)時のiPhone 12 miniの割引後の価格】

 端末価格(機種代金)端末購入割引の割引額割引後の支払い総額
iPhone 12 mini/64GB87,912円- 11,000円割引76,912円
iPhone 12 mini/128GB95,832円- 11,000円割引84,832円
iPhone 12 mini/256GB110,088円- 11,000円割引99,088円

 

なお、iPhone 12シリーズの「5G WELCOME割」は、のりかえ(MNP)契約にも適用されます。

のりかえ(MNP)契約の場合はiPhone 12シリーズの4機種に22,000円割引が適用されます。

また、iPhone 12/iPhone 12 miniの2機種のみですが新規契約でも「5G WELCOME割」が適用されます。ただし、新規契約の場合はdポイントでの還元となり、20,000ポイント還元で購入することができます。

 

契約変更(Xi→5G)以外の契約でもお得な割引が適用されるので、ぜひドコモのiPhone 12シリーズを検討してみてください。

iPhone 12の割引情報を見る

契約変更で11,000円割引!

5G WELCOME割を見る

5Gスマホが割引対象

 

毎月ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

ワイモバイル版「iPhone 12」「iPhone 12 mini」が2月26日発売!

ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル(Y!mobile)」からも「iPhone 12」「iPhone 12 mini」が発売となります!

発売日は2021年2月26日で、2021年2月19日より予約受付を開始します。

ワイモバイル版は、新規、他社からののりかえ(ソフトバンクからの番号以降を除く)でオンラインストア経由で購入することで最大18,000円割引のオンライン限定割引が適用されます。

また、オンラインストアなら契約時の事務手数料や頭金が無料になり、初期費用を抑えることができます。

⇒ ワイモバイルオンラインストアを見る

 

ワイモバイルのiPhone 12とiPhone 12 miniの価格は下記になります。

ワイモバイルの価格

 iPhone 12  miniiPhone 12
64GB110,880円
オンライン割引後(92,880円)
96,480円
オンライン割引後(78,480円)
128GB116,640円
オンライン割引後(98,640円)
102,960円
オンライン割引後(84,960円)
256GB131,040円
オンライン割引後(113,040円)
116,640円
オンライン割引後(98,640円)

(税込表示です。)

☆オンラインストアで、新規・他社からのりかえ契約すると18,000円の割引が適用。( )内のオンライン割引後の価格で購入できます。

☆オンラインストアでの注文で、手数料・頭金・送料が無料となります。

⇒ ワイモバイルオンラインストアを見る

 

オンラインなら手数料・頭金なし

ワイモバイルでiPhoneを見る

オンライン限定タイムセールでアウトレット価格に

 

【ワイモバイル】iPhone 12/12 miniの予約・在庫&入荷待ち確認方法

 

iPhone 12 Proは1番人気!

Twitterにてどの機種を買うのかアンケートを取ってみたのですが、iPhone 12 Proが過半数を取って1番人気となりました。

著名なインフルエンサーではないので118票しか投票されていませんが。。

大手メディアなどが集計したアンケート結果でも同じような傾向で、iPhone 12 Proが1番人気となっているようです。

 

 

iPhone 12 Proの評価 

iPhone 12 Proのレビュー総合評価
満足度
価格・コスパ
デザイン
持ちやすさ・携帯性
CPU・GPU性能
ディスプレイ性能
バッテリー性能
カメラ性能
生体認証(顔)

 

iPhone 12 Proの特徴

iPhone 12 Proの特徴をまとめておきます。

 iPhone 12 Pro
画面サイズ6.1インチ(11 Proよりさらに大きく)
品質Super Retina XDR
画面の明るさ800ニト
CPUA14 Bionic
ストレージ(最低容量が倍増)
128GB
256GB
512GB
カメラ1200万画素
3眼レンズ構成
LiDARセンサー
防水防塵○(IP68)
生体認証Face ID(顔)
ワイヤレス充電
サイズ146.7 × 71.5 ×7.4 mm
重さ187 g

 

iPhone 12 Proの機能

iPhone 12 Proの主な機能は下記のとおり。

 iPhone 12 Pro
5G(新機能)
防水防塵
Apple Pay
ワイヤレス充電
イヤホンジャック×
Magsafeアクセサリ(新機能)

防水防塵、Apple Pay、ワイヤレス充電など従来からの便利機能は、引き続き利用可能です。

iPhone 12 Proでは、さらに新機能として5G通信とMagsafeアクセサリに対応しました。

5Gはもう知ってる人も多い次世代の高速通信サービスですが、まだまだ日本では利用できる範囲が狭く、これからに期待したいところ。

iPhoneファン的には、新登場のMagsafeアクセサリに注目でしょう。

 

予約・購入は公式ショップで

 

パッケージが超薄くなった

iPhone 12シリーズは従来よりも薄型のパッケージを採用しています。(iPhone 12シリーズから充電アダプタとイヤホンが付属しなくなり、よりコンパクトなパッケージングを実現しています。)

薄くなるとは聞いていたものの、実際に目にするとその薄さに非常に驚きました。。

いつものパッケージの半分くらいの高さになり、iPhone用保護ケースのパッケージに近いサイジングになっています。

 

iPhone 12 Proの外観 レビュー

今回購入したのパシフィックブルーの128GBモデルです。

 

パシフィックブルーのカラーリングですが、非常に絶妙な色味となっています。

単調で明快なブルーでなく、ややグレイッシュなトーンで深みがあって大人っぽい青。

個人的にはiPhone 11 Proのミッドナイトグリーンにブルーを混ぜたような色味に感じますね。

 

カメラはiPhone 11 Proから引き続き、正方形のカメラユニットが採用されています。

iPhone 12 Proの場合、トリプルレンズに加えてLiDARセンサーが追加されて、よりタピオカカメラ感が強調されています。

 

背面の素材は引き続きテクスチャードマットガラスを採用し上質な質感。

Appleロゴの位置も背面のど真ん中に配置され、カメラユニットの位置も背面左上のままで基本的にはiPhone 11 Proと変わってないのですが、角張ってエッジの効いた筐体に刷新されたことでまったくの別物に見えます。

 

サイドフレームは定番のステンレススチールフレームで、メタリックなブルーカラー。

光の当たり具合によって印象が変わるので、視覚的に飽きがきません。

 

角張ったボディに変更されたことで、ディスプレイ面も平面的でフラットなディスプレイとなります。

保護ガラスやフィルムの貼り付けがしやすそうです。

 

ノッチが廃止される可能性もあると言われていましたが、結局従来と変わらないサイズのノッチが画面上部に搭載されています。

一部の人には不評なノッチですが、一目でiPhoneと分かるアイコニックな面もあります。

 

個人的に気になったのはベゼル(表示画面の周りの黒い枠)部分が目立つことです。

フラットになった分、余計に太く感じます。

Galaxyシリーズなどはかなり細いベゼルを実現しているので、iPhoneももう少しスマートにできるのではないかと思ってしまいます。

 

iPhone 12 Proの筐体はフラットなのですが、カメラユニットが出っ張ってる分、机に置いた時に上体が少し浮いて安定感がないのが残念です。

カメラユニットを守るためにも保護ケースは着けた方がよさそうです。

 

左側面にミュート(消音)スイッチと、音量ボタンが並んでいるのはいつも通りですが。。。

 

iPhone 12シリーズでは、SIMカードスロットが左側面下部に移動しています。

 

右側面は電源ボタンだけになり、よりスッキリした印象に。

 

筐体の底辺部にはステレオスピーカーとLightningポートという構成です。

 

iPhone 12 Pro最高にかっこいいです。

角張ってより引き締まった印象のボディをパシフィックブルーの色味がよりクールな印象に引き立ててくれています。

 

予約・購入は公式ショップで

 

前機種よりも大きな6.1インチの大画面に進化

iPhone 12 Proのディスプレイサイズは6.1インチです。

iPhone 11 Proは5.8インチだったので、0.3インチ大きなディスプレイに進化しています。

ディスプレイ品質としてはどちらもSuper Retina XDR(有機EL)で輝度やコントラスト比などの基本性能は変わっていないようです。

 

ぱっと見ただけでもiPhone 12 Proのディスプレイが大きくなったのが分かります。

(左:iPhone 12 Pro、右:iPhone 11 Pro)

 

ディスプレイの横幅はあまり変わらず、やや縦長になっています。

 

縦長になった分、iPhone 12 Proの方が1〜2行分多くの情報の表示が可能です。

わずかな差に思えますが、画面は確実に見やすくなっています。

 

Google検索をしても、iPhone 11 Proだと途中で途切れてしまっていた部分もiPhone 12 Proではスクロールなしで確認可能です。

 

動画、画像の表示でもiPhone 12 Proの方が少しだけワイドな表示が可能となっています。

(上:iPhone 12 Pro、下:iPhone 11 Pro)

 

Proモデルでも拡大表示が利用可能に

ディスプレイ周りの地味な改良点として、iPhone 12 Proではディスプレイの拡大表示が可能になりました。

この機能は11シリーズだとiPhone 11とiPhone 11 Pro Maxにしか搭載されておらず、5.8インチのiPhone 11 Proでは利用できませんでした。

 

拡大表示の設定をすると、ホーム画面のアイコンと文字が大きく表示されます。

 

WEBサイトを閲覧しても、文字が拡大表示されて読みやすくなっているのが分かります。

 

地味な機能ではありますが、目が悪いので個人的にはありがたい機能です。

拡大表示を利用すれば、お年寄りもiPhoneが使いやすくなると思います。

 

鮮明で見やすいSuper Retina XDRディスプレイは健在

iPhone 12 Proになって画面サイズが大型化した以外に、大きくディスプレイ性能が向上したわけではありませんが、鮮明で見やすいSuper Retina XDRディスプレイは健在です。

Proモデルは最大輝度800ニトで下位モデルよりもさらに明るい画面表示が可能になっています。

2,000,000:1コントラスト比は、液晶搭載のiPhoneよりも圧倒的に明暗の表現が得意でメリハリのある画面表示が可能です。

 

大画面化したのに、本体は薄く・軽くなっている

6.1インチに大画面化したのにも関わらず、iPhone 12 ProはiPhone 11 Proよりも薄く軽くなっているが好印象です。

iPhone 11 Proよりも0.7mm薄く、1g軽くなっています。

さすがにやや縦長になっていますが(2.7mm縦長に)、横幅も0.1mm大きくなっただけです。

ディスプレイが大型化したのに、サイズはスリムなままというのは地味に凄いことかと。

 

角張った分、持ち心地は好みが分かれる

縦長になったとは言え、より薄く、1g軽くなっているので、これまでの5.8インチサイズと変わらぬ使用感で使うことが可能です。

ただし、角張った形状になったがゆえに持ち心地が、従来機とは異なります。

やはりエッジが効いてる分、iPhone 12 Proは角が立つというか、角が手のひらや指に当たる感じがありますね。。

iPhone 11 Proまでの丸みを帯びたラウンドした形状の方が、当たりが優しく、肌に馴染む感じがあります。

正直、個人的には持ち心地が良いのはiPhone 11 Proの方だと思いました。iPhone 6以降の丸みを帯びた形状の良さを改めて感じることができました。

 

とは言え、見た目のカッコ良さはiPhone 12 Proの方に軍配が上がりますし、今の気分としてはやはり新型のiPhone 12 Proを使っていきたいという気持ちが強いですね。

 

iPhone 12 Proのギークベンチスコア

iPhone 12 Proは最新のA14 Bionicチップを採用。CPU性能がどれくらい向上してるのか見るためにCPU/GPU性能計測アプリ「ギークベンチ5」でスコアを計測してみました。

 

iPhone 12 Proのシングルコアスコア「1599」、マルチコアスコア「3998」。

 

計測したCPU/GPU性能をまとめて、前機種iPhone 11 Proと比較すると下記のとおり。

 iPhone 12 ProiPhone 11 Pro
プロセッサA14 BionicA13 Bionic
メモリ6GB4GB
CPU シングルコア15991335
CPU マルチコア39983467
GPU91927262

iPhone 12 ProのCPU性能はシングルコアで約20%、マルチコアで約15%向上しているという結果になりました。

GPUも約30%程度向上しています。

 

また、iPhone 12 Proではメモリが6GBに増量されています。

全体的に性能が底上げされている結果、アプリ使用時の読み込み速度などがiPhone 12 Proではさらに速くなっている模様です。

 

最低容量が64GBから128GBに倍増したのが嬉しい

個人的に嬉しかったのが、前機種からストレージの最低容量が倍増したことですね。

iPhone 11 Proまでは上位モデルでも64GBからと、正直頼りない容量でした。かと言って次に大きな256GBを選ぶとオーバーサイズという人は多かったのではないでしょうか。

iPhone 12シリーズではProモデルは128GBからと最低容量が倍増しました。

これからは無理して256GBを選ぶ必要がありません。

 

256GBと512GBも安くなって、コスパがよくなった

最低容量が倍増しただけでなく、256GBと512GBもiPhone 11 Proよりも安くなって実はお買い得になっています。

iPhone 12 ProとiPhone 11 ProのAppleストアでの販売価格を比べてみると下記のようになります。(iPhone 11 Proは現在販売終了ですが、発売当時の価格を掲載)

 iPhone 12 ProiPhone 11 Pro
64GB-106,800円
128GB106,800円-
256GB117,800円122,800円
512GB139,800円144,800円

256GBと512GBの大容量モデルも、それぞれiPhone 12 Proの方がiPhone 11 Proよりも5,000円お安くなっています。

最低容量の128GBも2倍に増量しているのに、価格はiPhone 11 Proの64GBから据え置きです。

iPhone 12 Proは全体的にコストパフォーマンスが改善されているのが嬉しいポイントです。

 

予約・購入は公式ショップで

 

iPhone 12 Proは5Gに対応

iPhone 12 Proは、次世代の通信規格5Gに対応しています。

5Gの電波を掴むとディスプレイの右上に「5G」の表示がされます。

iPhoneで「5G」表示を見たときは、ちょっと感慨深いものがありましたね。

5Gのエリアはまだまだ限定的なものの、せっかく5G対応iPhoneを手に入れたので、これからは各キャリアが5G通信を提供しているエリアに積極的に出向きたいと思います。

 

各キャリアの5Gエリアは下記のリンクからチェックしてください。

予約・購入は公式ショップで

 

注意点としては、日本版iPhone 12シリーズは低周波帯のSub6のみ対応となっています。

高周波帯のミリ波に対応するのは米国版のみとのこと。

5G通信を存分に利用するなら、ミリ波対応モデルがベストですが、日本では現状ミリ波で通信できるエリアはまだまだ狭いので2020年の段階でミリ波対応モデルを購入するメリットはそれほどないかもしれませんね。

とりあえずiPhoneシリーズが5G通信に対応したということの意義が大きいように思います。

 

マグネット内蔵、MagSafeアクセサリに対応

iPhone 12 Proは筐体の背面に強力なマグネットを内蔵しています。(背面にAppleロゴを中心に円形のマグネットを搭載しているようです。)

 

このマグネットを利用して、新しく登場したMagSafeアクセサリを使うことが可能です。

 

MagSafeアクセサリはシリコンケース、クリアケース、レザーウォレット、充電器などバリエーション豊富にラインナップ。

 

MagSafe充電器を利用すれば、磁力でいつでも完璧な位置で簡単にワイヤレス充電することが可能です。

しかもMagSafe充電器ならQiワイヤレス充電器の2倍の15W出力で充電することが可能です。(Qiだと7.5W出力)

充電も簡単になるし、今までより高速で充電できるので、MagSafeを利用しない手はありません。

 

MagSafe充電器を入手、実際に使ってみた感想

MagSafeアクセサリとして新登場のMagSafe充電器を購入してみました。

パッケージは、他のワイヤレス充電器のものより非常にコンパクトです。

 

こちらがMagSafe充電器。充電器の台座にUSB-Cケーブルが直付けされている造りです。

 

マグネットが仕込まれている台座の部分はラバーで覆われ、その周りはアルミ素材のパーツで囲われた円形のワイヤレス充電器です。

Appleらしいシンプルなデザイン。

 

MagSafe充電器の接続端子はUSB-Cです。接続端子を純正やサードパーティー製の電源アダプタに挿して使用します。

充電器をUSB-Cにできるなら、iPhoneもUSB-Cにしてくれよと思ったのは僕だけではないはず。。。

 

MagSafe充電器の台座部分にiPhone 12 Proを近づけるとマグネットの磁力で自然に正確な位置にくっ付いてくれて、充電が始まります。

他の充電器のような、位置ずれで充電が始まっていなかったというようなことがないので快適です。

 

裏返して見るとこんな感じで、iPhone 12 Pro本体にMagSafe充電器がくっ付いています。

 

マグネットの磁力はかなり強力で、しっかりと固定されています。

 

AppleからはMagSafe対応のシリコンケースやクリアケースなどが販売されていますが、サードパーティー製のケースでも普通に充電はできました。マグネットの磁力もちゃんと働いています。

 

なお、MagSafe充電器で最大出力の15W出力で充電するには、Apple純正の20W電源アダプタを利用する必要があるようです。

他社の電源アダプタなどでは10W前後の出力に抑えられてしまう可能性があるとのことです。

 

MagSafe充電器はAmazonなどで購入できます。

 

予約・購入は公式ショップで

 

iPhone 12 Proのカメラ

iPhone 12 Proは、iPhone 11 Proから引き続き広角・超広角・望遠のトリプルレンズ仕様のカメラユニットを搭載しています。

 iPhone 12 Pro
背面カメラ1200万画素
3眼レンズ構成

LiDARセンサー
フロントカメラ1200万画素
手振れ補正デュアル光学式手ぶれ補正
光学ズーム2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
デジタルズーム最大10倍
ポートレート
ナイトモード
ナイトモードポートレート
Apple ProRAW
HDR写真のスマートHDR 3

iPhone 12 Proではカメラユニットにトリプルレンズの他にLiDARスキャナが追加されているのが特徴です。

LiDARスキャナは先行してiPad Proに搭載されていたもので、光を利用して広い範囲の距離(奥行き)を測る装置。AR (拡張現実)機能が強化されます。

また、ポートレートモードの夜間版であるナイトモードポートレート、デフォルトのカメラモードでRAW撮影が可能となるApple ProRAWという新しい画像フォーマットなどの新機能が追加されています。

HDRも「写真のスマートHDR 3」と第三世代のものが搭載されています。明るいシーンや逆光時の描写が改善されています。

 

iPhone 11シリーズでは超広角レンズではナイトモードが利用できませんでしたが、iPhone 12シリーズでは全てのレンズでナイトモードはが利用できるようになっているのも特徴です。

 

なお、Apple ProRAWは発売直後の現時点では利用できず、今後のiOS14のアップデートで利用できるようになる模様です。

 

*iPhone 12 Proで撮影した写真の作例は、後日公開予定です。

 

iPhone12Proの評判・口コミ

iPhone12ProのTwitter上の評判・口コミをまとめておきます。

 

 

https://twitter.com/knemu76/status/1319971141566410753?s=20

 

 

 

刷新されたデザインやカメラ性能に関する好意的な評判・口コミが多めでした。

 

iPhone 12 Proはドコモオンラインショップで購入するのがおすすめ

今回僕はAppleストアでなく、普段から契約しているドコモオンラインショップでiPhone 12 Proを購入しました。

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入すると、実はメリットがたくさんあります。

ドコモオンラインショップのメリット

  1. 契約事務手数料が無料(0円)
  2. 2,750円以上購入で送料無料(0円)
  3. 24時間好きな時に手続き、待ち時間なし(0分)
  4. 自宅で注文して届けてくれる
  5. 最短2日で届く(東京23区限定で即日配送も)
  6. dポイントが利用できて、貯まる(dカードdカード GOLDなら2倍)
  7. 料金プランをゆっくり自分で決められる
  8. チャット、電話での質問・相談が可能

事務手数料と送料が無料で、待ち時間なしとオンラインならではのメリットでお得に快適に手続きすることができます。

昨今の感染症予防の面でも、ドコモ取扱店の店頭まで出かけなくても、自宅で注文して自宅に届けてくれるのは大きなメリットです。

ドコモオンラインショップは配送も速く、機種変更なら最短2日で届けてくれます。(東京23区限定でエクスプレス配送という即日配送サービスもあります。)

 

ドコモでiPhone 12シリーズを購入するならぜひドコモオンラインショップを利用してみてください。

手数料が無料

ドコモでiPhoneを見る

送料無料&待ち時間なし

ドコモ料金1,000円(税抜)につき10%還元のdカード GOLDは必須!

新規入会/各種設定/要エントリー/利用で合計最大13,000dポイント(期間・用途限定)

  dカード GOLDを見る

 

☆ドコモオンラインショップ クーポン

→ https://www.iggy.tokyo/docomo-onlineshop-how-to-get-coupon

 

ドコモのiPhone 12情報

ドコモのiPhone 12情報をまとめておきます。

 

ドコモ版iPhone 12の発売スケジュールは、基本的にAppleストアと同じです。

ドコモの予約日・発売日

【iPhone 12とiPhone 12 Pro】

・発売日:10月23日

・予約開始:10月16日21時〜

【iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Max】

・発売日:11月13日

・予約開始:11月6日22時〜

ドコモオンラインショップを見る

iPhone 12とiPhone 12 Proが10月23日に先行発売だれ、iPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxは11月13日発売となります。

 

ドコモではiPhone 12・iPhone 12 Proの購入で、MNP(他社からのりかえ)ユーザーが特にお得になっています。

MNPでiPhone 12シリーズを購入することで「5G WELCOME割」が適用され、22,000円割引(税込)で購入することができます。

ドコモの価格

*( )内の価格は「スマホおかえしプログラム」適用時の実質負担額です。

 iPhone 12 iPhone 12 Pro
64GB101,376円
(67,584円)
128GB109,296円
(72,864円)
129,096円
(86,064円)
256GB123,552円
(82,368円)
142,560円
(95,040円)
512GB-169,488円
(112,992円)

☆MNPの場合は「5G WELCOME割」の22,000円割引が適用されます。

ドコモオンラインショップを見る

 

iPhone 12関連記事リンク

ドコモ・au・ソフトバンクのPhone 12/Pro/在庫・入荷状況はこちら

→ ワイモバイル iPhone 12/12 miniの予約方法・在庫&入荷待ち

ドコモ iPhone 12・12 Pro 最速予約・在庫確認する方法

iPhone 12・12 Pro入荷待ち ドコモ・au・ソフトバンク

iPhone 12 mini レビュー

iPhone 12 Pro レビュー

→ iPhone 12 VS iPhone 12 Pro 違いを比較

iPhone 12 ProとiPhone 11 Proの違いを比較

「iPhone 12(mini)」と「iPhone XR」の違いを比較

→ iPhone 12とiPhone 11 スペック・サイズ・価格など違いを比較

→ iPhone 12とiPhone SE2どっちを買うべきか?違いを比較

→ iPhone 12/12 Pro予約日・発売日・デザイン・スペック・価格

→ iPhone 12 mini 予約日・発売日・デザイン・スペック・価格

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxの人気色・おすすめカラー

→ iPhone 12 miniのおすすめ色・人気カラー

iPhone 12・12 Proのストレージ容量のおすすめはどれ

→ iPhone 12・12 Proの入荷連絡来ない場合の対処方法

ドコモへのMNP乗り換えでiPhone 12を安く買う方法

→ ドコモのiPhone12/12 Pro(Max)を安くお得に買う方法

→ iPhone 12(mini)/iPhone 12 Pro(Max)割引セール・値下げキャンペーン情報

→ iPhone13待つべきか

→ iPhone 13(mini/Pro/Max)【2021新型】の予約開始・発売日はいつ?価格・スペック予想

 

  • この記事を書いた人

iggy

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-iPhone

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5