ドコモ

ahamo(アハモ)年齢制限は20歳以上。未成年(子供)の申し込み方法/契約は親名義で利用者登録が必要。中学生/高校生/大学生は?

10月 20, 2020

このページでは、ahamo(アハモ)の年齢制限・未成年者の申し込みについてまとめています。

ahamo(アハモ)の年齢制限は20歳以上で、未成年の申し込みは親名義で契約して、利用者登録する必要があります。

 

 

ahamo(アハモ)契約は年齢制限があり、20歳以上でないと申し込めない

ahamo(アハモ)の年齢制限
契約者年齢20歳以上の個人
(未成年者が契約者になることはできない)
未成年者の利用について親名義で契約して、未成年ユーザーを利用者登録する必要あり

ahamo(アハモ)の契約には年齢性制限があります。

ahamo(アハモ)の契約対象は「20歳以上の個人」と明記されています。

個人であっても20歳未満のユーザーは、ahamo(アハモ)を契約することはできません。

未成年者が契約者になることはできないのです。

 

中学生・高校生は契約できない、大学生も2年生くらいまでは申し込み不可

20歳未満のユーザーは契約不可ということは、中学生・高校生くらいの年齢だとahamo(アハモ)を契約することはできません。

大学生でも大学2年生くらいまでは19歳という人も多いでしょうから、大学入学後もahamo(アハモ)を申し込めない人は相当数存在します。

ahamo(アハモ)の20歳以上という年齢制限は。けっこう厳しいんですよね。。

 

デジタルネイティブ世代の若者をメインターゲットに掲げている割にティーンというか、10代ユーザーはバッサリ契約できなくしてしまっているのが少し残念なポイントでもあります。

ちなみにドコモの従来プランは「中学生以上」で契約OKなので、年齢制限が比較的緩やかです。

 

未成年(子供)の申し込み/契約は親名義で利用者登録が必要

20歳未満の未成年(子供)の申し込み/契約は、未成年ユーザー自身の申し込みはできないものの、親名義で契約してahamo(アハモ)回線を利用することは可能です。

親名義で契約してもらい、未成年ユーザーを利用者登録すれば、20歳未満でもahamo(アハモ)を利用することができます。

 

ahamo(アハモ)親名義で申し込んで、未成年(子供)を利用者登録するやり方・流れ

ahamo(アハモ)親名義で申し込んで、未成年(子供)を利用者登録するやり方・流れとしては以下のとおりです。

ahamo未成年の申し込みのやり方

【STEP1】
親権者がahamo(アハモ)を親名義で契約
ahamo公式サイトで手続き

【STEP2】
未成年ユーザーを利用者登録
my docomoで手続き

【STEP3】
未成年ユーザーもahamo回線利用が可能に

 

【STEP1】親権者がahamo(アハモ)を親名義で契約

まず、親権者がahamo(アハモ)を親名義で契約します。

ahamo(アハモ)の契約手続きはahamo公式サイトでできます。

従来プランのようにドコモショップ店頭などでは申し込み手続きができないので要注意です。

ahamo(アハモ)は、完全にオンライン契約専用のプランとなっています。

 

【STEP2】未成年ユーザーを利用者登録

親権者名義でのahamo(アハモ)回線契約が完了したら、未成年ユーザーの利用者登録をします。

契約したahamo(アハモ)回線を、利用する未成年ユーザーと紐付けます。

利用者登録はmy docomo(マイドコモ)から手続きして設定することができます。

ドコモの従来プランなら利用者登録もドコモショップ店頭などで対応してくれましたが、ahamo(アハモ)回線の場合はユーザー自身でオンラインから登録する必要があります。

 

【STEP3】未成年ユーザーもahamo回線利用が可能に

親名義で契約して利用者登録を済ませれば、未成年ユーザーもahamo(アハモ)回線利用が可能になります。

親名義で契約しているということは、毎月のahamo(アハモ)利用料金の請求は親にされるので、電話料金など使いすぎないように注意が必要です。

ahamo(アハモ)は月額2,970円の定額プランですが、5分以上通話した時の通話利用料や、データ容量追加などのオプション料金は別途かかるので、使いすぎないようにしましょう。

 

未成年ユーザーの利用者登録で必要な本人確認書類

未成年ユーザーの利用者登録では、利用者の本人確認書類を提出する必要があります。

利用者の氏名・生年月日が確認できる運転免許証や健康保険証・学生証などを、郵送で提出する形となります。(コピー可)

ahamo利用者登録で必要な本人確認書類

・運転免許証

・健康保険証

・学生証

など

 

従来プランもオンライン手続きでの未成年(子供)の申し込みはできない

従来プランもオンライン手続きでの未成年(子供)の申し込みはできません。

ドコモの従来プランは「中学生以上」で契約OKで、年齢制限が緩やかと紹介しましたが、こちらはドコモショップ店頭での申し込みの場合です。

ドコモオンラインショップ経由で、未成年者が申し込むことは従来プランでもできません。

ahamo(アハモ)の契約対象が「20歳以上の個人」というのは、従来のドコモの年齢制限の基準に合わせられた形です。

ドコモ的に未成年者のオンライン契約というのはNGなようですね。

 

ahamo(アハモ)年齢制限/親名義で利用者登録の注意点

ahamo(アハモ)年齢制限/親名義で利用者登録の注意点をまとめると以下のとおり。

注意点

・ahamo(アハモ)の年齢制限は20歳以上

・高校生/大学生でも20歳未満なら契約不可

・親名義で契約して利用者登録することで、未成年でも回線利用することはできる

・未成年者の利用者登録には、氏名・生年月日が確認できる本人確認書類を提出する必要あり

ahamo(アハモ)の年齢制限は20歳以上です。

従来のプランなら契約できる高校生や大学生でも20歳未満なら、ahamo(アハモ)の申込みはできません。

未成年ユーザーでもahamo(アハモ)を利用したなら、親権者名義で契約する必要があります。

親名義で申し込んで、my docomoで未成年ユーザーを利用者登録することで、未成年でもahamo(アハモ)が使えます。

利用者登録には氏名・生年月日が確認できる本人確認書類を提出する必要があるので要注意です。

 

ahamo(アハモ)の未成年者の利用は、少し手続き位する内容が増えるので面倒くささがありますね。

ただ、ahamo(アハモ)は20GBを月額2,970円で使えて、5分以内通話無料サービスまで付帯する非常に魅力的な内容なので、今回紹介した手順を試してみる価値は充分にあります。

 

ahamo(アハモ)年齢制限 まとめ

ここまで「ahamo(アハモ)年齢制限は20歳以上。未成年(子供)の申し込み方法/契約は親名義で利用者登録が必要。中学生/高校生/大学生は?」をまとめてきました。

このページで紹介した手順を踏めば、未成年(子供)ユーザーもahamo(アハモ)を利用することが可能です。

年齢制限は20歳以上と厳しいものの、親名義で利用者登録すればOKです。

ahamo(アハモ)ターゲット的には、むしろ高校生/大学生くらいのユーザーを年齢関係なく自由に契約できるようにしてあげる方が良い気がするのですが、今後の対応に期待です。

ahamo(アハモ)はまだまだ立ち上がったばかりのプランなので、今後条件面などが改良されていく可能性はあります。

ahamo(アハモ)の年齢制限について新しい情報が入ったら、またお伝えします。

 

ahamo(アハモ)関連の記事へのリンク

ahamo(アハモ)対応機種・端末。iPhone・iPadは使えるか

 

アハモ(ahamo)はeSIM対応?

 

→  ahamo(アハモ)の口コミ・評判

 

→ アハモ(ahamo)機種変更のタイミングはいつがいいのか

 

→ アハモとギガホとギガライトの違いを比較

 

→ アハモ(ahamo)にドコモのロング学割は適用できる?

 

→ ahamoではキャリアメール(ドコモメール)が使えない

 

→ アハモ(ahamo)のお得な割引キャンペーン

 

→ ahamoとUQ mobileとY!mobileを比較

 

→ ahamoとpovo (ポヴォ)を比較

 

ahamo(アハモ)は違約金(解約手数料)なし

 

→ ahamo(アハモ)は家族割/ファミリー割引対象?

 

→ ahamo(アハモ)とドコモ光回線のセット料金

 

→ ドコモ「ahamo」VS ソフトバンク「LINEMO」

 

→ ahamo(アハモ)の支払い方法。クレジットカード払いと口座振替に対応

 

→ ahamo(アハモ)にdカード GOLD10%還元は適用?

 

→ アハモ(ahamo)はSIMのみ契約できる

 

→ ahamo(アハモ)とは?

 

  • この記事を書いた人

iggy

素人ガジェット好きによるモノ紹介ブログです。iPhone・iPadやAndroidスマホの話題多め。docomo(ドコモ)/ahamo(アハモ)/au/povo(ポヴォ)/ソフトバンク/LINEMO(ラインモ)などキャリア・格安SIMの情報もお届け。レビュー、広告掲載等のご依頼は「info@goodsense.co.jp」またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

-ドコモ

© 2021 iggy.tokyo Powered by AFFINGER5